維新はアベシンゾウの補完勢力ではナイぞ! アベシンゾウは自民党総裁である事を自覚せよ! できなきゃ潔く辞任して去れヨ

大阪の名誉のためにも言っておくが、最初に橋下 徹が指摘し改革に取組み、自民党を割り大阪維新の会を形成し主張したのは、大阪が腐っているからでは無く、国を始め、全国津々浦々、全ての自治体に共通し蔓延する行政の無駄是正(行政改革)の必要性なのだ。 行政の役割・使命は、 「無駄の制度化」だが「無駄を産み出し続け平気」な姿は糾弾・断罪されるべきで、時代や社会構造の変化、その環境条件に合う行政が求められる。そのために必要なら「日本国憲法」の改正もあるに過ぎず、情緒ばかりで浮かれず、足を地に着け考えよ! 維新は、アベシンゾウの日本国憲法改正の補完勢力ではナイ! 自民党総裁としてのアベシンゾウが、その職を考えず、維新との選挙戦で先頭に立たず逃げ続けるなら、自民党の総裁を潔く辞めるべきである! その決断すらできない中途半端なオトコが何を二兎追う立場か!? 世間の廊下トンビも、よみうりTVの幇間「辛坊治郎」の戯言に煽られ乗せられちゃぁオシマイよ! 既に、アベシンゾウは「やしきたかじん」存命中に、自民党を離れ、橋下徹と一派を成しと工作されて、決断できず渋り、麻生と管を足掛かりに今を得たワケで、今や二階にも担がれて汲々じゃないか、何を今さらと・・・・・・・ 維新は、固より「自民党大阪府連」の跳ね上がり(松井一郎一派の特定利益団体)代弁係に過ぎず面も隠し持っているのだ。 大阪の行政改革と、維新が掲げる「憲法改正」とを一緒に論じてはイケナイ! その分別くらいつけて貰いたい!

|

2019/04/17

自分のビジネスは、自分で考え自分で展開し自分の責任だ! 周りで批判し非難する人が責任を取るワケではないので!

人はみな違う個体で、違う個性があるからオモシロイのであり、その交換や交流で、様々な事に気付き気付かされ、相互の経験を分け合い磨き、更に思考基盤を拡げるのだ。 ビジネスも同じで、参入し参加するための「与件」をクリアすれば、誰もが「自由」に参画し個性を発揮すればよいのだ。 但し、その際に重要な事は、参画者それぞれの個体は個性もあり、それぞれ競争条件が違うワケで、それを能く正しく認識する必要がある。 多くの場合、この自らに課された制約条件の認識が極めて甘く、恣意的な点に問題を抱えているのだが、当の本人は気が付かないようで、それを社会の規制のせいだとか、悪弊だと決め付け批判する人も出る始末を見せられる度、(その人が)悲しくなるワケで。 先ずは、可能な限りの参入与件を整理し固める事だ。 その整理が十分なら、それを「ビジネスコンセプト」の芯にする事だ。 誰の、何を、誰が、いくらで、どう解決する、のか? それは「競争」を「可視化」する上での「基本」でしょ。 例えば、小売業を始めるとして、  ① 想定する顧客は? (その顧客は)  ② 何に問題を抱えていますか? (それを)  ③ 自分が! (スタッフが)  ④ いくら[商品価格・サービス価格]で? (提供し)  ⑤ (顧客の)悩みや不満に応え、解決します! (で、しょう) それを販売(提供)するための適切立地を手当する事です。 その立地には様々な「制約」が当然ながらあります。 それを「制約条件」だと考え、それをクリアーするために、必要な自らにも制約を加える場合もあります。 世の中では、それらの様々な制約を考え、できるだけ「最適」な「解」を準備して臨むのです。 当然ながら、その「解」を求める過程の「制約」で、漏れる「顧客」が出るのは当然です。 (個体や個性が異なる事で、制約された「適正条件」に合わなきゃ捨てる) 漏れた「顧客」の側は、その「対象」を評価するがゆえ不平不満が募ります。 クレームを付けます。提案もします。 しかし、コンセプトに合わなければ「捨てる」のは致し方がありません。 (これが案外できず「コンセプト」が狂うのです) その潜在「顧客」には申し訳ないですが、 「ビジネスコンセプト」に合致する点だけの売買成立で良いとの合理的な考えが必要です。 それなら要らないと言われりゃぁ、それはそれとして「割り切り」受け入れりゃ済む事です。 その「顧客」から、如何に批判されようと、基本の「コンセプト」に合わなきゃ仕方がありません。 (何よりも批判し非難する顧客が経営責任を持つワケじゃ無し) 昂じて「誹謗」「中傷」される事があります。 特定できるなら「名誉毀損」「損害賠償」の対象として遠慮せず告発すれば良いのです。 一番、手に負えないのは「ネット社会」で執拗に絡み付く相手ですが、しっかりと事実を押さえ「警告」し「告発」する事を厭わず「公表」する事です。 自信満々の歪んだ投稿をSNSでも時折ですが目にしますね。 「ビジネス」は「死ぬか生きるか」の闘いでもありますから、筋を通す事に、何の遠慮も要らないでしょ。 制約された条件を守り抜き、徐々にチカラを蓄え、当初は見送り諦めた顧客(市場)の開発に取組み、次々に新しい「事業」を産み続け、顧客を開発し支持を拡げる地道な「事業者(家)」は割合に多いのですよ。

