2018/05/27

朝鮮半島の「非核化と恒久和平」を巡る、米朝の駆け引きと牽制:

Ⅰ)南韓の「寅の文在」は、
昨日の「南北首脳会談」について5月27日 午前10時に記者発表し、
①米朝首脳会談は成功裏に行われなければならず、
②6月12日に開催され、
③非核化と恒久的な平和構築は後戻りできない。
と記者に向け発表した。

Ⅱ)米国は「トランプ大統領」が、
「米朝首脳会談」は6月12日に開催できる事を見守る。
場所は、ここからそう遠くない所になるだろう、と発言した。


Ⅲ)北朝鮮は「国営放送TV」が、
5月27日 午前9時から、昨日の「南北首脳会談」での南北首脳の様子を論評抜きで、戻らない姿勢表明を放映した。


推量による状況解説:
1) 北朝鮮は、国論が完全に分裂し制御できず統一意志を表明できない綱引き状態に陥っている。
2) 「汚伝環オツム」の周囲を囲み「非核・平和」を主導する「平和実務派」があり。
3) 朝鮮人民軍と朝鮮労働党の中枢を握り支配し、米国との戦争も辞さずとする「党軍強硬派」があり、テロもクーデターも辞さずとし、量的にも抑えきれる状況にない。
4) どこの国でも考えられる「党軍様子見派」は、どちらに付くべきか、余りにも情報が不足した状況で動揺しながら、現実の困窮や継戦能力などを考えつつ様子を見ながら沈黙を守っている(建前は大元帥の首領様から軍命令を受けていないから)。

★基本は、
①「非核・平和派」と「党軍強硬派」の熾烈な対立により、汚伝環オツムも自国の現状と国際情勢を判断し、体制保障による「非核・平和」訴求を手に入れ国の再建を描いているのだろうが、情報統制と鬼畜米日を煽りすぎた事もあり、路線転換に難渋している様子が覗える。
② 日本は、150年前に「尊皇攘夷」と「開国幕政」で揺れ続けた。そしてまた73年前に「神州日本・鬼畜米英・本土決戦・一億火の玉」を強硬に主張し「終戦(敗戦)」を阻止しようとした、旧日本陸軍と、実務的ながら「天皇を護る鈴木貫太郎内閣」の感情的とも言える対立を経ている。

「金正恩」は「徳川慶喜」になれるか、はたまた聡明さをみせ終戦に導いた「鈴木貫太郎」首相になれるか、その瀬戸際にある事が覗える。
「金正恩」は、既に自分の実の妹「金与順」以外に、信頼できる人物は居ないのだろう。

北朝鮮の苦闘を嘲笑う、日本のウヨクは、自ら「過去の日本」を嘲笑うのと同じ、恥ずべき思考とも言えるワケだが、異常に感情過多な「狂った精神主義」のせいもあり限りなく「自制」できない幼稚なオバカに過ぎないのだ。


産みの苦しみは、自らや代々が撒いたタネの結果が昂じた制度なのだから、自らが克服し改革改良する以外に途はないのだ。


日本は実の当事者ではないのだから、事態の推移を見守る以外にない。
夜盗のオバカは、ナンにでも難癖をつけ無責任に言い批判を加えるだけで、お気楽な事だ。

| | コメント (0)

2018/05/26

トホホな「北朝鮮」は アハハ~と「世界」から笑われて! トランプに相手にされずコケにされ!

トホト~、というのは北朝鮮の気持ちだろうか!?
思いっきり、居丈高に口撃を弄してみたが、歯牙にもかけられず、相手にもされず!
国際社会というか、世界からも見放され嘲笑され、ナンとも惨めな事になった。
やはり「幕下(付け出し)」は、「幕下(付け出し)」としての扱いしか受けない事を知ったか、知らずか、軽い牽制球は「大きな爆弾」に跳ね返りそうで・・・・・


こうなれば、寅の文在を呼び出しカマしてでも「横綱」へ話を付けて貰う以外にはナイと。
と、言う事で「板門店」で「南北首脳会談」を2時間限定で開催する事になったとか・・・・・


  https://jp.reuters.com/article/idJP2018052601002128

ノコノコ出かけた「寅の文在」も同じ事で、意気込み US は WDC へ大親分を訪ね口先で茶を濁そうと画策したものの、けんもほろろに扱われ、恥の上塗りを内外にいかんなく露呈する事になった。


