韓国人エリート留学生の大学院での研究取組みの一例を遺しておく

韓国からの留学生の研究を見守った立場から、日本のモノ造りを研究テーマに据え、大学院へ留学してきた人物があり、幾つかを助言指導した経験を述べておきます。
実に、よく学び研究した経過とアタマを引っ提げての訪日留学でした。
KOTRA(大韓貿易投資新興公社)にも身を置き、相当程度の知見を有する人材でした。


例えば、日本の「モノ造り」について、自動車産業を捉え考えますと、車種にも拠りますが、ザッと2万点~3万点の部品を組合せ最終製品「完成車」に仕上げる構造です。(要点を圧縮し端的に記述します)
そのため、自動車産業は、厚く幅広い「裾野」を重厚に形成し、それぞれの分野が互いに協力し切磋琢磨し、全体に参画し寄与しています。
それゆえ、新車を1台製造し販売するまで、まず開発構想からスタイルの採用に至るまで、それぞれの分野で使用する「部品」の精度基準を新たに設け、共同で「擦り合わせ」しながら設計し開発します。
従って、どこにも真似のできない「製品」としての「完成車」を得られるワケですが、開発段階に多大な時間を要する点に特徴があります。
また、完成した「部品」は、特許で保護しながら「ブラックボックス化」でプロテクトしています。
汎用部品はこの限りではありません。
これらは「日本車」が「神秘性」を秘める理由でもあります。


これが旅客機の場合は、部品の総点数が約200万点になり、それぞれ一級の技術を保つ事業者が協力し、時には協働する事で支え合っています。


その点を発見した彼は、これこそ「壮大な無駄」と指摘し、基本構造の基幹部品をも含め「設計した仕様」に見合う「部品」を、世界各国から「インターネット」を利用し、条件と仕様を公開する事で、難なく調達し手当てできると言い切りました。
その利点は何かと質問すると、
無駄な部品設計と開発に要する時間を省略できる。
それに懸かる人件費を大幅に圧縮でき、コストダウンが可能であると応えました。
つまり「寄せ集めの部品」を組み立てる事でも「完成車」は製造でき、無駄な時間の圧縮こそ「コストダウン」と「利益」の源泉だとの主張です。


それらの不具合で、事故が生じた時の責任はどう考えるのか、と質問すれば、ナンと「それは部品を製造し、納入した事業者の責任だ」と言い切りました。


そこに「消費者」が受けた「損失」や「損害」に対し、最初に設計し最終的に完成車として市場へ送り出す側の責任を始め、補償責任などの責めを負う視点はないのです。
つまり、製品の不具合による責任は、直接負わず「たらい回し」にして曖昧化してしまうという事らしい。


彼らの「設計思想」と「製造物責任」に対する考え方を、よく表していると受け止めたワケで。


その後、この御仁は、東大の大学院へ移り、日本での研究を終えたのですが・・・・・

|

2019/09/18

カマッテちゃんが過剰な馬韓国、異常にプライドは高いが、基より様々な不都合や政治的障害を内包し、その責任を誰かに押し付け溜飲を下げ、金員を得てきた!

大半の日本人は、半島の国や、そこにルーツを持つ人達で日本に居留する人達と、啀み合いながら生きていこうとは思っていない。


国際社会の原則は、隣り合う国は「善隣外交」で、相手の国との協力を進め協働できる事は共同し、地域全体の安寧を形成する事が基本です。


しかしながら「(悪意)意図」を持ち、執拗に「非難」し、基本的に「解決済み」の事を、掘り返し遡及し「謝罪」を求め「非難」し、自らの国家としての「不作為」や「責任放棄」に触れる事も無く、検証し追求する事もないまま。
ただただ政権が重大な「(悪意)意図」から国の「三権(司法・立法・行政)」を挙げ、国ぐるみで過去に締約した条約を認めず否定し「金銭」を要求し続ける姿勢が、日本国内での「呆れ」を招き「反韓」や「嫌韓」感情を大きく造り出しているワケで、本来の理解者や友好的だった人までを「敵」に廻してしまったのです。


