2018/09/24

「働き方改革」を進めるなら「祝祭日(分)全て」+「有給休暇」を自由な取得可能にし「個人事業主」化せよ!

「働き方改革」は、真摯に取り組む必要があります。



私見ですが まず、何よりも一定の期間が経過すると「有給休暇」の取得が認められます。
これを確実に取得するを厳密に法定化する事が求められます。
次に、散らばる「祝祭日」も「有給休暇」とセット化します。自由に例えば「1ヶ月を超え」る取得も可能なように改革すべきです。
現在の状況は、祝祭日が細切れで、国際的にサプライチェーンとして生産分業し支え合う現代の生産構造では、著しく国際分業で生産性を阻害しています。
休暇による欠員も先に把握する事により臨時的な補充も効き、雇用拡大にも貢献でき、全体の所得向上も可能です。


その上で、余剰の時間をどのように使うかは、働き手の裁量に委ねて良いと考えますが、副業や兼業を容認するか、どこまで認めるかについては、業種や業態あるいは各々の会社の置かれた立場や状況に拠り一概には言えませんね。
いずれにしても「機密保持」も含めた、包括的な雇用契約が必要で、この途を選択する人は、基本的に雇用者と同等の権利義務を負う「個人事業主」の位置づけであろうと考えます。


日本が先進7カ国である以上、
世界的な「社民主義」に基づく「労働時間の短縮と最低賃金のアップ」は求められ続け、また同時に生じる「時間余剰」に対する「副業」や「兼業」を容認せよとの要求は高くなるでしょう。


そこで、雇用条件や労働環境を、産業間格差・業種間格差を含む、企業規模格差を含めた環境整備が「制度整備」を含め「政策と施策」で、幅広く議論する事が必要と以前から観ています。
恵まれ、いわゆる競走の無い、半ば地域独占に近い産業や業態に席を置くルーティンの「お気楽サラリーマン」は、副業を解禁せよとの要求で、お気楽野党は「官公労」と共に推進を求めています。


産業間格差、業種格差、それらが生じ、また抱える事情は、いずれの国でも現象は異なりますが同じではないかと考えます。
しかし国内的には、労働力と人材の面で、いずれの産業も業種も同じ環境条件を求められます。
労働総時間の規制は、「官と大規模製造業」を基準(日本の約10~15%が基本)にして設定しています。
副業・兼業の議論も、そこから派生しています。


しかしながら、日本のローカル地域では、自営農業生産との兼業を認めてきています。それで生活も社会の一部分も成立しているワケです。この点を留意する必要があります。


例えば、祝祭日と法定有給休暇を一体化し、まとめて取得させる事にすれば、その間の労働力を事前に手当し生産体系を組み直す事も含め、再考できます。
また休む方も、例えば自営農業と農繁期に取り組む事も可能です。さみだれ式にバラバラ休日が散らばり、生産力が分散されるより、遙かに効率がよいと考えます。
また、海外との分業や生産委託などの面でも効率化を進める事ができるのじゃないかとは考えます。


要は、法定で標準化される総労働時間内で、如何に事業計画を組立て、生産標準を形成し平均生産単価を求め、それに見合う製品を供給する(できる)かに、何れの産業も業種も、今後は否応なくかかってくると考えます。


「働き方改革」を言うなら、
これらの諸要求を含め独立した「個人事業主」として、主として就業する先と労働契約(産出と所得)を締結し、納税も社保も個々が責任を持つに改めるべきと考えています。


それらを含めた「社会的制度化」が議論され準備される必要があります。
しかしながら、副業や兼業を望む人の多くが、所得の拡大を掲げるのは極めて残念な印象を受けました。

| | コメント (0)

2018/09/23

三陽商会は能力が無いのだから面子に拘らず倒産廃業しアパレル・ビジネスの市場から撤退しなさい!

三陽商会が3度目の希望退職募集:

アホだろ三陽商会。何年、何度、経営危機だよ!?