|

2019/04/16

東京電力福島第一発電所で、被災した「核燃料」「燃料デビル」の取り出しに着手!

東京電力福島第一で、 震災津波被災後、甚大被害の原因でもある「核燃料」や「燃料デビル」の取り出し除去に着手。 福島第1原発の核燃料取り出し 炉心溶融機で初 別に褒められた事ではないが「安全・着実」に取り出し封印できる事を願う。 併せて「日本の技術力」の高さを世界に示して欲しい。 これは「はやぶさ」「はやぶさ2」「ブラックホール」の撮影成功に、勝るとも劣らない日本の「科学技術」だと誇り考える。 それにしても、勝俣恒久を含む当時の東京電力のナンと、お粗末で無原則な経営陣の思考姿勢、どこまでも無責任である事よ。 事故は起きたのだから仕方がナイ! 刑事訴追されようがされまいが、潔く「人としての『責任』を真っ当に負うべき」だろう。 それが、日本を代表する巨大エネルギー会社のトップに就く者としての「決意」であり「責任」であり、何よりも「人の途」だと考える。 勝俣恒久よ、日本人なら自裁し腹切って、詫び、果てよ! 当時の民主党(いまの立件民主党や国民民主党)政権による無知で無原則な無定見は、重大で取り返しがつかない事態を招きました。 煽り続けたメディアも、それにオモシロオカシク付和雷同した国民も同罪なのですが。 そして、その結果に対し、無責任を決め込み、他へ責任転嫁し自らの手は綺麗だと口で非難する事はしても、自らの非を認める事はしませんので・・・・・

|

2019/04/15

「立ち枯れ眠恥倒」も率いる「エダノコブタ」の政治観がズレているのは、参集する産廃ドモが狂っているからだ!