例に挙げれば枚挙に暇がないくらい「執拗」で事細かく絡んできます。
それは「病的」にすら見えます。
過剰な「批判」や「非難」が続く事で、冷静だった日本の世論も堪忍袋の緒が切れた状態で、それが「小学館」が刊行する「週刊ポスト」の特集記事「韓国なんて要らない」になったと受け止めますね。


それを好機と捉えた「リベ珍の自称言論人」と言われるゴミドモが、此処ぞと馬鹿吏に口を開き騒ぎを大きくし、半島の得意な言辞「謝罪しろ!」と出たワケです。
「誰に謝罪しろ!」と言うワケでもなく、一本取ってやった程度の「内田 樹」的自己満足オツムでしかなかったワケで、アホホォ~のトホホォ~でしょ。


「リベ珍の自称言論人」の高邁な「謝罪要求」を機に、ごく一般的で普通の世論を覚醒させ、この「謝罪要求」をした側へ火が点き巨大な反論の渦が起きました。


その過程で、日頃から(一部ではあっても)在日者の振る舞い(犯罪発生率や収監率)に対し快く思っていなかった声なき声が「声を上げ」たと思います。


一般的な日本人の受け止め方は、韓国は「国を挙げて『日本』ヘイトを展開している」が、日本が反論の狼煙を上げれば、日本国内の「リベ珍の自称言論人」やら「アカヒ珍聞」を始めとする「ヒダリマキマキ」に組み敷かれた「ヒダリマキオ」や「売国一途」らが、黄糞し、まるで半島の利益代弁者のように臭い大便を投げつけてくる事にもウンザリさせられているワケで。
感情が爆発するのを抑えろと言う方が常軌を逸していますね。


そこで「パンドラの箱の蓋」が開いてしまったのですよ。


それは半島に「ルーツ」を持つ人達にも大きな「弊害」が及ぶ事を想像すらできない馬韓国が下し推奨する「稚拙」な「感情優先」に原因があるワケで・・・・・
所謂、在日者にとり一つの重大な「カントリーリスク」とも言えます。


現状の解決は、偏に「半島の政権」に多くの責任があるワケで、それを隠すために「協力」を意図的に否定し、敵としての「反日」を全力で煽り続けている点に、最大の原因があります。
故に、在日三世(帰る場所がない)の主張(嫌韓を理由に出て行けと言わないで)は「理解」しますが、果たして在日三世が求める「解決」には至らないのではないかと観ています。


また、日本の売国メディアは、馬韓国からの訪日者が激減したと言って、インバウンドに依拠した各地の事業者は大変な影響を受けていると騒いでいますが、マチバの市民は、

”最近、歩きやすくなりました。
赤い口紅を引き、同じメイクを塗り固めた意味不明の汚伝文字(〇△◇)罠辱のオンナ激減で、ノタウチ歩きが消えたしネ!
本当にマチも綺麗になった”

と、寧ろ歓迎している事も忘れちゃダメですよ。


「(悪意)意図」を持ち、解決済みの案件(既に韓国の国内問題)を、日本の問題として「非難」「批判」し始めた時点で重大な過誤があり、しかもその解決が日本の問題(態度)だとする主張を容認し、同調する事などできません。
現在の問題の大半は「韓国」の国内問題であり「韓国」政府が責任を持ち解決に取り組み、元へ戻す事に努めない限り無理だとしか言いようがありません。
甘えてはいけません!

|

2019/09/17

「イランは政府」とは別に「イラン革命防衛隊」という「鬼」が跳梁跋扈し二重権力でホメイニ永久革命の実現と中東支配を画策して止まず!

全く、よく理解できない「サウジの防空体制」ですが!?
「サウジアラビア」に「US」と「イラン」に「イエメン」は・・・・・

トランプ氏、米は「臨戦態勢」 サウジ石油施設攻撃で

見立ては以下です。
「イラン」の政権は、経済封鎖を受け藻掻き苦しんでいる。
「US」も威勢は良いが、実際のところイラン攻撃には踏み切れない。
手を拱き合う内に時間だけが経過し、双方ともに疲弊するばかりで。
先ずは、話合いのテーブルに着くことだとの助言が強まる。


