« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007/11/30

グェン・ミン・チェット、ベトナム国家主席国賓訪日総括コメント

グェン・ミン・チェット国家主席は、25日からの国賓訪日を29日に関西で終えるに当たり、離日を前に大阪で、質問に対し概ね次のように答えました。

私(国家主席)は、この4日間、多くの仕事を日本で行う事ができました。
日本では、天皇皇后両陛下、福田首相を始め多くの方から心温まる歓迎を受けました。心から感謝申し上げます。

両国が抱える多くの案件について、100%異論なく合意できました。とりわけ福田首相と一致した中身は「共同声明」に表しています。昨年の安倍=ズン両国首相による会談で約束した内容は更に推進する事を確認しました。

ベトナムと日本は、来年(2008年)国交樹立35周年を迎えます。現在、両国の関係は強い相互信頼に基づき大変安定しています。日本とベトナムは、基本的に同じ文化を保ち兄弟のように結ばれています。何よりも、地政学的な面でも切っても切れない関係にあります。
現在、ベトナムは改革開放経済体制の下で、国家建設に取り組んでいます。この面での日本政府と国民の支援に深く感謝しています。いま、ベトナムは南部の中心都市ホーチミン市と首都ハノイの交通問題を解決することの必要性を抱えています。この点について、日本政府に説明し支援頂ける合意を得ました。両市の交通問題は全国の問題であり外国の投資者がベトナムへの投資を考える際、不可欠のテーマで避ける事ができません。

さて、ベトナムへの投資のテーマについて、率直にお話ししておく必要があります。
ベトナムへの投資は魅力に溢れています。
そのポイントは、
①ベトナムの労働者は若い。
②ベトナムの労働者は教育されている。
③投資費用が安く回収が早い。
④ベトナムは政治的に安定している。
特に④番目の「政治的安定」について強調しておきたい。
ベトナムは、平和で友好と発展の国です。かつて敵であった国とも仲良くし、世界各国と友好関係を保っています。ベトナムは2008年から2年間、国連の安全保障理事会の非常任理事国に選ばれました。世界の国々が「ベトナム」の存在を認めたのです。
ベトナム人はホスピタリティーに溢れています。政府も人民も非常に優しく友好的です。

一方、ベトナムは問題点も抱えています。
①社会資本が弱く、特に産業インフラ(交通・情報通信)が弱体です。
②サポーティングインダストリー(裾野産業)が弱体です。
③高い管理能力を持つ経営管理層が少ない。
④行政手続きが遅い→改善が必要で私たちの克服課題です。

私たちは、指摘されるマイナス面の改善克服に努力します。
現在、東京で勤務するチュー・トアン・カップ大使は間もなく任務を終え帰国します。次に大使として着任するグェン・フー・ビン外務次官を紹介しておきたいと思います。
私は、日本へ強力なスタッフを配置します。

世界の状況は複雑化を示しています。平和の「和」の中に「福」があります。複雑で困難な問題はチャンスに変えていかなければなりません。
ベトナムと日本の関係は、より強化され前進させる必要があります。
その理由は、ベトナムは長い間「米国から経済制裁を受け、国際貿易ができませんでした。その米国による制裁中にも、日本はその壁を開け支援してくれました。私たちは、この事を忘れません」。「ベトナムは、米国と望まない戦争を強いられましたが、今は、大変仲の良い国になりました」。

もう一度申し上げますが、2008年、ベトナムと日本は国交樹立35周年を迎えます。
関西は、日本の経済センターです。高い能力や技術力を保つ地域です。関西の友人による、ベトナムへの投資を求めたい、私は強く希望しています。

引き続き、ボー・ホン・フック計画投資大臣[ベトナム=日本友好議員連盟(ベトナム側)会長]も離日を前に大阪で、質問に対し同様に、概ね以下のように答えました。

ベトナムは、2007年に140億米ドルの投資を受け入れました。
私たちは2008年も、120億米ドル超の投資を受け入れ、8.5%程度の経済成長を維持します。この結果、2009年までに一人当たり950米ドルのGDP達成を得たいと考えています。

現在、ベトナムは、外国からの投資受け入れによる経済発展を原因として生じる様々で困難な問題を解決する必要に迫られています。
その一つが、南部のホーチミン市内の交通体系を整備するテーマとしての地下鉄東西線の建設です。また、ハノイ市内の混雑を地上交通を解消する交通整備が緊喫のテーマです。また、人材育成面では、高い技術、経営管理能力の開発が必要です。法律制度の整備も避けられません。また行政改革と効率化は重点対象と認識しています。
世界銀行の調査では、「ベトナムの投資環境は改善されている」と報告されていますが、ベトナムはもっと効率のよい方法を提供したいと考え、2週間(実質10日)以内に投資認可を出せるよう投資環境改善に取り組んでいます。

日本との関係では、日越投資保護協定に基づく、日越共同イニシャティブ第2フェーズの達成まで進みました。間もなく第3フェーズへ進む予定です。
第2フェーズでは「小売業」、「中古バイクの輸入」、「バイク部品の輸入基準」の分野が残されました。これらは、もう少し時間をかけることで解決できると考えています。
それを踏まえ、日越経済連携協定(EPA)の締結に向かいます。
関西の特徴は、高い技術力を保つ「中小企業」が産業軸となり、幅広い裾野産業を形成し大規模で強力な製造業を支えています。
ベトナムの裾野産業育成のためにも協力をお願いしたい。
そのためにも「外国語能力のある人材の育成に力を入れたい」。特に日本語教育には、JICA、JETRO、日本語センター、貿易大学を中心に力を注ぎたいと考えています。

今回のチェット国家主席訪日は、日本の政治環境(テロ特措法新法案、防衛省疑惑など)は国際政治を忘れ、国内問題に押され、日本では殆ど扱われる事もない無視した状況が続きました。この間隙に隠れ、NTTがデータセンターを投資するとか、三菱重工は航空機組み立て工場を投資するとか、ベトナムが望みもしない、米国の勝手な理屈による戦争を1960年代に強いられた際、その戦争に加担する事でボロ儲けし続けた側が、何の自己批判もせず厚顔無恥にも、今は状況が変化した、情勢が変わったからといい、進出投資する事を決めました。「コラコラコラム」主宰者には、これらの一連の流れに対し、内心、忸怩たる思いもありますが、「悲しみを乗り越え、『福』を得るため、努力を続けるベトナムに対し、やはり応援を続けたい」と考えを切り替え「悲しみ」を克服したいと思います。

<追加掲出:2007/12/01 2350>

ベトナム側発表による「日越首脳会談共通テーマと合意事項」。掲出まで日時を要しましたが、それぞれの確認と邦訳理解に時間を要しましたことをお詫び申し上げます。

Bigin Quotation →
Japan-Viet Nam Agenda Toward Strategic Partnership  27/11/2007 -- 9:48 PM Tokyo (VNA)-

112701_hoidam_2 The leaders of Viet Nam and Japan have agreed on an agenda towards “A strategic partnership” between their countries. Hereunder is the full text: Exchanges, Cooperation in Policy Dialogue, Security and Defense .

1. Exchanges at High Levels
Leaders of both countries make annual visits in recent years, including this State Visit of President Nguyen Minh Triet to Japan . President Nguyen Minh Triet reiterated the invitation to Their Majesties the Emperor and Empress of Japan and other members of the Imperial Family to visit Vietnam . President Nguyen Minh Triet officially extended an invitation to Prime Minister Yasuo Fukuda to pay an early visit to Viet Nam. The two sides express their wishes for the Secretary General of the Communist Party Nong Duc Manh’s visit to Japan at an early and mutually convenient date. The two sides strongly hope that a visit by Chairman of National Assembly Nguyen Phu Trong to Japan will be realized early next year at the invitation of the Speaker of the House of Representatives.

2. Japan-Vietnam Cooperation Committee
Policy dialogue is important in deepening bilateral relations toward a strategic partnership. Both countries successfully held the Japan-Vietnam Cooperation Committee in May this year, which is a comprehensive policy dialogue framework headed by Foreign Ministers of both countries, and will hold the 2nd meeting of the Japan-Vietnam Cooperation Committee in Vietnam in 2008.

3. Government-to-Government Exchanges
Government-to-government dialogues are implemented in various fields, including the Vice Foreign Ministerial Political Consultation. The Vietnamese side appreciates Japan’s various invitation programs for many Vietnamese government officials. In this connection, the Japanese side welcomes Vietnam’s initiative to commence an invitation program of mid-career Japanese diplomats next year.

4. Defense Exchanges
Defense exchanges have been making a steadfast progress between the two countries such as the Politico-Military(PM)/ Military-Military(MM) Dialogues, Staff Talks and education. Chief of Staff, Japan Ground Self-Defense Force visited Vietnam in March. The two sides express their willingness to further promote the defense relations by continued exchanges of military delegation, including high-level defense officials’ visits and ship visits by the Japan Maritime Self-Defense Force.

5. Public Security, Police
Minister of Public Security Le Hong Anh visited Japan in April this year. Reaffirming the importance of exchanges between police authorities, the two sides hope to develop further specific cooperation in this field. In this connection, the Japanese side will consider sending a mission of high-ranking police officers to Vietnam.

6. Parliamentary Friendship Associations
Parliamentary Friendship Associations of Japan and Vietnam highly contribute to solidifying bilateral relations. Members of parliaments of both countries frequently visit the other country. The chairman of Japan’s Parliamentary Friendship Association to Vietnam , Mr. Tsutomu Takebe, and other members visited Vietnam in August while the chairman of Vietnam’s Friendship Association to Japan, Mr. Ho Duc Viet visited Japan in October by Japan’s invitation program. The two sides express their expectation that a mechanism for regular dialogue between members of parliaments of both countries is established.

Comprehensive Economic Partnership.

7. Investment Environment
“The Japan-Vietnam Joint Initiative to Improve Business Environment with a view to strengthening Vietnam’s Competitiveness” was productive and contributed to a large increase in Japan’s investment in Vietnam. Japan’s investment in Vietnam increased tenfold in the past three years. The two sides will sincerely cooperate in the follow-up of the report of the Vietnam-Japan Joint Initiative Phase II in November. The two sides will commence the Vietnam-Japan Joint Initiative Phase III. The two sides also emphasize the importance of reinforcing the intellectual property protection to attract investment. They affirm the implementation of the Vietnam Project Phase II of Policy Framework for Investment (PFI) under the OECD initiative, for which Japan is committing experts’ and financial contributions in order to improve the investment environment in Vietnam.

8. Japan-Vietnam Economic Partnership Agreement (JVEPA)
The two sides attach great importance to the Japan-Vietnam Economic Partnership Agreement and acknowledge the positive outcomes of the intensive negotiating rounds since January 2007. They express their determination to further advance the negotiation to conclude a mutually beneficial and high-level agreement at the earliest possible date.

9. Official Development Assistance (ODA)
The Vietnamese side expresses its deep gratitude for Japan’s contribution to Vietnam’s economic and social modernization as the largest donor country in Official Development Assistance (ODA), the accumulated volume of which amounts to 478.8 billion yen in the past five years from 2002 to 2006 of the Japanese fiscal year. The annual volume of Japan’s ODA to Vietnam has surpassed one hundred billion yen since the Japanese fiscal year 2005. The Japanese side will continue cooperation especially in the fields of improvement of infrastructure, investment climate and environmental protection through Japan’s ODA in the upcoming years.

10. The South-North Highway, the South-North High-Speed Railway, the Hoa Lac Hi Tech Park
The Vietnamese side highly appreciates the sincere cooperation that Japan has rendered to Vietnam on the South-North Highway , the South-North High-Speed Railway and the Hoa Lac Hi Tech Park which Vietnam proposed in the Joint Statement last year. The cooperation includes Japan’s mission to Vietnam in February, the preliminary study on transportation strategy in June, the business mission and the completion of the study for up-grading the master plan on Hoa Lac High Tech Park in November. The two sides welcome the cooperation in preparing for projects to develop Hoa Lac Hi Tech Park, including the study on possible cooperation for related infrastructure in the Park. The Vietnamese side expresses its hope for the establishment of the Advanced Technology and Science Institute within Hoa Lac Hi Tech Park. The two sides will maintain their mutually beneficial partnership and continue their effective cooperation in these three major projects.

11. Major Infrastructure
The Vietnamese side expresses its deep gratitude for Japan’s assistance to infrastructure development in Vietnam, including major bridges, ports, roads and others, and welcomes the opening of the terminal of Tan Son Nhat International Airport this year, as well as the progress of cooperation on Ho Chi Minh City urban railways. The Vietnamese side asks Japan to participate in U rban Transportation Improvement Projects in Hanoi and Ho Chi Minh City. The Japanese side reaffirms its firm support for Vietnam’s socio-economic development by providing assistance in priority areas such as promotion of growth, improvement in living standard and resolution of social problems, and institutional building while utilizing advanced Japanese technology and expertise. The two sides express their regrets over Can Tho Bridge accident, stress the importance of safety in infrastructure construction, and reaffirm their continued cooperation in this area.

12. Stock Exchange
The two sides welcome cooperation between Tokyo Stock Exchange Group and Ho Chi Minh Stock Exchange, and hope that Financial Services Agency of Japan and the Ministry of Finance of Vietnam will establish a mechanism for mutual cooperation in the future.

13. Business Exchanges
The two sides reaffirm the importance of exchanges in business between the two countries, and appreciate JETRO organized business mission and exhibition on supporting industries as the efforts to develop supporting industries in Vietnam. The two sides also appreciate the economic forums organized in Tokyo and Osaka on this occasion of President Nguyen Minh Triet’s visit to Japan.

14. Regional Economic Cooperation
To consolidate the prosperity in the region, the two sides welcome the conclusion of the negotiation of the ASEAN-JAPAN Comprehensive Economic Partnership (AJCEP) Agreement and concur on the importance of an early entry into force of the AJCEP Agreement and the promotion of regional economic cooperation such as the study on Comprehensive Economic Partnership in East Asia (CEPEA), and the timely establishment of the Economic Research Institute for ASEAN and East Asia (ERIA).

15. World Trade Organization (WTO)
The Japanese side welcomes the accession of Vietnam to the WTO in 2007. The Japanese side welcomes Vietnam ’s strong efforts toward becoming a market economy. The two sides will cooperate toward an early and successful conclusion of the Doha Round negotiations with a comprehensive and balanced outcome. In this regard, the Japanese side will continue to support Vietnam in its implementation of WTO commitments as well as further integration into the multilateral trade system.

Improvement of the Legal System and Administrative Reforms

16. Enhancement of the Legal System
Acknowledging the importance of the rule of law in the social and economic development of Vietnam, the Vietnamese side expresses its gratitude for Japan’s assistance in this field, and welcomes new projects concerning the enhancement of the legal system, including assistance to the drafting of revised laws of Criminal Procedures Code and Civil Procedures Code and the new State Compensation Law.

17. Administrative and Fiscal Reform
The Vietnamese side is committed to improving the governance under the Doi Moi Policy and appreciates Japan ’s assistance to Vietnam ’s institutional reform, including financial support such as Poverty Reduction Support Credit (PRSC) and assistance on tax system reform.

Science and Technology

18. Agreement between Japan and Vietnam on Cooperation in Science and Technology
The first meeting of the Joint Committee on Science and Technology was successfully held in March 2007, in which Ministers of both countries in charge of science and technology participated. The two sides will promote cooperative projects listed in the first meeting and hold the second meeting in Vietnam in 2008.

19. Cooperation between Related Institutions
Cooperation on science and technology such as biomass progresses between the Vietnam Agency on Science and Technology (VAST) and respective Japanese counterpart bodies such as Japan Society for the Promotion of Science (JSPS), and the National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (AIST). The two sides will promote cooperation between related institutions.

20. Outer Space
The two sides appreciate the cooperation in such fields as remote sensing with its applications, small satellite development with its applications between the Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA) and the Vietnamese Academy of Science and Technology (VAST) based on their Agreement. The two sides will cooperate for the success of the fifteenth session of the Asia-Pacific Regional Space Agency Forum (APRSAF-15) co-hosted by Japan and Vietnam in Vietnam in 2008.

21. Infectious Diseases
The Vietnamese side is gratified with Japan’s assistance to the National Institute of Hygiene and Epidemiology of Vietnam, which plays a role as the center of excellence in infectious diseases. Both countries will utilize it as the center of the Mekong region in the future.

22. Information Communication Technology (ICT)
The Vietnamese side highly appreciates ongoing cooperation on information and communication technology under the framework of “Asia Broadband Program” and “Asia IT Initiative,” and welcomes the progress of cooperation on the next generation IP based network and mobile technology this year. The two sides stress the importance of Japan’s ODA cooperation in the Project on Higher Education Development Support Project on ICT and Project on Rural Community Internet Use Development.

Climate Change, Environment, Natural Resources and Energy

23. Climate Change
Climate change has become an imminent challenge for the world as a whole. In this regard, the Vietnamese side appreciates the Japanese proposal “Cool Earth 50” to achieve the ultimate objective of the United Nations Framework Convention on Climate Change (UNFCCC) and the two sides share the need to cut global emissions by half from the current level by 2050. The two sides will take part in the establishment of an effective framework for addressing climate change beyond 2012 in which all major emitting countries participate. The two sides will further promote mutual cooperation to address climate change and to promote the improvement of energy efficiency and the use of clean energy, including nuclear energy and to promote the measures for natural disaster risks raised by climate change. The two sides concur to promote co-benefits approach, which address domestic environmental pollution and climate change simultaneously. The two sides will continue the cooperation in promoting the use of the Clean Development Mechanism (CDM).

24. Environment
The two sides highly appreciate bilateral and multilateral cooperation in the field of environment, such as water, 3R (Reduce, Reuse, and Recycle) planning, hazardous waste management, pollution control, forest and wetland conservation. In order to reduce greenhouse gas emissions and conserve biodiversity, they concur on the importance of sustainable forest management, and will work together in this area through bilateral and multilateral cooperation such as the Asia Forest Partnership (AFP), and UN Food and Agriculture Organization (FAO). The two sides recognize the significant contribution of wide use of the environmentally friendly regional passenger aircraft developed in Japan to the solution of the environmental problem in Asia and the rest of the world. The Japanese side emphasizes the significant contribution of wide use of the environmentally friendly regional passenger aircraft developed in Japan to the solution of the environmental problem.

25. Natural Resources and Energy
The two sides reaffirm the importance to set goals and formulate action plans for improving energy efficiency by 2009 under the CEBU Declaration on East Asian Energy Security and Singapore Declaration on Climate Change, Energy and the Environment. The Vietnamese side highly appreciates Japan ’s cooperation in the area of mineral resources, coal, oil and natural gas, oil stockpiling, electricity, energy efficiency and conservation, and clean energy. The two sides welcome the progress of cooperation this year, such as the Japan-Vietnam energy forum in March, the joint geological investigation project for rare-earth elements in the northern area of Vietnam commenced in October. The two sides will promote cooperation in the near future, including policy dialogue on coal and mineral resources.

26. Nuclear Energy
Cooperation on peaceful use s of nuclear energy is important from the standpoints of energy security and protection of the global environment. The two sides express their intention to continue bilateral cooperation including development of necessary infrastructure for the peaceful uses of nuclear energy in Vietnam . The two sides will promote multilateral cooperation in the framework of the Forum for Nuclear Cooperation in Asia (FNCA) and welcome the 8 th FNCA Ministerial Meeting to be held in Tokyo in December this year. With respect to the peaceful uses of nuclear energy, it is necessary to ensure non-proliferation, safety and security, for which the IAEA Additional Protocol, the Convention on the Physical Protection of Nuclear Material, and the Convention on Nuclear Safety play vital roles. These efforts could lead to discussions on a bilateral agreement for nuclear cooperation in the future.

27. Energy Efficiency and Renewable Energies
Especially in the field of energy efficiency and renewable energies, the two sides welcome the progress of model projects such as promotion of introduction of high performance industrial furnace, and introduction of technology for power generation by industrial solid waste. The Vietnamese side highly appreciates that Japan dispatches an expert to the Ministry of Industry and Trade on the long term basis in the field of energy efficiency.

Mutual Understanding between the Peoples of the Two Countries

28. The 35th Anniversary of the Establishment of Diplomatic Relations
Next year is the 35th anniversary of the establishment of diplomatic relations between Japan and Vietnam. The two sides hope for the deepening of mutual understanding between their peoples through various exchanges, particularly the filmmaking activities by students now underway in Vietnam, as well as music festivals in Ha Noi and Ho Chi Minh and a Vietnam Festival to be held next year in Japan.

29. Youth Exchanges
It is important to promote people-to-people exchanges, especially youth exchanges for deepening mutual understanding between the peoples of both countries. The Japanese side will receive as overseas students or invite more than 2,000 Vietnamese youths to Japan in the coming five years under various programs including the Japan-East Asia Network of Exchange for Students and Youths (JENESYS) Programme and programs based on ODA schemes. The Vietnamese side welcomes this initiative.

30. Cultural Exchanges
The Vietnamese side welcomes the establishment of “The Japan Foundation Center for Cultural Exchange in Vietnam.” The two sides will further promote cultural exchanges, and hope that the Japan-Vietnam Cultural Exchange Forum would make a valuable contribution to the promotion of friendship and cooperation between Japan and Vietnam. The on-going project of hybridizing lotus of both countries will symbolize cultural similarities and contribute to the promotion of friendship.

31. Education, Academic Exchanges, Human Resource Development
The two sides recognize the importance of educational cooperation, especially between universities, research institutes and human resource development centers. The Vietnamese side expresses its satisfaction over increase in the number of Vietnamese students in Japan. The two sides welcome the progress of Japanese language education in Vietnam at all the levels including compulsory education. The two sides will promote cooperation to foster Vietnam’s opinion leaders in the field of Japan study.

32. Cultural Heritage
Progress has been made under the framework of the Japan-Vietnam Cooperation Committee on the preservation of Thang Long cultural heritage. The two sides will commence full-dress cooperation by utilizing UNESCO Japanese Funds-in-Trust. The two sides welcome the progress of cooperation on the preservation of Sea Port Hoi An as well as the ancient village in Duong Lam Commune of Ha Tay Province.

33. Tourism
Tourism is an area of great potential. The two sides will move forward with the implementation of the Action Plan approved by the two sides in the 1 st Meeting of the Japan-Vietnam Tourism Cooperation Committee in 2005 and will hold the 2 nd Meeting in Japan next year.

34. Exchanges between Local Governments
The two sides emphasize the significance of exchanges between local governments, including sister cities with a view to enhancing the mutual understanding and beneficial cooperation in economic, cultural, education and exchange-of-personnel areas.

Cooperation in the International Arena

35. United Nations (UN)
The Japanese side congratulates Vietnam’s first non-permanent membership in the UN Security Council for the period 2008-2009 and appreciates Vietnam ’s support for Japan ’s candidacy for the non-permanent membership of the Security Council for the period 2009-2010. The two sides reaffirm their determination to strengthen cooperation in the UN, especially at the Security Council. The two sides stress the need for early reform of the UN Security Council. The Vietnamese side reaffirms its support for Japan’s permanent membership of the Security Council.

36. Peacekeeping and Peacebuilding
The two sides can collaborate more closely to promote dialogue and information exchange on the United Nations Peacekeeping Operations (PKO) as well as other peacebuilding efforts. The two sides will promote cooperation in human resource development for peacebuilding.

37. Counter Terrorism
The two sides reaffirm the importance of regional cooperation in counter-terrorism and recommend that ASEAN Member countries strengthen cooperation in this area.

38. Human Security
Human security should be jointly addressed by the international community. The two sides will strengthen cooperation from this perspective in addressing various global challenges in the international arena.

39. East Asia Cooperation
The two sides will work towards enhancing regional integration based on internationally shared interests, peace, security, stability and prosperity, through closer cooperation in existing frameworks such as the Japan-ASEAN cooperation, EAS and ASEAN+3. The Vietnamese side welcomes Japan’s continuous commitment in supporting ASEAN’s effort at narrowing the development gaps and closer regional integration towards building an ASEAN Community by 2015.

40. Mekong Region Development
The Vietnamese side highly values Japan’s commitment to the Mekong Region Development, including the Japan-Mekong Region Partnership Program which Japan announced in January this year. The two sides recognize great potentials of the East West Economic Corridor to the regional development. They reaffirm closer cooperation to make sure that the corridor be best used and improve infrastructures and efficiency of logistic services, thus creating favorable conditions for businesses from both countries to increase their investment in the corridor. In this regard, the two sides will cooperate for the success of an actual run test along the East-West Corridor. The two sides will adopt a package of cooperation projects on Development Triangle in Japan-Mekong Foreign Ministers’ Meeting next January by utilizing 20 million USD of the Japan-ASEAN Integration Fund (JAIF).

41. Democratic People’s Republic of Korea (DPRK)
The two sides state the importance of resolving the outstanding issues concerning the DPRK for maintaining peace and stability in North East Asia and the Asia Pacific and welcome the implementation of the “Initial Actions” agreed in the Six-Party Talks and the adoption of the “Second-Phase Actions for the Implementation of the Joint Statement.” It is Japan’s strong intent to normalize relations with the DPRK through comprehensively resolving all the outstanding issues between Japan and the DPRK, and the Vietnamese side supports all efforts to this end. The two sides call for the full implementation of the denuclearization process agreed in the October 3 agreement, and that all parties continue to take concrete and effective steps toward the full implementation of the Joint Statement of 19 September 2005. The two sides stress the need for the DPRK to address the humanitarian concerns of the international community, including the abduction issue.

42. Myanmar
The two sides express their profound concerns over the current situation in Myanmar. They emphasize the urgent need for an expedited national reconciliation process that includes genuine dialogues between all parties concerned. They call on the government of Myanmar to render their full cooperation with the UN, in particular with Secretary-General’s Special Advisor Ibrahim Gambari.

43. Africa
The two sides concur on the importance of sharing Asia's successful experience in economic development with Africa, and will continue to consider joint projects between Japan , Vietnam and an African country in the spirit of the Tokyo International Conference on African Development (TICAD). In this connection, the two sides share a willingness to consider conducting trilateral cooperation in Mozambique . The Japanese side invited the Vietnamese leader to attend the fourth Tokyo International Conference on African Development (TICAD IV) on 28-30 May 2008 in Yokohama . The Vietnamese side commends the significant contribution the TICAD IV process is making for African development and reaffirms its readiness to cooperate for the success of TICAD IV. The Vietnamese side will send a high-level Governmental delegation to the Conference.