大親分は、ガキの使いを承知しながら、ツッケンドウに終始したが、ここはまぁ「ガキの使いやあらへんデェ~」と「寅の文在」の面子を保つ事だけは計らってやったとか・・・


さて、大親分は「余裕の態度」で、

  https://jp.reuters.com/article/northkorea-missiles-trump-talks-idJPKCN1IR05H


甚だオカシイと言われながらも、華を持たせてやる事の余裕は遺しており「威厳」を持って、
来月12日の「米朝首脳会談」の可能性について言及し、首の皮一枚を愉しもうと、真に余裕綽々だとみる。


米国には、現在時点で「喪うモノ」「喪うコト」など何もないのだから、生殺しも、釜茹でも、ナンでもできるワケで、中国も米国に仕掛けられた貿易戦争で「全面降伏」に近いし「ハッハハァ~のハ」で、躁状態にあるワケだ。


まぁ、汚伝環オツムに「首の皮一枚」だ。
このように言って来いと「寅の文在」に命じたワケだ。
だから、北朝鮮と綿密に擦り合わせを行い、明日のJST10時まで、詳細は発表しない(できない)ワケだ。
北朝鮮も、2時間の会談協議を国家として決定しなければ発表もコメントもできない事情にあるワケだ。


勿論、南韓から、US WDC へ緊急極秘伝が打電され報告され、認証を受けなければ「寅の文在」が発表するワケにはゆかぬ。


日本は、餅屋の「蕎麦」で、モリがヨイか「カケ」がヨイか、どっちが損で、どっちが得か、その得を勝手に手に入れるのはケシカランので、もっと自分達にも「忖度」しろと、ごねている。

大半の国民は、モリもカケも、聞き飽きたし、食傷気味だから、どうせ喰わすなら「天麩羅蕎麦」にでもしやがれ! と、心底「怒って」いるのだ。

| | コメント (0)

2018/05/25

2018/05/25 (金) トップニュース「米朝首脳会談」は事前の予想どおり中止:

6月12日 シンガポールで開催予定の「米朝首脳会談」は中止するとUSトランプ大統領が(書簡を送り)発表!

Img_0378

首脳会談を行いたい旨を、舞い上がりハシャイでいた南韓(寅の文在)を通じ打診してきたのは、汚伝環オツムの汚朝鮮だ。
それを聞き、米国は「かつて目にした事もない悲惨な状態」を避ける観点から、この打診を受け容れ歓迎した。
あくまでも「首脳会談」を開催するかどうかの主導権はUSの側が持つのだが、あらゆる汚染が進んだ「汚朝鮮」には、理解できずテメ~らが主導権を持っていると、いつもどおり決め込み信じていた。
相撲で云えば、横綱が幕下に「それじゃ、一丁、胸を貸してやろう」という余興なのだが、汚伝環オツムや寅の文在には理解の外だったワケだ。


いつもどおり、アレコレ、ゴネてイチャモンを付け、交渉上の有利な条件を抽出い、主導権を握ろうと醜い工作を繰り広げたのだった。これは外相の金桂冠が、過去の交渉での成功体験から考え出した事で驚くに値しない。
しかし、花札爺さんは、これまでの甘い「バラック小屋の住民」や「不適切な関係好き」とは異なり、かなり癇癪持ちで短気な「強固な意志の持ち主」であった。
USが主導権を持つ事にアレコレ醜い非論理的な注文を付けるなら、首脳会談を開催する「条件」が揃わないので「中止」する。「ヅラを洗って出直してこい!」という事だ!

| | コメント (0)

2018/05/24

「日大 アメフト部」が引き起こした問題ですが:

時事通信の報道を記録として遺しておきたいと思います。
日大は、丁度50年前1968年に「日大闘争」で、秋田明大を議長とする日大の学生が、日大全共闘を組織し問った「古田重二良 会頭」により形成されていた恥ずべき抑圧体質を未だに受け継ぎ、温存し、根底から「学生」などは「支配」と「収奪」の対象に過ぎない事を改めて示したと受け止めます。

  5/22 の「時事通信」
   https://www.jiji.com/jc/article?k=2018052201296&g=spo


暴力的に支配し、暴力的に抑圧し、暴力で収奪し、考えるチカラを育てず、命令は絶対で従順に服従させる。
思考を奪い、思考させず、半世紀前と何ら変わる事はナイ!