「立ち枯れ眠恥倒」のエダノコブタは、 内閣支持率が高止まりしているのは不思議だと無意味に夢想せず、 テメ~んとこが支持率3%の事実でも心配してろ! 枝野理論と「自民支持層」 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43673490S9A410C1SHA000/?fbclid=IwAR1q5mnRQDDCXX-zsH50omgAoueQOU_67AmJok5PO4igsKM2c0-SAOrXAbw 誰もが「正常な資質」を持ち「真剣に思考」するなら、普通にトンコレラは遠慮するよ。 テメ~んトコの「(政策)商品揃え」「ツラも含め」て観返して見ろよ。 全部腐ってるだろ! まぁ、選りに選って厳選し選りすぐりだよね。 「場違い(間違い)」に気付かないってスゴイじゃないか!? ウジモトイヤミ、チンテツロ、ドロヅマリ、バナナ蓮呆、ジャマヲシリ、オバカウチ、最近はまたもやバッカンナットが余計な事を言いだろ! 殆ど「産業廃棄物」の寄せ集めじゃないか!? それで、支持集められると考えるのは、オツムが相当「毀れている」よね! 掲げる看板の「政策(商品)」を見ただけで、その浮き世離れっぷりを際立たせてるよね。 ヒステリックに、珍奇な「見せ場」を造ろうと一生懸命なご様子ですが、笑わしちゃぁイケマセンぜ! 「貯め込んだ『ゼニカネ』は生産に投資せず、全て使い切ろう」ってか? 「国債よりも、増税よりも、富裕層への課税強化」で財政赤字を処理せよってか? 「労働配分を高めるために最低賃金の時給を一律1000円に」とか? 「中韓朝を挑発刺激する敵視政策をヤメロ」と売国一途を、裏で言い募る。 「原発は直ちに廃止!」って(最近は本音を隠すが)本質は変わらない。 まぁ、言い始めたらキリがないワ! 腐った「商品」は、自分の健康を考えるからね、誰も手にしないし買わないよ。 要らないんだよ! 立ち枯れ眠恥倒なんて、モチロン「エダノコブタ」もだ! 根本的に分かってないんだろうなぁ! 可哀想になぁ~!

|

2019/04/14

アパレルというかファッションビジネスで成功するためには、「鳥の目、蟻の目、魚の目」が大切ですよ!

アパレルというかファッションビジネスで成功するためには、 冷静に市場を見つめる眼を磨き持ち続ける事です。 組織(チーム)形成としては、 この場合の「市場」とは、原料、素材、加工、流通、消費、金融、労働、これらを一体的に捉え、創造創出に取組む事が何より肝要です。 それは「一人」のチカラではできません。 文化、社会、経済、経営、などの分野で、価値観を共有できる仲間を得て巧く組織する事です。 コラボも大切な事ですが、配分を合意しながら、最後は揉めて空中分解するのがオチもあります。それらを乗り越える事ができれば安定した強い組織として経営面でも維持できます。 組織(チーム)形成の前に、 何を目的に据えるか、何を目標に掲げ達成するか、 ①何処の、 ②誰に、 ③何を、 ④幾らで、 ⑤誰が、 ⑥何処で、 ⑦どう(方法)、提供するか(できるか)の整理が必要ですね。 市場を考える時に、 先進国だけではなく、中進国、新興国、途上国、後発国、これらの市場(生産と消費、そして労働と賃金)を概略的に把握する事です。 これらに加えて、金融を概略把握できれば強いでしょうね。 それができず、個別の技術や能力に拘泥せざるを得ない事業者は、チームの一員としてポジションを得る事です。 しかしながら、 国内市場を相手にしても、 「世界と戦う、世界で戦う」事が、常に前提です。 相手は姿を見せずに、戦いを挑み、あらゆる手段で静かに侵攻してくるのですから。 先年、突然現れた人物が、雑談の中で「その知識や知恵を、ゼミや研究会また塾で教えるべきです」よ。と! 既にこれまで散々、公益の場で人材育成に取組んできました。引退後も可能な範囲で研究交流を通じ、それらの継続を可能な限り提供してまいりました。 今は、球拾いとしての立場から見守っています。 おねだり型の要請を軽々に受ける事は致しません。 積極的に取組まれる方を微力ながら応援する程度です。 それは、然程「寛大」ではありませんし、 ご対応には均衡対応を採っています。 本来、根が無頼なゴン太ですから、建前の要領良く体裁整えは、卑しい思考で悲哀の極みです 先ず、ビジネスに取組まれる際の「お考え(コンセプト)」が、何より大切です。 それをお伺いし、社会的に存立可能なテーマであり、それに相応しい環境創出を思考されるようで、お手伝いできる事情にあれば微力をご提供できる範囲です。 まず何よりも、鳥の目、蟻の目、魚の目、で対象市場や対象分野を捉え、ご説明ください。その上で考え判断致します。 正直な気持ちです。

|

2019/04/13

TRUMP大統領は、寅の文在へ「Who are you ? (オマエは誰だ)」「What's that's whay ? (何か用か)」だったのじゃないか!?