引用開始→ 三陽商会、3度目のリストラ 老舗アパレルはどこへ
(2018/9/21 16:28日本経済新聞 <電子版リードのみ>)

 アパレル大手の三陽商会は21日、約250人の希望退職を募ると発表した。同社では3度目となる大規模なリストラだ。ライセンス契約していた英バーバリーの販売に頼り、百貨店市場の縮小とインターネット勢台頭という構造変化にのみこまれた。中古品の取引サービスが伸びるなど消費のあり方も激変し、老舗アパレルの価値が問われている。←引用終わり

バーバリーの契約解消を理由に挙げるけれどネ、バカか?
昨日今日、バーバリーがライセンス供与を始め包括的な打ち切りを言ったワケじゃ無いだろ。契約打ち切りを打診されて約10年、ほぼ5年を越える期間、何もしなかったとしか見えなかった。
いやいや、寧ろ「バーバリー」の拡大へ踏み切っていた。
(この判断そのものがハッキリ言って自殺行為でアホだろ)

アッパーミドルの市場が、世界的に縮小し、これへの経営対処が最優先課題で、その「解」は各社毎に異なるのは当然だが。
それは英国(UK)の「バーバリー」も同様で避けられない。
その点を見越し、「バーバリー」は世界市場で「リストラ」に取組み、厳しいスリム化とフィット化に取り組んでいる。
「三陽商会」は、その意味が分からなかったという事だろう!

まぁ、三陽商会に関係された人の意見は多種多様でしょうが、東京証券取引所へ上場している企業なので、主要な商社が「どうこう」とか言うのは滑稽で、その経営機構も含め上場会社なのでしょ。

経営上のカネの融通や信用保障を供与する側は、限度を超えた損失を出さないために、担保権の行使を迫るのは当たり前じゃないですか。
それに異議を述べ責任転嫁したいなら、その前に経営上からも保全措置を講じる事だよ。それもせずにダラダラ事業赤字を無自覚で無責任なまま垂れ流し続けただけじゃないか?
それそのものが三陽商会の救いようのない思考体質だし行動体質だろうが。何の寝言を!? アホかいな!?

事業経営とは、
 ① 市場(製造・販売・品質)に責任を持つ。
 ② 雇用に責任を持つ。
 ③ 資産に責任を持つ。これを保持しない者の市場存在はあり得ず無理だ。
何年もかけて、甘い見通しで、決意も無く(他者へ責任転嫁し)、何度もリストラを繰り返し、世間(市場)で密かにバカにされ、プライドだけは一人前に、根本的な体質転換もせず、(根本的な)赤字を隠し書き換え続け、生き存えてきたワケで、ともに歩んだ商社も経営体質を根本的に転換させ得なかった事の甘さから逃げられるとは思えないが、三陽商会を横から眺めて、ここに示した「構造的体質」を見せられ感じ、毎回「反吐」が出そうになった事を付記しておきたい。

指導学生が、研究ゼミの場で三陽商会の数期にわたる決算数字を観て、期毎に決算数値が好悪を繰り返す。それは在庫評価の置き換え先送りに過ぎず、この会社の経営は基本的に間違っていてオカシイと指摘した。(今も変わらず)

最も、相手にしたくない「無自覚、無責任、自らを主体としない体質」は、健全な市場には不愉快で不必要で「退場」されるが宜しかろうヨ。

| | コメント (0)

2018/09/22

戦い済んで日が暮れ夜が明け 寝首を搔き失敗した者も一致団結「幕の内弁当」か!?