44. Disarmament and Non-Proliferation
The two sides reiterate their commitment to disarmament and non-proliferation, expressing their strong concerns over proliferation of weapons of mass-destruction including nuclear weapons and their means of delivery, and will continue cooperation and work as partners in this area. The Vietnamese side reaffirms its commitment to an early approval of the IAEA’s Additional Protocol.-Enditem
Copyright, Vietnam News Agency (VNA)   ←Quotation End.

かつて、故ホー・チ・ミン主席は「幸せを運ぶ人」になりたい、「幸せを運ぶ人」であり続けたいと、ささやかに希望されました。故ホー・チ・ミン主席の呼び掛けに「人」として感動した側に身を置く一人として、大きな意味で「幸せを運ぶ人」の意義を改めて考えたいと思い返しています。

この度の国賓訪日を様々な立場で支えられました、両国の関係各位、皆様のご苦労に謝し、ご慰労申し上げたく存じます。「お世話になりました。ありがとうございました」。

| | コメント (0)

2007/11/29

ベトナムのグェン・ミン・チェット国家主席(大統領)関西(京都・大阪)へ、29日帰国離日へ!

東京から京都へ移る。

28日、東京で「プレスセンター::日本記者クラブ」に内外の報道関係者を集め、①ベトナムの外交政策、とくに改革開放政策と経済発展の重要性について力説。世界の全ての国との友好関係を維持する事の重要さについて言及した。また②日本との関係について、ベトナムと日本の関係は大変良好で、互いに重要な戦略的パートナーとして友好関係を更に発展させる事が大切だと指摘した。ベトナムはWTOに加盟する一方で、日本との間で経済連携協定(EPA)を結ぶ交渉を進めている、早期に締結される事を希望している旨の発言がありました。

引用開始→ 日本との経済連携協定、来秋に合意…ベトナム国家主席  (讀賣On Line)

来日中のベトナムのグエン・ミン・チェット国家主席(大統領)は28日、東京都内の日本記者クラブで記者会見し、日本と交渉を進めている自由貿易協定を柱とした経済連携協定(EPA)について、来年9月の両国の国交樹立35周年をめどに合意したいとの意向を示した。

チェット主席は、同協定について、「できるだけ早く合意したい」と述べた上で、国交樹立35周年を合意のめどと考えているかとの質問に対して、「そう希望している」と答えた。
(2007年11月28日23時52分  読売新聞)
Copyright © The Yomiuri Shimbun.  ←引用終わり

この後、NHKとの単独インタビューを終えました。

ベトナムと日本の関係は、二国間援助では、日本が最大であり、この点について「ベトナムを代表し、日本政府と国民に感謝する」と話があり、1986年からの改革開放経済政策により、ベトナムは世界市場でポジションを得ることができるようになり、経済成長も維持している。現在の発展を維持する上からも、更に政策強化を図ると共に、外国からの投資者に対するサービスを強化する。日本からの様々な支援は、次世代を担う人材教育や貧困克服のため大変役立ち、有効に活用し、その成果も出始めている。などと話ました。

2007112818414350942629_t東京での公式日程を終了した、グェン・ミン・チェット国家主席は、宿泊先で、天皇皇后両陛下からの見送りを受け、東京駅から新幹線で次の訪問地である京都へ向かいました。

28日午後、新幹線で京都へ入りした後、以前から強い要望を示された京野菜栽培農家を訪問。大都市近郊での付加価値の高い農業生産について、熱心に意見交換しました。(写真は、宿舎前で天皇皇后両陛下からのお見送り:VOV News)

Makethumbnail1128夜半、京都府知事、京都市長、京都商工会議所会頭など京都を中心にした関西の経済界首脳を交えた歓迎会に臨みました。(写真は、京都での歓迎会で:Vietnam News Agency)

29日は、早朝から大阪で、ベトナムへの投資セミナーを主催すると共に、関西(大阪)での訪問先を廻り夜半、関西国際空港から帰国の途に就く予定です。

事前確認を伴う日本-ベトナム外相会談(シンガポール:ASEAN首脳会議/東アジア首脳会議 2007/11/20)

日本-ベトナム外相会談(概要)  (日本国外務省公表文書)
平成19年11月20日

071120_3_smofa11月20日14時25分から14時55分にかけて、シンガポール(シャングリラホテル内会議室)において、高村外務大臣とキエム・ベトナム副首相兼外相との間で日越外相会談が開催されたところ、概要以下のとおりです。

1.チエット国家主席の国賓訪日
双方は、来週からのチエット国家主席の国賓訪日が日越関係の中で極めて重要であり、訪日の成功に向けて万全の準備をしていくことで一致した。

2.カントー橋崩落事故
高村大臣より、カントー橋崩落事故の犠牲者とご遺族に対し、改めて哀悼の意を表するとともに、円借款事業で多数の犠牲者が出たことは遺憾であると述べ、原因究明に可能な限り協力するとともに再発防止に努力したい旨の発言があった。これに対して、キエム副首相より、弔意の表明に感謝が表明されるとともに、日本政府の本件への対応を高く評価しているとの発言があった。

3.経済協力
高村大臣より、日本はメコン地域を経済協力の重点地域とし、今年度より3年間、貴国をはじめとする地域のODAを拡充するとした上で、明年1月に東京で開催する日メコン外相会議の成功に向け協力したいと述べた。キエム副首相より、これまでの日本のODA、特に南北高速道路、南北高速鉄道、ホアラックハイテクパークの3プロジェクトは、日越友好協力の象徴であるとして、日本の支援に謝意が示された。

4.日越外交関係樹立35周年
双方より、明年の日越外交関係樹立35周年を通じて、両国の友好が益々深まることへの期待が示された。

5.国連
高村大臣より、明年よりベトナムが国連安保理非常任理事国入りすることにつき祝意を表明し、ベトナムの我が国の常任理事国入り及び2008年安保理非常任理事国選挙に対する力強い支持に謝意を表明した。

6.北朝鮮
高村大臣より、ベトナムと北朝鮮は首脳の相互訪問を行うなど関係が緊密化しているところ、拉致問題を含む日朝関係が進展するよう側面支援をお願いしたいと述べた。キエム副首相より、最近の越朝要人の相互訪問の概要等について説明を行った上で、拉致は国際法及び人道に反する行為であり、ベトナムとして受け入れることはできない旨の発言があった。

| | コメント (0)

2007/11/28

日本-ベトナム共同声明を発表(11月27日)!

グェン・ミン・チェット国家主席の国賓訪日と日越政府共同声明など。

0711nmt_mof071126掲出写真は、皇居での歓迎式典(11月26日午前:外務省提供)

国賓訪日中の、ベトナム社会主義共和国グェン・ミン・チェット国家主席(大統領)は、昨日夕方、首相官邸を訪問し福田康夫首相と会談。両国の共同声明に署名し発表した。
(以下:日英文で掲出)

深化する日本・ベトナム関係に関する共同声明  [日本国外務省:公表文]
(英文はこの文書に続けて掲出)

グエン・ミン・チエット ベトナム社会主義国主席夫妻は、日本の招待により、2007年11月25日から29日まで国賓として訪日した。ベトナムとして初の国家主席訪日で初の国賓である。2007年11月26日、天皇皇后両陛下は、グエン・ミン・チエット国家主席夫妻のため、皇居での厳粛な歓迎式典に引き続き、晩餐会を開催した。

2007年11月27日、福田康夫日本国内閣総理大臣及びグエン・ミン・チエット国家主席は、友好的且つ建設的な雰囲気の下で首脳会談を開催した。双方は、2006年10月にグエン・タン・ズン首相が訪日した際に両国首脳が日越共同声明「アジアの平和と繁栄のための戦略的パートナーシップに向けて」を発出し、安倍晋三総理が2006年11月にハイレベルな大規模経済ミッションとともにベトナムを訪問するなど、近年目覚ましく日越関係が発展していることに満足の意を示した。

双方は、長年にわたり日本がベトナムにとって最大の経済パートナー且つ最大の援助国であることに言及した。近年、両国の経済関係は目覚ましく拡大している。日本のベトナムに対する経済活動及び経済協力は、ベトナムの経済・社会発展に大きく貢献している。ベトナムは、新興市場として台頭しており、地域の経済成長の原動力となっている。双方は、両国国民のため、また日越共同声明にあるアジアの繁栄のため、包括的な経済パートナーシップを構築することを熱望している。

双方は、ベトナムが国際社会に統合するにつれ、日ベトナム間のパートナーシップが地域及び地球規模的な側面から強まっていることに一致した。ベトナムでの2006年のAPEC首脳会議、日ASEAN首脳会議、ASEAN+3首脳会議、東アジア首脳会議(EAS)など種々の国際的会合において、日ベトナム両国は地域及び地球規模の問題につき協力を行ってきた。ベトナムは2008年から初めて国連安全保障理事国非常任理事国となり、2009年ASEM外相会合を主催する。双方は、アジア太平洋及び世界全体の平和に積極的に協力していくことに意見が一致した。

双方は、共同声明発出後1年間にも、二国間関係が大幅に拡大・深化していることを認識した。双方は、明年に日ベトナム両国が外交関係樹立35周年を迎えることを踏まえ、二国間関係を一層拡大する機運が高まっていることを認識した。双方は、協力の進展を振り返り、別添のとおり、日ベトナム両国の戦略的パートナーシップに向けたアジェンダに一致し、二国間関係を一層拡大する決意を表明した。

グエン・ミン・チエット国家主席は、同国家主席夫妻及びベトナム代表団に対する天皇皇后両陛下、日本国政府、国民のあたたかなもてなしに謝意を表明した。

2007年11月27日、東京

福田康夫 日本国内閣総理大臣    グエン・ミン・チエット ベトナム社会主義共和国主席
Copyright(C):The Ministry of Foreign Affairs of Japan

--------------------------------------------------------
Joint Statement on the Deepening Relations between Japan and Vietnam  [MOFA Japan]

President of the Socialist Republic of Vietnam Nguyen Minh Triet and Madam paid a State Visit to Japan from 25 to 29 November, 2007 at the invitation of Japan, which was the first visit by President of Vietnam as well as the first State Guest from Vietnam. On 26 November, 2007, ensuing the solemn welcoming ceremony at the Imperial Palace, Their Majesties the Emperor and Empress of Japan warmly received and hosted a State Banquet in honor of President Nguyen Minh Triet and Madam.

On 27 November, 2007, Prime Minister of Japan Yasuo Fukuda and President Nguyen Minh Triet held a Summit meeting, which proceeded in a cordial and productive atmosphere. The two sides noted with satisfaction the impressive development in the overall relations between Japan and Vietnam, in particular Prime Minister Nguyen Tan Dung's official visit to Japan in October, 2006 when the leaders of the two countries issued the "Japan-Vietnam Joint Statement Toward a Strategic Partnership for Peace and Prosperity in Asia," and Prime Minister Shinzo Abe's visit to Vietnam in November, 2006 accompanied by a high-level, large-scale economic mission.

The two sides noted that, for many years, Japan had been the largest economic partner and the largest donor to Vietnam. Economic relations between the two countries have expanded remarkably in recent years. Japan's economic activities and assistance to Vietnam have contributed significantly to Vietnam's economic and social development. Vietnam has risen as an emerging economy and has become a driving force for regional economic growth. The two sides are keen to establish a comprehensive economic partnership for the benefits of the two peoples and for the sake of prosperity in Asia as enshrined in the Japan-Vietnam Joint Statement.

The two sides concurred that as Vietnam became integrated into the international society, the partnership between Japan and Vietnam had been reinforced both from regional and global aspects. In various international fora, such as the 2006 APEC Economic Leaders' Meeting in Vietnam, ASEAN-Japan Summit, ASEAN+3 Summit and East Asia Summit, Japan and Vietnam cooperated in regional and global issues. Vietnam will become a non-permanent member of the Security Council of the United Nations for the first time in 2008, and host the Foreign Ministerial Meeting of ASEM in 2009. The two sides held the view that their close cooperation would actively contribute to peace in the Asia-Pacific region and the world at large.

The two sides acknowledged that even in one year since the Joint Statement, the bilateral relations had expanded and deepened significantly. Bearing in mind that the next year is the 35th anniversary of the establishment of diplomatic relations between Japan and Vietnam, the two sides recognized that the two countries had gained momentum for further expansion of their relations. Reviewing the progress of cooperation, the two sides shared the view on an agenda toward a strategic partnership between Japan and Vietnam as attached, and expressed their determination to further deepen the bilateral relations.

President Nguyen Minh Triet expressed his sincere appreciation for the gracious reception and hospitality extended to himself, his wife and the Vietnamese delegation by Their Majesties the Emperor and Empress as well as Government and people of Japan.

Tokyo, 27 November 2007

Yasuo Fukuda Prime Minister of Japan 
Nguyen Minh Triet President of the Socialist Republic of Vietnam
--------------------------------------------------------
Copyright(C):The Ministry of Foreign Affairs of Japan

高村外務大臣のチエット・ベトナム国家主席表敬  [日本国外務省:公表文]
平成19年11月26日

26日、高村外務大臣は国賓として訪日中のチエット ベトナム国家主席を表敬したところ、右概要以下のとおり(先方:カップ在京大使、ビン外務次官、ルック国家主席府副主任他、当方:服部駐越大使、渥美南部アジア部長他同席)。

071126高村大臣より、ベトナムから初の国賓訪問を歓迎し、戦略的パートナーとして、両国関係が発展していることを述べた。チエット国家主席より、両国関係が日々発展しており、日本の投資が大幅に増えるなど戦略的パートナーシップが現実化しつつあることに言及した上、高村大臣の早期訪問を招待した。
高村大臣より、ベトナムを含むメコン地域を重視し、同地域へのODA拡充に努めている、明年1月に日メコン外相会議を開催するので協力したい旨述べた。また、高村大臣より、ベトナムが2008年から国連安保理非常任理事国となることに祝意を表しつつ、ベトナムが2008年の日本の非常任理事国選挙や常任理事国入りを支持していることに謝意を表した。チエット国家主席より、ベトナムのWTO加盟や非常任理事国入りへの日本の支持に謝意を表しつつ、日本の国際的役割を高く評価し、2008年の非常任理事国選挙や常任理事国入りへの支持を再確認した。
高村大臣より、カントー橋崩落事故に関し哀悼の意を表し、ベトナムの事故原因究明努力に協力していき、その上、再発防止に努めたい旨述べた。チエット国家主席より、日本の協力に謝意を表しつつ、両国で協力して事故を克服し、事故が両国の友好関係に影響を与えないようにしたい、将来、同橋を両国友好のシンボルとしていきたい旨述べた。
Copyright(C):The Ministry of Foreign Affairs of Japan

この他、「北朝鮮」に関わる問題についても意見交換があり、チェット国家主席から「日本と北朝鮮の問題について、ベトナムも解決に向け協力したい」との表明がありました。

引用開始→ 中山補佐官 ベトナム派遣へ  (NHK On Line)

会談の中で福田総理大臣は、「日本は北朝鮮に対し、拉致や核、それにミサイルの問題を解決するため、具体的な行動をとるよう求めている。ベトナムと北朝鮮は関係が緊密化しているが、ぜひベトナムから北朝鮮へ働きかけるようお願いしたい」と述べました。そのうえで福田総理大臣は、拉致問題を担当する中山総理大臣補佐官を、近くベトナムに派遣し、具体策を協議したいと提案しました。これに対し、チェット主席は、「日本が憂慮している問題について、気持ちを分かち合いたい。日本と北朝鮮の関係を改善するために、ベトナムとしてやれることがあれば、できるかぎり協力したい」と述べ、提案を受け入れる考えを伝えました。また、チェット主席が、「日本のODA・政府開発援助がベトナムの発展に大きく貢献している」と述べたのに対し、福田総理大臣は、今後3年間にベトナムを含めたメコン地域へのODAを拡充していく考えを示しました。
11月27日 23時12分   (NHK On Line)  ←引用終わり

27日は、東京で、三菱重工、丸紅、伊藤忠、三菱商事、住友商事など各社と、ベトナムへの投資についての受け入れ契約「合計14件42億米ドル(約4650億円)」を確認し契約書に署名。この度の国賓訪日での民間分野での成果を確認。

引用開始→ 日本企業、ベトナム投資を加速  (日経NET)

日本企業がベトナムへの投資を加速する。三菱重工業が航空機部品工場の建設を決めたほか、NTTコミュニケーションズは政府関連機関と組みデータセンターを整備する。住友商事や丸紅は発電設備建設の検討に入った。ベトナムはBRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)諸国に次ぐ経済拡大が期待され、各社が戦略地域に位置づける動きが鮮明だ。

各社は27日、来日中のベトナムのグエン・ミン・・チェット国家主席(大統領)が出席した会合で投資計画を発表し、ベトナム政府機関などと覚書を交わした。(08:35)
Copyright 2007 Nikkei Inc. / Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.   ←引用終わり

| | コメント (0)

2007/11/27

韓国・大統領選挙は、政策論争で、米・朝関係の修復を睨んだ政策まで高まるか?

隣国の事で、口を出しにくい状況もあるが、スタートした韓国の大統領選挙は大変興味深い、年末の一大イベントとも言える。

何よりも、野党は党としての大統領候補を党大会で選出し、個別に不満はあっても全員が党の代表候補を推す事を決定したはずで、そうなれば韓国の政治は人脈と利権の政治から脱却する事になり、歓迎できる状況が現れると静かに見守ってきた。

すると、やはりというか、当然の事のように、党大会で決定合意したことに「異」を唱え、離党して無所属で闘うという人が現れる。ナルホド・ナルホド、それでこそ韓国である、と突き放し、従来からの「立ち位置」と「見方」に安心して戻る事ができた。

口約束は所詮は口約束に過ぎない事を見せた。

そして、何よりも、野党の党代表候補に協力すると言葉を交わした有力対抗馬も、自らの下に集まる党員が、次の総選挙で党の大統領候補を握った側から、早くも冷遇されている事実を前に、積極的な応援は次第にトーンダウンし極めて消極的な応援に姿形を変えるとの気配が漂う。

所詮は、「人脈と利権の政治」がその姿形を見せ始めたワケである。

従って、勝ち馬に乗らなければ「死」が待っている。「死」が嫌なら「殺されない」ような戦い方で「票」を出し勢力を確保する事が不可欠になる。
大統領選挙で負けても、自らが政治的に抹殺されない状況へ足場を確保する必要があり、取り敢えず、大統領選挙に打って出る事を狙うらしい。

そこには、圧倒的な勢いで進む「米・朝関係修復」後を見据えた、正直なところの「半島政治」について今後の構図も見えるようで見えない。建前としては掲げられているようだが、それは国際政治の局面が一気に変転すると何の価値も持たないだろう。
だから、野党の大統領候補を選ぶ過程で一方は引き下がらざるを得なかったのではないか?それが、別のオジサンが、より強硬な思考論理を掲げて再登場する事になった。
本当に、政権を奪取する考えがあるのかどうか、全く分からない。

野党の有力候補は、日本は大阪で生を受けた人物で、格差社会に喘ぐ市民には人気が高いという。しかし、不穏な噂は絶える事がない。何よりも、立志伝中の人物と噂されるが、実際には「北」にも大きな影響力を保つ「現代」グループの「建設会社」で頭角を顕した人物だ。渾身の努力を重ねたあげく得た地位だろう。胡散臭さは消える事がない。格差社会セレブの代表チャンプとも言える人物だ。それに対し、なけなしの市民が「泡沫の夢」を託すというのも理解できない。何よりも「検察のターゲット」だと報じられている。

与党の大統領候補は、噴飯モノでテレビキャスター出身だという。
もう、これだけで、韓国の与党には人材が枯渇している事実を見せている。いよいよ、言葉も何もない。「東アジア」では、いずれの国も国政でも地方自治でも、テレビで顔が売れている事が政治家の要件になるのであれば、テレビ放送を始め報道の信頼性は低下するばかりだ。いかに民主主義の底が浅いかを顕している。
事前の選挙運動を十二分に行っていたのと同じ事だ。政治を、政治の場で闘わせるのは、「政策であり、戦略である」それを言論戦で実行するのである。
政治と直接的に関係のない(とは言い切れないが)知名度だけが勝負の全てではない。
まぁ、こちらの候補は、キム・デ・ジュン前大統領とノ・ム・ヒョン現大統領の路線継承を唱えておればよいのだから、お気軽候補と言っても過言ではないだろう。

日本の政治も同じ小児病の集まりのようだが、政治家の仕事は「政策の実現」である。決してテレビでタレントまがいのバカ騒ぎを繰り広げる事ではない。
それは「一見すれば民主主義のように見えるが、実は大衆扇動を繰り返しているのであって、政治のポピュリズムを推進」しているに過ぎない。
大衆を煽る政治は、民主主義の未熟さを露呈しているに過ぎないのである。

韓国の大統領選挙は、有力三人の候補いずれもが、以上の諸点で非常に興味深い人達である。「ポピュリズム」、「検察疑惑、」、「人脈と利権」投開票日まで興味が尽きない。選挙戦終了後に始まるであろう恒例の「政党ガラガラポン」予想も含め楽しませて貰いたい。

そして、ノ・ム・ヒョン現大統領も、大統領職を離れたら、これも恒例の検察のお世話になるのかな?見守る必要がありそうで興味は尽きない。

引用開始→ 韓国大統領選、3氏の争いに・疑惑追及、かすむ政策論  (日経NET)

【ソウル=池田元博】12月19日投開票の第17回韓国大統領選挙は26日、立候補届け出を締め切り、約3週間の選挙戦が事実上、始まった。無所属の李会昌(イ・フェチャン)元ハンナラ党総裁が候補者登録し、25日に届け出た保守系野党ハンナラ党の李明博(イ・ミョンバク)前ソウル市長と、進歩系旧与党、大統合民主新党の鄭東泳(チョン・ドンヨン)元統一相を加えた有力3氏が争う構図が確定。論戦は支持率で優位に立つ李明博氏の疑惑追及を焦点とし、政策論がかすむ展開となりそうだ。

韓国では1998年発足の金大中政権、2003年発足の盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権と10年にわたり進歩系勢力が政権を掌握。今回は保守系勢力の政権奪回がかかる。2日間の候補者登録(公示)期間中、有力3氏に加え9人が立候補届を出し、登録者数は史上最多の12人となった。(07:01)
Copyright 2007 Nikkei Inc. / Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.  ←引用終わり

| | コメント (0)

2007/11/26

ベトナムのグェン・ミン・チェット国家主席、25日午後、国賓訪日(到着)!

グェン・ミン・チェット国家主席(大統領)は、25日午後、ハノイから特別機で羽田へ到着。
チュー・トアン・カップ大使等、日本政府関係者の歓迎を受け、ベトナムと日本の友好関係強化、相互信頼強化に向け、日本での取り組みが始まる。

写真は、

羽田での到着(Vietnam News Agency)Makethumbnail_ngmthnd

歓迎レセプション(VOV News)2007112519243298444764_t_ngmt

                                                                                   

                                                               

                                                  

<<追加掲出:2007/11/26 23:50>>

26日は、午前、皇居で「歓迎式典」が挙行され、天皇皇后両陛下との会見がありました。

引用開始→ ベトナム国家主席 歓迎式典 (NHK On Line)

20071126000075002nhkチェット主席夫妻は、26日午前、皇居宮殿の南車寄に到着し、天皇皇后両陛下の出迎えを受けました。両陛下は、主席夫妻とあいさつを交わしたあと、皇太子さまや秋篠宮ご夫妻、それに福田総理大臣らを紹介されました。宮殿の前で行われた歓迎式典では、両国の国歌が演奏されたあと、チェット主席が陸上自衛隊の儀じょう隊の栄誉礼を受け、整列した隊員を巡閲しました。続いて宮殿で両陛下と主席夫妻の会見が行われ、天皇陛下が、戦没者の遺族の悲しみは長い年月を経ても消えることはないと述べたうえで、「ベトナムは戦争が長く、苦しい時代が続いたと思いますが、最近では経済発展が著しいと聞いています」と述べられました。これに対してチェット主席は、「確かに最近は変わってきています。ベトナムへの日本の皆さんの支援に深く感謝しています」と答えたということです。このあと皇居にある音楽堂で、ベトナムの楽団による演奏会が開かれ、両陛下は主席夫妻らとともに日本の雅楽にあたる「ニャーニャック」と呼ばれる宮廷音楽を楽しまれました。皇居では26日夜、両陛下の主催で主席夫妻を歓迎する晩さん会が開かれることになっています。
11月26日 13時11分   (NHK On Line)  ←引用終わり

2007112619495228438967_tvov午後は、JETRO主催の「投資セミナー」に出席、これまでの日越関係を振り返ると共に、ベトナムの経済政策と、強いパートナーシップに基づき、さらなる日本からの投資を呼び掛けました。(写真は、セミナーでスピーチ中のチェット主席:VOV Newsより)
夜は、皇居で天皇陛下主催の歓迎晩餐会に臨まれました。

引用開始→ 皇居で宮中晩餐会 ベトナム国家主席を歓迎  (asahi.com)
2007年11月26日22時29分

国賓として来日中のベトナムのグエン・ミン・チェット国家主席(大統領)夫妻を歓迎する宮中晩餐会(ばんさんかい)が26日夜、天皇、皇后両陛下の主催で皇居・宮殿で催された。日本側からは皇太子さまら皇族方、福田首相夫妻ら約140人が出席した。

天皇陛下は晩餐会の冒頭、「戦争による大きな痛手と長きにわたる困難を乗り越え、活気に満ちた国づくりに勤(いそ)しんでいる貴国の人々と、今日様々な分野で協力が行われていることを喜ばしく思います」と述べた。
(WEB朝日新聞社asahi.com)  ←引用終わり

引用開始→ ベトナム主席の歓迎晩さん会  (NHK On Line)

20071126000191003両陛下主催の晩さん会には、主席夫妻をはじめ、皇族方や福田総理大臣、それに両国の閣僚ら140人余りが出席しました。はじめに天皇陛下が「戦争による大きな痛手と長きにわたる幾多の困難を乗り越え、活気に満ちた国づくりにいそしんでいる貴国の人々と、今日さまざまな分野で協力が行われていることを、まことに喜ばしく思います」と述べられました。これに対してチェット主席は、来年が日本とベトナムの外交関係樹立から35周年にあたるとしたうえで、「両国の関係にとって、希望に満ちた新しい発展の一歩を記す重要な節目になると確信しています」と述べました。晩さん会は、フランス料理が出され、ベトナムの僧りょらが日本に伝えたとされる雅楽の曲などが演奏されるなか、和やかな雰囲気で進められました。
11月27日 0時2分   ←引用終わり

| | コメント (0)

2007/11/25

ナマのベトナムが分かる、週刊ベトナムニュース第142号

ウィークリー・ベトナム・ニュース  
■ 平成19年11月24日 土曜日 第142号
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■ こんにちは!!

