« やはり「Apple」は「I Phone」商標不正使用で「Cisco」に訴訟される! | トップページ | ヨチヨチ歩きで、ジャマタク・山拓、平壌で「お小遣い」貰わず帰ってきましゅか! »

2007/01/12

WTO、150番目の加盟国となった、ベトナムの前途を祝す!

ベトナムは、今日、150番目の国としてWTOへ正式加盟!

Vnnationalflag_69ここまでの道は決して平坦ではなかった。どちらかと言えば、立ちはだかる困難の壁を一つひとつ自助努力により乗り越え、ようやく到達したわけだ。

ベトナムがWTO加盟を決意し、その取り組みを初めてからは意外に早かった。
一気に、「そこまで改革するのか?」と、応援している側が思わず考え込まされるまでの勢いで、先進国と考えられている側の国から、後からあれこれ指図されることを嫌い、舌を巻くほどの意気込みで改革を推し進めてきた。

凄い、もの凄い、エネルギーだった。

この勢いを見て、押せば改革が進むと考えた、先進国と考えられる側の国は、経済制度の改革(要求)を更に山積みしてきた。ベトナムは、当初、想定しなかった分野まで、WTO加盟に向け、先進国と考えられる側の国からの要求を呑んだ。国際社会への完全復帰という悲願達成を目指し、苦闘を強いられても誠実に努力を積み重ねた。

「いずれ、改革を要求され、従わなければならないなら、経済(体制や政策)に与える影響が小さいときに変えてしまう途を選ぶ」と、剛胆にも思い切った経済政策の変更に予定を早めて踏切り、できる限りの市場開放を行う姿勢で臨んだ。

今後の5年が勝敗を決める。綱渡りかも知れない。ベトナムは、WTO加盟に際し、国内産業で失うモノも多いことだろうが、それよりもWTO加盟で得るモノを多くするために国を挙げて取り組むと、首脳から10月に東京で説明を得た

「努力を静かに見守りたい」と考えている。

引用開始→ ベトナムWTO正式加盟、主要市場5年で開放へ  (日経NET)

【ハノイ=長谷川岳志】ベトナムが11日、世界貿易機関(WTO)に150番目の加盟国として正式に加わった。今後5年程度をかけて金融などサービス分野の市場開放や輸入関税の大幅な引き下げを実施する。人口8300万人を抱え、年率8%を超える経済成長が続く有望市場を狙い、韓国、日本、米国など海外企業の投資が急拡大している。

ベトナムは対象となる1万600品目のうち3800品目の輸入関税を5―7年以内に引き下げる。農産物の輸入関税は11日から従来平均の31.6%から25%強に下げた。最終的に21%にする。IT(情報技術)関連機器の関税は3―5年で撤廃する。(07:01)
(C) 2007 Nikkei Inc. / Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.  ←引用終わり

|

« やはり「Apple」は「I Phone」商標不正使用で「Cisco」に訴訟される! | トップページ | ヨチヨチ歩きで、ジャマタク・山拓、平壌で「お小遣い」貰わず帰ってきましゅか! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WTO、150番目の加盟国となった、ベトナムの前途を祝す!:

« やはり「Apple」は「I Phone」商標不正使用で「Cisco」に訴訟される! | トップページ | ヨチヨチ歩きで、ジャマタク・山拓、平壌で「お小遣い」貰わず帰ってきましゅか! »