これはWWⅡの「日本軍」の体質そのもので、
「國學院」から「日本大学」が生まれ、「日本大学」から「近畿大学」が生み出され、「國學院」から「浪速商業(浪商)」が生み出され、「浪商」から「大阪体育大学」が生み出され、日本の闇は深いなぁ~!


日大コト日本大学は、学生総数10万人(1学年2万5千人)のマンモス私立大学と傘下に中高などを配置し、日本の教育界に君臨する教育コングロマリットです。


  「週刊文春」が報じるところでは、
  http://bunshun.jp/articles/-/7477



その意味で、根源的な「思考体質」というものは、「反省し、改めます」とか言ったところで、一朝一夕に変わるものではなく、半世紀近くかけてもと、呆れかえると言う事でもあります。


昨日(5/23)、夜半(20:00)に、日本大学が緊急に開いた「記者会見」は、責任追及に言及する記者の質問を強引に制し「執拗な同じ質問が続くなら打ち切る」と開き直り、自分達に有利な一方的な見解を述べるだけに終始し、「批判はさせない」「日本大学 アメフト部に非はない」「指導では問題にされる指示や発言はしていない」などなど・・・・・・・
強引な「日大体質」丸出しで一方的な弁明会見だった!


日本大学は、無垢な学生を相手に搾るだけ絞り、搾り尽くす大学である事を、改めて示したのが「日大 アメフト部」が引き起こしたゲーム中のラフプレイによる傷害事件です!

| | コメント (0)

2018/05/23

「日照」と「紫外線UV」また「気温」について:

晴れると空高く蒼天が、雨が降るとゲリラ豪雨に襲われる5月ですが、経済産業局長賞を受けた友人の研究取組み(日照時間と気温データ)の成果について発表報告が先日ありました。


日照時間の変化と気温の変化は、基本的に1ヶ月の時間差があるワケで、いつもその点を説明するワケですが、友人が発表報告で示したグラフで見事に解析できる事を表しました。


例えば、
夏季を示す6月の「夏至」を頂点に、日照時間は7~8月に向け下降していきます。
しかし気温は、冬季に下がった状態ですから、まだ熱せらる途上で上昇の極にはありません。
夏の猛暑を感じるのは、二十四節気でいう7月下旬の「大暑」から8月下旬の「処暑」の頃ですね。
日照時間の頂点から約1ヶ月遅れで「大暑」を迎え、8月上旬の「立秋」を挟み、8月下旬の「処暑」の頃までの1ヶ月は「猛暑」に襲いかかられます。


反対に、
冬季を示す12月の「冬至」を底点に、日照時間は1~2月に向け上昇していきます。
しかし気温は、夏季に上がった状態ですから、まだ温かさを保ち下降の極にはありません。
冬の寒気を感じるのは、二十四節気でいう1月下旬の「大寒」から2月下旬の「雨水」の頃になります。
雪国は「雪害」も含めた対処が一般的に求められるとも言えます。
日照時間の底点から約1ヶ月遅れで「大寒」を迎え、2月上旬の「立春」を挟み、2月下旬の「雨水」の頃までの1ヶ月は「寒気」に包まれます。


この「気温」変化を「言葉」で表し人に「記憶」させるのが「二十四節気」なのです。店頭小売業の商品構成を企画する際に最も重要な基礎知識として「二十四節気」の応用を推奨する者として、友人と更に利便性の高いプログラム形成を考える者としては、大いに知見を深める事ができました。
「二十四節気」ひとつ採っても、真に「先人の知恵」から学ぶ事の多さを感じる日々といえます。


久々に参加した研究発表会でしたが、稔りは多かったと考えています。


さて、その発表報告で受講者から質問がありました。
①「UV紫外線」の多い時期、②1日の内で多い時間帯、③また条件についてでした。
③は、質問者や受講者が保持される知見により理解度が変化する事と、残余の時間との関係から割愛し友人は応えていました。
一般論としてですが、日本での ①「紫外線UV」の多い時期、②1日の内で多い時間帯、これはグラフがありますので、ここでもご参考までに貼付しておきます。

Photo

Photo_2 

| | コメント (0)