「イラン」も「US」も「核」開発を巡る対立の解決には「イスラエル」の存立が懸かるため、時間が必要だとの認識は変わらない。
とりあえず、秋の国連総会を利用し、NYで「イラン」と「US」の接触を持とうと合意した。
そのために「US」は障害となりそうな「ボルトン補佐官」を解任し環境を整えた。これは「イラン」への重要なメッセージを送ったワケで・・・・・
「イラン」の政権は安堵し喜んだ(と、思われる)。


慌てたのは、イランを実質的に支配する亡霊ホメイニの私兵とされる「革命防衛隊」であり、そうはさせぬ「粉砕」すると、強烈なメッセージを国際社会へ向けて発した。
それが「サウジの石油施設」への攻撃だろう。


「イラン革命防衛隊」は、国際社会には国家としての政権を代表しないが、国内的には政権を左右する「宗教革命軍事勢力」である。
手の込んだ事に、実質的な支配下に置く「イエメンの反政府勢力」を唆し「攻撃声明」を出させた。


「イエメンの反政府勢力」が支配する地域から、ドローンによる無人攻撃機を発進させても 1200 km(ほぼ東京=長崎)の飛行距離が必要で、如何にサウジの防空能力がオソマツでも察知できない事はないだろう。
(あるいは察知しても放置したのか?)


ペルシャ湾の対岸から、イランが「巡航ミサイル」を発射し攻撃したと考えるのが妥当だろう。
誰が発射したのか?
そんな野暮な質問は無駄な事だろう。
ホメイニに毒された「イラン革命防衛隊」の仕業だ!


「US」は、既に必要で「重要な情報」を押さえているのじゃないか?


なぜ!?
それは「イラン革命防衛隊」にとり、和平へ動く事は存立を危うくするからに他ならない。
既に「イラク」も影響下に置いた。
「シリア」は「レバノン」を含め、自在に支配している。
「パレスチナ」は「ヒズボラ」を通じ一定の地歩を固めた。
対「イスラエル」包囲網で邪魔なのは「サウジ」と「ヨルダン」だけだ。
故に、中東の支配を目指す上からも、此処で「US」と握り合う事は「聖戦」の遂行で邪魔にしかならない。


「US」にとり「サウジ」は「イスラエル」防衛の楯に過ぎない。
その点は「イラン」の政権も、革命防衛隊も共通認識で「核」開発を進める理由も、それに凝縮され「イスラエル」の解体にあるのだから。


日本が「イラン」と「US」の仲介に乗り出した際にも、余計な事をするなと「日本のタンカー攻撃」を敢行し、強いメッセージを発した。


「US」のボルトン補佐官も「強硬」だったろうが、対する「イラン」を左右する「革命防衛隊」は更に強硬である。


この状況を仮に「マクロな情勢」と考えれば、
「サウジ」の石油生産施設への「イラン」によるミサイル攻撃は、基より承知で織り込み済みの「通過儀礼」と見る方が分かりやすいのでは。


で、なければ「ドローン操作の無人攻撃機」が領空内を1200 kmも発見されず到達できる事などあり得ない。
また「ミサイル攻撃」であっても、ミサイル防衛システムが機能しないまま、一方的に攻撃被災するなどという間抜けな事はあり得ない。


今後の展開を「注意深く」見守りたいと考えている。

|

2019/09/16

「台風15号」の襲来による被害で基本的に考えること・・・・・

房総半島や伊豆七島の「台風15号」被災地の復旧回復をただただ祈るばかりです。
千葉県知事も東京都知事も、辺境地域が受け追い込まれている事態を情報不足もあるだろうが、正確に把握し受け止める事に適正を欠き、初動対応もほぼゼロであった事を、強く指摘し声を出し挙げて言わざるを得ない。


再び「大量降雨」も予報される状況です。停電と通信途絶に断水、加えて屋根の損傷。
復旧に格闘される関係者を始め、ボランティアの皆様による復旧取組みを見守るばかりですが・・・・・


その昔、衆議院議員だった亀井静香氏から「電柱の撤去と電線の地下化」の提唱を聞き、その際には「道路」が拡がり「街の美化」には有用だな程度にしか受け止めなかった。
おそらく、亀井静香氏も「景観の美化」に力点があったように・・・・・