[チェット国家主席 国賓訪日にかかるコラコラコラム特別談話]

P_tret186nmt1ベトナム社会主義共和国グェン・ミン・チェット国家主席(大統領)閣下による、初めての国賓訪日(11月25日~29日)を、心から歓迎申し上げます。また、両国が抱える様々な案件、またベトナム社会主義共和国の要請について、両国関係者の深い理解と固い友情に基づき、より大きな成果がもたらされますよう、強く心から期待申し上げております。以前の訪日は、公式には、ホーチミン市の党書記長としての実務訪問でございました。この度は国家主席(元首)としての日本訪問でございます。チェット国家主席にとり、多くの点で意義深く、また印象深い旅であられますよう念じております。<<国賓訪日を祝しての特別談話 11/25>>

Vnnationalflagいつもお世話になっておりますベトナムから、ニャットアインです。

今日もここ一週間のベトナムの主なニュースをご笑覧下さい。

翻訳は直訳とせず、日本語に馴染む意訳としておりますので、ご注意下さい(笑)また、訳者の独断と偏見を交えた辛口寸評を入れてみました。内容が片寄り、言葉が多少過ぎる箇所も多々あろうかと存じますが、これもベトナムを愛するゆえの諫言とお許し下さい。

誤字・脱字はご愛敬ってことでお願いします<(_ _)>

尚、記事の転送は営利目的以外なら原則自由ですが、自己責任において行い、その中で被った被害・損害に対し筆者は責任を負えませんのでご了解下さい。

ベトナム・ニュース その142 今週のヘッドライン

* 11月19日(月) 2007年第四四半期インフレ懸念増大
* 11月20日(火) 帰ってきた越僑芸能人たち
* 11月21日(水) 規制緩和の進むベトナム証券界
* 11月22日(木) ベトナム国連大使議長就任決定
* 11月23日 (金)   今年もオンライン詐欺暗躍
* 11月24日 (土)  サンクス・教師ディー!!

11月19日(月)  2007年第四四半期インフレ懸念増大
*自治体当局者やエコノミストたちは多くの国内産品やサービスの価格上昇などが旧正月の終わる来年2月まで続くと心配している。
商工省は、11月の消費者価格インデックスは10月と比較して約0.4%上昇すると予測しており、エコノミストたちはベトナム政府が価格の抑制を試みようにも、旧正月が近づくこともあって厳しいものになると警告する。加えて、今月初めに発表された香港上海銀行の報告書に拠れば、ベトナムのインフレは第四四半期で9.5%上昇を予測しており、前回予想の9.1%を上回った。報告書は亦、来年のインフレ率は2桁になる極めて高いリスクを孕んでいるとも指摘した。

世界の市場の不安定性・不安定な気候・鳥インフルエンザ・需要と供給のアンバランスなどの種々の要因が重なって、今後数ヶ月の間に国内市場の価格を騰げて行くことになるだろう。商工省は、今年の旧正月商戦での購買力は対前年比で20~30%増加すると見込んでおり、生産者の多くは旧正月商戦の間、製品価格を15~20%値上げすると発表している。マキシマークスーパーチェーンのグエン・アイン・ホン社長は、10月以降、多くのサプライヤーが平均30%の価格上昇に踏み切ったと語った。飲料・加工食品・菓子類などは上昇率が高く、順に10%・20%・20%となっているとホン社長。

エコノミストたちは鶏肉・牛肉、それに海産物の価格は12月から1月に掛けて高騰するだろうと予想している。年末に向かい生産効率が高まるため、上昇率は僅かなものの、食品・食料品価格の値上がりも避けられないとの見方を示す。亦、米価も輸出業者が設定した売上目標達成させる為、急遽、その販売価格の値上げがなされた。
メコンデルタの穀倉地帯での米価は、キロ当たり50~100ドン上昇している。この傾向は、統計局の試算で今年の米生産高が昨年に比べ25万トン減少することを受けてのものだ。

フルーツや野菜の価格も中部高原地帯で発生した洪水災害の影響を受け、上昇傾向にあるという。災害地域でのフルーツや野菜の価格は昨年に比べ2倍、ところに拠っては3倍にも跳ね上がっているとのこと。10月以降の鉄鋼価格はトン当たり、北部は1010万ドン(約72700円)、南部で1030万ドン(約74100円)となっているそうだ。

(辛口寸評)
このところの物価上昇で、菓子屋をしている弊社でも、来月から商品の値上げに踏み切る予定を立てている。実際、先月まで白ごま1キロ当たり18000ドン(約130円)だったものが、11月に入り32000ドン(約230円)で倍近くまで高騰した。もちろん、砂糖やピーナッツなどの原料価格のみならず、ガス・水道・電気、軒並み上昇だ。第一次生産業者は、直ぐに値上げし、弊社のような二次生産業者に一方的に通告すればそれで済む(何分、原料が無くては製品が作れないのだからしょうがない)が、我々から卸し問屋や小売店への値上げはなかなか難しいものがあり、簡単には行かないのだ。

恐らく、多くのサプライヤーが今年出してくる最終平均値上げ率は少なく見積もって40%程度になると筆者は見ている。商品の値上げは、スタッフの賃金の値上げにも繋がって来るので、今回、うちの値上げもそれを含んだものになるだろう。こうしてトータルで見ると、今後1~2年でこの国のインフレは格段に進むのは必至だろう。

11月20日(火) 帰ってきた越僑芸能人たち
*ここ数十年に渡って多くの才能あるベトナム人歌手は様々な理由に因り海外で暮らしているが、今日、そのようなセレブの一部が祖国に戻り始め、それをベトナムのファンの多くが歓迎しているという。アメリカで安定した生活を築きパフォーマンスのキャリアを磨いた海外在住ベトナム人たちがこのところ祖国に定住を決めて帰国しだしている。経済成長や解放された今日のベトナムの雰囲気は、ベトナムでのパフォーマンスに新たな息吹を吹きかけ、海外で活躍していたベトナム人セレブたちは、祖国に今も多くのファンが彼らを待ち続けていることをこれまで以上に認識する。

1975年以前 解放前の南ベトナムで往年のスターだったザオ・リンさんは数年前に彼女の家族と共にベトナムへ帰ってきたひとりである。1982年にアメリカのサンジョセに住み着いたリンさんは、そこでも歌を歌い続け初めから人気を博したのだった。今日、リンさんはご主人と共にホーチミン市ビンタン区で快適で広々とした住居に暮らしている。毎年旧正月になると、世界中に散らばった彼らの子供たちや孫たちをベトナムに迎え入れ一緒に正月を過ごすのが楽しみなのだという。祖国へ帰国して数年間は、彼女の歌の練習をしながらも、家族の生活を維持するためにフォー店(うどん屋)を開き生計を立てた。やがて時が経つにつれ、彼女は歌手としての人生をもう一度ベトナムで歩んでゆく決心をしたのであった。

現在、彼女はコンサートツアーの最中で、12月までベトナム北部から中部の各省を回っている。リンさんは、ツアーは長くきついものだが大勢の観客から愛情を寄せられとても幸せで、祖国への帰国を決めたことは大正解で、ファンが彼女を支えてくれる限り歌い続ける積もりだと語った。リンさん同様 1996年に奥さんと一緒にベトナムに戻ってきたセレブにエルビス・フォンさんがいる。ホーチミン市12区にある美しいビラの中庭に座り、フォンさんの妻、ホアさんは、帰国した満足感を話してくれた。「ここで遣っている家具は総てアメリカで買い求めたもので、越米折衷のユニークな空間を創り上げているのです。」とホアさん。彼らの自宅とコンサート会場は結構離れているものの、ホアさんはご主人のコンサートには必ず顔を出し、彼の魂を揺さぶるような歌に聴き惚れるという。そして、これが自分たちの幸せだともいう。

1979年、アメリカに向けて旅立った伝説的歌手のズイ・クアンさんも3年前にベトナムへ帰ってきた。現在、本業の歌手の他、クワンさんはホーチミン市内でキャバレー・レストラン・カフェ、それにレコーディング・スタジオなどを手広く経営し、どれも成功させているという。クワンさんの新妻で歌手のイエン・スワンさんは、夫が今の繁栄したベトナムでの生活に大変満足していると話す。「ベトナムに久しぶりに帰還して驚いたことは大勢の人々が私のことを今も覚えていてくれたことです。人々は私の名を呼び、手を振り、微笑んでくれました。そのことが私には嬉しくて仕方がありませんでした。」とクワンさん。

4年前に祖国の急速な発展に驚き帰国したタレントのクワン・トアンさんは、現在、チャンフンダオ通りで衣料品店を営み、夜になると市内のバーやキャバレーでパフォーマンスを行っている。
「はじめ帰国することを躊躇いましたが、今はそうして良かったと思っています。」とトアンさん。彼は衣料品ビジネスを忙しくこなす中、地方でのいくつかのチャリティーコンサートなども計画しているのだという。この他にも年末のリリース予定のアルバムをも制作中とのこと。

なぜこの様に多くの越僑が祖国に帰って来るのだろうか?ある人は違和感なしで母国語を使い意志の疎通が図れるからだろうし、又、別のある人は人種の坩堝といわれるアメリカに身を起き続け、自分が何者なのかを自問自答し、アイデンティティの発掘、伝統や文化の置き場を祖国での生活に求めているのだろう。それに繁栄する観点から見た場合、ベトナム人セレブにとって祖国はより多くの成功の機会に溢れているからとも云える。アメリカでは週末のコンサートに出演できるアーティストはベトナム音楽のプロデューサー不足で限られている。これによりキャリアを積むにも限界が生じるというわけだ。しかしベトナムでは全くこの逆となり、週末どころか毎日コンサートを開くことが可能で、脇を固める人材にも事欠かないのである。ベトナムに戻ってきたセレブたちにとって現在のベトナムには多くの熱心なファンが支持してくれるだけでなく、彼ら自身のキャリアを積む聖域になりつつあるのだ。

(辛口寸評)
午前中にホーチミン市一区のレズアン通りにある在越アメリカ領事館前を通る度に、アメリカ行きのビザを取るため並んでいる大勢のベトナム人を目にしたものだが、最近は幾分、ベトナムの経済発展と共に、その数が徐々に少なくなって来ているように思われるが、それでも依然、この国を捨て去ろうとする人々の列は今も途絶えることはない。筆者自身、個人的には、ベトナムを今のご時世になっても脱出を試み、アメリカへ新天地を求めようとする気持ちが理解出来ない。アメリカンドリームは既に忘却の彼方にしかなく、極度な格差社会が生まれ全人口の9割までが年平均3万米ドル以下の収入しかなく、純然たる差別があり、社会全体が閉塞感に陥って戦争の旗振りが基幹産業になってしまったアメリカなんぞに何を好んで飛び込んでゆくのかその気が知れない。

反面、ベトナムには活気と活力が充ち満ちており、産業の確立も途上国ゆえ遅れているが、そこには多くのニッチが介在する証でもある。チャンスは誰にでもあり、才覚ひとつでのし上がって行くことさえ十分に可能なのだ。ましてや、記事に出てきた越僑たちにしろ、我々、在越外国人にしても、自分たちの国がどのように進化してきたかを分かり得る。つまり、先がある程度、読み解ける位置にいるわけだ。とは言うものの、今の世の中、越僑や在越外国人だけが将来を読める特権を持つものではない。インターネットの出現により、情報収集を的確に行えば現地のベトナム人ですら等しく成功のチャンスはある時代なのだ。越僑セレブだけでなく、今では外国人さえ魅了する国として、ベトナムは発展中なのである。

11月21日(水)  規制緩和の進むベトナム証券界
*証券専門家筋に拠れば、ベトナム証券市場は今後、外国人投資家への制限を緩めるだけでなく、成長する証券市場でヘッジファンドの算入も認めて行くことになるとの見方を示した。外国人投資家は証券市場自由化の一貫として今後、売買口座をベトナムに複数開設可能となるでしょうと国家証券委員会のグエン・ドアン・フン副委員長がこの週末、会合の席上で語った。現在、外国人投資家はベトナムでひとつの証券口座取得と通貨ドンでの売買しか認められていない。国家証券委員会副委員長はベトナムの証券市場設立の立役者となった国内外42の機関投資家やファンドマネージャーの代表者との会議の席で語った。

政府の昨今の動向は、外国人投資家に対し証券市場により多くの投資を歓迎しており、政府は直に全ての証券投資家に二つの証券口座所有を認めるだろうと話した。会合の中で、参加者達は一様に法の見直しを提案したが、フン副委員長は規則は既に緩和が進んでいると返した。現地企業は現在、支店設置を許可されており、海外100%の対外投資が認められるようになり、それらがベトナムのファンドマネージャーと提携を組み販売促進も可能で、副委員長は近い将来、この様な企業が投資の新しいビジネスモデルを証券市場で展開してゆくことになると述べた。それだけでなく、いずれ証券売買は夜間に行われることになるだろうと付け加えた。

証券売買がより公正で透明性が保たれるよう、証券取引所の取引場への携帯電話の持ち込みは制限されるとの見方を示した。
ベトナムに現在30万口座あり内5%は外国人投資家口座という。

ドラゴンキャピタルのドミニック・スクリヴェン代表は、ベトナム証券市場は未だ深く世界の証券市場とリンクしていないと述べた。
しかし、その一方で彼は今後 より多くの海外ファンドや機関投資家がベトナムにやってくるだろうとの自信を見せた。外国ファンドや機関投資家はベトナムに投資資金を持ち込むだけでなく、ベトナム証券市場の発展に寄与することになると同代表は指摘した。近い将来、70社以上の外国ファンドがベトナム市場に参入することで、40~50億米ドルの資金が投入なされる。加えて、ベトナムで操業するファンドは資本の拡大と投資範囲の拡張を進めているという。

プルデンシャル・ファンドマネジメント・ベトナム社のCEOファム・ゴック・ビック氏は、投資資金を多様化させる為にベトナム政府はムーチュアル・オープンやヘッジファンドを取り込むべきだという。

我が国唯一の車輌投資ファンドのブラックハウス・エンハンスド・ベトナム基金は先週水曜日、公式に立ち上げられた。この基金は60%の未上場株と40%の上場株、それぞれ1100億米ドルにも及ぶポートフォリオを所持している。アメリカに拠点を置くヘッジファンドKHT社創業者のチュオン・コイ氏は、ベトナムがヘッジファンド設立を許可したら直ぐに設立申請を起こす予定だと語った。

(辛口寸評)
最近、記事にベトナム株を取り上げていない。というのも、ひとつに余分な資金が回せないこと、そして別のひとつにもう将来に見据えた準備が整ったことが上げられる。元々、長期投資を主軸にしてきた筆者にとって、仕込みの時期は既に終わっており、後はどっかと腰を据え放置のホーチミンを決め込んでいるので、もう右往左往する必要もないのだ。後は手持ちのポートフォリオの無償有償を問わず、配当で株を増やしながら、ここ5年未満のいずれかで売り抜ける機会を待つだけなのだ。

今回、これからのベトナム証券市場の規制緩和が語られる切り口となった記事であるが、筆者はこれがベトナム市場がより大きなカジノ経済になり進んでゆく序章なのだと考えている。機関投資家や投資ファンドにとって賭場の規模とそこへ集まる参加者が多くなるほど、うまみも大きなものとなってくる。ヘッジファンドの参加も将来的に許可されるように書かれているが、既にベトナムもアジア通貨危機においてタイやマレーシア或いは韓国がどんな痛手を被ったか十分に解っているはずだ。にも拘わらず、許可に進むとしたら、そこにはベトナムの支配者層が絡む壮大な罠が潜んでいる可能性はあながち否定できなくなるだろう。

最近、アメリカに端を発したサブプライムローン問題。所謂“優秀”と言われている連中(クオンツと言うらしいが)が高等数学を駆使し、住宅ローンをリスクをそれぞれ低・中・高と三段階に分け債権化し、金融商品として銀行を含む機関投資家に発売したのだそうだ。しかし、その分け方自体そもそも返済不能な人々にまでローンを組ませ手段を選ばない方法で借り手を創りだした為に結果的に、始めの段階から“前提”が機能しないシステムだった。それが表面化したのがサブプライム問題なのだ。そもそも“前提”を設定し、カテゴライズし金融商品化すること自体に問題があると賢い人たちは考えないのだろうか?物のやりとりならば万人が共通認識を持ち規格化は十分可能だが、金融商品に至っては無形であり、そこには“理屈”しか存在しない。ということは前提そのものが成り立たないのであって、それが崩れれば全てが崩壊し後に続かなくなる危険を持っているのだ。そんなところにベトナムは足を突っ込むべきではないのだが、、、、。

11月22日(木) ベトナム国連大使議長就任決定
*レ・ルオン・ミン国連ベトナム終身大使は2008年7月1日から国連安全保障理事会議長に就任することになった。国連安全保障理事会議長職は15人のメンバーがアルファベット順に毎月持ち回りで担当する。現在議長職を担当しているのはインドネシア国連大使のマーティー・ナタレガワ氏だ。ベトナムの代表がこのポジションを担当するのは、ベトナムが2008~9年の国連非常任理事国に選出されて以来、初めてとなる。議長職の役割には議題の提示・議事進行・危機管理などが含まれ、ミン大使に拠れば彼の担当月は普通、国連総会へのリポート提出準備月で最も重要な月に当たるとのこと。

ベトナムは必要に応じ、適切に国連平和維持活動をする準備が整っていると同大使は付け加えた。国連安全保障理事会は15名のメンバーで構成され、その内、5つが常任理事国でアメリカ・ロシア・イギリス・フランス、そして中国がある一方、ベトナムは非常任理事国としてベルギー・インドネシア・パナマ・南アフリカ・ブルキナファソ・コスタリカ・クロアチア・リビアと共に活躍中。

(辛口寸評)
ベトナムが先月、国連の非常任理事国に選出されたのは記憶に新しいところだ。国際社会の中で、ベトナムも一定の役割を担うまでになってきたことは、ベトナムと関わる者のひとりとしてとても嬉しく亦、喜ばしい。非常任理事国となり、今回、初めて国連安全保障理事会議長職を勤めるという。尤も、これは月毎の持ち回りで、しかも来年の7月の話で、多少鬼が笑う程度で、少しばかりはしゃぎ過ぎとも云えなくない今回の記事だが、逆の見方をすれば、ベトナム自体、これから何か重要なタスクを控え自らを昂揚させるため発破をかける行為とも取れるだろう。幸い国内経済も順調な発展を遂げつつあり、民族自決が絡むような大きな国内問題もなく、社会は安定しているベトナムが、国際社会において寄与貢献出来ることは少なくない。はじめは慣れぬだろうが、段階を巧く経てゆけばやがて国際的イニシャチブを取れる可能性を秘めるベトナムである。今後の国際舞台での活躍に期待したい。

11月23日(金) 今年もオンライン詐欺暗躍
*数千人にも及ぶ農家の人々が、高配当を約束した投資を、www.colonyinvest.com 上で募集したオンライン会社に1000万米ドル以上も騙し取られるといった被害に遭っていることが判明した。
一人辺り被害平均額は5000~10000米ドルだが、ある被害者は80000米ドルも損失を被ったという。投資額の3%の高配当を謡い、始めの内は配当も約束通り支払われ、被害者たちの中には自宅を担保に借金をしてこの儲け話に飛びついた者も大勢含まれているそうだ。

ハノイ市警が先週、この事件を調査したところ、ホーチミン市・ハノイ市他、北部自治体やメコンデルタ各自治体併せて25000人もの“投資家”たちがコロニー・インベスト・マネージメント社に口座に1000万米ドル送金していたことが判明したのだった。調べに拠れば、昨年2月から今年10月にかけて156万米ドルが問題口座に振り込まれており、ホーチミン市タンビン区在住、今年31歳になる首謀者ヴ・ティ・トウ・ハンは、遊興費に充てるため約150万米ドルを引き下ろした。

メコンデルタのベンチェ省ジョンチョム区で、被害に遭った農民がグエン・タン・ダットの自宅に集まり彼らのお金を返すように要求した。被害者の一人カウタン区ビンドック村のファム・クオック・ズンさんは、“投資資金”の10万米ドルをコロニー社の口座へ送金する為に、総ての財産を売り払ったという。それに気を良くしたズンさんは1000米ドルの初回配当を受け取ると直ぐに再投資したそうだ。。。。ダットに怒りをぶつける農民たちは彼を吊し上げ、金を返すよう求めたが、ダット自身、自らを被害者と語り、警察に付き出すよう逆に要求する始末だった。

ダットはコロニー社の投資話を聞くと直ぐに100米ドルを投資した。暫くすると高配当が振り込まれ、これに気を良くして家族総出で掻き集めた62000米ドルを更に投資したのだった。その後、一旦、同社から5000米ドルの配当を受けたものの、そのまま同社サイトに繋がらなくなり総ての資金が吸い盗られてしまった。結果的に債権者に取り囲まれているのである。コロニー社のサイトにアクセスした人々の割合はベトナム人が55.6%、タイ人が32.5%、中国人が2.6%、スエーデン人が2% そしてアメリカ人が1.7%だった。
ハノイ市警に拠ると実際の被害額は恐らく報告が上げられている以上の額になるであろうと語った。

昨年11月、ホーチミン市一区グエン・フエ通りのゴールデン・ロック社を舞台にした詐欺事件が起き、1000万米ドルが巻き上げられている。この時の主犯者は騙し取ったお金と共にベトナムを出国してしまった。普通、メコンデルタや北部山岳地帯各自治体では女性連合や農民組合などが、この様な急速な収入増加に繋がる活動には目を光らせているものだが、今回のケースはITを絡めた新手のもので監視が機能しなかったところの盲点をついたものといえる。無知で蒙昧な農民が出し抜かれた事件ではあるが、もし警察や政府がもう少し早くコロニー社の違法な活動に注意を払っていたとすれば被害額は随分抑えられたことだろう。

(辛口寸評)
騙された人々の殆どが農民というこの詐欺事件。昨今、地方にもインターネット網が整備され、どんな小さな村にもネットカフェを見つけることが出来る中、純朴な農民を狙い撃ちした事件と言えるだろう。以下は筆者の推測に過ぎない。が、今回の事件のカラクリは次のようなものだと考えている。ネットが地方で使えるようになったとは言え、普通、好い歳をした農民がネットに触れる数は未だ極めて少数で、利用者層の多くは学生で、後に公務員や会社員が僅かに続く程度だろう。ネットの知識の無い、農民が自らサイトに接続するだろうか?答えは否だ。

ネットは彼らの理解を超えた不思議な存在である一方、ある種、万能の力を備えた新しいモノとして畏敬の念を植え付けたのだと思う。そして立ち上げられたサイトが農民の新たな信仰になってしまったのだろう。
満を持し、そこへ今回の犯人が意図的に、儲け話をサイトと結びつけて地方の農民を対象に口コミで流布させ勧誘し、被害者が被害者を呼び込んで被害が雪だるま式に増えて行ったと考えるのが妥当ではなかろうか。確かに騙される方も悪いが、今回の犯罪の裏には巧妙な罠が知能犯に拠って仕組まれたと見るべきだと思う。

11月24日(土) サンクス・教師ディー!!
*ベトナム教師の日にノン・ドック・マイン書記長は全国の教育者に対し祝辞を贈った。彼は各教育部門が国の新しい必要条件を満たし高品質な人的資源を国家発展及び国際的統合するために広範囲な改革を行うよう呼び掛けた。11月20日、首都ハノイでチュン・ブオン中学校(旧ドンカン小学校)創立90周年式典の席上、同時に第25回教師の日を迎えたこの日、マイン書記長は国家の発揚は児童生徒並びに学生たちの認識ときちんとした態度に掛かっていると訴えた。学生たちとの懇親会でマイン書記長は、「今日この日から、君たち学生ひとりひとりが明確な目的意識を持ち勉学の動機付けをしなければならない。良い市民になるため、将来の素晴らしいキャリアを積むため そしてベトナムで価値のある高い役職に就くために君たちは学ぶのである。」と語りかけた。

マイン書記長は学生たちに一生懸命勉強に勤しみ、自らを健康で高い見識と知識を持つ有益な市民として耕し、ベトナムの未来に活躍して欲しいと強調した。亦、同書記長はベトナム次世代を担う人々への教育に重要な役割を果たす教育者たちを賞賛した。
「全ての教育者は学生の模範となるべきで、その為に常に知識の吸収に務め、後進の指導に活かして行くことを期待している。」と書記長。この機会に、チュン・ヴオン中学校は、国家から二級独立勲章を与えられた。過去90年間、同校は教育・学習に於ける数々の偉大な記録を達成してきた。ホーチミン大統領はその生存中、5回も同校へ足を運び、ハノイ市人民委員会やベトナム政府から多くの名誉ある賞を贈られている。2005年に、同校は労働英雄称号も獲得している。

同じ日、グエン・ミン・チエット大統領は100名の退職教員組合員と会談した。彼は元教員たちを前にここ数年、経験豊富な教師が退職したことに因って教育が脆弱になっていたことを認めた上で、しかし一方で社会経済達成の為に教育現場が国家に多大な貢献をしてきたが、今後、脆弱になった部分を埋め合わせる為にも退職教員組合が教育分野でより積極的な参加を果たして行って欲しいと結んだ。

(辛口寸評)
教師の日、これまでは子供から花束の他、児童生徒の親から現金なども先生に渡されていた。額についてはケースバイケースだがキャッシュならこれまでは10~20万ドンだそうだが、この頃では現金に変わりスーパーなどで使える商品券が普及してきているとのこと。お金にせよ品物にせよ、教師との間で“取引”が行われることに日本人のひとりとしては抵抗を感じるし、亦、教師に対する有難味も薄れるというものだ。実際は感謝の気持ちを表すだけなら高額なものでなくても良い。

筆者は週に一度、ボランティアで英語を教えている。今回、教師の日に当たり生徒から花束を贈りたいと連絡があった。しかし、気持ちだけ頂いておくことにして花束は鄭重に辞退させて貰った。プロの教師じゃああるまいし、結構教えて改めて教わるなんて発見がついついあるので、お互い様でもありますしね。
以上

| | コメント (0)

2007/11/24

相次ぐ迷宮的犯罪は、日本が安全な国でなくなったということ!

