« 「ハリボテ・イノシシ・ホリエ」バッシング、狂気のテレビ報道! | トップページ | コイズミ鈍一郎アンチャンに蛍の光を! »

2006/01/25

皆さん、ペットも飼える「小菅グランドリンク」へようこそ!

バッシングを受けると巧妙な言い訳を!

「個人として行ったことで、自らの不明は恥じる」という狂牛病ブタリオンに冒されたジャガイモ・タケベ。「責任があると言われたらそうかも知れない。メディアにも責任がある。他党で当選後に覚醒剤で逮捕された人もいる」といろいろな言い訳を考え、開き直りたい気持ちは分からないではないけど、それって、ヨコスカ・マンボのコイズミ鈍一郎、一国の面としてはどうかと思うよね。もっとわけが分からないのは「党から要請されたから、応援したのであって、自分とは全く関係がない」との論理を押し通そうとする座敷犬タケチン。ここまでいうと座敷犬タケチンの人としての倫理観を疑ってしまうねホントに。やっぱり座敷犬はおウチのなかで飼い殺しなさって下さいネ。表へ出んな、バッキャ野郎!

別の報道記事では、ハリボテ・イノシシ・ホリエは「共同作業」が大嫌い!だったようで、共同作業が大嫌いで目立ちたがり、命令したがり、って野郎はどこにでもいるよね。「群れない」ってのは一見、格好よくも見えるけれど。共同作業が嫌いな野郎が国会議員にさせて何をさせるんだろう?ジャリンコ・スギムラ・タイクツゾーもそうだけど、己の名前を売りたいだけのバカ野郎じゃねぇ~か。これが分からなかったって、どんな面接してるんだろう。第一、ホリエなんぞへは、ジャガイモタケベがお願いしたんじゃねぇ~のかぃ。

それでは、傑作絶妙の言いわけハイライトを見てみましょう。

「堀江応援」首相が発言修正「不明と言われれば…」(読売新聞)
 小泉首相は24日、自民党が昨年秋の衆院選で、ライブドア前社長の堀江貴文容疑者を支援した問題に関して、「(候補者が)全く問題ない人かを調べるのは難しい。『不明だ』と言われれば、甘んじて受ける」と語った。

 首相はこれまで「(事件と)自民党幹部などの堀江氏応援は別の問題だ」として、道義的責任を否定していたが、自民党執行部などへの批判が強まる中で、発言を軌道修正した。

 ただ、首相は、「メディアが、(堀江容疑者を)時代の寵児(ちょうじ)みたいに取り上げたことはどうなのか。民主党でも当選した人間が不祥事を起こしている。覚せい剤で逮捕されたり」とも語った。

 堀江容疑者による今回の事件を、市場重視を掲げる小泉改革のマイナス面とする見方については、「今回の逮捕の問題と小泉改革の問題は別の問題だと思っている」として、改めて否定した。

 首相官邸で記者団の質問に答えた。
[読売新聞社:2006年01月24日 23時06分]

ライブドア事件めぐり、党内で強まる「武部たたき」(読売新聞)
 ライブドア事件をめぐり、自民党内で、昨年の衆院選でライブドア前社長の堀江貴文容疑者を応援した武部幹事長や竹中総務相に対する批判が強まっている。

 「道義的責任」を両氏に帰することで野党の追及を乗り切りたいとの考えに加え、9月の党総裁選や来年の参院選に向け、主導権を握ろうとする武部氏の発言を封じ込める狙いもありそうだ。

 ■同情論なく…

 24日午後、国会内で開かれた総務会で、加藤紘一・元幹事長は、「金ですべて片づくような考えの持ち主を応援したのはいかがなものか。『判断は誤り』と率直に認めた方がいい」と突き上げた。加藤氏は竹中氏についても、23日、「(堀江容疑者に)“政府保証”を与えた」と批判した。

 これに対し武部氏は、堀江容疑者が会社社長を続けたため、公認も推薦もできないと拒否した経緯を改めて説明。久間総務会長も、「党の公認手続きの俎上(そじょう)にものっていなかった」と武部氏を援護した。