寅の文在が、 「米韓首脳会談」だと、特別機まで仕立てて米国の首都WDCまで出かけたが、トランプ大統領は型どおりの歓迎で、肝心の「首脳会談」は2分だったとか!? 実際は、 President TRUMP ” Who are you ? " ( " How are you ? " じゃない処がミソなんで!) 寅の文在 " I am Moon Jae-in the President of Korea." President  TRUMP ” What's that's why!?"  だったのではないか! 日本も見倣おう! 丁重に「1分半」でヨイですよ! 6月29日の大阪で「G20」で、首脳怪談をお望みらしいから!
引用開始→ 文大統領“屈辱” 米韓首脳会談たった「2分」 北への制裁解除熱望も成果ゼロ (夕刊フジ2019.4.12)  ドナルド・トランプ米大統領が、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領との首脳会談で「冷淡」姿勢を貫いた。北朝鮮への制裁解除や、南北共同事業再開を熱望する文氏に対し、トランプ氏は否定的見解を示したのだ。金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長との3回目の首脳会談についても、急がない方針を打ち出した。米韓首脳がサシで話した時間はわずか2分程度で、踏み込んだ交渉はできなかったとみられる。「大韓民国臨時政府発足100周年」という重要な記念日に、自国を留守にしてまで訪米した文氏だったが、ほぼ、「成果ゼロ」で終わったようだ。 韓国 文在寅大統領  「今は適切な時期ではない。(北朝鮮が『完全な非核化』をして)適切な時期を迎えれば、大きな支援が行われるだろう。韓国、日本、多くの国々も支援に手を挙げると考えている」  トランプ氏は11日午後(日本時間12日未明)、ホワイトハウスで行われた米韓首脳会談の冒頭、こう断言した。報道陣から、南北共同事業である開城(ケソン)工業団地や、金剛山(クムガンサン)観光再開について問われたことに対する回答だった。  昨年6月と今年2月に続く、正恩氏との3回目の米朝首脳会談についても、トランプ氏は「可能性はあるが、急ぐつもりはない」といい、米国の求めるビッグディールは「核兵器を取り除くことだ」と明言した。  「従北」の文氏には、「ゼロ回答」に等しい通告だった。  以前から、文氏は世界各国を訪問して、北朝鮮に対する制裁解除を呼びかけてきた。今年1月の年頭記者会見では、開城工業団地と金剛山観光の再開に意欲を見せていた。  同盟国の韓国に対し、「冷たすぎる」ようにも見えるトランプ氏の対応は、会談時間にも表れていた。  韓国・聯合ニュースによると、トランプ氏と文氏の2人きりの会談は29分間行われたが、報道陣との質疑応答が27分間続き、実際の会談は2分程度だったのだ。  決して、トランプ氏に時間がなかったわけではない。報道陣とのやり取りでは、ゴルフのマスターズ・トーナメントについて「誰が勝つと思うか?」と聞かれ、タイガー・ウッズなど有力選手の名前まで挙げて冗舌に答えていた。  トランプ氏の米韓首脳会談での態度について、米国政治に詳しい福井県立大学の島田洋一教授は「事実上、『韓国との首脳会談を拒否した』といってもいいぐらいの対応といえる。2分というのは、通訳の時間を入れたらゼロに近い。文氏は首脳会談前、マイク・ポンペオ国務長官や、ジョン・ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)と会っている。トランプ氏としては『文氏に伝えるべきことは2人を通じて言ってあるので、首脳会談では具体的なことを話す必要はない』ということではないか」と説明した。  韓国サイドでも開催前から、首脳会談の行方を心配する意見があった。  首脳会談の席には両大統領に加え、メラニア夫人と金正淑(キム・ジョンスク)夫人の姿があった。1泊3日の実務訪問に夫人を同行させることも、夫人同伴の首脳会談も極めて異例といえる。  この形式について、韓国紙、朝鮮日報(日本語版)は11日、社説で「北朝鮮制裁の緩和を望む文大統領と実質的な話し合いをするつもりはないからだとの印象を与える」として、「今回の韓米首脳会談が韓米同盟の決裂を防ぐ機会になることを祈るばかりだ」と指摘していた。  そもそも、今回の会談日程は、文氏には厳しいものだった。  11日は、日本統治下の1919年に、中国・上海で独立運動家らによる「大韓民国臨時政府」が設立されてから100周年にあたるのだ。過激な「反日」言動を続ける文氏にとって、ソウルで11日夜に行われる記念式典は晴れの舞台になるはずだった。  韓国情勢に精通するジャーナリスト、室谷克実氏は「トランプ政権が、会談日として11日を提示したのは意図的だ。文氏に対して『無理に来なくていい』というメッセージだったのではないか」と分析する。  案の定、トランプ政権に「冷遇」された文氏は、ほとんど成果のないまま帰国することになった。今後、米韓関係はどうなりそうか。  前出の島田氏は「北朝鮮による瀬取り取り締まりのため、米国は3月、沿岸警備隊の大型警備艦を朝鮮半島沖に派遣した。『韓国船舶が北朝鮮に協力している』との情報があり、派遣には『韓国の監視』という意味もある。米韓両軍の大規模軍事演習も3つすべてが中止されており、事実上、米韓同盟は空洞化したといっていい」と話した。←引用終わり
国内外に課題山積中のトランプ大統領としては、口裂け嘘吐きの寅の文在が述べ立てる確証も中身も無いダラダラ話に付き合ってはいられないというワケだ。 よいツラの皮だよ「寅の文在」は、 「虎は死すとも皮を残す」と、言いますが、 「寅の文在」は、生きながら「名も」「名誉も」遺す事なし! 残せるとすりゃナンだろうねぇ!?

