« 昔の名前が出てきますぅ~!笑っちゃいけない民主党代表選挙でぇ~す。 | トップページ | それぞれの国での民主主義「直接行動」の結果! »

2006/04/06

民主党の藤末参議院議員が当コラムへ自己宣伝TBを貼り付ける!

Dpjlogomark_1 民主党の代表選挙を批判的に揶揄するブログを掲出しましたところ、参議院の「藤末健三」民主党議員から、トラックバックを頂戴しました。頂戴するだけでは申し訳なく考え、もう一歩、踏み込んだ論点による批判的揶揄をトラックバックでお返し申し上げましたが、さて、藤末参議院議員が自らのブログに掲出されるか消去されるか、極めて興味深い展開となりました。

そうそう、藤末参議院議員は、ご自身のブログによると、東京大学の助教授を退任されて、参議院議員となられたとの、自己宣伝があります。まずは、真にご立派なことですが、恥ずかしくないのでしょうか?普通のセンスじゃないよねぇ~~!!

民主党の代表選挙は、悲しいことですが、小澤一郎という過去の人と菅直人というこれまた過去の人が争うことです。民主主義ですから代表を選ぶ上で選挙をという流れは自然なことです。

しかし、この度の民主党の代表選挙は、残念ながら「この難局に際し、適切な候補者がいない」という真に意味不明な理由により、「昔の名前が出てきます、というか、昔の名前で出ています、という状況」であることが、何とも末期的だと言わざるを得ない点にあるわけです。しかも、基本的な政策が異なる小澤一郎氏と菅直人氏が、実際にはそれぞれの政策を掲げ代表としての基本政策を争うのではなく、なし崩し的に票集めをするだけのことで、いわば単なる人気投票に過ぎないことです。野党第一党の代表選挙ですよ、余りにも情けないじゃないですか。

第一、小澤一郎氏を支持する勢力って、かつての田中角栄親分の提灯持ちや露払いを担当した「田中派七奉行ほか(小澤一郎、羽田孜、渡部恒三、鳩山由紀夫などなど)」を先頭に、自民党からはみ出した組じゃないですか。

そこに、かつては日本社会党左派の論客を自認して憚らなかった横路孝弘(現衆議院副議長)の一派が合流するって、一体全体どうして、臆面もなくそういうことができるのですか。横路氏の代貸しである赤松広隆氏は小澤一郎氏の政策と一致があるのでしょうか。あるとすれば、過去に主張された思考や論理をいつどのように総括されたのでしょうか。「憲法改正」「教育基本法改正」「国旗国歌法」「社会保障政策」「規制緩和」「大きな政府か、小さな政府か」「自衛隊の合憲性」「(小澤流)普通の国家論」「靖国」その他、政策の不一致がいろいろあり過ぎて・・・・・・・数え切れないや。

それでも、仲良しだから支持できるのですか。「へっぇ~~~~~!!」。それなら舌足らずの福島瑞穂さんの社民党の方が筋が通っていますよ。仲良しだったら、支持できるのですか。敵の敵は味方って理屈ですかぃ?

横路親分、かつて同士だった矢田部理元代議士は、どう考えるでしょうね。久々に先祖返りした村山富市元首相、田辺の兄さん、どう考えるだろうねぇ~~。まぁ、国対政治で、もとは夜のお茶屋でお仲間だったって漏れ聞こえるお話もたくさんあるようですから、小澤一郎氏の剛腕に抱かれてたのかも知れませんからねぇ、同根なのかねぇ~~。横路シェンセ~は、佐藤内閣の「沖縄返還日米密約」をすっぱ抜いた毎日新聞社の西山太一記者を巧妙に追い込んじゃったとの噂も消えないようですし、やはり一体なんですかねぇ?

民主党の代表選挙は、単なる人気投票みたいなものですから、政策論争なんてなくってもいいんですよねぇ。

一方の頭目、菅直人シェンセェ~~、「四国遍路八十八カ所巡り巡礼の旅」はどうなったのですか、満願成就はなさいましたか。たしか、途中で放棄され逃げ帰られたままと記憶していますが。相変わらず、信仰も代表戦も話題作りの人気投票みたいにしかお考えにならないようですから、ただひたすらポピュリズムを信奉される菅直人シェンセェ~~は話題の中心にさえ座れればいいのですよ。何たって、ご自身のためにやってみようというわけのようですから、今回、お鉢が回ってこなければ、確か「団塊党」の立党宣言でしたっけ?なさるご予定でしたよねぇ?冗談じゃないですよねぇ。菅直人シェンセェ~~も社民連の頃は多少は謙虚な方のようにお見受け致しましたがねぇ~。