自民党の総裁選を終えて:



まぁ、SNSで産経の読者を軸に、熱烈な支持を受けていると勝手に信じ思い込むのもヨイけれど、一般論として、ごく普通の日本人は冷静だ。
これを「喉元過ぎれば、熱さ忘れる」とも言うが・・・・・
然程「好戦的」なヒトはいないだろう。


SNS上で「真正保守」を勝手に宣旨、極めて過激に熱く「口戦的」な言論を展開し、その日を暮らし、世の中で相手にされないアブレのクズから人気を得て、狂喜乱舞するアホのネット民は数多いけれど、日本人は12,500万人以上いるワケで。
夕刊フジに煽られる「ミギの保守」も、日刊ゲンダイに煽られる「ヒダリの誤民」も、現在の日本では「社会の廃棄物」というかゴミに変わりなく、ワァワァ、ギャァギャァと煩いだけだ。


まぁ、ホドホドに戦い終わり、ホドホドに党員・党友の投票が分かれたのは、末端の自民党員は精神が健全な証拠だとも言える。


石破票を巡る評価はサマザマでよい。
それらの全てが正しく、全てが間違っているのだから。


自民党が本当に苦しい時には「離党」し弓を引き。
風向きが転じ順風になると、それを見計らうように「復党」し、党の役職にも閣僚にも(腹立たしいが)就いた。
醜いデブゴリラの石破茂とゾウリムシの渡海紀三郎だ。

Photo
(朝日新聞デジタルより)

今の幹事長ブルドッグ二階も同じく「離党出戻り」だ。
東京都知事の小池百合子も同じだ、自由気ままに出入りし、その度に平気で掻き回す。

自民党は「幅広く奥深い」のだ、それで無ければ国民政党として「政権」を担えない。
力量の無いバカ議員がネジを巻かれ茶番の大騒ぎを繰り広げている。
歪んだネット民とSNSだけが自民党の相手ではないので。


総裁選が始まる前に指摘した事がある。
安倍晋三は、自らの信じ取り組みたい政策を堂々と掲げ、石破茂と論戦すべきだと!
しかし、それを基本的に避けた。論戦能力がない(つまりアホ~だ)からだ。
それが露呈すると、党員・党友票を喪うからというのが本音の理由だ。
対する石破茂もオタクのアホ~で、持って回った重たく賢そうな喋り方をするから騙されるだけで、スローガンだけで中身のないタダのデブゴリラなのだ。


それを避けたから、ワケの分からない実に「空虚」な総裁選挙に堕した。
なぜ避けたかといえば、安倍も石破も限りなくアホ~を露呈し、世界のメディアから餌食にされ、その事実を世界へ放たれる事を懼れたからに過ぎない。


だから、安倍晋三の名で国会に席を得た、お調子者アホ~議員が親衛隊を作り、蜜の味を分け合うために、アベカワモチ本舗に蝟集し、恫喝を含め、その忠誠を競う醜態を見せたのだった。


日本の政治を決めるのは、ネット社会に潜むSNS信者の「過激口先ミギ保守」では無い。
政策論戦を通じ、幅広い国民の支持を集め多数を得た者が「政権」を担い「政治」を差配するのだ。
この度の石破票に、激しく「一喜一憂」している間は、政治を語る場が「居酒屋」談義に過ぎず、政治を動かそうとし影響を与えようとする資格は無いのだと指摘しておきたい。


政治を語りたいなら「順風も逆風」も全て受け止め、苦しい時も耐え抜き、状況を切り拓き、勝ち進む強靱な精神が必要なのだ。
ゆえに、逆境に際し、平気で逃げ出し裏切る行為を恥とも思わないのは政治家のクズなのだ。


上に写真を貼り付けたが、デブゴリラの石破茂とゾウリムシの渡海紀三郎は、離党の出戻りだが、党の役職にも閣僚にも据えている。
それが自民党の幅であり奥深さなのだ。


安倍晋三は総裁(首相)として、舵取りをする上で、取り巻きが冒し続ける威迫やバカ騒ぎを真摯に反省し、謙虚で中身を伴い丁寧で真面目な姿勢で取り組まなければ、大目標の「政策」実現は無い。
その責任は、どう取る考えであるか。

| | コメント (0)

2018/09/21

南北は平壌で首脳会談を無事に終え 世界が次の展開を注視するがボールを米国へ投げ返し!

寅の文在と、若気の至り、
取り敢えず「危機打開」に向け、表面的には「口を控え」たワケで。
後ろに控えし花札爺は、手放しの喜びをTWで述べたとか、フェイクか?



