« 負けたらアカン!「阪急電鉄」「阪神電鉄」の経営陣へエールを贈る! | トップページ | 皆さん、ペットも飼える「小菅グランドリンク」へようこそ! »

2006/01/24

「ハリボテ・イノシシ・ホリエ」バッシング、狂気のテレビ報道!

日本のテレビ・メディアは自殺したいのか?

昨夜の大騒動は一体何なのだろう?ホリエ本人が東京地検で逮捕されるや否や「特番」報道を続ける。テレビはどの局も競い合うように。ホリエ・バッシングの大洪水、止まるところなく垂れ流す。つい一年前には、ホリエを持ち上げ、時の英雄のように報道し続けていたのはどういう了見なのか?日本は、いつから中国や北朝鮮と同じ報道姿勢の国になり下がったんだろう?

何よりも、突然の「特番」にレギュラーアンカーマンを始め、関係者が待機していたとしか思えない番組作りの姿勢に驚愕させられる。東京地検からリークされていたのか?余りにも迅速だったではないか。しかし、もっと大切なことは、どの局も一貫して「特番」扱いの報道をしたことだ。これはファシズム社会、独裁社会と同じではないのか。

確かに、午後に東京地検は「ホリエ」の任意聴取を開始しているけれど、その段階で「逮捕拘留」をテレビ各局は「特番」予定していたのか。夜半の東京でヘリまで飛ばし、首都高を霞ヶ関から小菅へ走り抜ける車両群の中継は、競い合うに値することか?それは、この間、テレビ各局が「ホリエ」に対し「美人局状態」だったことを否定するため、ここまでバッシングしていると「自慰的行為」を視聴者に見せ、自らの潔白を言い逃れるためにデキレース行為か?

いずれにしても、持ち上げた次はバッシング、テレビ各局は自分の手が綺麗だと言い続けるために、視聴者をオモチャにしてバカにしているのか?観てらんねーやぁ!やってらんねぇーよ!

日本のメディア、特にテレビ各局は自殺行為をしているとしか思えない。「ホリエ」みたいな実態のない「ハリボテ・イノシシ」は無視すればよいのだ。泡のような輩を吟味もせずに、やたら英雄のように扱い偶像化し、持ち上げ続け、ハリボテ化に手を貸し続けた責任はテレビ各局にもあるだろう。その論点と意味で、日本のジャーナリズムにとり、この間の一連の「ホリエ」騒動は、日本のジャーナリズム、とりわけメディアには自殺行為だった。

「ハリボテ・イノシシ・ホリエ」が率いる「ライブドア」なんて、麻原の「オウム」とよく似た構造だろう。狂気が集団化されたみたいな輩の集まりじゃないか。この点では、ヨコスカ・マンボのコイズミ鈍一郎が率いる「コイズミ・チルドレン」なる「コイズミ・ユーゲント」と全く同じで、潰れたテープレコーダーと同じで、どいつに聞いても同じ事しか答えられない。つまりアホーの集まりに過ぎないじゃないか。人に対する話の仕方も、「オウムのアサハカ麻原」も「ハリボテ・イノシシ・ホリエ」も「ヨコスカ・マンボ・コイズミ鈍一郎」も、人の話を切り捨てる点で、同じ喋り方しかできないじゃないか。つまり「自分はあっても、周囲の人はない、見えない」ってわけだ。これを置き換えれば「悪い意味での唯我独尊、もっと平たく云えば、おっちょこちょいの『オタク』世界」なんだろうね。

つまり、こいつらの共通点は、「ライブドア」は、例え世間で「ハリボテ・イノシシ」と揶揄されようが「ライブドア」は「ハリボテ・イノシシ・ホリエ」のための会社であり金儲けの手段に過ぎず、「オウム真理教」は世を救済する宗教などではなく、「アサハカ麻原」を救済するために唯一存在する「アサハカ麻原」の金儲けの手段だったし、方や「ヨコスカ・マンボのコイズミ鈍一郎」にとって実は「構造改革」なんぞ、どうでもよくって、鈍一郎アンチャンが首相になってみたかったから、「ちょっとスローガンにしただけなんだよ。中身を問われても、始めっから中身なんてないから説明なんてできないよ。構造改革なんてどうでもいいじゃないか。それより俺がなりたいから首相やってんだよ。全く、廻りの奴らは分かっちゃいねーんだ」。

こいつらは、全員、テメー勝手に、自分のためにあらゆることをやってきたのだ。だから、シラも切る、世間の価値観や評価からしても無責任を貫き通せるんだ!なぁ~るほど、なぁ!

|

« 負けたらアカン!「阪急電鉄」「阪神電鉄」の経営陣へエールを贈る! | トップページ | 皆さん、ペットも飼える「小菅グランドリンク」へようこそ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ハリボテ・イノシシ・ホリエ」バッシング、狂気のテレビ報道!:

« 負けたらアカン!「阪急電鉄」「阪神電鉄」の経営陣へエールを贈る! | トップページ | 皆さん、ペットも飼える「小菅グランドリンク」へようこそ! »