|

2019/04/12

日本の人口は1億2650万人弱だそうで、2008年にピークアウトしてから徐々に確実に低下しているようで!

日本の人口が2008年にピークアウトして以降、 これまで「1億2700万人」との数値を用い言ってきましたが、 これからは「1億2600万人」と修正し言わなければダメですね。 引用開始→ 総人口1億2644万3千人、減少率は0.21% 18年10月時点 (日本経済新聞2019/4/12 15:45更新) 総務省が12日発表した2018年10月1日時点の人口推計によると、外国人を含む総人口は17年の同じ月に比べて26万3千人少ない1億2644万3千人だった。減少は8年連続。減少率は0.21%で、統計を取り始めた1950年以来、最大となった。 外国人の過去1年間の入国者数から出国者数を差し引いた純流入数は16万5千人で6年連続で増えた。約270万人の外国人が国外に流出し、海外からは約287万人が流入した。外国人が総人口に占める割合は1.76%だった。 1年間の出生数から死亡者数を差し引いた人口の自然増減は42万4千人の減少だった。自然減は12年連続で高齢者の増加と出生数の減少が背景にある。1年間の出生児数は94万4千人、死亡者数は136万9千人だった。男女別では男性が14年連続、女性は10年連続で自然減だった。 年齢層別の割合をみると、15歳未満の人口は全体の12.2%で過去最低となり、70歳以上は20.7%と初めて20%を超えた。 労働の担い手となる15~64歳の「生産年齢人口」は、51万2千人減の7545万1千人だった。総人口に占める割合は59.7%で、50年以来最低となった。人手不足が成長の足かせとなりかねない実態が浮き彫りとなった。 生まれた年の元号別の人口では、平成生まれが3352万8千人となり、総人口に占める割合は前年から0.9ポイント上昇の26.5%だった。明治・大正生まれは140万5千人で1.1%、昭和生まれは9151万人で72.4%だった。 人口推計は国勢調査をもとに毎月の人口移動などを加味して推計する。総務省が毎年4月に前年の10月時点の数値を発表している。←引用終わり 持論としては、7500万人程度でも、経済活動の質を1・5倍高め効率よく運営する事で、全体でのGDPは10%程度下げても、1人当たりGDPを(現在価値で)650万円前後を獲得できるようにすべきと考え(夢想し)ているのですが。ダメですかね!? それができれば「財政赤字」は、深刻な問題ではなくなるのですが・・・・・・・!? いずれにしても、個とか単位当りの生産性を高める事で、全体としての「付加価値生産性」を拡大する事で、配分を増やさなければ、日本の現在の繁栄を維持するのは難しいですよ。