南北は「実質終戦宣言」だと手柄を吹聴するが!
「平壌共同宣言」の全文を時事通信の速報をリンクしておきます。ご覧下さい!


  https://www.jiji.com/jc/article?k=2018091901061&g=int


トランプ大統領も手放しの喜びようだとか!?
正夢か、夢はまた夢か、ヌカ喜びに終わるか、進むか?
(まぁ、追い込まれた結果でもあるから)


不信が不信を呼び招き、相互に不信を募らせ、口汚く罵り合い、時に「暴発」し自分達の威力を見せても、国際社会からは非難され、糾弾され、壁を築かれ追い込まれ、得るモノも得るコトも何もなく、徒にカネとヒトを無駄に消費しただけに過ぎなかった。
(ヒトの『命』が余りにも安く容易に手に入れる北朝鮮だから成り立つワケだが)
そのバカバカしさに気が付き分かったのなら、少しは救いようもあるだろう。


今回は、カネを出す側も雁首並べての事だから、
馬(金正恩)の首の前に人参(カネ)をブラ下げてだったワケで。


咽から手が出るほど「カネ」が欲しいため、下手に出るやら、持ち上げるやら、誘いに応じるやら、談笑するやら、米国との再会談の斡旋を言外に含ませるやら、手放しの歓待と厚遇を展開して見せた。


最終日は「白頭山」へ登り語り合ったとか。
次は、年内に金正恩が「ソウル」を訪ねる事を約束し公式訪問を無事に終了した。


寅の文在も、ワレ、役者じゃのぉ~!
いつまた、癇癪玉が爆発するかも、その疑いは抱えたままで居たい。
あるいは、双方とも「クーデター」とか「叛乱」もなく抑えつける事はできるのか、注視したい。

| | コメント (0)

2018/09/20

さてさて「南北会談」は怪談にならず正夢となるか!? 飽きてキムチ悪くならないか?

寅の文在と、若気の至り、
取り敢えず「危機打開」に向け、表面的には「口を控え」たワケで。
後ろに控えし花札爺は、手放しの喜びをTWで述べたとか、フェイクか?


  https://www.jiji.com/jc/article?k=2018091900884&g=prk


南北は「実質終戦宣言」だと手柄を吹聴するが!
「平壌共同宣言」の全文は、コメントに時事通信の速報をリンクしておきます。併せてご覧下さい!


  https://www.jiji.com/jc/article?k=2018091901061&g=int


トランプ大統領も手放しの喜びようだとか!?
正夢か、夢はまた夢か、ヌカ喜びに終わるか、進むか?
(まぁ、追い込まれた結果でもあるから)


今回は、カネを出す側も雁首並べての事だから、
馬(金正恩)の首の前に人参(カネ)をブラ下げてだったワケで、

咽から手が出るほど「カネ」が欲しいため、下手に出るやら、持ち上げるやら、誘いに応じるやら、談笑するやら、米国との再会談の斡旋を言外に含ませるやら、手放しの歓待と厚遇を展開して見せた。


寅の文在も、ワレ、役者じゃのぉ~!
いつまた、癇癪玉が爆発するかも、その疑いは抱ままで居たい。

| | コメント (0)

2018/09/19

無法行為をやりたい放題で「業務妨害」を続ける「関西生コン」は労組や協組を語るが半島からの組織暴力団だ!

「関西生コン」は労組を主張するが、組織暴力団と同じだ!
「関西生コン」の威力業務妨害は目に余る。
労組活動を名乗る特定勢力の「ヤタケタどもによる暴力威迫強要犯罪」だ。



  https://www.sankei.com/west/news/180918/wst1809180013-n1.html


連日の押しかけ脅迫強要行為や単純暴力を用い業務妨害をしているのだから「暴対法」を適用しろ!
「関西生コン」が強要する行為は、労組の争議行為を語り、形を変えた「暴力団のみかじめ料」要求行為で社会犯罪だ!
得たカネ(潤沢な資金)を元手に沖縄は「辺野古」へも押しかけ、妨害行為を繰り広げて止まない。


なぜ、刑事事件として立件しない。なぜ、不法行為が放置され平気なのか?
辻元清美、福島瑞穂は、顧問などの役職や代貸しに就き金銭(パーティー券収入など)を得ているだろ!?
同じく、辛くもシン凄いに殴り倒され踏み付けられるからか?