平和で安全な国、暮らしやすい国という漠然としたイメージが消えただけ。
日本が平和で安全だったのは、貧乏を克服するため、それぞれの人が「明日への希望」を持ち、共に支え合い生きるために必死で格闘していた頃の戯言に過ぎない。

日本社会の基層は、「水稲栽培(稲作農業)を軸にした『水と収穫の配分』を効率よく行う『村』社会」であるにも関わらず、いつの間にか、心の準備も何もないまま、突然、米国型の都市化社会として都会化してしまった点にあるのではないか。
「村社会」では、さまざまな紐帯がありいろいろな点で干渉を受ける。
個人主義は育ちにくい。一定の個人主義もあろうが基本的には集団主義である。
隣接し合う者が、適度な間合いの下で干渉し合う事が地域社会の安全を支えてきたわけだが、いきなり、都市化し個人主義への舵が切られると、そこに適度な間合いを保つ干渉が消え、蛸壺の個人生活を繰り広げる事になる。

コンビニとテレビあるいは携帯電話という限定的で機械的な通信手段だけが、蛸壺に閉じこもる側と外の世界との接点でしかない状況が起きている。
例えば、コンビニが食品スーパーに代わったとしても、基本的な枠組みは同じことだ。
適度な間合いを保つ社会が崩れ、個人主義が極限まで進むと、個人を包み込む極端な閉鎖社会が顕れる。

中途半端に形だけ都市化された、元は田畑だったに過ぎない(人の生活がなかった)郊外の地域で生じる、半ば地域社会との熱い関係性を保たない場所で生じる犯罪に対処できる仕組みを、現代社会は欠いてしまったのではないか。

また、例えば事件が生じた際に押し寄せる節度のない「マスコミ・スクラム」へ対抗する上から、あらゆる分野で異常なまでの「人権主義」が強調され、関係者に対する保護も必要だろうが、それも不必要なまでに嵩じたりあるいは至ると「犯罪捜査」には悪影響を与えるかも知れない。
現在生じているさまざまな(迷宮的)事件を考えれば、これらのタネは、日本人が金持ちになるに従い、米国型社会を絶対視するかのような風潮に洗われ、「周囲からの干渉を嫌い、自らの責任を伴わない自由を声高に、かつ無分別に追い求め、適切な批判や妥当な人間関係をうち捨てた結果」ではないか。とりわけこの20年に日本が得た社会は、まさに小児病の社会という他ないのではないか。

その意味で、警察の捜査能力もさることながら、適度な間合いを保ちながら干渉し合える地域社会を失った結果の代償かも知れない。

例えば、報じられる範囲でしか考えられないが、加古川の事件では、コンビニで起きた事件でもない犯罪捜査で、警察がコンビニの防犯ビデオの映像提供を求めなければならない事情は、何よりもそれを表してはいないだろうか。
それでもなおかつ、犯人逮捕に至らないのは、コンビニの防犯ビデオと犯人とは直接的な因果関係がないという事ではないのだろうか。

それよりも、事件の翌日だったか翌々日だったか定かな記憶はないが、ニュース報道で加古川消防署の救急隊員ではなく役職者と覚しき人物(管理者?)が、「殺害された被害児童が、救急車の中で救急隊員の問いかけに対し、『大人の男の人に刺されたとか叩かれた』と言った」という発言をしたと説明する映像が流されていたが、その点を強く疑問に感じたし思った。
後に報道されるところでは、いわば袋小路状態に近い現場で、殺害児童は後方から二突きされ、一つは心臓、もう一つは下腹部との事であり、出血多量による失血死とされている。10月中旬の夜半、既に日が落ち暗い中で、後方から強い力で一瞬にして突き刺された児童が、それが大人の男かどうか、どうして分かるのだろうか?振り返る瞬間があり記憶する時間は残されたのだろうか?
仮に、そうだとしたら、殺害された児童が短い人生の最後に見た記憶(映像)はどのようなモノだったのだろうか?
また、出血が続く瀕死の状態で、どうしてそこまで明確な回答ができたのだろうか?これが最大の疑問であり謎である。救急隊員は、どのように聞いたのか、そして児童はどのように答えたのか?全く明らかにされていない。公開できない理由が何かあるのではないか?

佐賀の病院で起きた事件など、報じられる事だけでは、想像もできない理解に苦しむ事件だ。
なんで、入院中の病室で、他人と間違われたとはいえ、射殺されなければならないのだ。
余りにも理不尽ではないか!事件が起きたのは病院である。
これこそ、なぜ防犯ビデオがないのだろう。早朝とはいえナース・ステーションには誰もいなかったのだろうか、病院が安全でないなら、安心して入院治療を受けることはできなくなる。
この事件の場合、多くの目撃談が後日届けられているというが、その情報で犯人に辿り着けるなら、日本の社会も捨てたものではないけれど、こう言っちゃ悪いけれど佐賀の武雄で生じた事件で犯人が逃げおおせたら、日本の地域社会は崩壊していると考えた方がよいかも知れない。逃走に使用した車のナンバーは付け替えられていたとも報じられている。しかも九州自動車道の築紫野ICを降りていることも判明しているというが、一体全体何なんだ!?どうなっているのか?全く意味不明で理解できない!

香川は坂出の事件も、理解できない不思議な事件だ。二人の子供は祖母と就寝していたのか?そうではなかったのか?なぜ床のカーペットがL字型に切り取られているのか?それに何かの意味があるのか?祖母の自転車と携帯電話は、どこへ消えたのか?何よりも3人はどこへ運び去られてしまったのか?自転車1台に老人とはいえ50Kg近いであろう人と子供二人を運ぶのは、いくら何でも車がなければ運べないだろう。
いかに深夜とはいえ、車の目撃者がいない音を聞いた人はいるらしいが目撃者もないというのも、いよいよ以て不思議な話だ。

警察出身のジャーナリスト黒木昭夫氏のコメントは紹介されているけれど、推理作家の人たちは、とりわけ大御所は、これらうち続く事件をどのように見ているのだろうか。

折から、(故)松本清張の一大著作「点と線」が脚光を浴びているという。清張先生がご存命なら、ちょっと下唇を特徴付けながら、どう「コメント」なさるだろうか?

全く分からない、全く理解できない事件が多過ぎる。いずれも、被害に遭われ犠牲になられた方に哀悼の意を顕させて頂きたい。そして安全な社会の回復を希望したい。
何よりも、日本が失った社会生活の安全を悲しむばかりだ。

引用開始→ 残忍!未解決事件はなぜ増えた?(日刊ゲンダイ)  (@nifty News)

残忍な殺人事件が多発しているが、事件が長期化の様相を見せているものも少なくない。

10月16日に兵庫県加古川市の女児・鵜瀬柚希ちゃん(7)が殺害されてすでに1カ月。
*お断り:WEB記事では「先月22日」となっていますが、正しくは16日ですから「10月16日」と訂正し掲出しています

11月1日に埼玉県川口市の渡辺沙織さん(26)が殺された事件も未解決のまま。この事件では先週、捜査本部が犯人とみられる男が渡辺さんのキャッシュカードを使って現金を引き出そうとする写真を公開。それでも「捜査に進展なし」らしい。

最近の未解決事件を拾ってみると、その多さに驚くのだ。

捜査関係者は、「警察の捜査力が落ちたのかも知れませんが、犯罪の手口も巧妙になっている。それに市民同士のつながりがどんどん希薄になって、隣の部屋に誰が住んでいるのかも知らない。捜査情報がなかなか集まりにくくなっているのです」と言う。警察出身のジャーナリスト、黒木昭雄氏はもっと手厳しい。

「捜査に対する協力意識が低いのは、不祥事が目立つ警察に対しての不信感です。警察を信用しなければ、情報提供もできない。そうなると情報も集まらず、事件は長期化。また警察は信用をなくすという悪循環です」

殺人を含む凶悪犯罪は00年に1万件を突破。03年をピークに減り始めているものの、昨年も1万件を超えた。

犯人は警察を笑っている。

●最近発生した事件で未解決のもの

・発生日:10/16
*これもWEB記事では「10/22」となっていますが「10/16」ですから訂正しておきます
・発生場所:兵庫県加古川市
・被害者:鵜瀬柚希ちゃん(7)
・事件経過:目撃者なし。犯人像見えず

・発生日:11/1
・発生場所:埼玉県川口市
・被害者:渡辺沙織さん(26)
・事件経過:ATMの男の写真を公開

・発生日:11/8
・発生場所:岐阜県岐阜市
・被害者:津末一守さん(55)
・事件経過:凶器見つからず

・発生日:11/8
・発生場所:佐賀県武雄市
・被害者:宮元洋さん(34)
・事件経過:暴力団関係者と誤って射殺か

・発生日:11/10
・発生場所:長野県長野市
・被害者:犬伏安治さん(69)
・事件経過:犯人に結びつく有力情報なし

・発生日:11/17
・発生場所:香川県坂出市
・被害者:山下清さん義母と娘姉妹
・事件経過:血痕が見つかるが消息不明

[日刊ゲンダイ:2007年11月23日 10時18分]
copyright(C)1999-2007 KODANSHA,Ltd.,Publishers
Copyright(c) NIFTY 2007 All Rights Reserved.    ←引用終わり

| | コメント (0)

2007/11/23

ベトナムのグェン・ミン・チェット国家主席(大統領)、25日から29日まで国賓訪日!

ハノイで、日本人記者との懇談があり、チェット国家主席の国賓訪日予定についてベトナム側から公表がありましたので、これまで、チェット主席の日程紹介を控えてきましたが、滞日基本日程を支障のない範囲で公表します。

11月25日(日)午後、東京国際空港(羽田)へ特別機で随員を伴い到着。
11月26日(月)~27日(火)、皇居(天皇謁見)、政府、国会を訪問懇談。先端施設を視察。経済団体との懇談、投資セミナーの開催。
11月28日(水)、訪問予定地の視察、民間団体との交流。午後、京都へ。
11月29日(木)、訪問予定地の視察、大阪で投資セミナーの開催、自治体、経済団体との懇談などを終え、夜半、関西国際空港から特別機で随員と共に離日し帰国へ。

大まかな予定は以上です。
随行者は、ベトナムの経済団体、有力企業経営者、投資案件関係者を含め100人近くにのぼる予定です。既に、東京・大阪で開催される「投資セミナー」は受講登録締切りを終えています。

この度の国賓訪日は事前(昨年から)に充分で入念な準備を重ねてのことです。
しかしながら、本邦の政治環境が夏以降激変し、本邦内では国内案件を初め、さまざまな案件、あらゆる案件が停滞を余儀なくされています。
この状況について、当初の計画時点では予定がなかった事もあり、チェット国家主席国賓訪日に伴う調整を担当する両国の関係者には頭痛の種と言っても過言ではありません。

引用開始→ 日本とのEPA「早期締結へ協力」ベトナム国家主席 (日経紙面14版6ページより手入力)

ベトナムのグェン・ミン・チェット国家主席(大統領)は22日、ハノイの国家主席府で邦人記者団と会見した。日越両政府が交渉中の経済連携協定(EPA)について「早期締結に向け双方の協力が必要。今回の訪日で政治決断する用意がある」と語り、関税撤廃などでベトナム側が歩み寄る意向を示した。
チェット主席は25日から29日まで国賓として訪日し福田康夫首相らと会談する予定。主席は「EPA締結で両国間のモノの流れがスムーズになり、貿易の拡大につながる」と期待。「両国の経済格差は大きく交渉は難しいが、できるだけ早期に締結するのが望ましい」と述べた。日越EPA交渉は来年1月に再開する。
9月26日に発生した、日本の政府開発援助(ODA)で建設中のベトナム南部の橋崩壊事故に触れ、「徹底した原因究明をし再発防止と工事の再開を目指す。事故責任者の適切な処分も考える」と語った。「事故が日越の友好関係に影響することは考えていない」と日本の支援継続の必要性を訴えた。
Copyright 2007 Nikkei Inc. / Nikkei Inc. All rights reserved.  ←引用終わり

| | コメント (0)

2007/11/22

暖かさを引きずり続けた「秋」から、一転「厳冬」に!オォ、サムイ、寒い!

またまた、気象の長期予報は見事にハズレとなりましたね!?

ヒマネタではありません!真剣な話です!
チョッぴり怒っています。正直に怒っています!ハラが立っています!

無駄なお喋りしかできない、お天気キャスターの皆さん、舌足らずな口先評を飽きもせず繰り返し、肝心の天気では「明日の天気」くらいしか当たらないんだから、もう無理しなさんな!
いま、公開されている情報を判断するなら、素人でも多少の予報をする技術くらいは持っているぞ!ホントに!

季節の変わり目、それを伝える!まぁ、いい事でしょうね!
その話をするため、わざわざ、何でもない話題を探し出し、涙ぐましいトロトロ話をして見せ、「教養人」ぶりを発揮した気持ちはよくよく分かりますけどね、それでも、主たる業務は「天気予報」というか「気象予報」の伝達ですからね。

今年は暖冬だとか言ってませんでしたっけ?
確かに暖冬かも知れませんね!?  まだ晩秋ですしね、冬はまだこれからですからね。
ゲリラ的なドカ雪が降ったってことでしょうけどね。
それでも今月15日段階では、今回のドカ雪、予想できませんでしたよね。

天気予報、気象予報は、まさに自然相手の予想に過ぎないのですから、気象予報技術や深い知識をお持ちの事はよく理解していますが、それでも正しくないとね。
雨と予報し雨が降らなくても多少はイイのですよ。
しかし、今回の大雪を長期予報で見事にハズレにしちゃうと、プロとしては、ちょっぴり恥ずかしいよね。そう思わないですか?

北海道での調査計画大幅に狂ってしまいましたね!当分、お手上げです!
ひょっとしたら春の雪解けまでかな?事業計画にならないよね!

まぁ、いいか!? 夕張の皆さん、ゴメンなさい!

引用開始→ 北日本 11月では最多の積雪  (NHK On Line)

20071122000206002nhk気象庁の観測によりますと、上空に強い寒気が流れ込み冬型の気圧配置が強まったため、北日本の日本海側や新潟県や長野県などで21日から断続的に雪が降り続きました。22日午後8時現在の各地の積雪は、▽北海道旭川市で47センチ、▽青森市と山形市で18センチ、▽秋田市で3センチなどとなっています。特に山沿いではこの時期としては大雪となり、▽岩手県西和賀町で79センチ、▽新潟県津南町で68センチ、▽長野県野沢温泉村で53センチの雪が積もるなど、気象庁の23の観測点で11月としては最も多い積雪を観測しました。気象庁によりますと、雪の峠は越えつつありますが、北日本の日本海側や新潟県などの山沿いでは、23日の朝までは雪が降り続く見込みです。
11月22日 21時0分   ←引用終わり

| | コメント (0)

2007/11/21

ASEAN諸国は、共同体へ向け憲章を結ぶ!2015年をゴールに!

日本とASEAN諸国の状況について、一気に3テーマを簡易に説明します。

Aseanlogoシンガポールで開催中の「ASEAN首脳会議」は、共同体形成へ向けた「ASEAN憲章」を合意した。
創設から50年の年月を経た上で、「ASEAN」が緩やかな連合体になる。
23年前、「戦場を市場に変えよう!」と当時のタイ王国首相が呼び掛け、徐々にASEAN加盟国を拡大し今日の基盤を形成した。そしてASEAN域内FTA(自由貿易協定)を創出した。次は「緩やかな経済共同体」を目指すのは道理といえる。

やがて大きな市場(現在人口で5億人)ができる
先進諸国は、この間、ASEAN諸国が経験させられた「様々な恥辱、数えられない犠牲、限りない努力」を、正しく受け止め積極的建設的に評価しなければならない。
その意味で、大きな喜びを以ち「強く大きな拍手」を贈りたい。

この一連の動きを踏まえ、ASEAN地域で日本が果たす役割は大きい。実に大きい。
日本で普通に暮らす人は、分からないかも知れないけれど、
いま、日本へ供給される「消費財」の多くは、既にASEAN諸国で製造されたモノだ。
また、日本で製造された多くの部品はASEAN諸国へ供給され、製品化された上で、他の国へ輸出されている。あるいはASEAN内で消費されている。
既に、ASEAN諸国と日本は経済面で一体化している
もっと、アジア諸国に関心を持ち、アジア諸国との関係を知って貰いたい。

引用開始→ ASEAN、2015年までに経済共同体・目標を正式採択  (日経NET)

20071120at2m2001h201120071fASEAN首脳会議に集まった加盟10カ国の首脳ら=20日、シンガポール〔ロイター〕

【シンガポール=野間潔】東南アジア諸国連合(ASEAN)は20日午前、シンガポールで首脳会議を開き、2015年までに貿易・投資などを自由化し域内経済を一体化する「ASEAN経済共同体」実現とその行程などを定めた青写真を採択した。午後には人権や自由化を守る人権機構創設やASEAN事務局強化などを決めた域内憲法「ASEAN憲章」に署名する。

首脳が採択した「ASEAN経済共同体ブループリント(青写真)宣言」はモノ、サービス、投資など5分野の自由化を核に、市場や製造拠点を一体化する行程を示した。中国やインドが台頭する中、創設40周年を迎えるASEANの人口約5億人、域内総生産(GDP)約7000億ドルの市場を融合、存在感の保持を狙う。

青写真によると、一体化プロセスでは食糧、農業、森林製品の分野を優先する。域内の電力の相互融通、鉱物資源の共同開発、金融インフラ整備などもうたった。域内からの輸入関税撤廃では加盟国の経済力に配慮し、先行加盟6カ国は2010年まで、他の4カ国は2015年に実施するとした。(11:55)
Copyright 2007 Nikkei Inc. / Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved. ←引用終わり

引用開始→ ASEAN首脳が憲章に調印、「共同体」構築に弾み  (讀賣On Line)

【シンガポール=花田吉雄】東南アジア諸国連合(ASEAN)の首脳会議が20日、シンガポールで開かれ、初の基本法となる「ASEAN憲章」に調印した。

ASEANは法的根拠を持つ地域機構となり、2015年を目標とする「共同体」構築に向けて弾みがつくことになる。

憲章は前文と13章55条からなり、「政治・安保」「経済」「社会・文化」の3つの柱で構成される共同体の運営規則を明文化。域内の人権を保護するための人権機構の新設を打ち出した。議長国・シンガポールのリー・シェンロン首相は調印式で、「ASEAN強化のためには統合の加速、深化が肝要であり、憲章は極めて重要な一歩だ」と強調した。

憲章は全加盟国の批准を経て発効する。しかし、ミャンマー軍事政権による人権抑圧をめぐり、フィリピンのアロヨ大統領が「ミャンマーが民主主義に移行しない限り、我が国の批准は極めて難しい」と発言するなど、発効に向けた困難も指摘される。

首脳会議はまた、域内の森林面積を2020年までに少なくとも1000万ヘクタール拡大する目標を掲げた環境保全に関する宣言や、地球温暖化抑制に関する宣言を採択した。
(2007年11月20日20時34分  読売新聞)
Copyright © The Yomiuri Shimbun.  ←引用終わり

引用開始→ ASEAN憲章、外相会議で承認  (日経NET)

【シンガポール=野間潔】ASEAN外相会議は19日、域内の憲法にあたる「ASEAN憲章」案を承認した。人権や自由を守るための人権機構やASEAN事務局強化などを盛り込んだ。20日の首脳会議で正式署名する。

人権機構は加盟各国の人権や自由を監視・擁護する組織で、具体的な組織形態などは今後詰める。しかし9月に民主化運動を武力鎮圧したミャンマー軍事政権の反発で骨抜きになる可能性もある。

ASEANの意思決定方式については全会一致の原則を基本としながらも、決まらない場合は首脳会議で決定するとし多数決に道を開いた。首脳会議の年2回開催や、事務局長の権限強化、4人の事務局次長の設置など事務局機能の強化も盛り込んだ。

ASEAN憲章は2015年の経済共同体実現に向けた最高規範。加盟各国が批准した後、来年末にも発効する見通し。(00:15)
Copyright 2007 Nikkei Inc. / Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.  ←引用終わり

次に、ASEAN諸国は「地球温暖化抑制」への枠組みを提言へ!

地球温暖化で最も深刻な打撃を受けるのは「開発途上国」である
温暖化による被害は、地球全体に及ぶから、どこの誰が直撃を受け、あるいは交わせるかという類のテーマではない。
どこの誰もが被害を受けるのである。しかしながら、先進工業国が受ける被害と、開発途上国が同じ現象で被害を受けたとすれば、被害の影響は開発途上国が先進工業国より深刻である。なぜか「GDPを始めストック」が根本的に違うからである。
「自助努力、自助救援」しようにもできない!

インドネシアで続発した地震、その影響で周辺各国を襲った津波、あるいは先日バングラディシュ全土を襲った巨大サイクロンによる空前絶後の被害。
数え上げればきりがない。その都度、開発途上国は塗炭の苦しみに追い込まれる。

誰が考えても、とても分かりやすい事だ。
政治の巧みさ、都市計画の巧拙、経済運営の巧さなんて関係なくなるワケで、その国、その地域に「カネ」があるかどうかが全てである。

従って、地球温暖化について、ASEAN諸国も、深刻な立場に置かれているのである。

引用開始→ ASEAN首脳会議、地球温暖化の抑制を宣言へ  (日経NET)

【シンガポール=三河正久】東南アジア諸国連合(ASEAN)が20日にシンガポールで開く首脳会議で地球温暖化を抑制するための宣言を発表する。京都議定書など国際的枠組みで定められた温暖化ガス削減目標の順守を明記。ASEAN各国が域外国と2国間、多国間で相互に二酸化炭素(CO2)の排出削減技術を活用し合うことをうたう。具体的な省エネルギー目標値などは盛り込んでいない。

宣言案では気候変動が社会、経済にもたらす影響が深刻で、早急に対応する必要性を改めて強調。国連の気候変動枠組み条約や京都議定書の温暖化ガス削減目標の順守を再確認し、各国との協調を深化させると定める。(16:37)
Copyright 2007 Nikkei Inc. / Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.   ←引用終わり

日本は、「ASEAN+3」で力量を発揮すべきだ!

ASEAN諸国の日本に対する期待は大きい。
日本も、ASEAN市場を欠いたら「市場も国」も適切に運営はできない。
前の欄でも記載したとおり、「日本とASEAN」は経済面では既に一体である。
同じように、中国も、韓国も、その経済運営でASEAN市場を欠かす事はできない。
その意味で、日本、中国、韓国はASEAN市場の強力なパートナーだ。

最近、中国はASEAN各国へ様々な形で強烈なアプローチを加えている。
韓国は、成長著しいASEAN諸国へ猛烈な投資を繰り広げている。

少し、ナショナリズムの立場でモノを言うと、ASEAN市場の成長促進を支援してきたのは日本である。何よりも、日本との貿易、日本からのODAが今日の基軸になっている事を忘れてはならない。
その意味で、日本は、政治も経済も、平和裡にASEAN市場で優位性を保つ努力が求められる。
日本は、70年前、なぜ太平洋での戦争を引き起こす事になったのか?
よくよく冷静に考えなければならない。
そこに、今日のWTO(世界貿易機関)や、ASEAN経済共同体、チェンマイイニシアティブ(ASEAN+日・中・韓の多国間通貨相互供給体制)、ASEAN・FTA(域内自由貿易協定)があり、今回の「ASEAN憲章」がある。
世界は自由で公正な貿易体制(市場創出)を指向しながら、冷静に現実を捉えると、同時に特定地域でのブロック経済体制を指向している。ASEAN市場もその例外ではない。

そして、下段で考える日本とASEANのFTA(自由貿易協定)が求められる事を考える必要がある。

引用開始→ ASEANプラス3、「東アジア協力」で共同声明  (讀賣On Line)

【シンガポール=南省至】東南アジア諸国連合と日中韓3か国によるASEANプラス3首脳会議が20日、シンガポールのホテルで開かれ、今後10年間の地域協力の方向性を示す「東アジア協力に関する第2共同声明」を採択した。

1999年の共同声明に続くもので、第2共同声明実現のための「作業計画」も決めた。

第2共同声明は、政治・安全保障、社会文化・開発など5分野での協力推進を明記した。具体的には、〈1〉通貨不安が起きた場合、通貨を2国間で融通し合う通貨交換協定網「チェンマイ・イニシアチブ」の多国間への拡大〈2〉「ポスト京都議定書」の枠組み作りへの積極的な参加――を盛り込んだ。
(2007年11月20日22時56分  読売新聞)  ←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun. 