2018/05/22

就職市場で「金の卵」の変遷を眺め 現在時点のワーカーを考える:

産業構造の変化に合わせ、求める人材のシフトは進み、1960年代前半は中卒者、70年代前半には高卒者、80年代は短大・専門学校卒者、90年代は大卒者へと変化し停滞の30年、生産性は一向に向上せず。


「金の卵」は「金」を生むから「金の卵」なので、「灰燼」に変わるなら「灰燼卵」だろう。
安価な労働力で「金」を生むなら最高というワケだ。
従って、今も昔も「金の卵」を見つけようと、様々な人が「血眼」になって手を尽くすのだ。
「金の卵」と思い信じたのが「鍍金」だと分かる時のショックは大きいだろうが・・・・・


第2次産業としての「生産現場」というか「モノ造り」から、第3次産業の分野で「ネタ作り」へシフトし変化している。
すると当然の事ながら「第3次産業」を軸に「ワーカー」争奪の場へ転じたというべきか。


日本は第1次産業(特に農業分野)から、第2次産業(大都市域の工業地域)へ労働移動(特に1960年以降)させ、人手不足を解消させました。
同時に大都市域へ労働力移動させた事で、大都市域の小規模なサービス業も人手不足に陥り、その労働力をローカル域から移転させ吸収(映画 " 2丁目の夕陽 " で描かれた)したのです。
やがて工業生産と周辺のサービス提供業から、第3次産業(特に流通商業分野)へも急激に労働力移動が求められるようになりました。
この頃まで、日本の分野別労働力分布は十分に予定調和が機能し、辛うじて均衡を保ち、生産性も保もたれていました。

ところが、1980年代の半ばに達すると、日本経済は構造転換を余儀なくされたにも関わらず、適正に対処する事も、基本的な改革もせず「勢いに乗り野放図」を放置し享楽的な日々を過ごし大ケガをしたわけです。


目標もなく、第1次産業(特に農業)は、後継者を欠き高齢化を進め、耕作放棄地の増大なども加わり破滅的な局面を迎えました。


一方で、生産工業もこの時期以降に、新興国や途上国の登場で競争力を次第に減退させ始め、適切で有効な対応を欠き、海外生産拠点の拡充と共に失業を生み、途方に暮れ凡そ30年の歳月を基本的には過ごし続けていると言えます。


大都市域では、大胆な「国内労働力の棄民(労働力のリストラ)」が繰り返され、国際市場で競うために求められる価格やサービスを「生産」する必要なワーカーは外国人労働力に依拠しないと維持できない状況に陥っているのです。


その反面で、大量の大卒若年者に定職を与えなければならず、労働市場では国際競争力の維持という面と求められるスキルの高度化に対し、求職者は玉石混淆で、その差異を含め難しい評価と判断、また対応を求められる綱渡り状態が続いています。


間もなくフライングではなく、社会通念上で要請される「就職内定通知」を発する時期に至ろうとしています。


「人材の質」が市場での国際競争力を左右します。
「企業の競争力」や「企業の質」を決めるのは人材です。
「人材は採用(時点)にあり」と、よく言われます。


多くの日本人は、目に見える範囲の競争事業者しか考えないようですが、
現代社会の競争は「その標的市場が『国内』にあっても『世界で競う、世界と競う』が重要な条件」なのです。
国境を超えた先の「オフショア市場」は実際に見えませんが、見えない相手と全ての事業者は競争し戦っているのです。


例えば「海外生産拠点」と監督・管理人材を考えても、自分達が「提供」しようと考える「スペック」や「設計」を十分に満たす技術を持つ国の工場があれば、そこへ委ねると良い。
別に「提供すべき質」を生産できるなら、わざわざ監督・管理の人材を送る必要もない。
日本国内と同じと考えればよく、市場ではポピュラーなボリューム品(1~2年の消耗品)は「質」と「価格」が一致していれば、日本製でないとダメだという人もいるかも知れないが、極めて少数だろうと思われる。
「質」が維持生産されるなら「国内生産」も「オフショア生産」も線引きの必要も全くない。


従って、人材面(ヒューマン・リソース)で有利な条件の就業先を求めるなら、人材としても「グローバル・アビリティ」「グローバル・スキル」を求められます。


既に「作業者」としての「ワーカー」は、固有な一部の業種や職種以外は、できるだけ「ロボット化」を進め、それで対応できない分野は日本人に頼らず「外国人労働力」を導入しています。


近年の大卒若年者の就業時採用は、保持するアビリティや基本スキルと、求めるスキルの相違が就業後に露呈するためミスマッチを生むとも言われています。
やがて「構想力」を創出する能力を持つ人材を如何に多く確保する(できる)かに人事担当者の慧眼がかかるとも言えます。

| | コメント (0)

2018/05/21

是枝裕和監督の「万引き家族」がカンヌでパルムドールに耀いたと!