しかしながら、昨年の「台風21号」、この度の「台風15号」に因る甚大な被害を考えると、生活維持の安全基盤としての「電線、通信線」の地中化は必須課題だと、改めて「認識」させられる事になった。


「地震」「火山」「台風」への備えは、周辺からの「国土防衛」と共に不可欠、不可避なテーマです。


日本が直面させられている逃げられない課題。
 ① 自然災害への対処
 ② 人口動態の変化に応じた社会的生産力の維持
 ③ 社会保障制度を維持できる付加価値生産力向上の追究
 ④ 国防能力の体系的整備(不良外国人への対処を含む)
机上の空論ではなく、今後も「日本」の国土が安全に保たれ、
「日本人」が適正に能力を発揮し世界で活躍できるために。
いまこそ、知恵を出し真剣に向き合い考えなければ・・・

|

2019/09/15

「阪神タイガース」は、何よりも誰よりも、ランディ・メッセンジャーを讃えよう!

ランディ・メッセンジャー が現役引退を・・・
嗚呼「阪神タイガース」 トホホ~! トホホ~!


メッセンジャー 突然すぎる引退…10年間虎党に感動を与えた虎のサムライ

投手のチカラが落ちるのは、仕方がない事だけれど、
人の体力や気力の低下に抗い続けるのは難しい。


残念だけれど、無念だろうが! 潔い決断かと。

メッセンジャー 突然すぎる引退…10年間虎党に感動を与えた虎のサムライ

鳥谷 敬も、タイガースのユニフォームを脱ぐし、2019年、
もぉ、本当に遠い世界の「記憶」になるばかりだねぇ~!
「甲子園」近くにありしも遠くに霞みし事になり!


このように「商品構成」を大きく変化させる事で、顧客を入れ替えるワケで。
上手く再構成が適い、顧客の入れ替えで「顧客単価」を改定できれば「経営戦略」としては成功なのだが!?

|

2019/09/14

諫早湾干拓事業の被害救済判決を求めたが、最高裁判所は法匪が弄び己の喰い扶持を得るだけの「サァ~ィテェ~裁判所」だろ

「諫早湾の干拓事業」の是非や共存の在り方について・・・・・
「最高裁判所」は、得意の決め技「破棄差し戻し」に出る!

諫早干拓訴訟で差し戻し 最高裁判決、「ねじれ」続く

まず、現在時点で、
「諫早湾の干拓事業」を提議し、予算付けし、推し進めた人物は既にこの世の人物では無い!
(農業生産力の大幅な低下を予見する知恵を持たず:無責任!?)


農林水産を国として統括するのは「農林水産省」である。


諫早湾干拓事業で、深刻な被害を受けるのは諫早湾の水産資源で生活を営む「水産業者」である。


これは「農林水産省」の中で「農業」と「水産」の「政策」を巡る争いである。
両者の「利害」は悉く対立し抜き差しならずである。
(しかしながら、一つの省が管理し統括しているのである)


何れもが「頑な」であり、「頑迷固陋」としか言いようがない。
もう既に相手への「憎しみ」だけで、双方が「面子」を掛け相争っている。
これが日本の中央政府の、しかも同一の「省内」で起きている事なのだ。
まるで、陸海軍が主導権を争った「WWⅡ」の大本営、そのものである。
これほどの「無駄」を国会(与野党ともに)は放置し続けてきたのだ。
馬鹿である。無能である。指導力がない。決断力もない。無責任である。


これほど、間抜けで無駄な事に「国費(税金)」を投じ続けて平気なのである。
衆参とも「予算委員会」も「決算委員会」も、仕事をしていないのである。


周辺事態は急変しており「国土防衛」は喫緊の課題であり、必要な防衛予算を確保するためにも、このような馬鹿げた事は厳しく処断されなければならない。


諫早湾を締め切った「潮受け堤防」は、開門されるべきである。
それで「農業被害」が生じるなら、自然の摂理に反しているのだから、元より致し方はないのである。


この点を、十二分に精査する事なく、当時の干拓政策を推進する目的で、十分な環境影響調査をしても、政策推進の観点から「問題なし」あるいは「影響は軽微」とした答申を行った、お手盛り「御用学者」の責任は遡及し追及されるべきである。


最高裁判所は、厄介な政治テーマを持ち込まれ、
その「判断」を回避し、リスクを取らず仕事をしないなら、現在の最高裁判所の判事は全員「辞職」すべきと思量する。


日本の裁判制度は、現実社会から逃避し「浮き世離れ」で愉しみ「禄を食む」法匪どもとしか言いようがない。

|

2019/09/13

「第4次安倍 改造内閣」は、とりあえず「総仕上げ」に向け着地するための強化陣容で一部は在庫一掃も!