引用開始→ 10年の方向性示す共同声明を採択 ASEAN+3  (産経MSN)
2007.11.20 21:16

【シンガポール=藤本欣也】東南アジア諸国連合(ASEAN)と日本、中国、韓国は20日、シンガポールでASEANプラス3首脳会議を行い、1997年にスタートしたASEANプラス3の意義と、今後10年の方向性を盛り込んだ「東アジア協力に関する第2共同声明」を採択した。

ASEAN10カ国首脳のほか、福田康夫首相、中国の温家宝首相、韓国の盧武鉉大統領が出席した。福田首相は「自立と共生を基本に、ASEANプラス3協力を積極的に進めていきたい。東アジア共同体の実現に向けて一歩一歩進めていくことが大事だ」と語った。

ASEANプラス3首脳会議は97年12月、マレーシア・クアラルンプールで開催されたASEAN首脳会議に、日中韓3カ国首脳が招待されたのを機に始まった。

当時、域内を襲っていたアジア通貨危機がASEANプラス3での協力を加速させた。

この日、採択された第2共同声明は東アジア協力に関する99年の共同声明に次ぐもので、過去10年間で協力分野が20に拡大・深化するなどの進展を評価。今後、10年間については、ASEANプラス3が東アジア共同体の形成に向けた主要な手段であることを確認するとともに、政治・安全保障やエネルギー・環境分野に協力を拡大する方針を打ち出した。
Copyright 2007 The Sankei Shimbun & Sankei Digital  ←引用終わり

最後の掲出は、日本とASEANのEPA(経済連携協定)についてである
前にも掲出したが、FTA(自由貿易協定)をより強化した内容を盛り込んだ経済自由協定がEPA(経済連携協定)である。
FTAが主としてモノの移動に重点を置くのに対し、EPAは技術、資本投資、人の交流促進を含め当事国が合意した分野で一体的に交易しようという点に特徴がある。

モノだけに拘らずヒトも含め大幅に交易しようという踏み込んだ(厚かましいとも言う)内容に特徴がある。

どれだけ厚かましいかといえば、ASEAN諸国の工業化を支える本質は、日本の工業技術と資本である。あるいはこれらに伴う人材である。
日本とASEAN諸国の人件費や技術力資本力の差異を利用した事業展開である。
有り体に分かりやすく言えば、日本はASEAN諸国へ、技術、資本を売っているワケだ。

ASEAN諸国は、日本の資本と技術でモノ作りした工業製品を、域内で消費し、あるいは日本を含めた他国へ輸出することで経済を運営しているワケだ。
しかし、ASEAN諸国の多くの産業構造は、基本的に一次産品が主体の国が多い。
一次産品の主要なモノは、①農業産品、②水産品、③鉱工業産品が三大品である。
③の鉱工業品(石油・石炭・天然ガス)は、大体において外国資本との合弁事業である。
自国の小さな資本で対処できるのは、①の農業産品、②の水産品である。

日本は、農業産品の輸入に対しては高い壁がある。つまり自由化はしない方針である。
日本は、工業製品を自由に売りたいと、強い希望がある。
「ヒト・モノ・カネ」の自由な移動は、日本の主導権では実行したい。しかし、ASEANからの同様の求めには「壁」を構える事もあり、交渉は進まないというのが実際の姿だ。
この点を、力(大したパワーでもないのに)で押し切ろうとするから、問題を徒に長引かせるだけだ。
しかし、基本的な合意を得たという。ホントかなぁ~?

引用開始→ 薄型TVなど関税撤廃、日・ASEANが経済協定で最終合意  (日経NET)

【シンガポール=柳瀬和央】日本と東南アジア諸国連合(ASEAN)は19日午後、シンガポールで経済相会合を開き、経済連携協定(EPA)の締結で最終合意した。日本はコメ、乳製品など農産品の一部を対象から外した上で、鉱工業品を中心に輸入額で9割以上の関税を即時撤廃。ASEAN主要国も薄型テレビや自動車部品などの関税を10年間で段階的に撤廃する。

EPA締結の最終合意は21日の日本とASEANの首脳会合で確認、来秋の発効を目指す。EPA発効により、日本の国内総生産(GDP)は1兆1000億―2兆円押し上げられる見通し。ただ、EPA交渉では中国や韓国が先行。国内では農業保護などを求める声も強まっている。東アジア経済圏へ向けた日本の今後の通商戦略は不透明な状況だ。

最終合意によると、日本側は農産品と鉱工業製品をあわせたASEAN10カ国からの輸入額の90%以上の関税を協定の発効直後に撤廃。さらに3%分を5年から10年かけて撤廃する。削減も撤廃もしないのは、コメ、乳製品、肉類など輸入額の1%にとどめる。(22:03)
Copyright 2007 Nikkei Inc. / Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.   ←引用終わり

| | コメント (0)

2007/11/20

大都市の地上交通はLRT導入を!川重の「スイモ」に期待します!

先日も、今月末から札幌市で計画中の実用実証実験を報じた。
その中で、大都市内の都市交通とりわけ低床路面電車(LRT)の路線開設への提案も行った。
                         ↓
http://febnet.cocolog-nifty.com/column/2007/10/post_bd27_1.html

ぜひ、上記URLをクリックし、ご覧頂きたく存じます。

あらゆる点で、市内低床路面電車は必要だ。今後の日本の人口動態と構成をよく考えてもらいたい。LRTの必要性と優位性は容易にご理解頂けるものと思います。
都市の景観を害する電線を必要としない「次世代充電型低床路面電車」が何よりも最有力手段だと考える。
絶対に地下鉄だと主張される人は、一度、東京で都営地下鉄「大江戸線」の都心駅を利用されることをお勧めする。そうですね、羽田にも東京駅にも近い「大江戸線・大門(浜松町)駅」を利用してみて下さい。できれば「都営浅草線・大門(浜松町)駅」一応同じ駅です乗り換えできますから、乗り換えてみて下さい。
「コラコラコラム」の指摘が簡単にご理解頂けます。不思議な体験ができますよ。
来春からは、「東京メトロ・千代田線」内を小田急の特急ロマンスカーが通勤電車として乗り入れするようですが、それはそれで東京の西郊外と都心の間を通(痛)勤するお金持ち層には大歓迎されるでしょう。
まぁ、その話は別にしてですね、「大江戸線」の体験をお勧めします。できれば一日乗車券で3駅程度の乗降車を繰り返すと、どこまで深いか「大江戸線」を体験できますよ。
まぁ、「大江戸線」だけじゃなく「南北線」も霞ヶ関界隈は負けず劣らず深いですけどね。

年老いた人達が増加する社会で、深い地下鉄はどうでしょうかねぇ?パリの地下鉄は「銀座線」や「丸の内線」と同じで地上から浅いところを走っています。深い線は郊外直通のニュアンスがありますね。走行スピードも大幅に違いますしねぇ。

ですから、東京以外の中規模程度の都市は、見栄張りして「地下鉄」建設などせずに、利用者に優しい、環境にも優しい「次世代充電型低床路面電車」の導入をお勧めしますよ。
人口動態を考慮すれば、そのうち、バスの運転手も確保できなくなるのですから。

行政に与する人は、社会環境の変化を、よくよく冷静にお考えになった方がいいですよ!

引用開始→ 次世代型路面電車「スイモ」登場 (産経MSN)
2007.11.19 21:55

Fnc0711192155015n1sn開発された「SWIMO」。車載用ニッケル水素電池を搭載し、架線なしの走行も可能だ=兵庫県播磨町
川崎重工業がニッケル水素電池で動く次世代型低床路面電車「SWIMO(スイモ)」を開発、19日に同社播磨工場(兵庫県播磨町)で報道陣に公開した。川崎重工によると、ニッケル水素電池の路面電車開発は世界で初めて。来年度に量産化のめどをつけ、3~4年後には海外展開を目指す。地域交通の確保や渋滞緩和などの切り札として新型路面電車(LRT)が注目されるなか、1回約5分間の急速充電で10キロ以上の走行が可能な新型車両は、普及の起爆剤になる可能性を秘める。

車両名は、英語の「Smooth」などからの造語。3両1編成(全長約15メートル、高さ約3・8メートル、車幅約2・2メートル)で、重さは約30トン。充電池16個が座席下に設置してあり、運転最高時速は40キロ。編成の組み合わせで、約30メートルの5両編成にもできる。乗降口や車内の段差を小さくするなど、バリアフリーを徹底しているのが特徴。

架線のある電化区間などで充電するため、架線の必要のない路線の新設や延伸が簡単で、都市景観を損なわないというメリットもある。ブレーキをかける際に生じる電力を蓄えることで、10キロ程度の距離なら架線なしでも走行でき、大幅な省エネにもつながるという。
同工場に設置した試験線(全長約2キロ)で10月から、1カ月間にわたって走行試験を行い、市街地などの走行に必要な性能があることを確認した。今後は実用化に向け、運転最高速度を70~80キロに引き上げるだけでなく、車両の軽量化や搭載機器の省エネ化などを図り、量産にめどをつける。

同社では、3両1編成のタイプで2億5000万円から3億円を想定しており、開発責任者の奥保政・車両カンパニー技術本部長は「数年先には数十億円規模の事業になる」と説明。走行実績を積み重ねたうえ、3~4年後に海外展開に乗り出す構えだ。

地域交通の確保や都市部の渋滞緩和、環境負荷の軽減などに効果があるとして、LRTが脚光を浴びている。昨年4月には、国内初の本格的なLRTとされる「富山ライトレール」が富山市に開業、堺市でもLRTの事業計画を進めている。

架線のいらない非電化区間を走行できるスイモの実用化は、LRTを導入する際に、従来路線の延伸や新線開業で鉄道事業者や自治体などに幅広い選択肢を与えそうだ。
Copyright 2007 The Sankei Shimbun & Sankei Digital  ←引用終わり

| | コメント (0)

2007/11/19

大阪市長選挙の感想!雑感!想定どおりでしたなぁ~!

いろいろな人、いろいろな立場の方から様々な質問を受けた。

一番面白かったのは、大阪らしい質問で、
「どっちが勝つねん?」、「誰がリードしとるんや?」、「情勢はどないなん?」。
この3点が圧倒的に多かった。
双方の陣営に関わる関係者から情勢の見立てと意見を求められた事もあった。

常に「分かりません。今回は『票読み』が難しいんですワ!」と答えてきた。
ホントに情勢判断は難しかった。
しかし、浮動票の行方を掴んだ方(掴める方)が勝つことだけはハッキリしていた。
それと投票率が勝敗を左右する。

大阪の市長選挙は、低投票率が伝統だった。その場合は、確実に票読みができる。
いわゆる関係者しか投票しないのだから、統一地方選挙を始め、衆議院議員総選挙、参議院議員通常選挙、知事選挙などの得票を分析すれば、ほぼ掴めるワケだ。今回は掴んだ票だけでは話にならない。
なぜか、大阪市長選挙で初めて「争点」らしいモノが登場したからで、そのため、多くの市民の関心を惹いた。そうなると知名度やらという掴み所のない要素が選挙戦で重要要素になる。ところが大阪市民は捻りが好きだから、知名度や人気指数を捉え単純に割り切ることはできない。

関 淳一氏(72)(無=自民・公明推薦)
自民党には逆風(アゲインスト)が吹き荒れている。
公明党への風は、自民党の風と同じか?ここが最大のポイントだったように思う。

平松邦夫氏(59)(無=民主・国民推薦)
民主党には追い風(フォロー)と考えてよい。
国民新党の風はどうか、微風手前状態だったろうか。

姫野浄氏(72)(無=共産推薦)
共産党はそれなりの微風というところか。
社民党はべた凪だろう。

こんな状況を考えれば、民主党には絶対有利と判断できるだろう。
しかし、大阪市議会の議席数(80ほど)で民主党は20議席ほどだ。
自公で70%程度だから、この点を考え、自民党の組織がどの程度稼働するかが読み切れない。また公明党の組織はフル稼働するだろうが、相次ぐ選挙で疲れも溜まり足腰は弱体化している。
すると、どうなるか?
こんな情勢分析をベースに各候補の票を算定するワケだが、市議会各議員の選挙事情も絡んでくるから、本当に読み切ることができなかった。

ここへ市民派を志向する橋爪紳也氏が参戦した。
実は、橋爪候補は、当初、自民党へ推薦を依頼した。
自民党は一本になれなかった。
別に、橋下 徹弁護士を押す勢力もあり、橋下か?橋爪か?で割れた。
次の展開を真剣に考える世代が、橋下か、橋爪かで意見を戦わせる中、「現職優先」現状維持という最も消極的な選択を進める層が依然大きな発言力と勢力を見せた。

この点は、公明党も同じだったのではないか。

関淳一(72)候補も、当初は、自民党は勿論、民主党にも秋波を送っていたように窺える。

この流れを止めたのは、参議院議員通常選挙で民主党が思わぬ勝利を得たことで、大阪府連を中心に「大阪市長選挙で相乗りはしない」と明言(最初は迷言?と囁かれた)。
とはいうものの、秋の入り口では、候補を絞れず口説けずお手上げ状態だった。
「また口先だけやろがぁ、なんちゅうこっちゃ!?」というのが下馬評だった。

大阪の都市政策で、様々な発言を意欲的に繰り広げてきた橋爪紳也氏は、前期で大阪市立大学の教授ポストを投げ打ち、大阪市長選挙への出馬を表明したという構図だった。

自民党(市議)のある層は、橋爪候補擁立へ精力的に動く。一時は、「世代交代やむなし」との流れが出始めた。しかし、民主党の支持を得ることが決定的にできなくなった関 淳一候補は、陣営を挙げて自民党と公明党へのアプローチを猛然と開始。
従来の腐れ縁もあり、自民党はいよいよ割れた。関 淳一候補の側も、自民党の要望を取り入れた政策を組み込み「マニフェスト」を構築する。
この政策というかマニフェストが、選挙戦開始前から大きな批判を呼ぶ結果となり、最後まで意志統一できなかった。

橋爪候補は、研究者の陥穽そのもので、先んじて「自ら信じる政策」を掲げてしまった。政党の推薦を受けるには「政策の擦り合わせ」が最重要要件であるにも関わらず、先行したわけである。これは多分に自信がそうさせたのであろうが、「選挙は素人、政治は素人」であることを露呈してしまった。
一応、自民党との間でご自身の政権公約を述べる場を得たが、色よい返事を得ることはできなかった。「選挙は素人、政治も素人」ぶりを見せたわけだ。

関 淳一候補は、橋爪陣営の動きを十二分に研究した上で、自民党との政権公約協議に臨み、必要な手立てを経た上で「推薦決定」を確立した。

この動きを静かに見続けた民主党は、平松候補の担ぎ出しを図るべく口説き落としに全力を挙げた。そして遂に口説き落としに成功した。

これで18日の投票日に至る流れができ、いわばこの瞬間に、大阪市長選挙の構図が完成したというわけだ。

ここまでくれば、自民党は関 淳一候補で戦う以外に途がなく、公明党にも強制的な共同推薦要請に出たわけで、公明党内には「関 淳一」で勝てるのか?と不満が生じたものと見ている。しかし、国政も大阪市政でも「自公」で手を組み臨んできた事もあり、殆ど腐れ縁を追認する事へ舵を切らざるを得なかった。

自民党の敗北要因は、世代交代を断行できなかった事だ。前回の選挙から、この度の日程は分かっていた筈だ。大阪市政の課題もよく理解していた筈だ。それでも次の候補を探すことはしなかった。現職、関 淳一氏への憐憫もあったろうし能力的にも体力的にもできなかったというべきだろう。従って、最も重要な決戦の時に得意の(無能な)先送りをしてしまった。
足下から批判が起きる候補を変えることができなかった。
「政治は非情なモノである」。「(いまの)自民党は、非情になれなかった」。
小泉の自民党なら、もっとドライに仕切っていたかも知れない。

自民党は大阪では、自らは何もせず、公明党に頼り切った。従って、平松候補の獲得票を分析すれば、自民党からも流れた票(5万票差のうちいくらか)があることを窺う事ができる。よくよく分析することが大切だ。

橋爪氏は8万票余りを獲得した。惜敗とはいえない。完敗である。
自らの論理が正しくても、それが先走ってしまうと、巨大都市の政党政治による民主主義では風は起こせない事を理解されるようお勧め申し上げる。
「政治とは、真にバカバカしいことでも、呑み込む度量が要請される」事を、よくご理解願いたい。

「選挙が始まれば、評論はしない、意見も述べない」、これが「コラコラコラム」の方針である。「選挙の自由妨害罪」に当たらないよう、これまでも言論戦を見守る立場を貫いてきた。今回も同じようにした。

そこで、終わったから、
まぁ、想定どおりの結果になったなぁ~!そやから、言わんこっちゃないやろぉ~!」。
以上の言葉を、全ての質問者へのお答えとしておきます。大阪の友人達への解説です。

余談だが、関 淳一候補は大阪市立大学の卒業者、橋爪紳也候補も大阪市立大学の卒業者、これでもし橋下 徹弁護士が候補になっていたら、大阪市立大学の関係者による戦いになっていたわけだ。加えて、大阪市役所は大阪市立大学卒業者が多くの部門で活躍する面もあり、何のことはないとマスコミから袋だたきの餌食にされたかも知れない。

引用開始→ 大阪市長に平松氏・民主、国民新推薦   (日経NET)

20071118at5c1800a181120071f当選が確実になり民主党大阪府連の平野代表(右)らと万歳する平松邦夫氏(中)=18日、大阪市北区

任期満了に伴う大阪市長選は18日、投開票され、元民放アナウンサーの無所属新人、平松邦夫氏(59)=民主、国民新推薦=の当選が確実となった。現職の関淳一市長(72)=自民、公明推薦=は3選を果たせなかった。(21:25)
Copyright 2007 Nikkei Inc. / Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.  ←引用終わり

引用開始→ 大阪市長選、民主など推薦の平松氏が初当選  (讀賣On Line)

Mm20071118223257688m0yn大阪市長選は18日、投開票され、新人の元毎日放送アナウンサー・平松邦夫氏(59)(無=民主・国民推薦)が、3選を目指した現職・関淳一氏(72)(無=自民・公明推薦)、元共産党市議団長・姫野浄氏(72)(無=共産推薦)、元大阪市立大教授・橋爪紳也氏(46)(無)らを破り、初当選した。

公選制になった1947年以来、同市で初の民間出身市長が誕生する。投票率は43・61%(前回33・92%)で、71年に統一地方選と別日程になって以来、最高となった。

福田政権誕生後、初の政令市長選で、共産党以外の主要政党の相乗りが44年ぶりに崩壊した。

選挙戦は、「職員の厚遇問題」を機に始まった関氏の市政改革が争点になった。平松氏は「市民の手に市政を取り戻そう」と民間出身をアピール。「市民の生活に必要な事業まで削られる」と市政改革を批判し、支持を広げた。
(2007年11月18日22時3分  読売新聞)
Copyright © The Yomiuri Shimbun.    ←引用終わり

引用開始→ 大阪市長に平松邦夫氏 4氏破り当選  (asahi.com)
2007年11月18日22時32分

大阪市長選は18日、投開票され、元毎日放送アナウンサーの平松邦夫氏(59)=民主、国民新推薦、社民支持=が、いずれも無所属で現職の関淳一氏(72)=自民、公明推薦=、元市議の姫野浄氏(72)=共産推薦=、元大阪市立大教授の橋爪紳也氏(46)、人材派遣会社員の藤井永悟氏(31)の4氏を破り、初当選した。助役など市幹部経験のない市長誕生は戦後初めて。関氏が進めた市政改革を見直すかどうかが焦点になる。投票率は43.61%で、前回33.92%を9.69ポイント上回った。

Osk200711180045an大阪市長選で当選を決め、支持者らと万歳する平松邦夫氏=18日午後9時24分、大阪市北区

同市長選は福田政権発足後初の大型選挙。自民、公明両党が推す関氏と民主党が擁立した平松氏の事実上の一騎打ちとなった。自公対民主の対決構図になったことで、各党は「総選挙の前哨戦」と位置づけ、連日、党幹部を投入、国政選挙並みの態勢で臨んだ。

平松氏は長年にわたって助役出身者らが市長を務めてきたことが職員厚遇問題などの温床になったとして「民間から市長を」と訴え、徹底した市政の情報公開を主張。一方で数値目標を掲げて職員削減や歳出削減を進めた関氏の手法を「希望を持てない」と批判し、市役所の職員労組との対話姿勢も打ち出した。

告示日には民主党の小沢代表が辞意表明するなど、当初、党の支援態勢にも影響が出ると見られたが、連合大阪や職員労組が全面的に支援。投票率も前回を大幅に上回り、無党派層の支持も集めた。
(WEB朝日新聞社asahi.com)  ←引用終わり

追加引用紹介:(2007/11/19 2330)
投票前の各陣営の認識を追加紹介します。

引用開始→ 07大阪市長選:あす注目の審判 激戦の選挙運動通じ、主な4候補の手応えは/大阪 (毎日JP)

大阪市長選は18日投票、即日開票される。立候補しているのは、▽元市立大教授、橋爪紳也氏(46)▽元アナウンサー、平松邦夫氏(59)=民主・国民新推薦▽現職の関淳一氏(72)=自民・公明推薦▽元市議、姫野浄氏(72)=共産推薦▽派遣会社員、藤井永悟氏(31)の5人。街頭などで選挙運動を繰り広げてきた4候補の陣営に、手応えを聞いた。【井上直樹、久木田照子、大場弘行】

◇橋爪紳也陣営 竹村徹・事務所事務局長

インターネットのホームページを活用した幅広い情報発信を目指し、マニフェスト(選挙公約)のダウンロード数は約4万8000件に上った。候補者や推薦人が語る映像も配信し、市政に懸ける思いを伝えられた。政策などについて、他候補との違いを書き込んだビラも配り、丁寧に読んでもらえている。市民と街の未来を考える姿勢に共感が広がっている。

◇平松邦夫陣営 森本実・総合選対本部事務総長代行

出馬表明が出遅れたが、街頭に立てば立つほど好感度が上がっている。最終盤はガラス張りの選挙カーで市内をくまなく回り、できる限り多くの人に姿を見せたい。民主党の小沢一郎代表の辞任騒ぎもすぐに沈静化し、ほとんど影響はない。民主議員や連合大阪などもフル回転し、現職と横一線に並んだという感触だ。浮動票の行方が勝敗を決めるだろう。

◇関淳一陣営 武智虎義・選対事務局長

今回の選挙は思いもよらない対決的な選挙で、かつてない激しいものになった。動きとしては出遅れたが、われわれは市政改革をやり遂げる不退転の戦いと位置づけ、自民、公明両党の熱心な選挙協力もあって後半は納得のいく戦いを進められたと思う。市民も改革が必要だという主張を徐々に理解してきてくれており、最後まで必死の訴えを続けたい。

◇姫野浄陣営 福井朗・「大阪市をよくする会」事務局長

6月の出馬表明以降、本人や支持者が有権者と対話する「100万人作戦」を展開してきた。選挙戦でも市内全域の街角で繰り返し演説をしており、今回初めて行ったミナミのアメリカ村では、予想以上の数の若者が足を止めてくれた。大型開発や同和対策事業などを見直し、税金の無駄遣いを省くとの主張を直接伝えることで、支援の輪が確実に広がっている。

◇以下中略◇

◇立候補者(届け出順)

橋爪紳也(はしづめ・しんや) 46 無新

[元]大阪市立大都市研究プラザ教授[歴]京都精華大人文学部助教授▽大阪市立大大学院文学研究科助教授▽雑誌「大阪人」編集委員▽法善寺横丁復興委員会専門委員▽阪大院

平松邦夫(ひらまつ・くにお) 59 無新

[元]アナウンサー[歴]毎日放送北米支局長・ソフト企画局チーフプロデューサー・役員室長▽同大=[民][国]

関淳一(せき・じゅんいち) 72 無現(2)

市長▽医師[歴]大阪市立大医学部助手・講師▽市立桃山市民病院副院長▽市立桃山看護専門学校長▽市環境保健局首席医務監・環境保健局長・助役▽大阪市立大=[自][公]

姫野浄(ひめの・きよし) 72 無新

[元]市議[歴]松下電器産業社員▽松下電器産業労組十三支部書記長▽市議会民生保健委員長・環境対策特別委員長▽共産党市会議員団長・府委員▽大分工業高=[共]

藤井永悟(ふじい・えいご) 31 無新

派遣会社社員[歴]情報機器メーカー社員▽大分大

(本人の希望で写真は掲載しません)

毎日新聞 2007年11月17日
Copyright 2007 THE MAINICHI NEWSPAPERS All rights reserved.  ←引用終わり

| | コメント (0)

2007/11/18

舵取りが難しい「パキスタン」情勢!?