 ただ、その久間氏も、総務会後の記者会見で、「私は人騒がせな人とは関与したくなかった」と本音を吐露した。また、片山参院幹事長も記者会見で、「応援に行くときも慎重だった方がよかった」と批判した。武部氏への党内からの集中砲火がやまない一方、同情論は全くと言っていいほど聞こえてこない。

 ■参院側の事情

 参院側には、先の衆院選後、郵政民営化関連法案の「造反組」が処分され、武部氏が地方組織への締め付けを強めたことへの反発が尾を引く。参院選での集票力が期待できる地方議員や「造反組」との関係改善が必要だと考えるからだ。参院執行部には、参院選の候補者選考に、武部氏が関与することを阻止したいとの考えもあると見られる。

 また、総裁選の実施方式で「国民参加型」を探る武部氏に対し、「国民的人気の高い安倍官房長官を利す狙いだ」との声もある。激しい批判の背景には、総裁選の運営をめぐって、武部氏をけん制する狙いもあるとの見方も出ている。

 こうした動きに武部氏は、「選挙応援は個人としてのものだ。謙虚に反省すべきは反省する」としながらも、憤懣(ふんまん)やる方ない様子。竹中氏も、閣議後の記者会見で、「堀江氏がやってきたことに、選挙応援で“政府保証”を与えたとは考えない」と強く反論した。
[読売新聞社:2006年01月24日 21時56分]

百科事典を暗記、共同作業はイヤな顔…幼少から堀江流(読売新聞)
 東大時代の1996年に起業して10年。逮捕から一夜明けた24日、ライブドア前社長の堀江貴文容疑者(33)はトップの座を去った。幼少期から「別格」だった堀江容疑者はやがて、40社を超えるインターネット関連企業グループを率いるに至った。しかし、同社の右肩上がりの株価と裏腹に、実際に何をし、目指す企業なのか、社員ですら「よく分からない」と語る。堀江容疑者が目指したのは実業なのか、虚業なのか――。

 午後8時から東京都内のホテルで行われた、ライブドアの新社長就任会見。

 「今までは堀江というピッチャーで4番バッターが、執行部分に大きな力を発揮していた。それはそれでいいが、そこにも結果的に問題があった」。平松庚三(こうぞう)社長(60)はそう説明した。堀江容疑者は自らの判断で社長の座を降りたことも明らかにした。

 外国法人を含め連結子会社は44社。関連会社も5社。従業員は計約2500人に上るグループ企業。堀江容疑者が大株主であることに変わりなく、その影響力は依然として残る。

    ◎

 「親ばかながら、とにかく賢い子どもだった」。堀江容疑者が高校時代まで過ごした、福岡県八女市。父親の奉文(ともふみ)さん(62)は言葉少なに語る。

 小学校低学年のころ、祖母が読むお経や、父が買い与えた百科事典を暗記しては「このトンボの名前知ってる?」など、人に聞くタイプの少年だった。当時を知る同級生の男性(33)は「とてつもなく勉強ができ、『堀江君はすごいね』と話していた。周囲から別格の人と思われていた」と話す。

 九州で最難関校の一つ、久留米大付設中学・高校(久留米市)に進学。同じクラスだった福岡市内の男性(33)は、「社交的ではなく、いつも1人。体育祭の準備や後片づけを手伝わなかったので、『いい加減にしろよ』と、どなりつけたこともあった」と語る。東京都内の証券会社に勤める同級生(33)は、「共同作業が苦手で関心の無いことには、露骨にイヤな顔を見せた。『お金で心が買える』という発想も、人と交わることを嫌ったからではないか」と話した。

 東大時代は、自転車部競技班に体験入部したこともあった。当時の部員は、堀江容疑者がある時、「競輪に興味がある」と話したのを覚えている。「自転車競技そのものに関心がある様子はなかった。賭け事が好きだったのかも」と振り返った。

    ◎

 「株式の時価総額で世界一を目指す」と常々話していた堀江容疑者。本来、企業の株価は、商品やサービスで顧客を満足させた結果として表れる“通信簿”だ。しかし、ライブドアの場合は、業績よりも堀江容疑者がメディアに頻繁に露出することで株価が上がった。

