« お天気キャスターの仕事は「正確な天気予報」です。無駄なお喋りではありません! | トップページ | しょせんは、ガキのお山の大将「朝青龍」、躰と態度はデカイけど、小さな世界の小心者! »

2007/08/23

この夏の「高校野球全国選手権大会」は審判も含め、全ては「朝日新聞社」の思惑どおり!

何よりも、今大会は、最初から、野球特待生がいるような学校に優勝させない!

というコンセプトが、「高野連」は知らないけれど「朝日新聞社」には、あったわけだ!

しかし、勝負は時の運だから、そんなに巧く運べるわけもないのだが、それでも思惑通りの展開になるようにするには、イロイロ、様々な手立てや手段はあるモノだ。
何たって、主催者なのだから、いくらでも作成したルールブックに記されたギリギリのことはできる。何たって「高野連」と「朝日新聞社」は主催者なのだから。

なんと、マンよくというべきか、佐賀の田舎者の公立高校が勝ち残り、優勝戦線の一角を占めている。「これを逃さない手はない」と土壇場で、「高野連」と「朝日新聞社」が仮に考えたとしても不思議ではない。日頃の「朝日新聞社」の論理から類推すれば、むしろ普通の事と考える方が正しいかも知れない。
従って、広陵高校の優勝は、決勝戦が始まる前、最初から無かったのだ。そう考えれば、あらゆる事に説明がつくよ。
どうして、広陵高校のような学校をゲームの上で潰すかが、問われていたのが今大会だろう!観戦していて、ホームベース上を始め、随所で随時オカシナ、オカシナ判定があった。首を傾げたくなるような判定があった。
ホームベースから離れた内野席で試合を見守る側には、微妙な投球軌跡は分からない。しかし、プロ野球「阪神タイガース」が甲子園球場で主催するゲームを、年間40試合は見守る立場の側から言えば、「ナンで、今の球がボールなんだ?!」。この審判、オカシナ奴だなぁ~、と思わず腹立たしくなる場面が何度かあった。
その都度、試合が終わると、「あれぇ~?」、勝つはずのチームが負けているのだった。
その時はそれでも不思議には感じなかった。しかし、この夏の大会で観戦した好対戦相手の試合を始め全体を振り返ると、とても後味の悪い大会だった印象が強いのはなぜだろう?
この夏の大会は、最初から、「突出したヒーローを創らない!」が際どく先行していた。
それは大変強い圧力だったのではないか。
もう一点は、昨年ほど、選手の粒がよいわけではなかった。それも大きな要素だろうが、それでもオカシナ話だと思う。

そして、昨日のゲーム終了後の談話を見て、「ヤッパリ、そうか!そうだろうなぁ!」と変に感心し、同意してしまえるくらい見解が同じなのだ!

昨年の決勝戦、昨年の決勝再試合は、いずれも感動的だった!実に感動的だった!
そのことは、コラコラコラムへその日のうちに掲出した。
この夏の大会は、いくつものゲームを観戦し、それで掲出したモノは一本もない。
リンクの専門ブログへ、最終段階の感想を「実につまらない大会だった」と寄せられた話をまとめさせてもらったに過ぎない。

今年の5月に、「朝日新聞社」がオノレの利益を優先し、「高野連」を焚きつけ、野球留学させている学校を糾弾し、学生を破滅に追いやろうと画策したが、アノ段階で、この夏の大会の結果は既に見えていたのである。

「朝日新聞社」と「高野連」は、自らが始めた邪なキャンペーンで7000人を超える高校生の前途を奪うと、反キャンペーン展開に遭い、その状態が続けばこの夏の大会すら運営できない事をバカバカしくも悟り、渋々、キャンペーンを玉虫色にまとめて降ろしたが、「ダメだ!」。その時から、決勝戦を始めとする阿漕なコンセプトは完成していたのかも知れないなぁ~。