国際社会は、その舵取りの困難度において、現在のパキスタンは極限に近い段階へ向かう。

Pknationalflagパキスタンが「核兵器保有国」でなければ、とっくに「米国」により踏みつぶされていた事だろう。
幸か不幸か、パキスタンは「核兵器保有国」である。
加えて、米国の天敵「イスラム原理主義者」との戦いで最前線に立っている(と考えている)こともあり、取り敢えずは繋ぎ止めておく事が最前提だ。
しかし、「米国」の国内世論は「民主主義」を軸にした政権でなければ、友好な関係を評価しない。従って、場合と状況に因れば「撤収」することも考慮に入れなければならない状況に追い込まれかねない。

「米国」は右手で「戦争」を主導し、左手で「民主主義」を主導するという、なんとも相反した「政策と戦略」を強いられているワケで、つまり矛盾した論理の中での状況打破を考え展開しているワケだ。
これでは、自国領土以外で展開する長期戦を戦えるワケがない。

「米国」は、正面戦において、戦力では戦う相手を圧倒する事はできるが、「ゲリラ戦」へ持ち込まれると、戦術面でも戦力面でも一気に見劣りする。
何よりも、「社会的価値観」を支える「宗教律」に大きな軸足がある社会を根源から理解することはできない。
その点で、「米国」は、1960年以降、完全に勝利した戦いはない。
できないのである。
「米国」は相手が持てない「戦略兵器」を圧倒的に保持すれば、それを動員する事により「戦いには必ず勝てる」という論理だが、絶対的価値観が異なる相手に対処するには難しい。
「イスラム原理主義者」との戦いは「宗教的価値観」を含めた戦いだから、「兵器」やその「戦術」だけでは戦えない事を悟るべきだ。

ここにきて、「パキスタン」情勢が不透明になるに伴い、いよいよ「その観点」による検証が不可避となった。
しかし、「米国」議会と世論は、常に流動的である。「民主主義」の原則を守れない「パキスタン」に対し批判的である。この側の声が大きくなると「イスラム原理主義」との「戦争」を止めなければならない。

そして、何年か後に「アフガニスタンとパキスタンへの介入は(その当時の政権による)政策の誤りだった」から「自分達には罪はない」と、平然と言い放つのである。
「米国」は、「ベトナムの解放戦争へ介入したのは(その当時の政権による)政策の失敗だった」と平気で知らない顔をする。
「米国」が掲げる「民主主義」というものは、実に都合のよい、ご都合主義で、テメー勝手な話に過ぎない事を世界は肝に銘じ弁知しておく必要がある。

さて、「米国」は「パキスタン」に対しどのような政策を打ち出すか?
ムシャラフ大統領の側にすれば、ここまで追い込んだくせに「煩い、蝿のような奴らだ」と考えている事だろう。
それなら、「イスラム原理主義者」と手を組めば、「実に簡単に困難な状況を打開できる」と決断するかも知れない。
そうすれば、ムシャラフ大統領にとり、ブット元首相は相手にする必要がない。米国は、いきなり友邦から敵対国家へ大逆転となり、経済的困難(どうせGDPは低迷したままだから)は別にしても、それはそれでよいと考え決断すれば、一挙解決なのだ。

引用開始→ 非常事態宣言解除、米国務副長官がムシャラフ大統領に要求  (讀賣On Line)

【イスラマバード=佐藤昌宏】パキスタン訪問中のジョン・ネグロポンテ米国務副長官は17日、首都近郊ラワルピンディの陸軍施設で、ムシャラフ大統領と会談、非常事態宣言の早期解除を強く求めた。

副長官は前日には野党指導者ベナジル・ブット氏と電話会談した。米国にとって、核保有国であるパキスタンの安定は最重要事項の一つで、隣国アフガニスタンでの対テロ戦争遂行にもムシャラフ氏を中心とした安定政権が不可欠だ。このため、米国は、非難の応酬で剣が峰に立つ「ムシャラフ―ブット連合」の維持に向け、両者の説得を試みている模様だ。

3日の宣言発令以降、米政府高官のパキスタン訪問は初めて。関係者によると、ムシャラフ氏との会談は2時間に及んだという。

中身は明らかにされていないが、外交筋などがAFP通信に語ったところでは、副長官は、非常事態の早期解除に加え、兼務する陸軍参謀長辞任、下院選を2008年1月上旬に予定通り実施することなどを要求。これらが守られないなら、軍事支援を含めた援助を見直す可能性にも言及したという。

これに対し、ムシャラフ氏は「法と秩序が回復されない限り、解除できない」と返答したとされる。

米国は「『テロとの戦い』でムシャラフ氏に代わる人物はいない」との評価を現在も変えていない。しかし、ムシャラフ氏は17日、二つの民放テレビ局を放送禁止にするなど依然として強硬措置を続けている。非常事態が長期化すれば、ブッシュ政権は民主化を停滞させたムシャラフ氏をかばいきれなくなる恐れがある。

また、1人の親米派への依存は本来、高いリスクを伴う。将来的にパキスタンを民主化へ軟着陸させ、さらに安定させるためにも、現在の政治混乱を最小限に抑え込みたい考えだ。

しかし、米国などの後押しで実質合意にこぎ着けた「ムシャラフ―ブット連合」は破綻(はたん)寸前との見方も広がり始めている。

ブット氏が16日、「ムシャラフ氏と民主主義への行程を話し合ったこともあったが、彼の出した結論は『戒厳令』だった」と記者会見で語ると、ムシャラフ氏もBBCラジオに対し、ブット批判を展開した。

イスラム原理主義勢力の影響がちらつくパキスタン政界で、ブット氏のパキスタン人民党(PPP)は数少ない世俗派であり、ムシャラフ政権の補完勢力としては「最適任」というのが米国の立場だ。副長官は16日の電話会談で、「穏健派諸勢力の協力が重要」とブット氏にも説いた。

ただ、米国は、ブット氏単独では、パキスタン軍部を抑えきれないと見ている。軍部に信用のないブット氏は、2度にわたった首相在任中、1度として国内の核兵器施設訪問を許されておらず、2度目の首相時代は、外交への関与も許されなかったからだ。

「ムシャラフ―ブット連合」が完全に崩壊すると、ムシャラフ氏側は、基盤強化を図る余り、原理主義政党「統一活動評議会(MMA)」に協力を仰いでしまう可能性もある。このため、米国としては何としても「連合」をつなぎ留めたいところだ。
(2007年11月17日23時15分  読売新聞)
Copyright © The Yomiuri Shimbun.    ←引用終わり

| | コメント (0)

2007/11/17

ナマのベトナムが分かる、週刊ベトナムニュース第141号

ウィークリー・ベトナム・ニュース  
■ 平成19年11月17日 土曜日 第141号
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■ こんにちは!!

Vnnationalflagいつもお世話になっておりますベトナム ニャットアインの安田です。

今日もここ一週間のベトナムの主なニュースをご笑覧下さい。

翻訳は直訳とせず、日本語に馴染む意訳としておりますので、ご注意下さい(笑)また、訳者の独断と偏見を交えた辛口寸評を入れてみました。内容が片寄り、言葉が多少過ぎる箇所も多々あろうかと存じますが、これもベトナムを愛するゆえの諫言とお許し下さい。

誤字・脱字はご愛敬ってことでお願いします<(_ _)>

尚、記事の転送は営利目的以外なら原則自由ですが、自己責任において行い、その中で被った被害・損害に対し筆者は責任を負えませんのでご了解下さい。

ベトナム・ニュース その141 今週のヘッドライン

* 11月12日(月) ウィルス性食中毒 北部で猛威
* 11月13日(火) 越大統領 日本公式訪問を前に
* 11月14日(水) 熱い視線を送る米通商使節団訪越
* 11月15日(木) わっ!ワニが逃げ出した!!
* 11月16日 (金)   13年間に及ぶ虐待からの脱出
* 11月17日 (土)  コレラ事例頻発で苦慮する北部ベトナム

11月12日(月) ウイルス性食中毒 北部で猛威
*処置は複雑な急性下痢も管理下に置けると保健省健康予防課のグエン・フイ・ガ課長は週末の会合で語った。この病気は現在、11の自治体に拡散し、400の感染症例が確認されている。内8割の患者が感染前にエビのパテを食した事が解っている。しかしながら、ハノイ市において感染者の数は現在 劇的な減少の一途を辿りつつあるという。感染の主な原因は安全な食品でないものを接種したことにあり、今のところ汚染された水や人感染の症例は見られないとガ課長の談。

会合で、保健省チン・クアン・フアン副大臣は、各自治体に対して汚染地域の消毒を徹底するよう要請し、衛生感冒中央研究所へは、今回の感染症の原因となるバクテリアの分析と特定を引き続き急ぐよう申し送りをした。保健省は今後とも汚染地域に医療団を派遣し、消毒の監視と医療処置の援助を引き続き実施する模様で、各自治体は感染者の監視と患者リストの最新情報を省に提供するように求めた。衛生感冒中央研究所所長のグエン・チャン・ヒエン博士は、同研究所は既に急性下痢を世界保健機関に報告を済ませると共に支援を要請したと語った。グエン・クオック・チュイウ保険相は、一昨日、ベトナム政府は、この病気で苦しむ患者に無料の医療処置を行うことを決定することとなったと発表した。

この病気に取り組むため、ハアタイ省はこれまでに医薬品代や汚染除去化学製品代或いは4トンに及ぶクロラミンB代として4兆ドンを投入したという。同省は7人の医師団を省内14の地域に派遣し予防の監視や食品工場内での食品製造工程の査察と指導を行っている。バックニン省では、地元の医師や看護師に対してこの病気の処置方法を指導する訓練コースを設け対応に当たったり、ホットラインを設け感染が疑わしい人からの連絡を受け付け即応体制を整えているとのこと。この感染症は今から二週間前に、北部ニンビン省の83歳の老女から発見された。医療専門家に拠れば、急性下痢をもたらすバクテリアは、食品や水がきちんと殺菌され調理されていれば死滅するものだという。

(辛口寸評)
この感染症、ベトナム北部一帯で流行っている。うちのハノイ支店のスタッフもこのところ軒並み感染しており、業務に一部支障を来たし始めている。どうやらノロウイルスの亜種のようだが未だ特定はなされていない。ノロウイルスの場合、冬場、二枚貝などを食べて引き起こされることが多いが、ベトナムのそれは生野菜が主な感染源だという。食べてから症状が出るまで凡そ1~2日で、主な症状は激しい下痢・発熱・吐き気・嘔吐・腹痛などに見舞われる。症状が出て2~3日もすれば体調は回復するが、下痢などでお尻がただれたり脱水症状を引き起こすこともあるので、注意が必要だ。予防法は食材を良く加熱して調理する他、手だてはない。勿論、調理前の手洗いの励行は必須。兎に角、ウイルス性食中毒の一種なので、回復を待つしか他無いが、間違ってもこの時期に勘違いして虫下しなど飲まないようにしないと下痢を促進しかねないから注意が必要だ。

11月13日(火) 越大統領 日本公式訪問を前に
*グエン・ミン・チエット大統領が期待している日本訪問は、越日二国間関係拡大を促進するものであるとする談話を同大統領は月曜日、ハノイで発表した。チエット大統領は11月25日~29日の5日間、日本を訪問し、福田康夫首相との会談及び天皇皇后両陛下との謁見が予定されている。同大統領は日本のテレビ局とのインタビューで、ベトナムの経済発展と成長に日本の投資が重要な役割を担っているいることに感謝の意を示し、事実、日本は現在東南アジア域内において5番目に大きな外国直接投資規模を誇っている。

ベトナムは日本から特にハイテク産業分野での投資を期待しており、低所得国の汚名を返上するためベトナムは努力邁進し、行政改革の断行、そして外国投資環境整備に力を注入。そして熟練工の育成・技術力の向上・インフラ整備など最優先課題として取り組んで行きたいと大統領は結んだ。

(辛口寸評)
日本の対越ODA拠出総額は今年1000億円余りで、全体的にODA拠出削減傾向にある中、断トツの伸びを示している。主に、ベトナムに流れてくるODA資金はインフラ整備に費やされる。記憶に新しいところでは今回、カントーで起きた痛ましい架橋崩落事件で一躍有名になったカントー大橋建設などがその好例である。11月のチェット大統領の訪日で間違いなく、この事故に対する何らかの話し合いがなされるだろう。事故調査委員会の報告書もこの頃には仕上がりを見せ、日本政府との交渉カードとして準備されるに違いない。カントー大橋事故の賠償は基本的にベトナム政府が行うので、日本政府にそれを要求されるようなことはないだろうが、その代わり今回、崩落した部分のやり直し工事代金のツケはしっかり日本側に回され、これまで越日間で暗礁に乗り上げていた未解決の数々のODAプロジェクト案件を日本が合意するよう求められ、且つ、来年のODA対越予算の増額の上積みを強いられることとなるだろう。

今回のチエット大統領日本公式訪問には筆者の取引先の社長もベトナム経済界代表団のひとりとして随行予定だ。日越でどのような話し合いがなされたのか、ベトナムに帰還後、改めて伺って見ることにする。

11月14日(水) 熱い視線を送る米通商使節団訪越
*11月4日から8日に掛けてベトナムを初めて訪れた米通商使節団に加わった企業の代表者は、ベトナムのビジネスチャンスの機が熟してきていると語った。「今回のベトナム訪問はビジネスの見地から言えば、非常に有益なものとなり印象的でした。」とロックウエル社戦略開発部副部長のブルース・M・クイン氏はいう。訪問前半、米企業代表たちは、ベトナムの政治指導者及び各省庁の高官たちと会見する機会を得た。「ベトナム政府は市場の自由化に興味を持ち続けており、外国投資を積極的に呼び込む努力を怠らない姿勢は賞賛に値するものです。」とクイン氏。

ロックウェル社のような工場自動化の牽引的供給先にとって、ベトナムは高い経済成長と約18%の工業生産成長を誇る魅力的な市場である。今日、ベトナムは世界中の企業かたちから熱い視線を送られており、事実、経済成長率ひとつとってみても言を待たぬ明らかだとクイン氏は語り、昨今、ベトナムの工業団地や特別加工区などに挙って拠点を設ける企業数は増大の一途を辿り、インフラ整備のスピードも企業家を満足させるレベルに達していると付け加えた。
ベトナム繁栄の可能性を心に描き、クイン氏はロックウェル社の長期戦略はベトナムに集う世界中の投資家たちを支援し続けることであると再確認し、同社は今後、いくつかのベトナムの大学との連携を計画し、ベトナムの製造業にも投資することになるだろうとしている。

これに先立ち、米国商務長官グーティエレズ氏は今回の米通商視察団の訪越は米越関係強化、特に経済分野に役立つものとなり、そしてアメリカ産品の東南アジア市場への輸出を促進するだろうとベトナムメディアに語った。11月6日ハノイで“新興躍進の越日関係”のテーマので開催された会合で、在ハノイ米経済問題カウンセラーのアラン・トウイグナント氏は、ベトナムは更に法的枠組みを整備し、その実施能力を構築することが問われているものの、今もアメリカにとって有望な投資先国であると述べた。アメリカ企業は現在、ベトナム市場での事業拡大を鋭意邁進中であり、開かれた世界経済と融和し続けているとトウイグナント氏は付け加えた。

ベトナムのファム・ザ・キエム副首相は、越米の人々と企業間で交換プログラムと対話を強化するための研究会の組織化を歓迎した。
越米二国間通商協定を実行し6年、振り返ると経済と商業の結びつきが大きく前進したのが印象的だとキエム副首相は述べた。

(辛口寸評)
ここ半年足らずの間にも、ホーチミン市のオフィスレンタル需要はぐんぐん高まりを見せており、とうとう市内中心部で賃料一平米当たりUS100$の大台を乗せたところまで現れたそうだ。供給が需要に追いつかないでいることもさることながら、ベトナム投資に幾分乗り遅れて来た感があるアメリカ企業が、このところそれを取り戻すかのように積極的な拠点作りを大挙して行っており、資金力にモノを言わせ、絶好のロケーションを確保するためには、相手の言い値でも“場”を押さえ歩いているのも価格上昇に拍車を掛けているとのことだ。それが出来るのも、アメリカのお家芸とも言える金融関連企業がベトナム投資の牽引的役割を果たしているからなのだ。

11月15日(木)  わっ!ワニが逃げ出した!!
*先週、土曜日、カインホア省の養鰐場から逃げ出した数百匹のワニを当局が射殺したという。中部地域を襲った破壊的な洪水が、カンヴィン区内ヤンベイ養鰐場の二つの檻を壊し、中で飼われていたワニが逃げ出したのである。養鰐場の関係者と自治体当局で力を合わせ逃げたワニを捕まえようと何度も試みたものの、押し寄せる洪水のパワーで最近、檻の入り口を強化したにも拘わらず他の檻も壊され、更に多くのワニが逃げ出してしまった。逃げ出したワニの多くは近くの小川に潜んで行った。日曜日、午前9時に一匹目のワニを射殺した。
その体重は約200キロにも達し、8人一組となりその死骸を陸地に運び上げたという。当局の話しに拠れば、日曜日一日かけフルスケールでワニ狩りを行ったそうだ。養鰐場を運営しているカンヴィエット社は、逃げ出したワニを捕まえた人に懸賞金を出すと発表した。同養鰐場では約5000匹の鰐を飼育しており、内500匹が成獣とのこと。

カインホア省人民委員会のヴォ・ラム・フィ委員長が養鰐場に到着し狩の指揮に当たっている。フィ委員長は関係諸機関に一週間のワニ捕獲期間を与え、その任務を遂行するためにあらゆる資源の利用と知力を尽くすよう依頼した。亦、同委員長は養鰐場に対し、早急に残りの檻の入り口を補強し、飼育中のワニが逃げ出さないよう命令した一方で、当局には小川や河川に逃げ出したワニが人や家畜などを襲うことの無いよう監視を強化するよう要請した。ヤンベイ養鰐場に拠れば、逃げ出したワニの総額は約1千億ドン(63000米ドル)と発表しかし、今後更に試算総額は増える模様とのこと。ワニに詳しい専門家筋に拠れば、ワニは人にとって危険なだけでなく環境にも悪影響を及ぼす為、関連各機関は速やかに行動を起こし、人々に注意寒気を行うべきだと訴える。森林保護公社職員ド・クワン・トウン氏は、人命保護の観点から当局は逃げ出したワニを撃ち殺す権利を有していると語った。

(辛口寸評)
上の記事と直接関係はありません。興味の無い読者は飛ばして下さい。ベトナムに初めてやってきたとき、ベトナム人の日本語通訳の女性を雇った。その際、何かの拍子に筆者は「ベトナムにワニはいるのですか?」と尋ねてみた。すると彼女は、何をいまさらこの人はとでもいったような表情でこちらを見て「もちろんです。」ときっぱり答えた。
自分の無知が恥ずかしくなり、ものはついでと開き直って彼女に「ベトナムにワニはどこにいますか?」と畳み掛けると、彼女は鼻息を荒くして一言「動物園!」と言い、僕はそのままずっこけた。ワニが逃げた話題で当事者には申し訳ないが、昔話を思い出してしまった。

ところで、ホーチミン市の外れビンチユへ行くと、ワニを食べさせる店が点在する。市内中心部から車で30分くらいだ。お店で飼育をしているため、生きたワニを見ることも出来る。ワニのステーキ・ワニのサラダ・ワニの和え物・ワニの唐揚げ、総てワニ尽くしだ。お味はというと、結構あっさりして淡泊。それほど他の肉と違和感は感じさせない。
ただ、この味はどことなく蛇肉にも似ている。ビンチユへ行く手前にタンダというところがあるのだが、ここらは蛇料理で有名で、以前、騙されて連れてゆかれた時に知らずに蛇を食べたのだ。美味かったが、後から蛇と聞いて二日間、食べ物が咽を通らなかった覚えがある。

11月16日(金) 13年間に及ぶ虐待からの脱出
*ハノイ市警は今週水曜日に13年間に渡り少女を監禁し虐待し続けてきた夫婦を逮捕した。市警はタンスワン区のチュ・ミン・ドックとチン・ハン・フォンの自宅に午前9時45分に踏み込み強制捜査を実行した。二時間に渡る捜査で、捜査官たちは1994年以来、加害者が今年21歳になる被害者のグエン・ティ・ビンさん虐待用に使用してきたと思われる電気ケーブル、ハサミ そして二本のムチを押収した。
捜査官らが昨日、タンニエン新聞に語ったところに因れば、二日間に渡り加害者の夫婦を締め上げ、最終的に、被害者のビンさんが彼らの経営するうどん屋で働きだした8歳から虐待を繰り返していたことを認めたとのこと。

捜査当局の話では加害者たちは当初、躾のための行為で虐待を否認していたが、捜査進展の結果、事実は虐待は凄惨を極め、恒常的にビンさんを殴るばかりでなく、熱湯を浴びせかけたり、跪かせて口の中めがけて蹴り上げたりしていたという。当局は加害者に対する犯罪容疑は長期に渡る虐待で少なくとも7年の懲役に処せられるとの見方を示したが、取り調べは今も進行中とのこと。グエン・ティ・ビンさんは1986年に北部フートー省でシングルマザーの子として誕生し、8歳まで母親と過ごした。その後、ハノイへ奉公に出され、チュ・ミン・ドックとチン・ハン・フォンが経営するうどん屋で働き始めたのだった。以来、ビンさんは彼らから毎日虐待を受けて来たのだが、黙って人知れず耐えて来た。今回、事件が日の目を見たのは10月半ば隣人のハ・ティ・ビンさんが被害者をハタイ省の農家に保護し匿ったことで発覚したものだった。

火曜日にタイニエン紙に掲載されたグエン・ティ・ビンさんの試練を知って、多くの人々がビンさんに同情する一方、残忍極まりない夫婦に憎悪の心を燃やした。近所の多くの人々は逮捕現場へ駆けつけ夫婦の逮捕の模様を眺めていた。逮捕劇が始まる刹那、加害者で妻であるフォンは道行く人々に泣きながら無実を訴えたものの、人々は、無視するだけでなくそんな泪があるのならなぜ可哀想なビンさんに憐憫の情を捧げなかったのかと口々に囁きあい嘲笑していた。亦、逮捕現場ではフォンの義父が、インタビューに答え、「嫁は儂をもよく殴りつけて来ました。」と語った。それにしてもこの様な虐待が13年もの間、人知れず行われてきたことに対し、人々は疑念を禁じ得ないでいる。地元当局者は、知らなかったと言うが、タンスアン区子供ケアセンターの職員に拠れば、当局は知っていても介入したがらないのだと語ってくれた。

(辛口寸評)
ベトナムも経済発展と共に少しずつ社会が病んで来ているのだろうか。それとも、この事件はあくまでも加害者の破綻した精神構造がなせる技だったのか。いずれにしても、今後、この手の犯罪はこの国が物質的に豊になるに従って増殖するのは紛れもなかろう。さて、今日は一般的なベトナム人のメイドに対する接し方について書いてみたい。日本で、お手伝いさんを雇うなんて話は殆ど聞かれない。仮にそんな家があったとすれば、そこは中流ではなく、昔からの名家で、大きな屋敷を構え、広大な資産を持つところか、或いは新興なら上場大手企業の役員クラスのイメージでしかないが、ここベトナムでは中流であれば、メイドを雇うことは極ありふれて日常の一こまでしかない。
しかも一軒の家で複数のメイドを雇うケースもよくある話だ。

そこで、ベトナム人雇用主がメイドとの距離をどのようにとっているかというと、これが驚くべきことに、同じ家の中でありながら、内と外があり、それらを完全に使い分けているのだ。それこそ、メイドたちは朝5時には起床し、近所の市場に買い出しに出掛け、戻れば直ぐに朝食の準備に取りかかり、家人に食事を摂らせた後 洗い物。洗濯をしつつ各部屋の掃除、洗濯物を干し終わった頃に今度は昼食の支度。昼食後は後片付けを済ませ、掃除の続きを行い、洗濯物を取り込み、夕食の準備、後片付けが終わって、洗濯物のアイロン掛け、就寝時間は午後11時くらいで漸く一日の労働から解放される。

これだけ働けばそこそこの収入になるかと言えばさにあらず、一ヶ月ベトナム人家庭の平均で行けば、80万ドン(約5700円)ほどでしかない。その上、雇用主の食事のサーブも仕事のひとつなので、当然、彼女らの食事はその後になり、しかもご飯やおかずは総て残り物といった案配だ。普通の日本人が聞けば人権侵害も甚だしいだろうが、メイドになる多くの女性たちは貧しい田舎から出稼ぎで送られて来る。仮に実家にいたとしても、農作業などもっと過酷な労働と時間を強いられることになるし、ホーチミン市では残飯でも、彼女たちにとっては“ご馳走”なのだ。この事をベトナム人の雇用主もよく解っているので、苛めている意識は針の穴ほどもないのである。ちょっと日本人には間の取り方が難しいが、ベトナム人は他人に対し情を移すことの危険性も弁え間を取っているといえるのかも知れない。

さて、記事に戻ろう。この日の夕方のニュースでも、この話題が採り上げられていたので、注意深く画面を追って見ると、このカップルの虐待の凄まじさに目が点になってしまった。被害者のビンさんの身体がスクリーンに映し出されていたのだけど、身体のほぼ3分の2が、築地市場でマグロを引っかけるようなカギ棒で無数にえぐり取られており、下腹部を何度も蹴られてきた結果、膀胱が麻痺し、尿の調節が出来なくなってしまっていた。もちろん歯も殆ど無い。これは懲役8年でも許されぬと家のかみさんも激しく憤っていたほどだ。

11月17日(土)  コレラ事例頻発で苦慮する北部ベトナム
*北部ベトナムで発生したコレラにより200名の人々が影響を受け、過去三年間において初の高い水準を記録した。グエン・クオック・チユ健康相曰く1500名が急性下痢疾患に悩まされ、その内200名にコレラ菌の陽性反応が見られたとのこと。急性下痢疾患の異常発生は10月23日以降、ベトナム北部13の自治体を苦しめている。これら自治体で前回コレラが発生したのは2004年で、それ以来のことだという。現在のところコレラによる犠牲者は出ていない。国立衛生感染医学研究所のグエン・チャン・ヒエン所長は、流行が早くコレラ特有の症状を伴い同じ時期に多くの場所で動じ発生していると述べ、急性下痢についてはそのピークは過ぎ、ハノイの患者数も減少傾向にあると話した。とは言え、他の自治体で発生した感染症総てをコレラと診断するのは難しいとも。何故ならコレラは汚水や傷んだ食品を摂取することによって感染するからだ。

最初の週でコレラに感染した総ての人々はエビのパテを食べた事に起因するが、その他の患者はエビのパテとは別ルートで感染しているとヒエン所長は指摘し、最近のテスト結果から水・生野菜はおろか、キッチン用品、それにダイニング用品からもコレラ菌が検出された。
水道水は綺麗だが、日常生活において消毒及び衛生面に注意するよう促した。腎不全と激しい脱水症状で死に至る最たるものがコレラで、この感染症拡大を抑える為にベトナムはワクチン摂取を国民に呼び掛ける必要があるものの、あくまでもそれは二次的な措置としてであり、最も重要なのは国民に対し公共衛生について教育を施し人々に感染症の理解を深めて貰うことだとヒエン所長は語った。

今年に入りベトナムは72500人に感染し64名の犠牲者を出したデング熱を含む数々の感染症と戦ってきた。鳥インフルエンザは4名の犠牲者を出し、昨今では豚の間に感染が広がっている“青耳病”の報告も当局に上がっている。

(辛口寸評)
ベトナム応援団としては、余りこの手の話題を俎上に乗せたくはないのだが、隠していてはこの先、より深刻な事態が生じたとき余計問題が拗れかねないので、ここは一番 掲載することにした。先週も、急性下痢が北部ベトナムで蔓延しているとの話題を提供したが、どうやら伝手を辿って話を纏めてゆくと、急性下痢=コレラだったのでは?という現実味を帯びた話が濃厚になりつつある。しかも、日本人にもコレラ感染者が出たようだ。幸い、この方は直ぐに隔離され、隔離前にこの方とコンタクトのあった人々に対する検査も既に行われているようで、これ以上、在留日本人感染者はいないとの事である。いずれにせよ、各家庭では、これまで以上に口にするものを吟味し、消毒・殺菌に心懸ける必要に迫られることだろう。コレラとなれば致死率も高くなり厄介なので、十分注意したい。

以上 

| | コメント (0)

2007/11/16

パキスタン情勢の展開次第で、世界は「核流出」緊張の瀬戸際に!