第4次安倍改造内閣だそうで!


まぁ、当面は「見守る事」にするかと!?

ポスト安倍5人激闘へ!「闘う内閣」発足 憲法改正や朝鮮半島「赤化統一」に対応、進次郎氏も「対韓」参戦の可能性

様々な「見方」による「批評」が飛び交っておりますが。
比較的「フリーハンド」の要素と色合いが濃かったように思い致します。
それだけ「意思」を打ち出せたのではないかとも。
「お仲間、お友達」を重用したとの見解も聞こえますが、一度「総仕上げ」を創り上げるには、自覚も無く見識も無い、当選回数が多い地方ボスを登用してみた処で、政策を磨いた知識もないまま失言を繰り広げる姿を見せられるのは、国民としては辛いので。
(イエローペーパーのチャンプ「夕刊フジ」から)


失敗しそうな人物も・・・・・!?
記者会見で、準備された原稿を決意代わりに読み上げ、記者会は儀礼的な「質問」が一問だけという状況は、残念ながら「能力」を期待されておらず、お愛想という事で・・・・・
質問を出す記者も「能力」の優劣が「質問」に見え隠れしておりました。


どこまでも粘着質で執拗な汚伝文字(〇△◇)罠辱の馬韓国は、爆発させた「集団ヒステリー」を維持するためにも・・・・・・・

米中は歓迎表明も…改造内閣に脅える韓国「極右性向の側近らを重用」 IOCに「旭日旗持ち込み禁止」求める嫌がらせも

米国は当然でしょうが、
中国も、対立点は対立点として、日本は無視し避ける事のできない重要な相手である事を十分認識していますから、冷静な大人の評価を下していると言えます。

|

2019/09/12

アハハァ~! アホホ~! トホホォ~! 知恵足らずの「動物園」はダボハゼの「ヤフー」に喰い千切られるか! ザマァ~見ろぃ!

ダボハゼの「ヤフー」が、
チンチクリンで知恵足らずの「動物園」を買うそうな!
チンチクリンの知恵足らずは、排除・追放で「座敷牢へ幽閉」へ!


ダボハゼは「ASKUL」では「LOHACO」を巡り、大失態を演じ資本市場では「ヒール」を演じ醜態を存分なく発揮した馬鹿吏だ。
「ハゲバンク」も含め、ダボハゼには「カネ」が、あり余っているので、どこかの「ネット販売」事業を買い叩くだろうと観ていたワケで。


そこで、以前から目を付け「マーク」していた先が、チンチクリンの知恵足らずが、モチ倦ね続けノタウチ廻る知恵足らずには「ごっこ」に過ぎない「動物園」だ!


「動物園」の客は、
「ヤフー」でも「知恵足らず」でも、自分にメリットがあるか、使い勝手に優れているか、それだけで考え判断するだろう!


「知恵足らず」も「社会のマナー」を、多少なりとも身に付けていれば、上場会社の経営トップとしての「経営責任」や「社会的責任」を含む「知恵」を保持し、ワガママやら自己顕示欲を適度に抑える「知恵」を持てば、排除・追放・幽閉までは進まなかっただろうが・・・・・・・


哀れな「ワルガキ」は「アイデア」だけでは「イキテイケナァ~ィ!」のだ、分を弁えよ! 控えておれ!
無知は無恥を招き「顧客を馬鹿」にしておった!
甘んじて社会的「罰」を受け、社会経済的には「抹殺」されよ!


