« 厚生労働省、「フィリピン」からの看護師研修制度指針を、ついに発表 | トップページ | 「ココログ」は検閲され、規制されているのではないか? »

2007/01/22

そのマンマ東か、どこまで西か?北か南か、それとも行方知れずになるかなぁ?

これまで、様々なタレントが己の知名度を武器に、いろいろな地域で政治に手を挙げ名乗りを挙げた。
誰でも、いくつかの政治的争点を掲げ、「ここが悪い!こうすればよい!自分なら、このようにしたい!」と選挙中は、選挙民の多くを占める大衆への受けを狙い、耳に残るよう、また清廉なイメージを打ち出せるよう、ありもしないサル知恵を絞りスローガンを連発するわけで、今回、宮崎も残念ながら、その種の展開だったように見受けた。

それでも、保守分裂が一番大きいだろうし、頭と腰がフラフラだった眠首党の貢献もあったし、選挙前には地方自治を司り睨みを利かす閣僚「スカ・スカ・スガ~」が、「アベカワモチ」へのゴマスリ丸見えのパフォーマンスで、市町村長を集めて「中央直結」という、ミエミエで露骨な利益誘導をわざわざしに行ったことも、選挙民には呆れられた事だろう。全体の得票を眺めると、与野党ともにまとまらなかったことの影響が大きい。それによる、足並みの乱れと、ハリキリボーイ「スカ・スカ・スガ~」のタイムリーエラーが奏功した結果ともいえる。

だから、利益誘導型選挙への批判も生じただろうし、ボーリングの球みたいな「スカ・スカ・スガ~」はピンを倒せず、自らの陣営を見事に倒したオウンゴールってわけだ。

しかし、よくよく考えてみれば、「GDPの低い地域で、公共事業に頼ることが生き抜く上での必須条件の土地で、土木談合を糾弾してみても、構造的な経済環境を変えない限り、県民は救われない」。これが厳然とした実態だ!
選挙中は、ナントでも言える。この程度のことは、既に大阪府知事に就いた、かの横山ノックでも話せたわけで、しかし、現実に政策に置き換え制度化するには、スローガンを並べ立てるように簡単ではない。横山ノックが、大阪府政で後世に残る政策を打ち出せたか?答えは「ノー」である。
翻って、東京都知事に就いた、青島幸男(故人)は、何か後世に残るような政策を実現したか?「都市博」を止め、「知事公舎」に住まない選択を訴え議論した程度に過ぎない。
宮崎のボス席に就こうという東か西か南でも北でもよいが、早速、同じ程度の話を出すところが醜く賤しいと云わざるをえない。

24時間監視(訪問者記録が残る)される知事公舎に住めない理由が、おそらく他にあるのだろう。思わず勘ぐってしまうのは意地が悪いのだろうか?地域公職の長たる者が知事公舎に住めない、本当の理由は何なのか?住まなかったからといって、どれだけの財政負担が圧縮されるというのか?相当なワル企みを考えているのか?
かの横山ノックも、大阪府知事公舎でワルサを企み、何度も週刊誌ネタになった。脇も甘いし単に○○~なだけなのだが、ワルサを企むことに忙しくても、政策を研究したり実現するための制度について研究することは、ほとんど無かったように記憶している。

マンマもマスコミの注目度は一定程度あるだろうから、何かにつけて話題に上るし、パフォーマンスを含め報道ネタには事欠かないだろう。エチゴのオオカミ・ババァも注目されなくなったから、マンマという次の格好のネタが現れたわけで、マンマは揶揄もされれば、必ず足も引っ張られるだろう。なぜなら、宮崎の知事の座を射止めたのは、本人の力量もあろうけれど、何よりもマスコミを利用した知名度の応用展開の方が強く、つまりマスコミで名前が売れていたからだ。最初から売名行為を欠いていたら、宮崎の知事候補に手を挙げたかどうか、あるいはこれだけの票を獲得できたかどうか、この点を真摯に捉えるべきだろう。
既に大阪、東京、長野で、マスコミ人気に依拠したパフォーマンス知事が現れ消えた。知事はマスコミを利用した知名度による人気投票ではないことを、何よりも本人が弁知すべきである。宮崎が幸せを射止めるか不幸の途へ転落するかはそこからだろう。

なにぶん、選挙期間中に掲げた約束は、政策ではなくスローガンに過ぎなかったから、本当に「何ができるのか?」。全く未知数だ。外部の意見に頼るのであれば、県庁の職員は不要ということになるし。何でも口当たり良くモノを言えばよいというものではない。

「重責を痛感している」との言には、思わず吹き出してしまう。失礼ながら笑ってしまった。寝言は寝てから言ってくれ!

宮崎の民度が問われるのは、これからだ!面白そうだから、思いっきり、笑ってやろう!

引用開始→ 宮崎県知事選圧勝 そのまんま東氏「重責を痛感」 (産経WEB)

官製談合事件からの出直し宮崎県知事選に圧勝したタレントそのまんま東氏(49)が22日、宮崎市内で記者会見した。

公務は本名で

「当選の実感はまだわかない」としながらも、知事報酬の20%カットや公用車廃止、企業局売却など、選挙戦で訴えた構想をあらためて披露。23日から始まる知事としての公務は、本名の東国原英夫(ひがしこくばる・ひでお)で当たるという。

同氏は「事件で県内外から失った信頼の回復に全力を挙げたい。宮崎県の真価が問われる」と強調。民間から副知事2人を登用するほか、政策面でアドバイスを受けるため、外部の有識者らを集めた私的諮問機関を設置する考えを示した。

経費削減へ私案

ほかにも「知事公舎に住むことが、県の財政にとっていいのか悪いのかを考えたい」「知事の退職金は出来高払い制。議会で承認されなければ、退職金なしでいい」と経費削減への私案を明らかにした。

県議会については「丁々発止の議論が行われていない」と定数削減をにじませたが、同時に「あまりスタンドプレーに走っても空気を悪くする」とも。「県民、県議会、県職員のみなさまに、政治家としても人間としても成長させていただきたい」と頭を下げた。

会見前にはテレビ各局の情報番組に相次ぎ出演。「後半にいくにしたがって、握手や声援などで、心から宮崎を変えてほしい、新しくしてほしいという要求をひしひしと感じた」と選挙戦を振り返り「重責を痛感している」と話した。
(2007/01/22 13:20)
Copyright © 2007 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.    ←引用終わり

|

« 厚生労働省、「フィリピン」からの看護師研修制度指針を、ついに発表 | トップページ | 「ココログ」は検閲され、規制されているのではないか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そのマンマ東か、どこまで西か?北か南か、それとも行方知れずになるかなぁ?:

« 厚生労働省、「フィリピン」からの看護師研修制度指針を、ついに発表 | トップページ | 「ココログ」は検閲され、規制されているのではないか? »