Pknationalflag国際社会は、パキスタン情勢が緊張し続けている事を、よくよく理解しておく事が大切だ。いま、国際社会は、パキスタンの「核兵器流出」という瀬戸際に立たされている。
これは、北朝鮮で「金正日の体制がどうこうというレベル」の話ではない。
いま、そこにある「核兵器流出の危機」そのものと言える。

ムシャラフ大統領が、体制を死守できるか?
仮に、倒されても、パキスタンは混乱なく「核兵器」流出を防げるか?
パキスタン内の、イスラム過激派は、どう出るか?
国際社会は、どのような態度で臨むか?
パキスタンは、パキスタンである。どこまで行ってもパキスタンである。
パキスタンは、「パキスタン・イスラミック共和国」である。
決して、米国ではないし、欧州連合でもない。

ハラハラしながら、日本から見守るしかできない事がとても悲しい。

引用開始→ ブット元首相の軟禁を解除 パキスタン治安当局  (asahi.com)
2007年11月16日09時26分

パキスタン治安当局は16日、野党パキスタン人民党総裁ブット元首相の軟禁を解除した。米国のネグロポンテ国務副長官のパキスタン訪問を前に7日間の拘束命令を3日間に短縮した。ブット氏はムシャラフ大統領の辞任を求めてほかの野党指導者との連携を深めており、軟禁解除後も反ムシャラフ政権の動きを加速するとみられる。

ブット氏は非常事態宣言を出したムシャラフ氏に抗議する大規模行進に参加するため訪問していたラホールで13日未明、亡命先からの帰国後2回目となる軟禁下に置かれていた。ブット氏がネグロポンテ米国務副長官と会うかどうかは未定。
(WEB朝日新聞社asahi.com)  ←引用終わり

引用開始→ パキスタン混乱拡大、米に誤算・国務副長官を派遣  (日経NET)

【ワシントン=加藤秀央】非常事態宣言下のパキスタン情勢が迷走、そのはざまで同国が保有する核が流出する事態に米国が警戒を強め始めた。対パキスタン政策の誤算が広がり「民主化」「テロ対策」「核不拡散」という米ブッシュ外交の柱が崩れかねない状況の中、16日にもネグロポンテ国務副長官を派遣。対テロ戦争の橋頭堡(きょうとうほ)であるムシャラフ大統領の体制を持続しつつ事態収拾への“軟着陸”を探る。

「核を持つ政権が混乱に巻き込まれれば、常に大きな懸念」(米軍統合参謀本部のハム中将)

「混乱で核拡散の懸念は高まった」(オルブライト米科学・国際安全保障研究所長)――。

米国でパキスタンが保有する核への懸念が急浮上する背景には、隣国インドへの情報漏れを恐れるパキスタンが関連施設の所在や数を極力秘匿してきたという事情がある。米軍もその詳細を完全には把握できていないと伝えられる。(07:03)
Copyright 2007 Nikkei Inc. / Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved. ←引用終わり

引用開始→ パキスタン下院の任期満了、選挙戦が事実上スタート   (讀賣On Line)

【イスラマバード=佐藤昌宏】パキスタン下院は15日、任期満了を迎え、16日には選挙管理内閣が発足する見通しで、各党は2008年1月上旬に予定される投票日に向け、事実上の選挙戦に入った。

15日付パキスタン各紙には、最大与党パキスタン・イスラム教徒連盟カイディアザム派(PML―Q)によるパキスタン人民党(PPP)総裁、ベナジル・ブット元首相批判の広告が掲載されるなど、政党間の駆け引きも活発化している。

「この17年間にいろいろな変化があったが、ブット(氏)だけは何も変わっていない」――。PML―Qは新聞広告で、ブット氏が1990年に首相を解任された直後、「(先進国や国際機関から)パキスタンへの軍事、経済援助を止めて、政府を締め上げるべきだ」と米国の上院議員にあてた手紙のコピーを載せ、ブット氏に「売国奴」のレッテルを張った。同党は今後も、毎回500万ルピー(約1000万円)の費用をかけ、ブット氏や人民党に対するネガティブキャンペーンを展開する方針という。

PML―Qは、ムシャラフ大統領がブット氏と「政権の共同運営」で実質合意しているため、人民党と連立を組む可能性がないわけではない。だが、両党関係はもともと険悪なうえ、PML―Q内には、「下院選で議席を減らせば、人民党に首相など重要ポストを奪われかねない」といった危機感が強い。

ムシャラフ大統領は15日中にも暫定首相を指名するが、現在浮上しているのはPML―Q所属の上院議長らで、野党側は「中立な人物でなければ、公正な選挙は保証されない」と反発している。
(2007年11月15日23時0分  読売新聞)
Copyright © The Yomiuri Shimbun.    ←引用終わり

| | コメント (0)

2007/11/15

稲尾和久さんの死を心から悼む!

野球の面白さ、野球の不思議さを見せてくれた大投手「鉄腕稲尾」。
遂に、「神様、仏様、稲尾様」と言われた人が、本当に「仏様」になっちゃった。

福岡を舞台に活躍された頃、日本経済の戦後復興を支える「北部九州」は活気に溢れていた。
今は、発展成長するアジア経済を睨んだ巧みな産業構造への転換もあり、またもや活気に満ちている。
大投手「稲尾和久」さんは、当時の九州の勢いを表徴する人だった。
それは、九州の誇りともいえる、「西日本鉄道(=西鉄)」の球団「西鉄ライオンズ」の一員として、向かうところ敵無しのような、あるいは(噂どおり)破天荒なチームが、当時のエネルギーを代表していたからかも知れない。

西鉄の電車は、その頃も今も福岡(天神)と大牟田を結んでいる。西鉄のバスは、福岡を中心に北部九州を隈無くネットワークしている。

その電車とバスに運ばれ、今は姿形もなくなった福岡城址の「平和台球場」へ足を運び、自分の人生を賭けたかのように「西鉄ライオンズ」を応援した(と聞いている)。

三原 脩監督に率いられた「西鉄ライオンズ」は稲尾、大下、中西、豊田、和田・・・・・らの選手が粗削りな勝負を繰り返していた(らしい)。
伝説のチーム「西鉄ライオンズ」は、当時の北部九州の星だった(と思う)。

エネルギー政策が転換される前の事だったろうから、「その日の稼ぎは、その日に使う」を良しとして、「粗削りでも鯔背でゴン太」な山の男たちを魅了した不思議な野球チームが「西鉄ライオンズ」だった(と聞いている)。

当時の娯楽は、「野球」、「相撲」、「プロレス」と相場が決まっていた(ようだ)。
テレビで中継される、それらを見る事だけでも「凄いなぁ~!」と羨ましがられ、まさにそこには「ALWAYS・三丁目の夕日」に描かれる姿がそこにあった(と思う)。まして「平和台球場」で鉄腕稲尾の投球を見たという事は、周囲の人には大変な偉業と映ったかもしれない。

博多の街(というか福岡)では、当時、11月は忙しい月と言われた(ようだ)。
活躍する「西鉄ライオンズ」が「日本シリーズ」を「平和台球場」へ引っ張ってきて見せてくれる。終わるや否や、その年を締める「大相撲九州場所」が「福岡スポーツセンター(いまは「ソラリアプラザ」になった)」で開かれる。相前後して、「福岡国際マラソン」も開催されるというようにスポーツ目白押しだった(ようだ)。

博多の街(福岡)は、新年年明けと共に、一年中「お祭り騒ぎ」というか「祭」を楽しむ事ができる「日常」があり、山で命を賭けて生きる「男たち、女たち」に「非日常」を提供する異空間だったかも知れない。

その最大ヒーローが「西鉄ライオンズ」であり、稲尾であり、大下、中西、豊田、和田・・・・・らの選手だった(と考えている)。
その気持ちを正面から受け止め、闘いに挑み、見事に打ち勝つ「西鉄ライオンズ」。
だから、彼らはスターだったのだ。

同じ時代に、同じ経済環境を支えた、もう一方の雄「夕張」の山(廃坑)へ足を運んだ日に、夢を見せ、夢を与えてくれた大投手「稲尾和久」さんの逝去を知った。

夕張の山(廃坑)にいた事もあり、メンテナンス中の事もあり、13日と14日の掲出はお休みにした。メンテナンス後の再開、第一本目は「(故)稲尾和久」さんの死を悼む掲出になった。

これも何かの縁であろうか、「24」は、それぞれの内で、永遠に光る、光り続ける事だろう!「故・稲尾和久」様のご冥福を心からお祈り申し上げる。「やすらかに!」と。
ついに「西鉄ライオンズ」は消えてしまった!

引用開始→ 元西鉄ライオンズの稲尾和久さん死去  (asahi.com)
2007年11月13日21時40分

「神様、仏様、稲尾様」と称賛されて鉄腕の異名をとり、プロ野球・西鉄ライオンズの黄金期を担った稲尾和久(いなお・かずひさ)さんが13日午前1時21分、悪性腫瘍(しゅよう)のため福岡市内の病院で死去した。70歳だった。通夜、密葬は親族のみで行い、告別式は22日午後2時から福岡市中央区古小烏町70の1の積善社福岡斎場で。喪主は妻律子さん。

大分県別府市出身。56年に別府緑丘高校(現芸術緑丘)から西鉄(西武ライオンズの前身)に入団。開幕戦で初登板を果たし、21勝(6敗)を挙げて新人王を獲得した。入団当初、打撃投手として磨いた制球力を武器に、翌年もプロ野球シーズン最多タイの20連勝を達成した。

58年には33勝でリーグ3連覇に貢献。この年の巨人との日本シリーズでは、チーム3連敗後、自らが4連勝して逆転優勝の立役者となった。第5戦では打者として延長10回、日本シリーズ初となるサヨナラ本塁打を放っており、投打の活躍は「神様、仏様、稲尾様」とたたえられた。

そのほか、プロ14年間で輝かしい実績を残した。1年目から8年連続で20勝以上を挙げ、61年には、戦前のスタルヒン(巨人)に並ぶシーズン最多42勝をマーク。最多勝を4度、最優秀防御率を5度、獲得した。通算成績は276勝137敗、防御率1.98。93年に野球殿堂入りした。

69年に現役を引退してからは西鉄やロッテなどの監督を計8年務めた。ユニホームを脱いでからも評論家として活躍。少年野球の指導にも力を入れ、陰からも球界を支えた。

手足のしびれを訴え、10月30日に検査入院していた。
(WEB朝日新聞社asahi.com)  ←引用終わり

| | コメント (0)

2007/11/12

パキスタン情勢は、想像どおりの「混沌と泥沼」へ陥るか!?

Pknationalflagできれば、パキスタンの知力で、冷静に統治力を回復して貰いたい。
ただただ、それを願うばかりだ!祈るような気持ちで、毎日の変化を見守っている。

「コラコラコラム」は、パキスタンの最高裁判所(前)長官が振りかざす「法理論」の正しさを否定はしない。
しかし、現実の情勢を冷静に捉え考える力量を示さない限り、国が崩壊する危機を抱えている事を弁知すべきだ。
何よりも、何よりも民主主義社会の大原則である「三権分立」の主張は正しい!
これは世界の誰も否定しない(だろう)!
しかし、現実には、パキスタンの今は、そのような主張を繰り広げ「法的正当性、法的正義」を議論している状況にはないように見受ける。一体全体どうなのだろう?

まず必要な事は、①ムシャラフ大統領で12月を乗り切る事である。
次に、②年明けの早い時点で「国会議員選挙」を実施することである。
できれば、③その結果「内閣をブット元首相が組織する」事である。
④ムシャラフ+ブットの体制で、現在の状況を打開することである。
この間、⑤この体制なら、インドとの関係は難しい状況に至らないだろう!

強権政治は、パキスタンには向いていない。
誰もが共有できる穏やかなコンセプトを確立できない特徴を持つ事はできないが、かと言って、冒険主義的な強圧政治で押さえきれるかと言えば、事態はそう簡単ではない。
パキスタンを、いわゆる国民国家としてまとめて行く事は難しい。イスラム的価値観に基づく様々な宗教的規律が少しの違いを強調し、相互にその違いに依拠し「勇敢さ」を競い合う間は「広汎な価値観の統一」は困難だろう。

「許容し合える共有可能な価値観」を創出するまで難しい。いつ、それができるのか?
それは、剥き出しの暴力的な争いに疲弊した際に宗教的指導者が気付く時だろう。
そこまで争わなければならないのか?「そうだろう!イラクの例が示している、イランの例も示している」。多くの市民にとり、「イスラム法の世俗観、原理観」は、さほど大きな問題ではないものの、それのみに依拠することで自らのポジションを得る側には、ことさら重大で決して安易に譲許できる代物ではないからだが。
互いに相争闘し疲弊し合い(双方が)自らを維持できないと考える時まで争いは続く。

パキスタンの悲劇は、国際社会の圧力により、好むと好まざるを得ず、その争闘を要求された事に起因している。
そして、政治的統治力、政治的統一を回復するために、ムシャラフ大統領とブット元首相の歴史的和解を為そうとしているワケだが、その入り口で再び躓き、最高裁判所長官の法律原理論も加わり国家の枠組みそのものが崩壊の淵にあると言って過言でない。
三組の原理主義(宗教・法律・政治)の不毛な争闘により、国が崩壊する姿を見たくない!

引用開始→ ブット氏、軟禁状態に――パキスタン  (日経 News Net)

【イスラマバード=山田剛】AFP通信によると、パキスタン政府は9日、パキスタン人民党(PPP)総裁のブット元首相を同国内の自宅で軟禁状態に置いた。政権協力を巡ってムシャラフ大統領と交渉していたPPPはこれまで、「統一行動評議会(MMA)」やシャリフ元首相のパキスタン・イスラム教徒連盟シャリフ派(PML―N)などによる野党連合に参加していなかったが、大統領が「来年2月15日まで」との期日を表明した総選挙に向け、野党共闘への路線転換が取りざたされていた。

これに先立ち、パキスタンの有力野党であるイスラム系政党連合MMAのラフマン事務局長は野党の結集と共闘の必要性を訴えた。MMAがPPPとも接触し「(協議に)進展があった」とも明かした。民放系ニュースサイト「ジオ・ニュース」が伝えた。
Copyright 2007 Nikkei Inc. / Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.

引用開始→ ブット元首相、デモに参加 (共同通信)   @nifty News

【イスラマバード10日共同】パキスタンのブット元首相は10日、自宅軟禁解除後初めて首都イスラマバードの自宅から外出し自身が総裁を務めるパキスタン人民党(PPP)の会合に出席後、ジャーナリストらによるメディア規制に対する抗議デモに参加した。ブット氏はデモでメディア規制を続ける政権を批判、ジャーナリストとの共闘姿勢を強調し「われわれはパキスタンのために戦っている」と述べた。
[共同通信社:2007年11月10日 20時46分]
Copyright (C) 2007 共同通信社 Copyright(c) NIFTY 2007 All Rights Reserved.  ←引用終わり

引用開始→ ブット元首相の自宅軟禁を解除――パキスタン  (日経 News Net)

【イスラマバード=山田剛】非常事態宣言を続けるパキスタン政府は9日夜、同日午前に実施した野党指導者ブット元首相の自宅軟禁を解除した。有力紙ザ・ニュース(電子版)が同国内務省次官の話として伝えた。ブット氏が総裁を務めるパキスタン人民党(PPP)スポークスマンも同日、各メディアに対し「イスラマバード市内にあるブット氏の自宅前に設置されたバリケードが撤去された」と語った。

ブット氏の自宅軟禁に対しては米国など国際社会が厳しく非難したため、ムシャラフ政権がこれらの声に配慮したとみられる。ブット氏は軟禁中も、ムシャラフ氏の即時軍籍離脱や予定通りの総選挙実施を強く要求しており、今後さらに政権批判を強めそうだ。
Copyright 2007 Nikkei Inc. / Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.  ←引用終わり

引用開始→ パキスタンのブット元首相外出 (共同通信)  @ nifty News

【イスラマバード10日共同】AP通信によると、パキスタンのブット元首相は10日、自宅軟禁解除後初めて外出し、自身が総裁を務めるパキスタン人民党(PPP)の会合に向かった。ブット氏は、事実上の戒厳令を敷いたムシャラフ大統領への抗議集会を予定していた9日に自宅軟禁下に置かれた。13日には東部ラホールで抗議集会を予定しており、政府が再び自宅軟禁に踏み切る恐れもある。
[共同通信社:2007年11月10日 17時15分]
Copyright (C) 2007 共同通信社  Copyright(c) NIFTY 2007 All Rights Reserved.  ←引用終わり

引用開始→  ムシャラフ氏を擁護  「前向き」と米大統領    【共同通信】Powered by 47NEWS

【ワシントン10日共同】ブッシュ米大統領は10日、パキスタンのムシャラフ大統領が再選確定後の陸軍参謀長辞任や総選挙実施の意向を示したことについて「前向きなステップ」と評価、両政権には国際テロ組織アルカイダの掃討という「共通目標がある」と述べ、ムシャラフ大統領を擁護する姿勢を示した。ドイツのメルケル首相との会談後の記者会見で語った。

米国内ではムシャラフ政権への対応が甘いとの批判が出ているが、ブッシュ大統領はアルカイダ対策上「協力の必要な国の一つがパキスタンだ」と言明。同政権を今後も支持する方針を鮮明にした。

ブッシュ大統領はムシャラフ大統領が「アルカイダの危険性をよく分かっている」と指摘。これまでのアルカイダのメンバー拘束は「ムシャラフ大統領が筋を通さなければ実現しなかった」と称賛した。

民主化の必要性については「ムシャラフ大統領はわたしの考えを知っている」として批判を避け「パキスタン指導部と今後も良い協力を続けていけると思う」と述べた。
2007/11/11 08:33
Copyright (C) 2007 共同通信社  ←引用終わり

引用開始→ パキスタン非常事態宣言1週間、解除のカギは最高裁判決 (読売新聞)  @ nifty News

【イスラマバード=花田吉雄、佐藤昌宏】イスラム過激派の活動活発化や政府に対する過度な司法の干渉を理由に3日導入されたパキスタンの非常事態宣言は、10日で発令から1週間が経過した。

米国、国連など国際社会は早期解除を求めているが、解除のカギは、ムシャラフ大統領の大統領選立候補資格の有無をめぐる最高裁の判決時期が握るとみられる。

これまで、宣言に反対する弁護士や野党活動家ら1000人以上が拘束され、10日現在、ケーブルテレビのニュース専門局も依然、視聴できないままだ。ムシャラフ氏に近いアブドルカユム・マリク司法長官は同日、地元民放テレビ局に、「宣言は1か月以内に解除されそうだ」と語り、従来の自身の見通しを約1か月「前倒し」した。
[読売新聞社:2007年11月11日 00時16分]
Copyright (C) 2007読売新聞社 Copyright(c) NIFTY 2007 All Rights Reserved. 

764日で700本を迎えた「コラコラコラム」。
マイルストーンの701本目は、開設日の2本目に準ずるように「パキスタン」になった。

| | コメント (0)

2007/11/11

小泉元首相、14日から4日間、ベトナム(招待)訪問へ!

ベトナム政府の、いろいろな気遣い、心遣いが見えてくる!

本当のところは、ベトナムは今月末に予定されるチェット国家主席の国賓訪日を控え、現在の日本の政治情勢に対し、漠然とした「?」、読み切れない「?」を払拭できないというところではないか!
チェット国家主席の国賓訪日を確実なものとするために、小泉元首相の(招待訪越)登場という舞台回しを考えたのだろう。

まともな主権国家の政府を預かる政治家なら、誰でも、今日の「日本の政治情勢」には深い憂慮や懸念を持つのは当然の事だ。
ベトナムは小なりと言えど、国家主席(大統領)が日本国政府の国賓招聘を受け入れ、2週間ほど後には国賓訪日するのである。
ベトナム政府は、外交上、万全の体制を構築し臨まなければならない。

ベトナムにとり、日本は、重要な国である。日本も、ベトナムは東アジア全体を俯瞰した際、ASEANの有力国家として、同地域内で日本をよく理解してくれる国として極めて重要な国である。
ベトナムは自らの政治体制について様々な批判を受けても、政治的には強い安定感を示し、着実な経済的成果を実現している。
先日も掲出したが、国連の安全保障理事会で2008年から2009年、非常任理事国を勤める国として国際社会から選出され国際社会での地位を大いに高めてきた。「コラコラコラム」も、その祝意を掲出したことは記憶に新しい。

ASEANの中で、着実に頭角を顕し、大きな勢力を形成しているベトナムは、日本にとり、既に切っても切れない兄弟の国の位置を占めている。
多くのベトナムの政治家も同様の考え方であると見ている。
現在、両国の関係は極めてスムーズで強い友好関係を構築中の状況にある。

それを踏まえ、21世紀の東アジアの国際的安定と経済協力関係の強化を進め成熟した地域創出が必要なときに、アジアの経済大国であり政治的リーダーである「日本」の政治情勢が混沌としたり、荒れる事を、ASEAN諸国は歓迎できないのである。

日本の政治家は、国会を開いて「何も、建設的な議論をせず、徒に『政局遊び』で時間を潰し、何ら法案議決もしないまま過ごしている」。日本国内では、これを楽しんでいるかのような報道ばかりで、周辺諸国は、このまま「日本」に従いて行って大丈夫か?という疑問が日増しに強くなっているものと想像する。
国際社会での付き合い方に無知で無責任な「民主党」の無原則な横車とも聞こえなくもない原理論により、実質的に「国会は思考停止状態だし機能停止」に陥っている。

国際社会は、真に「日本の行く末に心を砕いている」ものと想像する。
各国は、日本の内政問題だから、直接的には口を出さない。
しかし、東京では、「インド洋での給油案件」に対し、米国の呼びかけとはいえ、関係11ヵ国の大使が集まり協議するというのは、外交上の案件としては実に「異常な光景」だ。
それでも、国会は自ら事態を打開できない。
11月に入るや否や、電撃的なニュースが流れ、それに伴う様々なリアクションが生じたが、途中で沙汰止みとなり中途半端な幕引きとなった。

「コラコラコラム」は、11月1日の掲出で、「11月の外交日程」を取り上げた。
                           ↓
    http://febnet.cocolog-nifty.com/column/2007/11/11_022a.html

16日には、ワシントンで福田首相とブッシュ大統領の日米首脳会談が予定され、帰国と同時に、福田首相はシンガポールでのASEAN首脳会議開催に合わせ出席する。続いて時をおかず、ベトナムからグェン・ミン・チェット国家主席(大統領)の国賓訪日が控えている。
当初、現在の政治状況の想定がなかったとはいえ、外交日程は、日本の国際的信用を左右する。与野党ともに国会議員は、この点を充分に考える必要がある。

外交面では、日本は「国際社会での信用」という面で相当の危機的状況にある。
ベトナム政府が、ノン・ドク・マイン党書記長の北朝鮮訪問に続き、北朝鮮の首相を招聘した一連の動き続き、グェン・ミン・チェット国家主席の国賓訪日があるワケで、それを控えて日本の政治が混沌とし、誰も政治的リーダーシップを発揮できない状態を3ヶ月以上続けて与野党とも、相手に責任を押し付け平気である。
この姿を見せられて、現在の事情を可能な限り正確に把握し、首脳外交に備えようとするのは当たり前の事だ。
既に、日本の外交面での信用は「Cマイナス程度」まで後退し、債券市場の格付けでは投機的レベルと評価替えされていると、与野党の政治家は深刻に考える必要がある。

「通商国家」日本は、国際社会の信用を失ってはならない!これだけはハッキリしている。

引用開始→ 小泉元首相 ベトナム訪問へ  (NHK News on line)
11月11日 6時55分

20071111000006003_2小泉元総理大臣は、去年9月に総理大臣を退任して以来、外国訪問を控えてきましたが、ベトナム政府からの招きを受けて、今月14日から4日間、ベトナムを訪問して、グエン・ミン・チェット国家主席やグエン・タン・ズン首相などと会談するほか、現地の日系企業を視察することになりました。ベトナムは、ことしの経済成長率がこの10年間で最も高くなると予測されるなど成長が著しく、小泉氏は、ズン首相などとの会談で、ベトナムにとって2番目の貿易相手国である日本との関係を強めることが成長をさらに促進させると伝えて、両国間の経済的な連携の強化などを確認する見通しです。また小泉氏は、ベトナム訪問に先立って、12日からはシンガポールを訪問し、講演などを行うことにしています。  ←引用終わり

[追記と追加引用紹介:2007/11/11. 1325]

様々な動き、国際社会は、常に急展開の変化を見せる!日本社会と世論は、周囲の国際環境の変化に対し敏感でなければ、孤立を招く可能性を秘めている。気がついたら、誰も友達がいなかったって事にもなりかねない。ベトナムは、国際的に孤立した状況が招く閉塞状況を体験し一番よく知っている。日本は、1975年以降のベトナムの経験をよく知る事が大切だ。その意味において、北朝鮮もベトナムから説得を受けた場合、耳を傾け心を開かざるを得ない事もある。日本は、冷静に国際社会の変化の現実を見る事が大切だと考える。

引用開始→ 金総書記、来年ベトナム訪問へ(共同通信)  @ nifty News

【ハノイ10日共同】北朝鮮の金正日総書記がベトナムの最高指導者ノン・ドク・マイン共産党書記長と10月中旬に平壌で会談した際、マイン書記長の招請に答える形で、来年にもベトナムを訪問する意向を示していたことが10日までに分かった。会談に同席したベトナム政府高官が共同通信に明らかにした。金総書記は諸外国の訪問招請には姿勢では示しても実際の訪問は中国やロシア以外には実現してこなかった。
[共同通信社:2007年11月10日 17時56分]
Copyright (C) 2007 共同通信社  Copyright(c) NIFTY 2007 All Rights Reserved.  ←引用終わり

| | コメント (0)

2007/11/10

ナマのベトナムが分かる、週刊ベトナムニュース第140号

ウィークリー・ベトナム・ニュース  
■ 平成19年11月10日 土曜日 第140号
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■ こんにちは!!

