« 日本に対するASEAN各国の期待 | トップページ | NYは交通ストで歩いて通勤! »

2005/12/19

気象の長期予報は当たったことなし!お天気キャスターは無駄なお喋りは止めよ!

なんと言っても寒い! ただその一言だ!

今年の冬は、暖冬傾向だとか勝手気儘に無責任なコメントを出した気象予報士の人たちは、多少は、自らの予報精度を恥じて貰いたい。思えば今年の夏の予報(冷夏?)も見事に外れたしね。50年ぶりの寒気だそうで恐れ入ってしまう。

お陰様でというべきか、秋冬物衣料品は底を衝きそうな勢いで売れている。自らが立脚する本業に近いところの人たちの笑顔を、久々に見ると嬉しいものです。この時期に、破顔一笑を見るのは何年ぶりだろう。ファッションビジネスだとか、なんだかんだと言ってみたところで、悔しいけれど、所詮は、お天道様相手のしがない商売なのだ。寒けりゃ防寒衣料が売れるし、暖冬だと秋冬物は苦戦する。夏が暑けりゃ安い商材で終わり、夏物は苦戦する。逆に冷夏だと夏物自体も苦戦する。なんということはない。ファッションとしての衣服が想定した付加価値を発揮するには、適度な温度と適度な湿度が必要らしい。それなら、やはり春と秋にオシャレのウェイトが高くなるのは当たり前だろう。

ところが、これまた日本の秋は10月半ばまで暑いのである。しかし、よくよく考えてみたらヨーロッパの秋は日本よりも遙かに短いではないか。そして冬が長い。だから欧州も北米も秋冬物は強いのだ。

いまの寒さで、チョットした在庫品まで底を衝きそうな勢いで、これはかつて無かったことだ。ファッションビジネスがお天道様に左右される農業と同じであることを、脳天から足の先まで思い知らされた今日この頃です。まさに自然相手のビジネスです。自然をナメていたら、やっていけないビジネスのようです。これまでできの悪かった、マーチャンダイザーは、これで偉そうにしていると、また失敗するよ必ずね。分かってる?

でも、ある人から、昨年のある時期に助言されたことを守りました。それは1月の天気と気温湿度を1時間ごとに全て掌握するという離れ業です。正直に申し上げますと全部はできませんでした。24時間×31日間というのは、身体に悪いですから、やはり人間は眠ってしまいます。しかし、できるだけ詳細に記録しました、記憶もしました。

記録し記憶したことを精査する方法は秘密です。ブログで簡単に公開できるような代物ではないからです。まるで霊能者のようでもあります。天と地が気を与えてくれたのです。こんな話をすると、普通の人は「アホ?か、こいつは!」という顔で蔑みますが、そんな人は相手にしません。嬉しいことに、この夏の予想温度とこの冬の寒気がズバリ見事に的中し、実はしたり顔でいる今日この頃です。しかし、ここまで寒くなるとは思っても見なかったことですが。気象協会や気象予報士の皆さん、最も原始的な観天望気を体感されることをお奨めします。ぜひ、ぜひ挑戦してみて下さい。現在のように、アメダスのシステムが全国津々浦々に張り巡らされ、加えて宇宙から雲の映像を直接見るシステムに支えられたら、何時ぐらいに雨が降るかくらいは予想できますよ。

それでも、ここ何年か、長期予報は外れっぱなしじゃないですか。お天気キャスターか何か知りませんが、マスメディア、特に電波媒体に登場して「無駄で余計で面白くもない話に花を咲かせる」のが皆さんの仕事じゃないですよ。雨や雪が降り始めてから予報するのなら、誰でもできますよね。わざわざ、気象予報士の免許を得てでもしようという仕事なら、正しい判断で正確な情報を提供して下さい。

現在の寒気が、どのような構造で、いつまでどこを覆うのか、よく分析して下さい。狼少年のように、「(冬ですから)次々と寒気が南下します」なんて、子供でも思わず吹き出すようなコメントは止めて下さい。恥ずかしいでしょう。

長期予報がずれたら、農業は壊滅的な打撃を受けるのですよ。農業の収穫は直接、食糧の安全に関わることですから、真剣にやって下さい。

|

« 日本に対するASEAN各国の期待 | トップページ | NYは交通ストで歩いて通勤! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気象の長期予報は当たったことなし!お天気キャスターは無駄なお喋りは止めよ!:

« 日本に対するASEAN各国の期待 | トップページ | NYは交通ストで歩いて通勤! »