« 桑田真澄君、君は充分に戦った!君の努力は必ず讃えられる! | トップページ | ナマのベトナムが分かる、週刊ベトナムニュース第128号 »

2007/08/17

吉本興業!芸も低いけりゃ、会社もオソマツ!噂どおりで解散か?

懲役刑の経験をネタに売るボタン!カフスも懲役になったら、バランスが取れてエエんやないかぁ?ついでに会社も懲役で、あぁ、それはナイのんか?

道端での会話です。

大きな面下げくさって、ヨシモト興業、何様じゃぇ!そやろ!

怪しい、怪しい、危ない、危ない、経営陣と、ヨウ、ワカラン芸人みたいなオカシナ奴を集めて、こき使うて平気のゼニ儲け!でぇ、大きな面下げくさって、どないやねん?ヨシモト興業?!

元会長っちゅうのんは「中邨しゃんでっか?脅されてはったんや?」。
こないなったら、キムラ某も危ないんとちゃうの?大きな口利かん方がエエのんとちゃうやろかなぁ~?

吉本興業のモットォは、「芸人はなぁ、笑われて、ナンボやないかぇ」と、ドベタでクッサイ芸みたいな、まがいモンが笑われ芸を撒き散らしただけや。反省さらせぇ!
「話芸、笑芸」はなぁ、「聴き手の感性を刺激して、笑わせるモンや」、「ヨシモトは違うでぇ、ドベタでクッサイ笑われる芸を繰り広げて『笑われる』のを乞うわけや、いやぁ~、客席に座らされた客に、笑いを強制する芸や」、実際には無能でイチビリ(おっちょこちょい)の芸人もどきを舞台に上げて、観客からカネ巻き上げるだけの会社やないかぇ~。

大した芸も何にもできん、いまや時の人かも知れん「陣内」かて、ボォ~っと、ワケのワカランこと言うて、時間と人を喰うとるだけやないかぇ。ナメとんのかぇ?!
あれも芸やと言われたら、芸かも知れへんけど、人様からカネを貰える芸やないでぇ。

こんなショウモナイクズみたいなんを集めて、口先三寸でゼニ儲けのビジネスモデル創らはったんは、中邨しゃんとキムラ某やさかいなぁ、アンタらはエライわいな。
中邨しゃんは、頭がエエ人やさかい、別に音楽会社作ってはったんやてぇ。ひょっとしたら、始めの頃は、会社に内緒やったかも知れまへんなぁ~。

そやかて、いまのヨシモトにしはったんは、中邨しゃんでっしゃろぉ?ヨシモトでは時の人ちゃいますのか、いやいや、それを言うならアンサン中興の祖ちゅうのんやおまへんかぁ。
どうでもエエ、吉本興業を、ここまでにしはったんや。キムラ某はんは、その片腕でっしゃろぉ。まぁ、言うたらなんやけど、もとあった吉本興業をいまのヨシモトに、二人で創らはった会社みたいなもんやワなぁ。
そやから、あの二人のコンビは、エッラそうにしてはりましたがな。まんで「ミナミの帝王」みたいに難波を歩いてはりましたなぁ。

吉本興業も、何でんなぁ、林省之介はんが亡くならはってから、中邨しゃんが肩で風切ってはったさかいなぁ、大した人やでぇ中邨しゃんは。大阪でなぁ、商売人の集まりや集めた会で、エラそうに何やら自慢話を、ようしてはったワ。最初から最後まで自分の自慢話とヨシモトの売り込みやったなぁ。
聞いてる商売人の方かて、花月へ来るオバハンやオッサンとはちゃぁうよって、自慢話ばっかりでウンザリしてはった記憶あるなぁ。

中邨しゃんの相棒やったキムラ某さんなぁ、ナンデ、ヨシモト辞めはったんやったかいなぁ?中邨しゃんとケンカしはったんやったかいなぁ?
キムラ某さんは、大阪の放送局、東京の放送局、軒並み荒らさはったらしいでぇ~、いまごろ、東京も大阪も、テレビどこのチャンネルでもアホ芸のタレントは、大体ぜぇ~んぶヨシモト所属やんか、その仕組み創らはったんが、キムラ某さんやでぇ。あの人も相当の事してはるわ!多分なぁ~。

中邨しゃん、ゼニの面で能力あっても、芸の面で能力ないさかい、芸人の抑えが効かなんだんやろなぁ。そやよって、カフスはんを引っ張り込んで顧問にしとったんやろか?