|

2019/04/11

神戸(人と未来防災センター)で「津波シミュレーション」を、ご体験下さい! 自然災害に備え減災への取組みを!

阪神・淡路大震災の記憶を残し、 先で生じる自然災害への備えを啓発する施設 「人と防災未来センター」(HAT神戸)で、 このレポートにある「津波体験」ができます。 基本は、1985年1月17日午前5時46分に発生した地震の記録映像を立体的な映像体験を、その後、被災地の状況を立体的に再現し、そしてメモリアル映像をご覧頂いた後に、様々なドキュメント展示により、地震のメカニズムを簡易に理解し学ぶ事ができます。 次に、減災への備えを、四半世紀にわたる「研究・開発」についての展示また小実験を通じ理解を補助します。 次に、水と森の関係、大量降雨による水害被害を短時間映像で示します。 それに引き続き、水害被害や津波被害の全体像を(概念的に)理解できる短時間映像で示し、それを受ける形で、このレポートの「津波被害体験(模擬体験)」を提供しています。 津波疑似体験 水深10cmでまったく前に進めなくなる https://www.news-postseven.com/archives/20190405_1345830.html?fbclid=IwAR0sB-f4QGi5ElImmlIApou0iErIbD8RiAtGKnHzLvWWwDLzeHNB8zPInac 最後が、東日本大震災から起ち上がるための「3D映像(25分:毎時0分と30分)」の上映です。 入館料に600円(JAF会員割引で450円)が必要ですが、地震・水害・津波についての安易で脆弱な知識を一新する事ができると考えます。 神戸へお出かけの際は、3時間程の時間を、お採り頂き見学・体験をお奨め申し上げます。最後に「東日本大震災」から起ち上がる被災者と被災地を記録した「3D映像(動画)」を、ご覧頂く事ができます。 最近は、インバウンドを受け、地震や津波が頻発する「近隣のASEAN諸国」からの見学者も増えています。 「地震・雷・火事・津波」避ける事ができる事。 突然に「避け得られずに襲われる事」に、如何に日頃から(心の準備も含め)備え被害を少なくするか、そのヒントや指標にして頂けますと「阪神・淡路大震災」を被災し生き残れた者としては嬉しく存じます。

|

2019/04/10

カルロス・ゴーンの「罪と罰」:無限のコストカットが正義だと認識させ自らは収奪で私腹を肥やした極悪人だ!

