« インポートアパレルAさんとMさんの特異な思考論理?! | トップページ | 北朝鮮への制裁を緩めてはならない! »

2007/01/30

「第2回多文化共生全国フォーラム2007」(大阪2/16 10:00~17:30)のご案内!再掲出します!

外国人技能研修・実習生 外国人労働力を含めた多文化共生フォーラムのお知らせ。
もう一度「 第2回多文化共生全国フォーラム2007」のご案内を掲出致します。

ご興味をお持ちの方は、ぜひ、お申し込みの上、ご参加くださいますようご案内とお願いを申し上げます。詳細は、下記をご覧ください。

このフォーラムを主催する、大切な友人から、案内を受けましたのでもう一度掲出します。

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
                 第2回多文化共生全国フォーラム2007
             「職場」と「地域」から考える多文化共生社会
                 ~外国人受け入れ拡大議論の中で~

    主催:特定非営利活動法人 多文化共生センター大阪
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

 外国人住民を対象とした施策を具体的に示した「多文化共生推進プログラム」が総務省から示され、自治体でも推進プランの策定が進められています。
また、外国人を受け入れる企業にも、「人の多様性」を組織の力とするための職場環境作りや地域との連携が求められています。
このフォーラムでは自治体、企業、NPOなど、多文化共生に取り組む人々が一堂に集い、多文化共生を取り巻く現状に関する情報を共有し、問題解決の方向について話し合います。

◇◆日  時:2007年2月16日(金) 10:30~17:30
◇◆場  所:新梅田研修センター(最寄り駅:JR大阪駅・JR福島駅)
◇◆対  象:企業、経済団体、自治体、地域における多文化共生の実践者・研究者・一般(定員120名)
◇◆参加費 :一般 3000円 学生 1500円(懇親会費は別途必要)
◇◆主催:特定非営利活動法人 多文化共生センター大阪 
◇◆助成:日本財団

◇◆内  容◇◆
<10:30~12:00「自治体多文化共生度調査」「外国人従業員受入れに関する調査」報告>

 自治体と企業を対象に多文化共生センター・大阪が行った2つの調査について、報告します。
「自治体多文化共生度調査」では、自治体における多文化共生に関する施策実施状況等について、全国の都道府県・政令市を対象に調査しました。また「外国人従業員受入れに関する調査」では、大阪の外国人労働者を受け入れる企業を対象に、職場内でのコミュニケーション等、受け入れ現場がどのような状況で問題を抱えているかについて調べました。2つの調査の結果と分析を報告し、共生社会づくりのヒントを探ります。

〔発表者〕(特活)多文化共生センター大阪 調査担当者

<13:00~15:00分科会&全体会>
現場である地域・職場ではどのような状況で取り組みがなされているのでしょうか。
 各分科会で、各自で活躍されている事例報告とともに研究者も交え、今後の展開について掘り下げて考えます。

 ★第1分科会「自治体・地域における取り組み」★ 
 外国人住民を受け入れる自治体では、今どのような取り組みが進められているのでしょうか。生活者としての外国人を取り巻く自治体施策の現状と地域のあり方について考えます。

[コーディネーター](財)とよなか国際交流協会 榎井 縁氏
〔発表者〕     ブラジル友の会 代表 金城 エジルソン氏
           愛知県立大学文学部 助教授 山本 かほり氏

 ★第2分科会「企業・職場における取り組み」★
 企業が円滑に事業を進めるためには、雇用者と被雇用者である外国人労働者との間のコミュニケーションが重要なポイントとなります。ことばや習慣のちがいなど、職場内における異文化コミュニケーションについて等、事例とワークショップを交えながら現場の声を聞き、今後の実践的な取り組みについて考えていきます。
  
〔コーディネーター〕(特活)多文化共生センター大阪 理事 永井美佳
〔発表者〕 北摂「かいしゃとちいきでつくるにほんご」
      (財)とよなか国際交流協会 山下隆史氏
      (財)海外技術者研修協会 AOTS日本語教育センター長 春原憲一郎氏

 ★第3分科会「多文化共生の実践と研究」★
  多文化共生社会を形成する人材の育成が急がれるなか、各地の大学や研究機関で「多文化共生」に関する取り組みが進められています。次の社会をデザインする研究機関として、また担い手を育成する教育機関として、大学や研究機関に求められている役割について議論します。
〔コーディネーター〕(特活)多文化共生センター大阪 代表理事 田村太郎
〔発表者〕 東京外国語大学多言語・多文化教育研究センター プログラムコーディネーター 杉澤経子氏
      甲南女子大学文学部多文化共生学科 教授 森田勝昭氏