いやぁ、臭いを嗅いだカフスはんが、グチャグチャ言うてゴネたんとちゃうやろか?
ほれで、「ワシを顧問にしといたらどないやねん」ちゅうとこちゃうやろか?多分、臭いがあったんやでぇ~。カフスはん、出番のない時、いっつも「高いお茶」飲んではったもんなぁ。あのお金も、中邨しゃんから脅し盗っとたんやろか?
中邨しゃんも、脇が甘いワなぁ。

まぁ、カフスはんが捕まって、懲役になったら、相方のボタンと一緒で、二人していよいよホンマもんの懲役コンビのできあがりちゅうこっちゃなぁ。

まぁ、胡散臭いことはヤメにしとかんとなぁ。

吉本興業も、こんなことばっかりしとんのやったら、もうイランがな。解散したらエエのんや。テレビが廻らんちゅうて、テレビは、アホ番組連発で垂れ流しせんでもエエですがな。東京にも、大阪にも、京都にも、ウソで固めた芸人やら、タレントやら、占い師やら、鑑定士やら、歌手の出来そこないやら、イロイロおりますがな。

まぁ、吉本興業が一つ潰れたくらいで、世間がどうなるちゅうわけではないわいな。
アホ芸人もどきの、アホ面見んでようなるだけでも、救いやワぇ。

ついでに言うといたるけど、対抗馬の松竹芸能、ワレとこも、ツルベみたいなマトモに落語もできんようなヤツを繰り出して、東京まで出張ってどないすんのや、ヨシモトの向こう張っても後が続かんやろぉ、ボケもほどほどにしといた方がエエどぉ~!まぁ、言うてもワカランやろけどなぁ。

まぁ、今日は、これくらいにしといたろかぇ!

引用開始→ 中田カウス「逮捕秒読み」情報 (日刊ゲンダイ)

中田カウス(58)の“逮捕秒読み”報道に吉本興業とテレビ各局が大揺れだ。写真誌「フライデー」や「週刊朝日」が報じている。

中田の疑惑は、元会長の中邨秀雄氏(74)への恐喝だ。同社の100%子会社・吉本音楽出版から中邨元会長に不正な給与が流れていたことを知り、暴力団の名前をチラつかせ、7000万円を脅し取ったとされる。

「羽賀研二の恐喝事件を摘発した大阪府警4課が、お盆明けにも強制捜査に着手するというウワサが流れています」(事情通)

だが、事件は単なる芸人の逮捕だけでは終わらないという。カウスは最近まで特別顧問という肩書で吉本の経営にもタッチしていた。しかも大阪府警は、脅された元会長にも関心を寄せているというから深刻だ。

「中邨元会長が音楽出版から受け取っていた5億円ともいわれる不正給与に関し、吉本興業側は7月31日に発表した第三者調査委員会の報告書で事実を認めている。その上で、同会長が相当額を返却しているから法的には問題ないという立場ですが、捜査当局は注目しているようです」(関係者)

これが1部上場企業かと思うと、ゾッとしてくる。吉本の07年3月期連結決算は過去最高だったにもかかわらず、1月に2215円を付けた株価は、1635円(10日現在=大証)にまで下落した。この先、経営に関与した人物が逮捕されるとなると、吉本株は投げ売りで市場は大混乱。会社自体が大丈夫かとなってくる。

「警察が捜査に踏み切れば、テレビ局は吉本所属芸人の出演を自粛させる可能性もある。700人のタレントを要する吉本がポシャれば、テレビ局も番組作りが立ち行かず、共倒れです」(民放関係者)

いくらお笑い王国といっても、笑うに笑えない。
[日刊ゲンダイ:2007年08月16日 10時21分]
Copyright(c) NIFTY 2007 All Rights Reserved.    ←引用終わり

|

« 桑田真澄君、君は充分に戦った!君の努力は必ず讃えられる! | トップページ | ナマのベトナムが分かる、週刊ベトナムニュース第128号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 桑田真澄君、君は充分に戦った!君の努力は必ず讃えられる! | トップページ | ナマのベトナムが分かる、週刊ベトナムニュース第128号 »