@nifty 提供のブログは、ノジマの手元に落ちて以降、この10年余りで不具合も含め最低の状況ですが続けます。 ゴーンは日産を再建したと自慢するが、日本政府の全面支援と公認の下で、誇りを踏みにじり、抵抗させず、従業員の首切りと協力会社へコストカットそれに優良不動産の叩き売りを行った。 それを断行し貫徹するため「命令」と「服従」を強い続けた。 中身(本質の内容)を見ずに、無能メディアとお抱え評論家がV字回復だと讃え吹聴した。 その結果、日本の産業界の多くが「ゴーンの日産に倣えと、コストカットへ舵を切った」のだった。 以来、20年、日本では無限の「コストカット」が正義を得たかのように大手を振り、あらゆる産業で「生産ピラミッド」を形成する上位から下位の裾野まで、止まる処を知らず「コストカット」の嵐が吹き荒れている。 遂には、人件費のコストカットを目指し、使い捨ての非正規労働が大幅に緩和され、そのために小泉内閣が多様な労働形態として市民権を与えた事で「正義」になった。 以降、日本は「高賃金」で「低生産」こそが「社会悪」の根源として捉えられ、今日に至る「生産(利益)と労働(配分)」の不均衡を産み、企業内の資金ストックは増えても、市場を形成する重要なプレーヤー(消費者)でもある労働へ配分されず、デフレを生む要因を形成し、脱却できず藻掻き苦しみ続けている。 この流れは、先進工業国のあらゆる社会の生産システムで「模倣」され「コストカット」こそが「経営の正義」とばかり称賛され、市場を刺激する「次世代製品」を製造しても「消費」は対応できない状況に陥り、遂には先進工業国共通の膨大な「カネ余り」を生む遠因にもなったと考えている。 「カネ余り」でも「利率」による「利益」を求める声に応えるため、金融博奕に過ぎない「金融デリバティブ」が高度に理論化され、仮説が仮説を生み膨大な夢想により「金融ゲーム」による莫大な金融バブルを招いているように受け止めている。 つまり、絶対権力を背景にしたゴーンの強欲から生じた「コストカット」は、世界各国に世界市場に無限連鎖し、無茶苦茶な被害をもたらしているとも云える。 1999年から、一貫して「ゴーン」の手法を否定してきた者として、上記を含め様々な点から、経済と倫理の均衡を欠くゴーンの失脚(罪)と獄中生活(罰)を冷たく眺めているのです。

|

2019/04/09

サル山のボスの座を巡る争いで、秋田の集団就職スカスカスガ~「管義偉」が一歩リードとの下馬評が!

@nifty のブログ表記は、絶不調のまま「修正する能力もないようで」阿呆を曝したままの日々が過ぎております! 所詮は、安売り家電屋「ノジマ」のセンスよ! 曝し続けてヤルぞ! サル山の「ボスの座」争いは、沖縄を始め、一貫して負け戦続きだった秋田の集団就職スカスカスガーこと管義偉が、この春に一気呵成で挽回した模様! 菅義偉官房長官 米外交デビューで登る「総理への階段」 https://www.news-postseven.com/archives/20190409_1348095.html?fbclid=IwAR2-xzHJUcwC-NMFJud9rB8TjeHyiK_YevAqJZHg4vS1TkX_Ug29L6MEcLk 新元号「令和」の発表で注目を集め、アホカワモチを数歩リード! しかしながら秋田の集団就職スカスカスガ~はオツラが貧相で品位がないわ値! (故・梶山静六先生に私淑し、育てられた事は評価するが) この記事、真に興味深いが「大阪春の陣」での「維新」の勝ちは、スカスカにも少なからず分があるが、自民党としては裏切り者だ! 北海道の争いは、管義偉の尽力は少なく、候補者の能力と決断力が広く北海道で認識され強く熱い支持に結実した結果だ。 もしも、管義偉の勝利と言うなら「福岡の大決戦」で、麻生太郎に静かながらも引導を渡した事だろう。しかしブルドッグ二階の手による事だとの記憶が要る。 御坊菌(ゴンボキン)のブルドッグ二階は、自らの足下で配下の県会擬員(現職)を落選させた。原因は、先の強引な「阿呆堕落狂」のバカ小倅を強引に御坊市長へ就けようとした選挙戦の分裂にある。ヘッヘ、ザマァ~だよ! まぁ、7月の参議院選挙が終われば、サル山のボスの座を巡る争いは熾烈を極め、オリンピックの1年前でも表面化するだろうなぁ!

|

«地方も国会も70%の議員は「理念」や「政策」具体的な「行動計画」など持たない! あるのは自分の喰い扶持を維持するための手段を講じる事だけ!