<15:00~16:00>
 各分科会で議論を深めたテーマについて、コーディネーターより発表し、全体で共有します。

<16:00~17:30パネルディスカッション>
外国人労働者の受け入れ拡大議論の中で、06年3月に国から『多文化共生推進プログラム』が、05年には経団連から『「第三次出入国管理基本計画における主要な課題と今後の方針」に対する意見ならびに要望』が出されました。この2つの政策及び提言策定過程においての動きや策定後の変化について、それぞれの立場からお話して頂きます。また、今回の分科会を通して出てきた現場の声や課題を今後の国・企業全体としてどのように活かすことができるかをディスカッションで探ります。

〔パネラー〕政策決定機関より 衆議院議員 河野 太郎氏(予定)
      行政機関より  総務省自治行政局国際室 国際室長 時澤 忠氏
      経済界より (社)日本経済団体連合会 産業第一本部長 井上 洋氏
      各分科会コーディネーター

※詳細はweb(http://www.tabunka.jp/osaka/index.html)にて掲載!

◇◆アクセス方法◇◆
会場:新梅田研修センター
 (大阪市福島区福島6-22-20 Tel:06-4796-3371)
http://www.temmacenter.com/shin_umeda/access.html

★最寄り駅:
 1.JR環状線福島駅(JR大阪駅より環状線内回り1駅) ・・・徒歩約8分
 →改札出て正面の道「なにわ筋」を左(北)へ道なりにまっすぐ。
 JRガード下をくぐり、「福島6丁目」という大きな交差点を越えて2つ目の信号
 「朝日放送南」の交差点を右(東)へ。

 2.JR大阪駅桜橋口・・・徒歩約12分
 →大阪駅桜橋口より、大阪中央郵便局前[隣(正面)は梅三小路]の道路を右折し、JRのガード下をくぐってまっすぐ(北側)へ。
  信号のある梅田ランプ東を左手(西)のスカイテニスプラザ方面に進み、
  阪神高速梅田ランプを越え、踏み切り(梅田ランプ西)を越えてすぐ右(北)へ。

◇◆お申し込み方法◇◆→メール・FAX(お電話でのお申し込みは受け付けておりません)
 a>メール→1)お名前 2)ご所属[任意] 3)ご連絡先 4)参加希望される分科会名(第2希望まで)
      5)昼食希望の有無 6)懇親会参加希望の有無を下記のフォームにご記入の上
      <osaka@tabunka.jp>までお申し込み下さい。
      ※件名を「全国フォーラム申込」とご記入下さい。
 
 b>FAX→当センターHP(http://www.tabunka.jp/osaka)よりお申し込み用紙をダウンロードし、必要事項をご記入の上、<06-6390-7850>までお送りください。

■━━━━━━━━━━━お申し込みフォーム━━━━━━━━━━━■

※分科会は会場定員の関係によりご希望に沿えない場合もあります。必ず第2希望までご記入下さい。
※件名を「全国フォーラム申込」とご記入下さい。

1.お名前
2.ご所属
3.連絡先      〒   ―    

4.TEL         -    -          
5.FAX            -     ―
6.E-mail                       @
7.希望分科会:第1希望            分科会
         第2希望                分科会
8.昼食       □ 希望する       □希望しない    ※昼食代(\850:税別)は別途必要です。
9.懇親会(18:30~)       □ 参加する       □参加しない※懇親会参加費(\3,000)は別途必要です
■━━━━━━━━━━━お申し込みフォーム━━━━━━━━━━━■

◇◆昼食・会場内の飲食について◇◆
会場は基本的に飲食物の持ち込みは禁止されており、お弁当は会場が用意するお弁当となります。
ただし、建物内に軽食がとれるカフェと、ドリンクやパンなどを売っているコンビニがあり、このコンビニで購入したものについては、会場内で飲食可能です。
お弁当の注文をご希望の方は、お申込みの際にお申し付け下さい

.。゜+..。゜+..。゜+..。゜+..。゜+..。゜+.。゜+..。゜+...。゜+.。゜+..。゜+..。゜+.。゜+..。゜+..。゜
◆お申し込み・お問い合わせ先◆:特定非営利活動法人 多文化共生センター大阪
 〒532-0011 大阪市淀川区西中島4-6-19 木川ビル5A
 Tel 06-6390-8201(月~金 13:00~17:00)
 Fax 06-6390-7850
 E-mail osaka@tabunka.jp
 Web http://www.tabunka.jp/osaka
.。゜+..。゜+..。゜+..。゜+..。゜+..。゜+.。゜+..。゜+...。゜+.。゜+..。゜+..。゜+.。゜+..。゜+..。゜

|

« インポートアパレルAさんとMさんの特異な思考論理?! | トップページ | 北朝鮮への制裁を緩めてはならない! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「第2回多文化共生全国フォーラム2007」(大阪2/16 10:00~17:30)のご案内!再掲出します!:

« インポートアパレルAさんとMさんの特異な思考論理?! | トップページ | 北朝鮮への制裁を緩めてはならない! »