分かりやすい「社会表現」としての「映画」。
映像を介し「社会」を切り取り「文化」として見せる。
細部に拘る緻密なモノ造りの思想が底流にあるとも言えるか。


  https://www.sankei.com/entertainments/news/180520/ent1805200019-n1.html


アニメも同じくだが、社会の何を切り取り、何を掬い取り追い、どう見せるか、そしてどう覚醒を刺激するか、幅を拡げると焦点を絞れず、幅を広め深みを追えば、快く思わない側から非難や攻撃を受ける。
散漫にせず、焦点を当て、手際よくまとめる。


映像表現を観て、ネット社会で、右や左を論じる事は何らの意味もない。
「万引き家族」は日本の一端を描き上げているだろう。
その現実に触れられたくないヒト達が、自らの無知を棚に上げ「右だ、左だ」と騒ぎ立てるだけだろう。それは真に「無知なモノ言いの応酬」に過ぎない。
現実から逃避し、仮に過ぎない繁栄の幻想に浸ってみても、国や社会が抱える矛盾が解決できるワケではないのだ。
それも理解できない「灰燼(人)」は、真に憐れとしか言いようがなく、バカの所業に過ぎないのだ。


問題提起としては、宮部みゆき女史が、社会の片隅に焦点を当て「火車」を発表した時のように、リアルに迫る点で、当時(1992年)の衝撃を上回る。


日本の現実を、的確に切り取り見せた作品と受け止める。
演技者の自然な振る舞いが、一際「リアリティ」を印象付けたと評されもしている。
演劇も映画も同じく、完成度の高い作品を形成するには、シナリオ、演出家(監督)、理解し表現できる演技者、先ずこれらに恵まれなければ難しい。その上で映画は、カメラワーク(映像表現者)の技術が的確で高質が求められる真に総合芸術表現だと考える。

| | コメント (0)

2018/05/20

「森友学園」の経営実態を記した記録文書が公開され!

真に籠池泰典・諄子夫婦による騙り「詐欺」そのものだ!


<<以下は重複再掲>>
学校法人森友学園の籠池泰典理事長は、ドンキホーテのような大きな夢やホラを吹いても、然したる実力も必要なカネもオツムもない胡散臭い、大阪のオッサンで、固より小さな悪意を抱えた小者に過ぎません。

要は、サンチョパンサ役に首相夫人の安倍昭恵を奉り上げ、単純な地位を間接利用した騙りに過ぎず、憐れな「詐欺事案」でしかありません。


見抜けず名と地位を無自覚に間接利用された安倍昭恵を始めとし、それを奇貨として思惑を持ち協力加勢した方が間抜けなだけのバカバカしい話に過ぎないのです。
<<以上重複再掲>>



「森友学園」は、例え小学校でも開設するに相応しい「資金」も「財政力」もない状態だった事を、開示文書が明らかにしている。

昨年の参議院予算委員会への証人喚問で、税理士でもある自民党の西田昌司議員が、既に鋭く例証し、森友学園にも籠池泰典理事長にも、新規参入するに値する能力はないと明確に指摘している。


だから首相夫人を言葉巧みに名誉校長に迎え、寄付を受けたような工作を行い、それらを呼び水に「寄付金」集め、また行政に対しても「影響力」が発揮される事を期待した「詐欺事件」であると、本人に宣している。


それを裏付ける文書資料が開示された。


バカバカしい反政府の悪意を持つ「反政府忖度」「反安倍忖度」に過ぎない取るに足りない幼稚な議論に過ぎない。

| | コメント (0)

2018/05/19

留学生にまでナメられちゃぁオシマイヨ! これは間接侵略なのだよ!

