« 「靖国」について、頂戴した賛否のご意見へ! | トップページ | 日本も「中央アジア」外交へ!もっと強いプレザンスを! »

2006/08/28

高校野球の感動押し売り報道は、もう、この辺りで!

今年の、第88回全国高校野球選手権大会は、確かに劇的であり、多くの感動がありました。しかし、数々の感動を産み続けた、第88回大会は、もう終わりました。

しかし、テレビメディアは、感動の拡大再生産と、そのためのフラッシュバックに大忙しのようです。感動の拡大再生産とその押し売りには辟易させられます。もう、頭を切り換えて終わりにされたらどうですか。「高校野球」は、学校教育の課外授業に過ぎないのですから、徒に、ヒーローのイメージを作り続け、追い続け、垂れ流し続けるのは、品位と行儀のある姿勢とは思えません。

この掲出に対し、またぞろ、沢山のご批判や反論が届けられるものと思いますが。

毎日まいにち、変化のない社会は、確かに面白くありません。しかし、毎日まいにち、次から次へと、ヒーローが出てくるわけはありません。ヒールかヒーローが出現しないと、報道する側はネタがなくなるじゃないか、維持できないよという、ご意見は深く納得させられる点もありますが、それでは、マスメディアって何のために存在しているのか、全く分からなくなります。商業放送は視聴率が売りですから、視聴率を獲得するために努力を重ね、社会のできごとと格闘されることは、よく理解できます。

しかし、それにしても、限度というものがあるのでは?

次に「高校野球」を目指す子供達(親たち)へ、「感動を伝えたい」という考えを、マスメディアで声高に主張されると、市井の市民には反論する手立てがありません。

「ハンカチの王子」とか何とか言い始め、そのハンカチ屋が難渋するような事態に至ったなどという、馬鹿馬鹿しい話題を撒き散らし、悦に入っているようでは、マスメディアの姿勢として情けないと、思わず考えてしまいます。

それでも「感動を報じることは重要だ」とマスメディアの側から主張されると、返す言葉はありませんが、やはり、自ずと限度があると考えます。

|

« 「靖国」について、頂戴した賛否のご意見へ! | トップページ | 日本も「中央アジア」外交へ!もっと強いプレザンスを! »

コメント

同感。
最近のTVはなんでもかんでも劇的に、感動的に伝えようとして、さらにそれを何度もねちっこくそれを繰り返す。
見てると気分が悪くなってくる。

投稿: into | 2006/08/28 21:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高校野球の感動押し売り報道は、もう、この辺りで!:

« 「靖国」について、頂戴した賛否のご意見へ! | トップページ | 日本も「中央アジア」外交へ!もっと強いプレザンスを! »