« ナマのベトナムが分かる、週刊ベトナムニュース第91号 | トップページ | NHKラジオの番組作りの姿勢が理解できない! »

2006/12/04

「コラコラコラム」はココログのリニュアル中は、お休みします!

ブログサービスの提供元、@niftyは、間もなく3日にわたり、ココログのメンテナンスを行うそうで、その間、「コラコラコラム」もブログの更新はできないそうです。

残念(ホントは骨休めか?)ですが、しばらくの間、「コラコラコラム」は更新致しません。とかなんとか、言いながら、先月末も、「外国人技能研修実習生」の実態を説明したブログを上げた後、想定どおり、賛成、反論、珍論、迷論、感情的な反発、などなど、有象無象のヌエのようなブログ社会から、多くの、ご意見を頂戴し承りました。

多くのご意見は、実態もよく分からないまま、お気軽な「感情的な反論」でした。バカバカしいので、ここではいちいち取り上げません。本当に残念な事は、日本人はいつから考える能力、思考力を失ってしまったのか、驚愕させられたことでした。稚拙で幼稚な感情的反論は何の解決にもなりません。

今日も、読売新聞が伝えたニュースでは、インドネシアから来日した研修生に、イスラムの宗教行為を禁じ、無理矢理同意させた上で署名させ、滞日中、一切を禁じた「人権侵害事件」が紹介されています。縫製事業者のバカぶりは人後に落ちることはありませんが、ここまでくれば、バカを通り越し、何とも救いがたいとしか言いようがありません。そんな事業者は、とっとと、事業を閉鎖し廃業した方が身のため、日本のためになります。そこまでして、維持するほどの事業ではないと思いますから、一日も早く廃業して下さい。

引用開始→ 東日本の縫製工場、イスラム教徒研修生に「礼拝禁止」  (讀賣On Line)

外国人研修・技能実習制度で来日したイスラム教徒のインドネシア人女性の受け入れ条件として、東日本の縫製工場が日に5回の礼拝や断食を禁止する誓約書に署名させていたことが、わかった。

読売新聞が入手した誓約書では、宗教行為のほか、携帯電話の所持や外出など生活全般を厳しく制限している。

法務省は、入管難民法に基づく同省指針や国際人権規約に反した人権侵害行為の疑いがあるとしている。

誓約書は、禁止事項として〈1〉会社の敷地内でのお祈り〈2〉国内滞在中の断食〈3〉携帯電話の所持〈4〉手紙のやり取り〈5〉家族への送金〈6〉乗り物での外出――の6項目のほか、午後9時までに寮に帰宅、寮に友人を招かないという2項目の「規則」も明記している。

支援団体「外国人研修生問題ネットワーク」(東京)によると、20歳代の女性実習生は3年前に来日した際、工場側から誓約書への署名を求められた。こうした条件があることは知らされていなかったが、出国時に多額の費用を使っており、帰国するわけにはいかず、やむなく応じた。この工場には女性以外にも約10人のインドネシア人研修・実習生が働いているという。

女性は同ネットワークに「礼拝は休憩時間でも認められなかった。他の研修・実習生も同じ誓約書を取られていた」と話したという。

法務省によると、入管難民法に基づく同省指針で、企業による人権侵害行為は、受け入れ停止などの処分の対象。

国際人権団体アムネスティ・インターナショナル日本は「人権に対する企業側の認識不足もはなはだしく、外国人研修・技能実習制度のひずみを象徴する事例」と指摘している。 (2006年12月4日14時47分  読売新聞)
Copyright © The Yomiuri Shimbun.   ←引用終わり

|

« ナマのベトナムが分かる、週刊ベトナムニュース第91号 | トップページ | NHKラジオの番組作りの姿勢が理解できない! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「コラコラコラム」はココログのリニュアル中は、お休みします!:

« ナマのベトナムが分かる、週刊ベトナムニュース第91号 | トップページ | NHKラジオの番組作りの姿勢が理解できない! »