« 建築設計偽造「平成設計」自己破産申請、総合経営研究所「内河建」協議離婚、慰謝料名目財産隠し! | トップページ | ヒューザーの小嶋、「社名変更と業態変更」を発表!逃げるために先手を打つか? »

2005/12/14

中国を含めた「東アジア共同体」はご免だ。ASEAN10+だけにして貰いたい

東アジア・サミットは何度開催してもよいが、地域統合は、「経済協力機構」程度に止めて貰いたい。

マレーシアで開催された、「東アジア・サミット(ASEAN10ヵ国+日・中・韓+インド+オーストラリア+ニュージーランド)」は、地域統合についての研究に向け共同体構築を議論するのはよいけれど、主としてキリスト教文化圏を軸に進めた、欧州共同体(EU)や米国+カナダ+メキシコ(NAFTA)と、アジアは根本的に文化も生活風習も何よりも価値観が根本的に異なるのだから、何も無理して一緒にすることはない。そもそも、中国がこの地域に覇権を唱えようと画策しはじめたことで、それを恐れるASEAN各国が、救いを求める思考が底流にあるわけだから、今回のように周囲の16ヵ国を含めた研究会議を重ねることに異議は唱えない。

中国は、自らの仮想敵でもあるインドやオーストラリア+ニュージーランドが加わることで、日本に対する牽制が利かないと考え、今後は「拗ねた態度」をとるだろう。それなら、自国だけでも13億人近い人口を持つ大国なのだから、中国は中国だけでやっていけるはずだし、別に参加して貰わなくてもよいのだ。しかし、今後も、中国が現在の経済成長を維持する上で「中東からの原油」を欠かすことはできない。そのため、通過地点でもあるマラッカ海峡航路の維持からASEAN各国への影響力を強めようとし、あわよくばASEAN地域での覇権を前提にしているわけだから、同様に、日本も将来にわたる生存を考えた場合、譲るわけにはいかないテーマなのだ。その点において、日本の基本戦略を考慮した小泉首相の東アジア・サミットでの発言、共同記者会見での質問への回答は、多くの点で的を射ていた。この点は高く評価し強く支持したい。

しかし各国の基本的な宗教律は、インドはヒンズー、フィリピンとオーストラリア+ニュージーランドはキリスト教、マレーシア+ブルネイ+インドネシアはイスラム教、カンボジアとラオス+タイ+ミャンマーは基本的に小乗仏教、ベトナムは大乗仏教に加えて生活律は道教、道徳律は儒教というお国柄である。中国も、日本も同様に主流の宗教律は大乗仏教であり、よく似ているように見えても、儒教的道徳律は全く同じではない。また韓国は大乗仏教も盛んでありながらキリスト教徒の多い国であり、ここに儒教思想が道徳を強く律している。何よりも各国の政治体制が異なりすぎる。安全保障ともなれば余りにも乖離が大きく異なる点として急浮上する。

現実に、小泉首相が主張するとおり、「東アジア域内における、貿易量も投資額も、他の地域と比べて格段に発展しており、多数が東アジア域内で自己完結し、相互依存の関係性を強めている」。従って、背負う歴史や文化的背景や社会的慣習が基本的に異なる地域を無理矢理に政治的に統合し共同体を創出しようなどという「画餅」は止めた方がよい。無理を重ねるよりも、この地域の各国が自然に話し合える場を設けることであり、その過程で、中国の横暴を相互監視により抑止することの方が効果的である。

そのために、日本やオーストラリアが果たせる役割は大きいと考える。何よりも、中国は、広東省東州村で生じたと指摘される、火力発電所建設に反対を唱えた住民を圧殺(虐殺)するなどという人権侵害を犯しても平然としている国である。その国と一緒にやれるわけがない。周辺国は、もっと、中国の独善的で不正な行為を犯しても平然とする姿勢を批判するべきだ。内政干渉だとヒステリックに主張するだろう。席を立つだろう、それは北朝鮮と同じ姿である。大人の思考や行動ができない国を、国際社会は同じレベルで迎えることはできない。ここまで指摘されて、中国は、悔しければ、香港回収の時に香港の市民と世界に向けて約束した「香港基本法」に定める普通選挙を一切の条件を付けずに香港で実施せよ!それができれば、中国は、国際間の信義を護る国であることを世界に向けて発信する有効なメッセージとなろう。

それもできないような中国の政権集団ヒステリーの輩と一緒にした「東アジア政治統合共同体」はご免被りたい。日本はそこまで愚かになってほしくない。

|

« 建築設計偽造「平成設計」自己破産申請、総合経営研究所「内河建」協議離婚、慰謝料名目財産隠し! | トップページ | ヒューザーの小嶋、「社名変更と業態変更」を発表!逃げるために先手を打つか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国を含めた「東アジア共同体」はご免だ。ASEAN10+だけにして貰いたい:

» 忍者ラインで対抗せよ【妻】 [鬱々夫婦の日記]
ASEANで東アジア共同体構想について共同声明が発表された。 インドとオーストラリアなどを入れる入れないでもめて結局メイン加入国として枠内に入らなかった。 しかしインドの「タタ財閥」なんか、すでにアジア諸国に進出している。韓国の自動車メーカーも買収されている。さら... [続きを読む]

受信: 2005/12/15 12:10

« 建築設計偽造「平成設計」自己破産申請、総合経営研究所「内河建」協議離婚、慰謝料名目財産隠し! | トップページ | ヒューザーの小嶋、「社名変更と業態変更」を発表!逃げるために先手を打つか? »