引用開始→ ヤフー、ZOZO買収を発表 前沢社長は退任
前沢氏は社長を退任し、経営から身を引く
(日本経済新聞2019/9/12 6:46 (2019/9/12 8:51更新)

ソフトバンク傘下のヤフーは12日、衣料品通販サイト「ゾゾタウン」を運営するZOZOに対し、TOB(株式公開買い付け)を実施すると発表した。ZOZO株式の50.1%の取得を目指す。ZOZO創業者で筆頭株主の前沢友作社長は36.76%保有しているが、ほとんどをTOBに応じる。

ZOZOは同日、前沢氏が12日付で社長を退任し、経営から身を引くことも発表。後任にはNTTデータ出身でZOZOの澤田宏太郎取締役が昇格する。前沢氏は今後、2018年9月に公表した月旅行などの個人活動に専念するもようだ。ZOZOは「創業者として今後も(同社の)一定のイベントには参加する」としている。

【関連記事】
・ユニクロが笑う ZOZO・前沢氏の死角

・前沢氏が球団保有断念 衣料品通販ZOZOの社長

・ゾゾスーツ、量れなかった女心 失敗の深層明らかに

ヤフーはZOZO株を対象にTOBを実施し、発行済み株式の50.1%を上限に買い付ける。価格は2620円で、11日の終値(2166円)より21%高い。上限まで買い付けた場合の総額は4007億円となる。TOBは法律上の手続きなどが済み次第始めるとしており、10月上旬の開始を目指す。

ZOZOの前沢氏はZOZO株の36.76%を保有する。今回のTOBには30.37%を応募する。TOBへの応募が買い付け上限を超えた場合は案分比例で買い付ける。TOBに応じる一般株主が多ければ前沢氏の売却分は減る。

また、買い付け予定数の下限は発行済み株式の33.40%としており、応募状況によってはTOBが成立しない可能性がある。

ZOZOは1998年の設立で、2019年6月時点の資本金は13億円。19年3月期の連結純利益は前の期比21%減の159億円で、設立以来、初の減益になった。通販サイト「ゾゾタウン」が好調で売上高は1184億円と20%増えたが、プライベートブランド(PB)の在庫評価損や有料会員向け割引サービスの値引きが響いた。

商品取扱高は3200億円で19%伸びた。ただ、割引サービスへの反発などから有名なアパレル企業が撤退し、3月末時点の出店数は、18年12月末に比べて10店少ない1245店になるなど、高成長に陰りも見え始めていた。

ソフトバンクが6月に子会社化したヤフーは、ZOZOを傘下に収め、インターネット通販で先行する米アマゾン・ドット・コムや楽天に対抗する。ヤフーの19年3月期のグループ全体の電子商取引(EC)の取扱高は2兆3千億円で、楽天の7割程度にとどまる。アマゾンは取扱高を公表していないが、ヤフーを上回っているとみられる。フリマアプリのメルカリなどの新興勢力も成長しており、ネット通販のテコ入れが急務となっている。

衣料品のネット通販で約800万人の顧客を持ち、20~30歳代の若者の利用者が多いZOZOを傘下に収めることで、顧客基盤を拡大する。ZOZOもヤフーのほか、ソフトバンクの携帯利用者などの新たな顧客獲得につなげたい考えだ。ソフトバンクグループの手掛けるスマートフォン決済PayPayを導入するなど、決済手段も広げる。←引用終わり

|

2019/09/11

意欲ある公共交通から「SHKが首都圏と北九州を結ぶ新航路」と「京急が羽田空港線を値下げ」のグッドニュースを2本!

横須賀ー北九州を20時間で結ぶ!


久々に意欲的な「フェリー新航路」が、2021年春に開設される!

横須賀―北九州に大型フェリー、21年就航めざす

これは、物流トラックにも、旅客にも有力なヒットになるだろう。
多分、横須賀から三浦半島を、太平洋へ出て進み、日向灘から豊後水道を往き、北九州(小倉・日明港)へ着くのだろう。いや、苅田港かな?


最初は、苦労するかも知れないけれど、必ず「快適が評価」され、支持されるだろう。
横須賀へ着けば、退屈する事なく、既に楽チンで「北九州」だから。

「京急」応援メッセージ!


京浜急行電鉄は、羽田空港線の建設費の回収を終えたので、
10月から特別加算運賃を廃止する! 「110円」安くなり「300円」だと!