 相次ぐ企業買収や事業再編のため、グループの全体像は見えにくく、社員ですら「うちが何で稼いでいるか、よく分からない」と言う。インターネット関連企業と言われながら、実際にグループの経営を支えているのは金融事業で、看板であるインターネット・サイトの運営などの収益はわずかなものだ。

 堀江容疑者の逮捕につながった、「バリュークリックジャパン」(現ライブドアマーケティング)による企業買収では、買収される「マネーライフ」の企業価値を、実際より過大に評価した結果、ライブドアグループに多くの株売却益が転がり込んだ。その過程では、株式分割で株価をつり上げる“工作”も行われていた。
[読売新聞社:2006年01月25日 03時16分]

ホリエのオヤジってぇのは、やっぱ、親子だねぇ、バッカ丸出しだよ。「親ばかかながら、賢い子だ」ってぇのは、多少物事の暗記力や記憶力がよくったて、世の中の規範や人としての規範を持てねぇ~野郎は、はっきり言って「クズじゃねぇ~のか」。これじゃ、親子揃ってバカ丸出しじゃねぇ~かぃ。笑っちゃうよぉ。バッカオヤジが賢かったっていうハリボテ・イノシシ・ホリエは博奕打を目指したのかぃ?博奕打ちの人生を全うするにも「流儀」ってものがあらぁなぁ。「仁義」も切れねえ野郎は、博徒の世界でも、やっぱ「掟破り」じゃねぇのかぁ?

金があれば何でもできるらしいから、金で「小菅」を改造してみなよ、改造するときゃぁ、ヒューザーのオジャマモン・オジマへ依頼して、平成設計に設計任せてさぁ、構造計算は勿論あのアネハだよ。貯めた金が惜しくって潰しちまったけど木村建設を指定業者にしてさぁ、電気が足りなくって暗けりゃよぉ、ズルハゲ篠塚って野郎のテカテカ頭が役に立つぜぇ~。でぇ、こいつら使うには、ウチカワだよウチカワ、あのタヌキオヤジにコンサル料払わなきゃなんねぇんだよぉ~。例え、頭のいいハリボテ・イノシシ・ホリエでもさぁ。金なんざぁ、腐るほど持ってるだろう。ペットも飼える「小菅グランド・リンク」なんてぇ~のはどうでぇ~!

先につくっといてやると、後に続くこいたらのためにもなるし、感謝されるぜぇ~~!

狂牛病でブタリオンになっちゃったジャガイモ・タケベ、「下手な言い訳ナンゾつべこべ言わずに、さっさと幹事長辞めろぃ!、テメーみてーなクソ野郎が幹事長やってやがるから、ダメになっちまうんだよ。とっとと北見へ帰れぇ~。クソバカ野郎」。それとも・・・・・かぁ?

ヨコスカ・マンボのコイズミ鈍一郎、「クサ~イ、言い訳芝居の出来そこないばっか、やってんじゃねぇよぉ~、テメーもバカ能力の限界越えてんだから、もう、とっとと辞めて、飼い主ブッシュのテキサス牧場へ帰ぇれぇ~」。それともやがて・・・・・・かぁ?

座敷犬タケチン、「テメーのバカ面ナンざぁ見たくもねぇやぁ~、師匠のアメリカへ逃げさせてやるから、メンドリ・ライスにでも突かれ、新古典派のバカ野郎どもに喰われてしまえぇ~」。テメーも・・・・・・かぁ?

テメーらの大好きな「自己責任」って言葉で送ってやるぜぇ~。ついでに見えきってもいいからよぉ~。最後だから「いよっ!ドブイタヤぁ~!相も変わらず、クサイねっ~~!」。

|

« 「ハリボテ・イノシシ・ホリエ」バッシング、狂気のテレビ報道! | トップページ | コイズミ鈍一郎アンチャンに蛍の光を! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 皆さん、ペットも飼える「小菅グランドリンク」へようこそ!:

« 「ハリボテ・イノシシ・ホリエ」バッシング、狂気のテレビ報道! | トップページ | コイズミ鈍一郎アンチャンに蛍の光を! »