« 日本 ベトナム関係についてのニュースをフォローします! | トップページ | 閑話休題!タイガースの前半戦について! »

2006/07/18

自信満々!首相は「外交成果の評価は皆さんで!」

「(私の)外交についての評価は、皆さんが決めて下さい」。サンクトペテルブルグでのサミットが終了した際の、内閣記者会との記者会見の席での首相発言。

よっく言うよねぇ~~!これは、相当の自信を持ってのことだろう。「自らが、自らの外交を評点する必要はない。そのような馬鹿げたことをしなくても、成果は山積している」じゃないか。このように自負しているからこその発言と見た。(ここまで言いますか?アッ、ソウ~、ヘェ~!)

Jpnationalflag_8Usnationalflag_9確かに、山のような成果も残せた。何と言っても、「世界の中の日米同盟」だ。だから米国では、大統領専用機(エアフォース・ワン)で、大統領自らが案内を買って出て、プレスリーの家を訪問したし、演奏の真似事もして、周囲を凍らせることもできたのだ。これまでの首相なら求められても誰も、絶対にできないまでに「存在の耐えられない軽さ」をいかんなく演じた。

ヨルダンでは「ラクダに騎乗」した「楽だったかどうか」は知らないけれど。またまた、サンクトペテルブルグでは、ブッシュ親分とフォークダンスを踊って見せ、ブッシュ大統領から「少しは遠慮した方がよい。すぐに、場を支配しようとする悪い癖がある」と軽くたしなめられたともいう。しかし、めげずに「そういう、ブッシュ大統領は、すぐにフォローしてくれる」と軽口を返したとも伝えられ、その場に居合わせた各国首脳は、「本当に強い同盟だ」と感嘆したとか、しなかったとか。

存在の耐えられない軽さ」を限りなく軽々と次々に演じきったこともあり、サンクトペテルブルグから送られる映像では、常にプーチン+ブッシュの横を占め続け注目を集めていた。

さて、先進国クラブの避暑儀式の臭いが強いG8サミットは、北朝鮮による「①核開発の禁止、②ミサイル発射の禁止、③拉致問題の解決、④六ヵ国協議への復帰」という4点セットを、G8議長声明に盛り込むことに成功したと、記者会見では強調していた。

加えて、中東での課題、パレスチナ問題の平和的解決に向け、日本が知恵と金を出すことを、サミット前に訪問した、イスラエル、パレスチナ、ヨルダンでの根回しを紹介し、各国に諒解されたことも誇らしげに触れ、日本を加えた「四ヵ国協議」をG8サミットでも強調したことを自慢した。

そして、アフリカ諸国の発展に向け、日本ができる科学技術分野での貢献を考慮したことを掲げ、特に、医療分野の研究者を育成する目的で、ノーベル賞に匹敵する「野口英男賞」を創設し金を出すを、G8でも述べ、各国から賞賛されたと、軽い調子で紹介した。

実は、この自慢話の後に、上記の質問が提起されたわけである。それに対する回答が標題部分である。

内閣記者会は、いわば身内の記者クラブである。従って、いわばヤラセでもある。この点をよく考え、多少は減点しながら聞くことが必要なのだが、出席記者は誰も、そのような「花道に泥を塗る」行為は行わなかった。従って、悠々と自己宣伝に徹することができたのである。

もう少し、機転の利く記者なら、G8クラブの形式的な儀式が終わった後の、会議には、中国から胡錦涛主席も招かれ出席していた、真横にいた写真も報じられている。中国の主席とどう対処したのか、誰も触れず、誰も聞かないのである。実に不思議なことだった。

昨年のAPECの会議では、議決書類に署名する際、隣席の温家宝首相から筆ペンを借りて署名したことを、誰も聞かないのに「中国とは疎遠でないと言いたい意図を隠しながら」自慢したではないか。今回は、そのチャンスもなかったのだろうが、北朝鮮を取り巻く周辺国の一つで「歯と唇」の関係を主張し、北朝鮮を甘やかし擁護し続ける中国に、何か言ったのか、国連決議についてのゴネゴネについて一言、得意の軽口を叩いたのか、叩けなかったのか、その点に切り込む記者はいなかった。これが公開され中継された記者会見報道の実態である。いつの間にか、報道は見事に規制され統制されているのである。思し召すままに。

従って、冷静な論理展開をするなら、今後、ブログが果たす役割は大きくなることが予想される。「コラコラコラム」は別に冷静さに軸足を置く考えはない。さりとて、嘘偽を創出する事もない。できるだけ無駄な努力をしながらシニカルに面白可笑しく伝えようと考えている。

|

« 日本 ベトナム関係についてのニュースをフォローします! | トップページ | 閑話休題!タイガースの前半戦について! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自信満々!首相は「外交成果の評価は皆さんで!」:

« 日本 ベトナム関係についてのニュースをフォローします! | トップページ | 閑話休題!タイガースの前半戦について! »