京急、羽田空港への加算運賃下げ 10月から


東京で最初の足(羽田~品川)だから重宝していますよ。
大いに歓迎! 大歓迎!


成田連絡便が手当できない時は、羽田から成田への移動も不便を承知で「京急=都営浅草線=京成」を使ってますから。
ガンバレ! 京急!

|

2019/09/10

月例のNHK「内閣支持率調査」2019年9月です:

微少な「上下動」があるも、概ね支持率は「安定」した数値を示している。
論評抜きで引用紹介しておきます。


引用開始→ 安倍内閣 支持48% 不支持33% NHK世論調査
(NHKニュース2019年9月9日 19時03分)

NHKの世論調査によりますと、安倍内閣を「支持する」と答えた人は、先月の調査より1ポイント下がって48%だったのに対し、「支持しない」と答えた人は2ポイント上がって33%でした。

NHKは、今月6日から3日間、全国の18歳以上の男女を対象にコンピューターで無作為に発生させた固定電話と携帯電話の番号に電話をかける「RDD」という方法で世論調査を行いました。

調査の対象となったのは2368人で51%にあたる1216人から回答を得ました。

それによりますと、安倍内閣を「支持する」と答えた人は、先月の調査より1ポイント下がって48%だったのに対し、「支持しない」と答えた人は、2ポイント上がって33%でした。

▼支持する理由では、
◇「他の内閣より良さそうだから」が44%、
◇「実行力があるから」が20%などとなりました。

▼支持しない理由では、
◇「政策に期待が持てないから」が33%、
◇「人柄が信頼できないから」が31%などとなっています。

▼太平洋戦争中の「徴用」をめぐる問題や、輸出国の優遇措置をめぐる問題などで対立が続く日本と韓国の関係について、どのように感じているか聞いたところ、
◇「非常に懸念している」が32%、
◇「ある程度懸念している」が36%、
◇「あまり懸念していない」が15%、
◇「まったく懸念していない」が9%でした。

▼日本政府が韓国に対しどのような態度で臨むべきか聞いたところ、
◇「関係を改善するために歩み寄ることが必要だ」が35%、◇「歩み寄ってまで関係改善を急ぐ必要はない」が55%でした。

▼厚生労働省は、公的年金の給付水準について、経済が順調に成長した場合でもおよそ30年後には、現役世代の平均収入の50%余りにまで目減りするという検証結果を公表しました。
年金の給付水準と負担について尋ねたところ、
◇「将来の給付水準を維持するためなら、負担を増やしてもよい」が40%、
◇「将来の給付水準が下がっても負担は増やしたくない」が43%でした。

▼将来受け取る年金の水準を維持するため、政府が、厚生年金に加入するパートなど短時間で働く人の範囲の拡大を検討していることについて、
◇「賛成」が57%、
◇「反対」が23%でした。

▼安倍総理大臣は、11日内閣改造を行います。

新しい内閣が最も力を入れて取り組むべきだと思うことを、6つの選択肢をあげて聞いたところ、
◇「社会保障」が28%で最も多く、
◇「景気対策」が20%、
◇「財政再建」が15%、
◇「外交・安全保障」と「格差の是正」が11%、
◇「憲法改正」が5%でした。

▼立憲民主党と国民民主党が、安倍政権に対抗するため、衆議院と参議院の両院で、会派を合流することで合意したことについて、◇「評価する」が19%、
◇「評価しない」が27%、
◇「どちらともいえない」が45%でした。←引用終わり


小規模政党も含め、各政党の支持率も併せてご覧下さい。


引用開始→ NHK世論調査 政党支持率
(NHKニュース2019年9月9日 19時31分)

各党の支持率は、
「自民党」が37.3%、
「立憲民主党」が7.2%、
「国民民主党」が0.7%、
「公明党」が2.6%、
「日本維新の会」が3.2%、
「共産党」が3.4%、
「社民党」が0.2%、
「れいわ新選組」が0.6%、
「NHKから国民を守る党」が0.2%、
「特に支持している政党はない」が37.1%でした。←引用終わり

|

«通信料金はどこまで安くなればOKなのか!? 設備はタダではないのだ! お気楽に言いたい放題って!?