留学生になりすまし「高額医療を受診」するのは、制度が普く緩いからで、
先ず、留学生だとするなら、所属大学(専門学校など)に連帯責任を負わせるべきで、それがないなら「受診をお断り」が普通だろ!


  http://wedge.ismedia.jp/articles/-/12771


友人は、米国スタンフォード大学へ研究赴任中に、突発性の重篤に陥り、大学が救急車を手配した際、救急隊員から「保険の有無」と「クレジットカード(種類)の確認」を受けたと憤慨気味に説明していた。


なぜかと言えば、
①診療費(入院加療総費用)の踏み倒しを避けるため!
②保険請求は後になるため、退院時に「医療費」をカード支払いできるか?
*支払限度額を確認する必要があり、与信力の低いカードなら、それ相応の病院へ救急搬送する事になり、与信力が高かいなら、それに適した治療を行う病院へ救急搬送する事になっているのだそうで。


幸い、友人は「ダイナース」と「AMEXのゴールド」を所持していた事で、高度医療の提供を受ける事ができたと。
日本への帰国便は「F」のシートを病院が指示し手配(治療過程の全記録を保持)させたようですが、後遺症は明らかに残されました。

身元照会条件が揃っているスタンフォード大学へ研究赴任中の重篤な救急患者に対しても、米国社会は支払い能力を検証確認してからでないと、救急搬送もしない体制になっているようです。


友人の帰国後、転院した形の病院へ見舞った際に、笑い話として聞き「なるほどなぁ」と感心させられました。


日本は、救急車をタクシー代わりにするバカもあるくらいですから、留学生を語り「日本の医療費」を盗む者が居る事に、然程の驚きもありませんが、制度を見直す必要はあるでしょう。


「国民健康保険」は、何よりも日本国民が対象なのですから。
日本は「外交・防衛および通商・貿易」では甘いのですが、日本国内へ上陸させた外国人に対する管理は、もう本当に甘いままで、オヒトヨシな日本の善良な制度は、手招きする害人らの手で都合良く喰い千切られています。


善良な日本人は、これらの事実に目を覚まして下さい!

| | コメント (0)

2018/05/18

残念な「森友学園」と「加計学園」の問題追及(基本認識)に欠ける重要事項:

学校法人森友学園の籠池泰典理事長は、ドンキホーテのような大きな夢やホラを吹いても、然したる実力も必要なカネもオツムもない胡散臭い、大阪のオッサンで、固より小さな悪意を抱えた小者に過ぎません。


しかしながら、学校法人加計学園の加計孝太郎理事長は、用意周到で必要な人物を一時的に雇用し、狙い定める地域の要請させそれに応える形を仕立て上げ「有利な条件」を獲得する事で「社会的要請」に応えるとの大義名分を得た上で設置開設(進出)を果たし全体としての学園資産を巧妙に拡大(教育研究の中身より図体を拡大)しているとも云えます。


規制緩和、特に岩盤規制の緩和を図る上では、
従来の発想や思考あるいは前例に倣う思考では難しいですね。


その「課題」と、実は「実力評価」が後ろに隠れてしまった事が、敢えて言えば、本来の問題点なのです。
実際に「設置開設」あるいは「買収統合」してきた「大学(擬き)」または「専門学校」は、本来の「研究教育」に大きくも採る点が懸念され、それらの「大学(擬き)」や「専門学校」など「学校」を設置する法人が申請する点で、怪しさが満ち溢れていたワケで、文科省は困ったとアタマを悩ませたものと観ています。その点が全く議論の対象にもならないまま、大勝負に出た理事長と首相を巡る「言い争い」に終始しているワケです。

問題は、
①岩盤規制を打破する特区制度での設置開設申請。
②設置開設申請者の適切性を審査する(べき)


この重要な点が忘れられ、忖度から損得の感情論になり下がった点は、大きな汚点です。
事前の「大学設置基準審議会」と、事後の「大学評価機構の審査」が注目されるべきなのですが。
事前は開設されましたので、形式的にはOKなのです。
事後の年度毎の検証(とりわけ完成年度の)ですね。


以下に示すとおり「加計学園」は岡山に本拠を置く巨大な教育コングロマリットです。
各学校を設置開設するため「加計学園」を頂点に重層的な運営法人を形成し、必要に応じ岡山県知事や高梁市長を理事長に据え支配者である事を隠す事にも注力しています。


