« 長浜市の幼稚園児殺害事件の背景について改めて考える! | トップページ | 荒川静香さん(プリンスホテル)金メダルおめでとう! »

2006/02/23

無責任に、開き直り、責任もとらないで、どうやって子供たちを教育するの?

民主党は、小児病の永田坊やの火遊びで、結局、大恥をかいただけ!

logomark 民主党は、それでも居直りたい気持ちは分からないでもないけれど、潔く、「非は非として素直に認める姿勢が必要だ。一般社会であれば、人のやることだから失敗はあろうと、多少の同情も得られるだろうが、衆議院議員は、国民の負託を受けた(民主主義のための)代議士である。それが、いかに重大で国民が強い関心を持つ問題であるからとしても、裏付けのないことを、衆議院の予算委員会の場で、重大な意図を持って取り上げ、公人を非難中傷する言動に出たわけで、その根拠となる確証を提示し得ないのだから、この一連の言動そのものが嘘偽であることは明白なことだ。

最初に、火をつけた永田衆議院議員は、事の重大さに気づいたのか、自ら議員辞職をすることを表明しているらしい。民主党の執行部は、永田議員の議員辞職を認めるべきだ。どのみち、永田議員は比例区選出だから民主党の総議席数に変化はない。何を、グズグズしているのか?民主党は野田国対委員長、前原代表の責任も免れるものではないが、この件で、これ以上、小理屈を並べ自らの責任を曖昧にし続けるなら、政党としての支持を失うことだろう。その勇気すら持てないなら、民主党は解党的出直しをした方がよい(結果的にはそうなってしまう)。渡部元衆議院副議長は、「一回や二回、委員会質問で失敗したからといって、議員辞職していたのでは、国会で質問する議員はいなくなる」と、またまた珍解説をされたようだが、失敗の中身によるよねぇ。なかば居候みたいに民主党に籍をおくから、弁護したい気持ちは分かりますけどね、渡部コオさんも、どこかピントが合わなくなったねぇ~、やっぱり、元の親分「田中角栄」の毒が頭まで回ってきたのかねぇ~~。可哀想にねぇ~、もう同情させてもらいますよ、ハイ。

軽佻浮薄、軽率なお調子者の永田坊やを公認した民主党の責任は免れないし、何よりも、予算委員会で二度にわたり、公人の名誉を著しく毀損したのだから、自らを律する上からも辞任は適正と考える。それを押しとどめようとする民主党の執行部は危機意識が欠落している。残念なことだ。永田議員は、予算委員会ではない私的な会合の場でも、「阪神大震災の被災者に対し許し難い暴言」を吐いているのだから、この件の責任も大問題だ。しかし、民主党は党として「問題発言」を放置したまま、謝罪もしていない。まるで小児のような仕儀である。

自民党も、今回は難無きだったが、笑ってばかりはいられない。永田以上の、もっとお調子者の杉村タイゾーなんて大○○を抱えているのだから。昨年の衆議院総選挙で当選者が多すぎたことで、所属委員会での質問の機会が与えられていないないだけで、いつ同じ事をしでかすかも分からない。他山の石とすべきである。

それにしても、国政の場で、余りにも小粒な小児のような議員による低次元のお遊びで、最重要事項の「平成18年度予算」の審議を放置していることを本当に憂う。もっと、真剣に、国家予算を審議して貰いたい。「タケベ・コイズミ・ホリエ疑惑」の解明は東京地検に任せとけばよいじゃないですか。それを信頼できないなんて、国会議員が言い始めたら、日本の三権分立なんてなくなってしまいますよ。そうなれば、これほど民主主義の危機はないですよ。検察が取り組んでいることを裏付けもなく確証もなく「政争の具」にしようとしたお粗末には、しっかり責任を示して貰いたい。

それもできなければ、子供たちへの教育はできないですよ。嘘偽を並べ立て、人を傷つけて、それが嘘だったとバレても、謝罪もしなければ、自らのけじめも示さず責任もとらない。そんなことが許され、あまつさえ、開き直りが許されるなら、子供たちを、どのように教育すればよいのでしょうか。余りにも、民主党の倫理規範は低次元と敢えて厳しく指摘したい。

|

« 長浜市の幼稚園児殺害事件の背景について改めて考える! | トップページ | 荒川静香さん(プリンスホテル)金メダルおめでとう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144070/8802958

この記事へのトラックバック一覧です: 無責任に、開き直り、責任もとらないで、どうやって子供たちを教育するの?:

« 長浜市の幼稚園児殺害事件の背景について改めて考える! | トップページ | 荒川静香さん(プリンスホテル)金メダルおめでとう! »