*「関西生コン」の押しかけ強要による集団「業務妨害行為」を整理する:
① 組合加入の強要(一人でも労組員として加入できるがウリ)。
② 組合員が被害を受けていると主張(因縁をつけ)し団交を求め押しかける。
③ 事業者(会社)は、団交に応じる必要が無いと拒否する(当然の事)。
④ 事業者(会社)へ押しかけ、騒ぎ立て、出荷妨害をする。
  事業所内への立ち入りを拒否されると門前(道路上)で通行妨害をする。
⑤ 警察が出動すれば「これは労働組合としての抗議行為だ」と主張。
⑥ 「民事案件に警察は口を出すな」と介入を牽制する。
⑦ 出荷トラックを取り囲み、運転手に「労組加入」を強要し、(非労組員の)敵対行為で労組員が権利侵害を受け苦しんでいると主張する。
⑧ 出荷トラックの前で無理に転び「事故」と主張。それを機に警備する警察を激しく非難し、救急車の出動を要請、事件化を目指す、
 (まるで「ヨシモト珍喜劇」そのもの)。
⑨ これらの行為が連日にわたり展開され、その都度、警察と消防(救急)は出動させられ、
「関西生コン(ヤタケタ労組員)」から罵詈雑言を浴びせられる。


現場の運転手には「労組員」への加入を時に暴力を用いても強制勧誘し、事業経営者には「協同組合」への加入を威迫しつつ執拗に迫る。
それらは全て「民事行為」だと主張するが、組織暴力そのもので、これほどの無法がナゼ許されてきたのか!?


「関西生コン」の幹部16名を大阪府警が逮捕!


  http://www.sankei.com/west/news/180918/wst1809180032-n1.html


「留置接見中に、逃亡されへんやろなぁ~?」
大阪腐軽との揶揄を打破できまっしゃろか? 徹底的にブチ込んだれ!

| | コメント (0)

2018/09/17

トランプは「小学校5年生程度の理解力で、アホだから、何を言っても無駄」と側近の言

トランプ大統領が、
世界に見せたポピュリズムという「衆禺政治」の醜態!



フランス大革命や米国の独立戦争を経て、苦労しながら手に入れた現在の民主主義が到達したのは「衆禺に媚びる政治」だったのか!?
そのために、理念上で対立する相互が「フェイク(嘘言)」や「トラップ(罠)」を仕掛け合い、双方が口汚く激しく醜い非難を応酬させる。
しかも、それらがネットで国境を超え、様々な国や関係者の立場を「利害得失」や「損得」で巻き込み、止まる処を知らない。


まぁ、これはネット社会を構築した事で形成されたとも言えるが。
媚びる、利益誘導する、恫喝する、交渉する、取引する、譲歩を迫る・・・・・
それ以外にはない。ナゼか「知恵」が無いためだ。


傑作は、
「小学校5年生程度の理解力で、アホだから、何を言っても無駄」との側近の発言を収納した下りがあるそうで、分厚いけれど原書を手に入れ読んでみたいと考えている。


でも、本当に米国は自由な国だ。
現職の大統領を「徹底批判」し「扱き下ろす言論」を展開しても、その言論表現が批判されても排除され出版弾圧される事はない。
言論には言論で対し「忖度発言」もなければ「同調圧力」もない点だ。

| | コメント (0)

2018/09/16

「働き方改革」を真剣に考えよう! 無用な祝祭日の廃止と自由な有給休暇取得可能な設定へ

働き方改革の対象や認識は間違っていませんか?
9/15の投稿とコメント記述を独立させ、改めて問います!

相次ぐ自然災害もあり一週間の経過が早すぎます!
来週と再来週は月曜日が祝日だから更に短い事になる。働き方改革を叫ぶなら同時に製造分野と流通分野また教育分野の休日を考えませんと歪な国のままだわ!