大学教育の分野では、基軸とも云える岡山理科大学も含め後発性が足枷になり、いわゆる底辺校として認識共有され、以降、設置開設に取り組んだ大学「吉備国際大学」「倉敷芸術科学大学」「千葉科学大学」とも超低空のFランク底辺大学との認識が共有されています。
何れも、今治に開設した獣医学部と同様に、力尽く勝負とも云える手法で「無理偏に無理」を重ねて設置開設しているのが特徴です。その際に、政治家また行政職を退いた様々な人物を積極的に天下り雇用し抱え込む事で、その威力を実力に転化させ相手の足元を確実に読み込み「有利な条件」を獲得し、短期・強力に推し進め利益を得てきたワケです。


★学校法人 加計学園1961年(昭和36年)設立グループ最初の学校法人。
学校法人 広島加計学園1979年(昭和54年)設立
学校法人 英数学館1969年(昭和44年)法人設立。加計学園グループのルーツとされる英数学館予備校(1955年(昭和30年)営業開始)を運営。
学校法人 吉備高原学園1991年(平成3年)設立。岡山県との共同出資で設立された学校法人。岡山県知事が歴代の理事長
株式会社 SID創研。学術ノウハウを民生レベルと社会還元を目的に設立した株式会社。

★順正学園系列<加計美也子(加計勉の長女)により運営される系列>
学校法人 順正学園1967年(昭和42年)に学校法人高梁学園として設立。高梁市長が歴代の理事長
学校法人 ゆうき学園1972年(昭和47年)設立。
社会福祉法人 順正福祉会1979年(昭和54年)設立。
医療法人 順正会2014年設立。


コングロマリットの内訳:
★加計学園
岡山理科大学(岡山県岡山市北区)・・・1964年4月開校
倉敷芸術科学大学(岡山県倉敷市)・・・1995年4月開校
細胞病理学研究所(岡山県倉敷市)
千葉科学大学(千葉県銚子市)・・・2004年4月開校[2]
岡山理科大学専門学校(岡山県岡山市北区)・・・1975年4月開校
倉敷 食と器 専門学校(岡山県倉敷市)・・・2004年4月開校、2013年3月閉校
玉野総合医療専門学校(岡山県玉野市)・・・1998年4月開校
岡山理科大学附属中学校・高等学校(岡山県岡山市北区)・・・1961年4月開校(中学は2002年4月開校)
御影インターナショナルこども園(神戸市東灘区)・・・2014年4月開園

★順正学園
吉備国際大学(岡山県高梁市)
吉備国際大学短期大学部(岡山県高梁市)
九州保健福祉大学(宮崎県延岡市)
順正高等看護福祉専門学校(岡山県高梁市)
九州保健福祉大学総合医療専門学校(宮崎県宮崎市)

★広島加計学園
英数学館小学校・中学校・高等学校(広島県福山市)

★英数学館
広島アニマルケア専門学校(広島県広島市中区)
福山福祉専門学校(広島県福山市)
広島加計ビジネス高等専修学校(広島県広島市南区)
並木学院高等学校(広島県広島市中区)
並木学院福山高等学校(広島県福山市)
英数学館岡山校
英数学館加古川校
英数学館姫路校
英数高等学院(福岡県福岡市)
毎日文化センター広島

★吉備高原学園
吉備高原学園高等学校(岡山県加賀郡吉備中央町)

★順正福祉会
順正保育園(岡山県岡山市北区)
特別養護老人ホーム グリーンヒル順正(岡山県高梁市)

★SID創研
ESG倉敷こども園(岡山県倉敷市)

★順正会
順正会内科クリニック(内科。岡山県岡山市北区)
クリニック順正(女性専門内科・漢方内科・整形科。岡山県岡山市北区)
順正居宅介護支援センター(在宅介護支援センター。岡山県岡山市北区)
順正通所リハビリセンター(リハビリデイケアセンター。岡山県岡山市北区)
順正ホームヘルプステーション(訪問介護員派遣事業所。岡山県岡山市北区)

★関連施設
加計美術館
ヘルスピア倉敷

進出経営先での巧みな組織化による信用創造や形成は実に見事です。

| | コメント (0)

«Facebook は解体よりも 安全機能を強化し発展維持を望む!