« ナマのベトナムが分かる、週刊ベトナムニュース第92号 | トップページ | 今年の「創作四字熟語」は、スルドサに満ち輝いている! »

2006/12/13

世相を表す漢字一文字は「命」ナルホドなぁ!

今日のブログとして掲げるには、少し、「旧聞」と言えなくもありませんが、年末恒例の京都・清水寺で催される、「漢字一文字で世相を表す」で、書き出された一文字は「」でした。

Inochi06theme昨日、このニュースを聞いたとき「ホッー~~!なるほど、なるほどなぁ!」と感想を漏らしました。時代の感覚を「漢字一文字で描くと『』に」。見事という言葉意外に感想を見いだすことができませんでした。

」が軽くなったなぁと、最近、特に感じていた事もありましたから、今年は変に納得しています。[例年は、そうかなぁ?!とも考え、しかし、そんなものか、で納得するのですが]

何よりも、いじめによる「自殺」(大人も子どもも:大人は社会全体からのイジメです。特にコイズミ・ドンイチローとタケチン・ヘェクセェゾーによるイジメです。子どもは、学校内での悪ガキによるイジメでしょう)。飲酒運転による暴走事故による「殺人事故」。親が自らの子どもの命を奪う「親による虐待と殺人」。世界ではテロ攻撃による「不意打ち殺戮」。なんとも「グローバリズム」という軽薄で便利な言葉を編み出した米国の「新古典派経済学理論」による「新世界秩序」が「妄想的暴走」を行った結果ではないでしょうか。

そういや、政治の世界も「自殺行為」でしたね。コイズミ・ドンイチローは別格でしょうが、その時代から延長線上にあると考える政府主催の「タウンミーティング」がヤラセだったってねぇ!あれは政府主催だと考えるから、腹が立つわけでチンドン屋の「D」社が主催だと考えれば、「アッ、そんなモノかぁ~!」って、変に納得できると思い致しますが。最初から「通過儀礼」に過ぎない「茶番劇」に対し、変に「大きな期待をする」からですよ。その期待する考えがそもそも間違っているわけでしょ!間違ってますか、違いますかねぇ~?

個々の事件や事故は、相互に関連するモノではありませんが、全てはどこか見えない底辺の何かで繋がっているように思い致します。これは誇大妄想でしょうか?人の「命」がこれほど軽視されている世相に驚き続けた一年だったように思います。

そういえば、年初から年の中盤までは、「金、かね、カネ」と騒ぎ立てた、イノシシ・オトコや、ハイキー・ヒンガラメのキンちゃんは、世の中をナメ尽くしてましたねぇ。ナメきってますよ今もアヤツらは、お札を持った「東京地検」により「パクられて」、その時は、国家権力としての検察の圧倒的な力を前に「全面降伏」したブタ野郎が、お札を出した裁判所のお白砂で裁きが始まると、前言を軽々と翻し、早速、意味不明の言葉を発し続け、周囲を非難する事に忙しく自己弁護を続けている。

この光景、どこかで見た事がある、なぜか一度見た事があるような気になる。「オゥ!、そうだった、そうだった、オウムの麻原ゾウ・オトコ」の姿と同じだ。アサハカなゾウ・オトコも、何やら世間では通じない呪文のような自己弁護を繰り返し喚く騒ぐを、お白砂で繰り返していたなぁ。人として、一欠片の誠意もないクズどもだ。イノシシ・オトコハイキー・ヒンガラメのキンちゃんも、人としての品位を思わず疑ってしまいたくなるのが残念だ。

この「金、かね、カネ」追究係の二人への社会的制裁に対し、同じ穴のムジナどもから、「東京地検」は魔女狩りだと騒がれ非難されているらしい。そういや、黒幕の稀代のワル金貸しジューシー・ミヤウチは、今も「永田町界隈」と「霞ヶ関」詣でに忙しいらしい。なんと、ジューシー・ミヤウチは、日本のロータリークラブの総元締めである「東京ロータリークラブ」の会長をしている(2007年6月末までの一年間)という。「東京ロータリークラブ」も人材枯渇なのかなぁ~。他に有為の人材はたくさん居られるだろうに、稀代のワル金貸しジューシー・ミヤウチとは残念な事だ。

」が、掲出されている間(早い時期)に、東山の東大路から茶碗坂を上り「清水寺」へ足を運ぼうと、改めて考えた次第です。

|

« ナマのベトナムが分かる、週刊ベトナムニュース第92号 | トップページ | 今年の「創作四字熟語」は、スルドサに満ち輝いている! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世相を表す漢字一文字は「命」ナルホドなぁ!:

« ナマのベトナムが分かる、週刊ベトナムニュース第92号 | トップページ | 今年の「創作四字熟語」は、スルドサに満ち輝いている! »