もう、「朝日新聞社」主導による、「朝日新聞」の購読拡販意図を隠し、「高野連」を焚きつける高校野球は、89年目にして、その存在意義を失ったと考えるべきである。
別の団体が、方法を変えて、「甲子園球場で高校野球全国選手権大会」を競うべきである。「毎日新聞社」も主催する「春のセンバツ大会」は辞退し、別の方法を考えるべきである。

しかし、「朝日新聞社」と「高野連」のことだから、広陵高校の中井監督への非難や批判が強めるかも知れない。放逐するまでネガティブなキャンペーンを続けるかも知れない。
何たって、この発言を取り上げたのが「朝日新聞」別働隊の「日刊スポーツ」だから、これも相当の意図を隠し持っているかも知れない。

なんと言っても、「朝日新聞社」は、89年目にして、自ら掘った墓穴へ自ら落ちたのだ!
高校野球を面白くない状態にしたのは、何よりも現在の「朝日新聞社」と「高野連」そのものである。それに指示された正義の味方を称する「お笑いアマチュア審判団」である!

何が劇的な勝利だ!? 何が劇的な公立高校の活躍だ!? ウソを塗り固めるタメに議論するならいつでも誰でもできる! 「朝日新聞社」、「ABC朝日放送」、「テレビ朝日」、ついでに「NHK」までも、馬鹿げた自縄自縛の自画自賛は胸クソ悪いだけだワ!下手なシナリオでの感動の押し売りキャンペーンは止めて貰いたい!

引用開始→ 広陵監督「判定ひどすぎ」/夏の甲子園(日刊スポーツ)
<全国高校野球選手権:広陵4-5佐賀北>◇22日◇決勝

怒りに震えていた。40年ぶり3度目の決勝で敗れ、悲願の夏Vを逃した広陵・中井哲之監督(45)は、8回の審判の判定に本心を隠さなかった。「ストライク・ボールで、あれはないだろうというのが何球もあった。もう真ん中しか投げられない。少しひどすぎるんじゃないか。負けた気がしない。言っちゃいけないことは分かっている。でも今後の高校野球を考えたら…」。試合後のベンチで思いを吐き出した。

特に問題視したのは、4点リードの8回裏1死満塁。カウント1-3から、エース野村祐輔(3年)が投じた1球だ。佐賀北・井手に、外角低めにこん身の直球を投げた。しかし桂球審の判定はボール。押し出し四球で1点を与え、続く3番副島の逆転満塁弾につながった。ボール判定の時、普段はポーカーフェースの野村が驚きの表情を浮かべ、捕手の小林誠司(3年)はミットで3度地面を叩いた。この光景が中井監督の胸を打った。「あの1球は完ぺきにストライク。ウチでは審判の判定にどうこう言う教育はしていない。その子が言ってくるんだから。キャッチャーは『どうしたらいいですか?』という顔をしていた」。

7回まで1安打の好投も逆転負けを喫した野村は「狙った所には投げた。思い切って投げたので、悔いはない」と話すにとどめた。選手は不平を言えない。同監督は宿舎に戻っても収まらなかった。「子どもたちは命を懸けてやっている。審判の権限が強すぎる。高野連は考えてほしい。これで辞めろといわれたら監督をやめる」。3度目の決勝も敗れ、後味の悪い夏の終わりとなった。【田口真一郎】
[日刊スポーツ:2007/08/23 10:06]
Copyright(c) NIFTY 2006 All Rights Reserved.    ←引用終わり

|

« お天気キャスターの仕事は「正確な天気予報」です。無駄なお喋りではありません! | トップページ | しょせんは、ガキのお山の大将「朝青龍」、躰と態度はデカイけど、小さな世界の小心者! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お天気キャスターの仕事は「正確な天気予報」です。無駄なお喋りではありません! | トップページ | しょせんは、ガキのお山の大将「朝青龍」、躰と態度はデカイけど、小さな世界の小心者! »