いまの民主党は、先の三人に加えて、ホラグチ原口シェンセェ~~、前原オタクシェンシェ~などの松下政経塾卒者による世間離れしたオタクの塊。音羽御殿の保持者ポッポ鳩山の元大将、この元大将は浮世離れしているよねぇ~、自らのお屋敷に民主党の議員を招いて「観桜会」なんて催しちゃってねぇ、ずらりとテレビカメラ並べ立て、小澤一郎シェンセェ~~と菅直人シェンセェ~~に、見え見えの力のこもらない握手を下品にもさせて、ブラックユーモアみたいで笑ってしまうよね。

事情を考えたら、そんなことしてる場合じゃないでしょう。浮世離れしすぎてるよねぇ~~。それで、民主党は庶民の味方ですって言われても笑っちゃうよ。悪い冗談はよしてくれぇ~い。どんなセンスしているんだろう。

ブログへトラックバックしてこられた藤末健三参議院議員も、音羽の鳩山御殿での「観桜会」に嬉しそうな顔で参加されたんでしょう?笑っちゃうよねぇ~。

自民党もセンスの悪さでは人後に落ちないけれど、昨今の民主党ほどじゃないよねぇ~。民主党に期待してきた支持者に対し一遍の詫びもないじゃないか。野党第一党なんだから、もっと世間の目に対しても目配りできるセンスが欲しいよね。

第一、民主党は、自民党とタケベの言辞に従って、主要五紙と北海道新聞に、全面謝罪広告を掲載したじゃないですか、あの時点で政党としての機能は終わっていますよ。野党第一党の代表と幹事長が、与党の総裁(首相)に頭を撫でられ「頑張って下さい」って励まされてというのをテレビのニュースで全国へ報道されるのはないでしょう。民主党は、あの時点で終わりですよ。それを十分に総括できない民主党の衆参議員って同罪じゃないですか。

日本の民主主義を破壊して知らない顔してって、わけが分からないよ。民主党は代表選挙をする前に、真摯に国民に対し謝罪するべきですよ。それが先だろうが。

ところで、藤末健三参議院議員のブログに当コラムからのトラックバックと厳しいコメント反映されますかな。大きな度量を示せるかな~~!他人のブログに勝手にトラックバック貼り付けたのだから、ご自分のところではどうされますかな、見守ってみますか。

追記(2006/04/07-08:29):藤末健三参議院議員は、ご自分の自己宣伝を勝手にTBされますが、それを受け、当コラムは敬意を込め辛口のコメントTBをお返し申し上げましたら、自らと民主党にはご都合の悪いコメントであるとお考えになったのか、当コラムからのコメントTBは削除されたようです。これは、ご本人の自己本位な思考の本質を表しており、民主党の体質を表徴しています。まあ、政党やら議員というのは、自分勝手な自己主張の強い無礼な輩が議員バッチの付いた服を身にまとい、尊大な態度で構えているだけの張り子の虎みたいなゴロツキ集団ですから、所詮はそのようなものです。ついでに一言、藤末健三参議院議員は自らのブログで、わざわざ「東京大学助教授を辞めて参議院議員」になったと、臆面もなく厚顔無恥に表記しています。この輩の思考形態が万遍なく示されています。思わず、笑ってしまいますね。唾棄するに値する輩だ!

|

« 昔の名前が出てきますぅ~!笑っちゃいけない民主党代表選挙でぇ~す。 | トップページ | それぞれの国での民主主義「直接行動」の結果! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民主党の藤末参議院議員が当コラムへ自己宣伝TBを貼り付ける!:

» 民主党・代表選は小沢氏と管氏 [We are ニッポン!!]
■民主党は前原代表の辞任を受けて後任の代表選を行うことを発表した。既に小沢一郎と管直人の両氏が出馬を表明している。7日夜にも投票が行われ、新しい民主党の顔が決まる。 ■小沢一郎。本来ならば現在前原代表ではなく、この人が民主のトップであるはずだった。だが、年金未納問題が発覚して就任を辞退。その後党の主だった役職にも就かずに現在に至っている。年金未納問題という枝葉末節な話だが、それでも「追求する側」として致し方ない所もあったが、有権者の視点から見ると「また裏にこもったか」と見えてしまう動きだ。小沢... [続きを読む]

受信: 2006/04/06 04:44

« 昔の名前が出てきますぅ~!笑っちゃいけない民主党代表選挙でぇ~す。 | トップページ | それぞれの国での民主主義「直接行動」の結果! »