日本は、法定の祝日を増やす事より、多様な方法による休暇取得を可能にすべきと改めて考えます。
週末の休みは、ほぼ世界共通ですからヨイと思いますが、祝日を月曜日に移動させ、3連休なんてバカな事は止めた方が善いと。
祝日を増やしても365日以上は作れませんし、土曜日を除く310以上は設けられません。土曜日を含めると265日以上は設定不可能ですから。

例えば、学校の9月ですが、4日(火)は巨大台風上陸、10日(月)は大雨警報で休校、17日(月)は祝日移動で休み、24日(月)は祝日振替で休み、30日中10日が土日で休み、祝日が2日で休日合計は12日。それでも規定のカリキュラムは熟さないとダメなわけで。
残余の18日の内で2日が業務に影響ありで、実動は16日という月の半分が休日や休業って、先進工業国で日本だけですよ。
しかし「社保支払日」期限の10日や一般的な給与支払日の25日は、必ず来るワケで1ヶ月分支給する事になります。
稼げる日は半分です。
こんな非能率で非効率な事を無批判に平気で進めている国はないですよ。

8月も同様でしたから、8~9月の61日で日本人は、約1ヶ月以上休んでいるのです。世界でも法定祝日の多い国で、先進工業国では労働生産性の低い国じゃないですかね。

本当に、「また休み!?」って、
分からない政治家や官僚ドモは「働き方改革」を掲げ、
法定で強制的に「休み」をと言いますが、業種や業務により、
仕事の質や、仕事の生産性が異なるのですから、目標値や大枠の枠組みを定め「自由」に任せればヨイのです。
仮に、総労働時間を1年=1600時間と規定するなら、総労働日数は200日で土日の休日が約100日、祝祭日は12日、年末年始やお盆時期の慣習的休日合計が約7日の合計19日です。
これで120日は法定や慣習的休暇で実際の労働日数は245日で総労働時間は1960時間です、標準的な1800時間を合意するなら800時間=労働日数20日になります。これを有給休暇の自由な取得義務づけにすれば良いのですが。
年間の総労働時間を1600時間にするなら45日が有給休暇になりますが、いつ働き何を生産し、日本人は生活の糧にするの?
それ以上に、発想を変え、祝日を少なくし(意味のないこじつけ祝日を廃止)する事です。

| | コメント (0)

2018/09/15

嗚呼! ガネモト阪神不随タイガース! チームも選手も潰さんといてネ!

「なんでかな?」と金本は言う前に、
経営戦略を立てる事だろうね。それに基づき、チームを導く事ですよ。
何よりも「チーム造り」ですよ! 分かりますかね?
(まぁ、尤も「聞く耳」があればの話だけどね!?)

今日(9/15)も、シッカリ負けて、ナカナカですよ!
既に、金本が率いるチームは崩潰していますけどね。

  

https://mainichi.jp/articles/20180914/spn/00m/050/012000c

① 1軍は固より2軍も含め、チーム全体の「戦力」を適正に能力評価してみたらどう?
② ドラフト指名で採った選手で、ここ数年、目標に合わせ「育ちましたか?」
③ スカウトは、選手時代は有能だったかもですが、いまは無能で仕事もできてないよね!
  (どのチームも、デキの悪い2級の口先を採るのは共通ですが採用時の評価は厳密です)
④ 甲子園に客を入れる事だけしか考えないフロントは事業を冷静に考えてみなさい。
  (株主総会の議論で求められている事は「均衡ある安定したチーム造り」なのです!)
⑤ チーム運営は、捨てる試合、拾う試合、接戦の試合を、意識する事です。
  (選手という設備を、どう組合せ、どう効率よく活用し、目標を産出するかです)
⑥ 選手はそれぞれの個性がありますからダラダラと監督のご機嫌メニューを押し付けても面従腹背ですよ。
  (偉大な監督は分かりませんかね? 自分の場合はという例示はできても強制はできないですよ)
⑦ 選手を潰さない事ですね。そのためには「目標の共有」が必要です。

プロ野球チームも、会社経営と同じなんで、生産手段の主体が選手か機械かの違いはありますが、それをどのように効果的に動かすかは、やはり現場に立つ人なので「球団職員」として居残った、オツムのデキが悪いのも含め安穏な「生活互助会」を形成して平気なのは、裕福な親会社への甘え以外の何物でもありません。
大阪を中心とした土壌にドップリ浸かって、珍奇な英雄視を受けて「なんでかな?」とは、何をしているのですカネ。

| | コメント (0)

2018/09/14

ポンポンとオツムも悪い見映えのアベカワモチは咽詰めにご注意を! 一方 見映え悪く、屁理屈言いで、重そうなのは疲れますし!

すっかり興醒めの「自民党総裁選」ですが、
強固な安倍晋三陣営のアホ3人衆が「忠勤争い」で頂点争奪戦を激展開。
「忖度」と「忠勤」に「ゴマスリ」を競う展開は真っ盛り!



その度を超した醜くさに、遂に、安倍支持陣営の「産経」「讀賣」「日経」が紙面で、呆れるやら、嘆くやら、注意喚起するやら、それを見て「文春」も外部のライターとはいえ参戦するという事に。


まぁ、汗臭いヤタケタと嫌われる萩生田光一が寄り添い度では「忖度」が利いてアタマ一つヌケか?
次に、何もないがゴマスリで「忠勤」だけで薄情がウリの下村博文は長州藩は伊藤博文にちなむ博文でつきまとうがフケか!
何もないため、コマチタ西村康稔は、ヤタケタに追いつき追い越すために、必死の形相で官邸では「恐喝」紛いに、(教養の無い)強要怒鳴りで名を上げ(嫌われ)アホ全開中だがトカ!


今のところ、加計学園騒動で、疚しい事だらけ限りなく「黒灰色」に近い下村薄情は、文科大臣だった事も影響し、加計学園パー券(裏献金)が響き「汗かき度」でポジション回復を狙うが、前に「汗臭い豪腕男」の萩生田が立ちはだかり、安倍晋三、加計孝太郎と「牛喰う仲」を自慢げに撒き散らす展開のまま、これらのネタは永田町クラブから霞ヶ関を席巻し虎ノ門から新橋方向へ溢れ出し、遂に愚民ドモが知る事になった。


そこでポンポンが痛いアベカワモチホンポのボンボンは、
「ハタクシは至らぬ人間ですが、謙虚さを失わず、丁寧に事に対し、進めてまいりたい」と建前で言う羽目に追い込まれたが、アホ・バカ・ボケの三人衆は、ヤタケタ度を競い合う事に執着し、
「尊大さを失わず、粗雑に事に対し、怒鳴り散らし推進」すると本音を露呈し、失笑(落胆・敵意)を増幅させ買うばかりなり。


ここにまた脇が甘い「腋臭が甘い」呆れ絵が、座敷牢を抜け出し参入する日を待ち望む声が巷に溢れ返る、今日この頃、昨日、一昨日、明後日という江戸紫は桜田門外の偏ですナ。


これは全て、アベカワモチのオツムに問題があり、甘いために他なりませんのです。
まぁ、首相というのは国家の機関に据える「ロボット」に過ぎませんから、指示する側は自分達の狙いを「政策」に反映し実現するための手段ですから、他の重要な支持者(ライオン)は、大物ぶった小者の忠勤争いを観て見ぬフリでツメを研ぎ磨き、いつでも切り捨てられるアホ・バカ・ボケを冷ややかに眺め、実際の政治権力を握り手放さないのでアリマス。


担ぐ方は「軽くてパァ~で、見映え良く上手く演じ」れば都合が良いのです。
見映えが悪く、屁理屈を言い、重そうなのは疲れますのでネ!

| | コメント (0)

«プッチン・プーチン 意表を衝き無条件で年内に「日露平和条約」締結を突然提案する!? 裏に塩を撒いておけ!