Vnnationalflagいつもお世話になっておりますベトナムから、ニャットアインです。

今日もここ一週間のベトナムの主なニュースをご笑覧下さい。

翻訳は直訳とせず、日本語に馴染む意訳としておりますので、ご注意下さい(笑)また、訳者の独断と偏見を交えた辛口寸評を入れてみました。内容が片寄り、言葉が多少過ぎる箇所も多々あろうかと存じますが、これもベトナムを愛するゆえの諫言とお許し下さい。

誤字・脱字はご愛敬ってことでお願いします<(_ _)>

尚、記事の転送は営利目的以外なら原則自由ですが、自己責任において行い、その中で被った被害・損害に対し筆者は責任を負えませんのでご了解下さい。

ベトナム・ニュース その140 今週のヘッドライン

*11月05日(月) タイ人観光客はベトナム中部を目指す
*11月06日(火) ミス・アジアインターナショナル2008
*11月07日(水) 男は黙って一生懸命
*11月08日(木) 親しき仲に距離を置くコツ
*11月09日 (金)   市バスに乗り換えてみませんか?
*11月10日 (土)  お手盛りの税制論議のその先に
* 論評:ベトナムでの「橋梁桁崩落事故」を扱わない理由

11月05日(月) タイ人観光客はベトナム中部を目指す
*先週、約15000名のタイ人観光客が歴史ある古都フエを訪れ、ツアー団体として過去最大を記録したと、トウアティエン・フエ観光局は発表した。先週、火曜日、フエは約6000人のタイ人観光客を歓迎した。観光客の殆どがトランス・アジアハイウエイを利用し陸路でラオスの国境を抜けベトナム・クアンチ省に入境して来た人々だった。今回のタイ観光客団体のフエ受け入れは単日としては最大級でしたと語ったのは、トウアティエン・フエ観光局のヴォ・フィ・フン局長。タイ人観光客は今週も引き続きフエに訪れ、今ではタイ東北部の人々にとってフエはホリディー都市となりつつあるという。

タイ人観光客が急増した背景に、ベトナム・ラオス・タイ東北部を結ぶトランス・アジアハイウェイの連絡、そして東西回廊の整備、亦、ラオスのサヴァナケートとタイのムクダハンに架かる第二友誼橋が昨年開通したことが挙げられる。しかし、その一方でフエ市の宿泊施設客室提供量は約6000部屋ほどしかなく、一度に大量のゲストを迎え入れる事が叶わないでいる。フン局長曰く、フエ市一日終日観光を楽しんだ今回のタイ人観光客は、フエ市以外に近隣のダナン市やクワンチなどに分宿しなければならなかったと話した。

フエ市に拠点を置く旅行会社フオンザントラベル社のグエン・ハン・クイ社長はベトナム中部のクアンビン省のフォンニャ洞窟やフエ城趾、ホイアン街、そしてクワンナム省のミーソン遺跡を含む世界遺産に多くのタイ人観光客が興味を示したという。亦、クイ社長に因ればタイ人観光客は贅沢なホテルに泊まってお金を使うよりも土産物や伝統的なベトナム料理に対するウエイトが高いようだとコメントした。彼の会社ではこれまでに600名のタイ人観光客のお世話をしてきたそうだ。タイ観光当局(TAT)の統計に拠れば、ベトナムはタイ人観光客にとってメコン地域内での観光地としてラオスに次いで二番目に人気のある旅行地になっている。TATの統計では、2007年に入って9ヶ月間でベトナムを訪れたタイ人は121000名を記録しており、対前年比でその割合は137%となった。その一方で、ベトナムからたいへ訪れるベトナム人観光客は今年7ヶ月の数字で昨年に比べ60%に減少しているとのこと。

(辛口寸評)
同じ国内でありながら南北に縦長いベトナムで、ホーチミン市からハノイまでは1800キロも離れている。ホーチミン市を起点として、西北に進めば350キロ進めばカンボジアのプノンペンに行くことが出来るし、更にそこから450キロ先に行くとタイのバンコクに辿り着くことが出来る。日本本土で喩えるならば、ホーチミン市とバンコクの距離は東京と広島程度でしかないのだ。更に、ベトナム中部のフエはどうかというと、真西に25キロ行けばラオスとの国境となり、そしてどんどんと西へ150キロ向かえばタイ東北部のイーサンだ。

因みにホーチミン市中心として半径1500キロ範囲内で行ける近隣都市を参考までに挙げると、ラオスのビエンチャン、タイのバンコクはもとより、マレーシアのクアラルンプール、シンガポール、そしてマレーシアサラワク州内に孤島のように浮かぶブルネイ王国までカバーすることが可能だ。同様にハノイを中心とすると西はミャンマーの首都ヤンゴン、そしてマンダレーを含み東は香港・深センを網羅し、北は三国志でお馴染みの蜀の劉備元徳が都を定めた成都を包み込む。東南アジアに暮らす人々にとって、平和を謳歌出来る今、国境を跨ぐ旅行とは言え感覚的には国内旅行の延長として捉えられる日がもうそこまで来ているような気がする。

11月06日(火) ミス・アジアインターナショナル2008
*グエン・ティエン・ニャン副首相は、2008年ミスアジアインターナショナルのホスト国にベトナムがなることを公式に承認した。
文化観光スポーツ省・外務省・公安省から政府へ提出された提案においてこれら関係各省が、来年、ベトナムで初めて開催されるアメリカ主導のこのイベントに責任を持つこととなる。毎年開催されるこのコンテストにはアジア56カ国から代表が参加し、強調・平和・愛が主眼に置かれる一方、アジア大洋州地域の文化・経済の特色を集積したものになるという。

コンテストではアジアの女性の美を覚醒したイメージを提供し、世界化の中で重要な役割を担うアジア女性の力強い昂揚を固めるものとなると主催者は考えており、この地域での女性たちの相互協力に今回のイベントが役立つものと期待しているという。ベトナム投資開発銀行は関連省庁より慎重にベトナム初のこのミスアジアイベントに備えるよう援助するスポンサーに選ばれている。

(辛口寸評)
最近、ベトナムでもこの手のビューティーコンテストが広く行われるようになったが、今から13年ほど前の駐在員時代、この手のコンテストの企画をしたことがあったが、何分、今のように情報は全くなく、一から手探りであった。先ず、信頼でき当局に顔が利くベトナム人を探し出し、各方面に渡りを付けて貰う作戦をとった。
しかし、この話に飛びついてきたベトナム人はいずれも怪しい連中ばかりで、中には現役の官僚なども含まれていたが、暫く付き合ってみると十中八九、自分の商売でイベントを利用しようとする者たちばかりであった。

途方に暮れていたときに、ある日系メーカーに勤める友人からひとりのカナダ人越僑を紹介して貰った。このメーカーも販促の一環でベトナムでしばしばイベントを立ち上げて来ており、件の越僑の尽力があるという触れ込みだった。どちらにせよ生のベトナム人を相手にしていると、さっきまで予算1万ドルもあれば大丈夫と太鼓判を押していたのが、その舌の根も乾かぬうちに“実は10万ドルでした”などと言うのは日常茶飯事で、それに疲れていた私はそのオファーに飛びついたのである。

パートナーになった越僑は、自分なりのネットワークをベトナムの中に創り上げており、それを利用しコンテストの段取りを進める一方で、契約書内で明記した予算内でイベントが出来るよう取り仕切ってくれた。イベント自体は5つ星ホテルのバンクエットを借り切り、約3時間に及ぶ一大美のページェントを成功裏に終わらせることが出来た。この時ほどベトナムで西側の概念を持ち込み仕事をセットアップする際、膠としての越僑ビジネスマンの有益性を身にしみて感じた事は無かった。古い話ではあるが、今日の記事から昔話を思い出したのでつれづれなるなるままに書いてみた。

11月08日(水) 男は黙って一生懸命
*若いベトナム人起業家の多くは実用的な経験の重要性を過小評価している傾向にあるという。ホーチミン市内に暮らす多くの若者たちはいつか金持ちになることを夢見ている。そんな彼らが直面するひとつの質問は、誰かの会社に勤めるか、或いは自分自身で起業するか、はたまたその両方を目指すかである。毎月、600名以上の若者たちが、ホーチミン市投資計画課に営業許可を申請する。誰もが一様に自信と情熱に溢れているが、しかし、実際のビジネスでの経験不足は否めない。

ホーチミン市社会科学人文大学学生ディンくんのケースが好例となるだろう。彼は自分の会社を設立後、いくらかの友人たちは彼を励ます一方、その他大勢は彼のビジネス経験不足が成功の足枷になるだろうと起業を危ぶんだ。ディンくんは、フリーのデザイナーとして活躍していたものの起業するまで、会社勤めをしたことが無かった。多くの若者たちは起業家を夢見るものだ。しかし、経験不足のせいで彼らは彼らを待ち受けている困難・苦難を予測し、挑戦し、そしてそれらを乗り越える事が出来ないのである。例えば、市内トウドック区の大学内ではいくつかのビジネス活動環境が整えられているのだが、僅かな数の学生起業家が細々と経営を続けているだけで、現実は起業した先から失敗し、そして店を畳んでいるのである。

過去二年間で、10人に5人の割合で学生起業家たちは大学村に設けた店を畳んでいる。ここには数千人規模の学生が生活し勉強しているので立地条件が悪かろう筈が無いにも拘わらずだ。
青年経済相談センターのグエン・トウ・アイン副長に拠れば、ビジネスを立ち上げ軌道に乗せてゆくには良いアイデアと情熱だけでは駄目で、成功には知識と経験が欠かせないと語る。新規起業家にとって最も大切なものは、起業前に誰かの下で働きその経験を養う事だとアインさん。

将来起業家を目指す殆どの若者たちは、事前に経験を積むことが重要だと認識している。その為、この需要を満たすため多くはPRコースを履修するという。何故なら、彼らはこれによって仮想ビジネス世界に身を置き、顧客開拓や起業の機会を伺う事に役立つと信じているからだ。ホーチミン市内で情報デザイン会社を経営するフックさんは起業前、同じ業界の有名企業に就職していたという。そこで二年間働いて経験を積んだ後、彼とその同僚たちは自分たちが起業可能なほどの能力を養えたのを認識し、その結果、共同で起業の道を選んだのだった。「仮に我々が誰かの為に働いていたとすれば、決してお金持ちにはなれないでしょう。事前に経験を磨いておいたお陰でビジネスの業績は好調です。」とフックさん。

ナムタンさんは建設資材とその設備を売買する貿易会社に勤務する一方で、独自の会社を経営している。彼はこのまま会社勤めを続けて行くかそれともそこを辞め100%自身の会社に身を入れて行くかで悩んでいるという。既に彼自身、起業に必要な資金も十分にあるものの、経験値は今ひとつ不足すると分析しており、現在、様々なところへ相談を持ちかけているというのだ。もちろん彼の会社の同僚は彼が起業している事を知らない。彼は勤め先の顧客を引き抜く事はしないと決めたものの、その代わり新規顧客とは積極的な関係発展を目指すようにしていると語る。

ホーチミン市経済大学銀行業務学部学部長チャン・ホアン・ガン教授に拠れば、一般的な傾向として学生は卒業すると直ぐに起業するという。もし彼らが経験不足なら先ずその師を見つける必要があるのだと続ける。これら0から起業する者たちは、借金をして起業することは慎むべきで、その代わり先ず誰かの下で働きながら経験を得、しかも様々な業態を経験することが望ましくビジネスでのしかかるプレッシャーやリスクの取り方などを体験しておく事が重要だと教授は訴える。現在、経済成長目覚ましいベトナムのビジネス環境の中において競争やリスクはとてつもなく巨大である。故に、経験不足はビジネス活動にとって致命的なのだ。

(辛口寸評)
若い起業家たちに起業前にこれからしようとする仕事の経験を積むことの重要性を順々と説いている。僭越ながら、筆者も起業したひとりとして云わせて貰うなら、経験があることは大切だが、それ以上に大切なのは彼らには“若さ”があるということだ。若いうちに沢山、失敗をしておくことだ。40歳まではいくら失敗しても、多額の借金まみれにならない限り、それが致命傷となることは先ず無い。寧ろ、その失敗が成功の素となる。別に、将来のビジネスを想定した仕事の経験だけを追い求めずとも良い。あれこれ何でも経験してみることだ。
その時点で“遠回り”しているかの如く思える事ですら、いずれその経験は将来、何かの折に生きてくる。それだけでなく、様々な経験がシナジー効果をもたらす為に、ひとつひとつの経験から応用が効くようになるものなのだ。

筆者は現在、本業の菓子以外で4つの仕事をこなしている。詳細はここでは省くけど、いずれの過去の経験の応用で出来上がっているものばかりだ。旅行会社時代・商社時代・コンサル時代と職業は都度変遷を辿ってきたが、そのいずれもが筆者の“今”を構成しているのである。松下幸之助翁では無いが、「転けたら立ちなはれ」そこから掴めるものは若さがあればいくらでもあるものだ。人生は泣いても笑っても一度きりしかない。何をして食って行くかは本人次第、、、。他人を嗤う前に先ず自分の足下をしっかり固め歩んで行けば自ずと結果とお金は後からついてくるものなのだから。ということで、男は黙って一生懸命。

11月09日(木) 親しき仲に距離を置くコツ
*私の妹が長女を出産したとき、同じ病院で偶然 ダオ・クワン・フンさんと出合った。丁度、彼の奥さんもそこで彼の3番目の息子を出産していたのである。殆どの男性は息子の誕生に喜びを表すものだが、フンさんの場合、青ざめた顔をして弱々しく微笑んだだけだった。フンさんの様な多くの男性たちは彼らの子供の将来を心配する。
フンさんは将来 子供が独立した生活を営んで行くだけの資質と資産を持ち暮らして行けるのか、それとも奥さんの実家でマスオさんをしなければならなくなるのか心配なのだという。「正直言って、今の僕の気持ちは笑うべきか泣くべきか判りません。もちろん生まれた僕の赤ちゃんを愛する気持ちに変わりはありません。しかし、将来、3人の息子たちが結婚し独立するときに、その費用を工面してやれるかを考えると貧しい懐事情の我が家では難しいと思うのです。」とフンさんは打ち明けてくれた。

フンさん曰く、「持ち家がなければ息子たちは私が10年前にそうであったように厄介な状況と向き合わなければなりません。私は結婚後、持ち家がなかった為に渋々、妻の実家に入ることに同意しました。
今年35歳になる教師のグエン・クオック・フイさんは我々と同じ待合室で座り、フンさんの言葉に驚きそして話し始めた。「結婚して直ぐに妻と私は義父母の実家に入り5年間共に生活しました。仮に誰かが妻の両親のことを僕に尋ねたとすれば、彼らは僕らにとっての“救世主”と答えるでしょう。」とフイさん。

「ハノイで僕が15の時に高校に入学しました。若くして親元を離れました。実母は僕に普通の愛情を与えることが出来ませんでした。何故なら、僕の故郷はハノイから200キロも離れていましたし、勉強で忙しく実家へ里帰りすることなど殆どありませんでした。ですから、僕は妻をくれた義母に深い感謝をしています。実際、彼女が私の実母以上の母でもあります。彼女の僕に対する気持ちは尊敬と愛情を兼ね備えており、僕自身 孤独をここで感じたことはありません。幸運にも、妻も彼女の母親の性格をうまく受け継いでくれています。」とフイさんは続ける。
「我々ベトナム人の諺に、人々は嫁は実の娘として捉える一方、婿は種馬に過ぎないというものがあります。しかし、私の義母は、私と家族の絆を結びつけてくれただけでなく、同居することで肩身の狭い思いと捉えていた私のわだかまりを解き放してくれたのです。」とフイさん。

フイさんのケースはある種、特異稀なものであるように見える。
妻の両親と同居するチャン・ドック・チャンさんの状況は悲惨なもので、曰く、「私の妻は義父母にとって一人娘なので、我々の結婚式が済むと、義父母は直ちに彼らと同居するよう求めて来たのです。彼らの寂しく哀しい気持ちも解ったので、その時は先のことを深く何も考えず求めに応じて一緒に暮らし始めたのです。ところが、近所では私が義父母との同居に同意したのは彼らの大きな家とお金目当てなどと噂が撒き散らされたのです。

眠れぬ日が続いたものの家内の励ましにも救われ随分落ち着いたのですが、しかし子供が授かると又、災いが家族を襲いました。
それは義父母が孫の側を四六時中離れず、自分たちで養育すると言いだしたのです。義母なんかは私が息子や娘の勉強を見ていると邪魔をしだす始末。しばしば、義父母が何を考えているのか理解に苦しみました。そして悲しみと怒りを産みだしたのです。現在、我々は義父母と別居し既に3年になりますが、小さくても自宅で誰憚ることなく妻や子供たちと共に暮らすことの出来る生活にとても満足しています。」と話してくれたチャンさん。

個人の性格というよりも義父母と同居するのは簡単なことではなさそうだ。この事は特にベトナムのような保守的で固定概念が凝り固まった国では真実といえる。もちろん、義父母たちが娘婿を憎かろう筈はないものの、古い世代は彼らなりの生活スタイルや主張を持ち、そのことが若い世代と相容れず相互誤解に発展してしまうのである。
少なくとも、結婚後の義父母との同居には僅かでもプライバシーの概念を双方に持ち込むことが肝要だと思われる。

(辛口寸評)
我が家では結婚以来、家族揃ってベトナムで生活をしており、かみさんの両親と一緒に生活したことはないので、義父母との生活がどんなものか想像することは困難だが、記事にもあるように同じベトナム人婿ですら、問題を抱えるのであれば国籍が違うそれならば、尚更だろうと推測する。文化・歴史・言葉・習慣 どれひとつをとっても異なる為、たまの旧正月休暇に会うくらいの期間であれば、誤魔化しも利くだろうが、ひとつ屋根の下で暮らすとなれば弊害は蓄積してゆく一方に違いない。これは婿ばかりでなく立場を変えた嫁であっても同じだろう。親子であっても一旦 別に世帯を持ち独立した限りには一定の距離を置いて付き合うことが大切ということか、、、、。

11月10日(金) 市バスに乗り換えてみませんか?
*安くて便利な市バス。彼らがベトナムの都市を走る最も快適な乗り物とは言わないまでも、しかし貧乏学生の私にとってこの謙虚な交通期間は新しい尊敬の念を生じさせたのだ。その第一の理由は何と言っても安価な運賃。貧しい学生の私はしばしば勉強道具や友達との付き合いごとに費やすお金を貯めなくてはならない。実際、親が与えてくれるこずかいにも限界があり、そうそう無理は捻じ込めない。だからこそ、僕のような学生やその他大勢の人たちは毎日の市内の移動や通学に5万ドン(US3$)の学生定期や8万ドン(US5$)の定期券は欠かせない手段となっている。

しかもバス移動の良い点は、これだけに留まらない。バス停で軽く手を挙げれば、気軽にバスに乗車出来、晴れていようが雨降りでも、どこでも好きなところへ連れて行ってくれる。それにラッシュアワーを避ければ席に座って移動することも可能だ。ハノイ工科大学4年の学生は、天候を気にせずあちこち出かけることが出来るバスは素晴らしい乗り物だと推奨する。昨今 総てのバスはエアコン・ラジオ・カセットテープレコーダーが完備され、運転はドライバーに任せリラックスした気持ちで移動を楽しむ事が出来るのだ。それに今日では、運転手も車掌も車内勤務は以前にも増して真摯に行う様になり、ちょっと前までのように荒くれた運転は既に過去のものとなり、殆どの運転手は親切で優しい人々で構成されている。

ハイバーチュン区のマイドンからミーディン国家スタジアム間を走るバス26に乗務する車掌は、普通 バスに乗り降りするお年寄りのお手伝いをする。また バス26、11、44に誤って乗車する客がしばしば見受けられるが、そんな時、車掌達は丁寧に行き方を教え、間違って乗車した分については不問とし、乗客はお金を払わなくても良かったりするということもあるそうだ。大都市内のバス移動における一番の問題点と言えば、悲惨なラッシュアワーであろう。ザイバットからチュントウ、そしてハアドン間を繋ぐバス21のルート線上には5つの主要大学が存在し、ラッシュピーク時には自分の居場所を確保する為に芋を洗う様な状態に身を置かなくてはならなくなる。バスが混み合う時間帯は他の問題も誘発する、、、交通渋滞である。
バス21に乗車中、渋滞に巻き込まれ30分以上、バスが動かなくなることもしばしば。

ハノイの狭いチュオンチン通りのような通りでは交通渋滞を緩和する措置が講じられることがある。混雑を避ける為にバス19などラッシュ時に別のルートを通るのだ。しかし、個人的には渋滞で道が混んでいたとしても涼しいエアコンの効いたバスの中にいる方が、多くのバイクの排気ガスにまみれて外にいるよりマシである。交通安全に関して言えば、バスが安全運転を完璧に保持して来たとは言えない。運転手は時に注意力散漫で、小型車輌を押しのけしばしば交通弱者を危険に追いやってきたし、事実、バスに因ってもたらされた死亡事故も多数あった。この様なことが積み重なって、バス会社には問題解決に向けて市民から圧力が掛かっている。とは言え、やはりバスはバイクに比べより安全な交通手段と心得る。

バスは主要都市と各地方を、町から村へと毎日繋げられ、より多くのルートが今後も引かれるだろう。そして私の移動費用の節約に大きく貢献してくれるのは間違いない。バイクの利便性は未だ捨てがたい。が、しかし、将来、交通安全が一般化し、渋滞が解消され過去のものとなり、バスの席がいつも確保できるようになれば仮に黄金のヴェスパを持っていたとしても、それを利用するのは最寄りのバス停までになるかも知れないことを君も一緒に夢見よう。

(辛口寸評)
穿った見方をするようでなんだけど、大体この様な記事が新聞に載ること自体、都市部の交通渋滞の悪化が如何に深刻化しつつあるのかを雄弁に物語っているといえる。筆者の自宅は空港近くにあるのだけれど、一年前と比べると一区の中心地まで行くのにバイクなら10分、自動車なら15~20分が余分に掛かるようになった。一部、空港・ダウンタウンに抜けるチャン・フン・ダオ通りは既に拡張工事が進んでいるというのにである。苦肉の策としてホーチミン市行政は、主要道路の一方通行化を進めているのだが、これが亦、住民の生活を無視したものであり、移動時間の長時間化と交通の混乱に更なる拍車が掛かってきているのだ。

その上、バイクや自動車の運転免許試験場では、毎日大勢の人々でごった返している。一応、筆記試験と実技試験を受けるのだが、試験方法がまた、いい加減この上ない。特に筆記ときたら、お金を払えば何と検査官が答えを教えてくれるのである。しかも、試験の合格を確実なものにしたければ、昨今のバイク免許の相場は、40万ドン(約3300円)でOKだそうで、ここまで来ると本人の実力など関係なく、そしてこの様な?マークの付く人々がバイクなり、自動車免許を取得して晴れて公道を運転することとなるわけだ。考えただけでも、交通環境の混乱が増加ではなく倍加するのは言を待たない。たまたま今回は運転免許試験場の一こまを描写したわけだが、交通に携わるあらゆる公的機関で大なり小なりこの様な状況が罷り通っている。目先の対処療法も大切だろうが、それ以前に根本原因を洗い出し、患部を切り取るような外科手術を行う必要があると考えるのは筆者だけだろうか。。。

11月10日(土) お手盛りの税制論議のその先に
*国会下院議員たちは一昨日の本会議で、ベトナムが個人所得税法の導入が必要であるとの意見の一致を見た。この様な法律が整備されることに拠って、政府の金融政策の財源に結びつくのみならず、平等な社会を促進させることに役立つと彼らは考えている。この提案した法律が効力を発揮するようになれば、貧富の差は縮まり、社会経済の安定的な発展に寄与することとなる。しかし、法制化にあたり3つの問題が立ちはだかり、それらを解決しなければならない。先ず、誰が税金の支払い対象になるか?次に、いつから導入するか?そして、個人所得を計算する際、家族控除分の取扱いはどうするかの三点だ。

中部ハアティン省選出のグエン・ニャット議員、ホーチミン市選出のダン・ゴック・トウン議員、ハノイ市選出のグエン・ティ・グエット・フオン議員を含む大勢の議員たちは家族経営の企業がこれまでの法人所得税に変わり、個人所得税を支払う方向のドラフト案に同意しているという。
又、このドラフト案には一般企業のオーナーから個人所得税を徴収しないと明記してある。この免税は、ベトナムの私営企業の殆どが小規模で資本の僅かで利益も少ないので、既に常任委員会に拠って受け入れられているのだ。しかし、ハノイ市選出のグエン・ティ・グエット・フオン議員とホーチミン市選出のダン・ゴック・トウン議員は、この案に反対の立場をとるという。両議員に拠ると、この法律の法制化の第一の目的は、社会の平等化を促進する為であり、そうであれば中小企業のオーナーも所得税を払うべきで、28%の法人税だけで許される道理はない。どちらの収入を所得税扱いにするかは未だ議論の分かれるところだ。

ドラフト案では、商売・給料・有価証券投資・不動産売買で得た所得は総て課税対象にするよう提案されている。しかし、多くの議員たちは時間外手当・シフト勤務手当や株式配当に拠る収入などは免税にすべきとの意見が圧倒的なのだ。ダン・ゴック・トウン議員とグエン・ニャット議員は、特にこれらの収入は低くしかも受け取る側の多くは貧しい生活を余儀なくされているのだと訴える一方で、グエン・ティ・グエット・フオン議員は、如何なる臨時収入に対する免税措置は雇用主に新たな頭痛の種を与えることになりかねないという。何故なら、彼らがそのひとつずつを税務署に説明しなければならなくなるからだ。それに免税は脱税を誘発させかねないとの不安もある、、、。

中部ニントウアン省選出ダン・ティ・ミー・フオン議員は、ベトナムの証券市場が未熟だったので証券取引所法が確立されるまで普通株の取引から得られる利益の所得税は延期されなければならないと提案した。ビンディン省選出のヴ・ホアン・ハア議員は、外国からベトナムへ送金される7000米ドル以上のお金に課税するべきだという。ドラフト法案で提案され、多くの議員たちは毎月400万ドン(US240$)で扶養家族ひとりにつき160万ドン(US100$)の控除をすることに同意をしなかったが、その代わり500万ドンに付き200万ドンの控除をするよう主張した。ダックノン省選出のルオン・ヴァン・クウ議員は、国家予算を立てる上で、税収はメインソースとなり、仮に透明性不足により低所得者が税金を課せられ、高額所得者が課税を免れるような事にでもなれば矛盾も甚だしいと憤りを顕わにした。クウ議員は課税対象者を2~300万ドンに引き下げ、扶養控除を均等にしてはどうかと提案した。

約60名の議員たちが討議での発言登録をしたものの、時間の兼ね合いで21番までしか進められなかった。残りの未発言の議員たちは議会常任委員会に対す文書でその内容を提出することになっている。
国会ではこの法案を来年には通過させ、2009年1月1日より施行する方向で動いている。では、ここで庶民の意見を聞いてみよう。ハノイ市トウリエム区のド・ティ・チエンさんは、現金取引が優位を占めてきたベトナムにおいて所得税がどのように課せられるのか心配だという。「多くの高額所得者は税金を払っておらず、その一方で一般的に収入の低い公務員など税金を払わされることになり、これは公平ではありません。」とチエンさん。ハイバーチュン区に住むグエン・ゴック・フーさんは、退職して既に10年が経過し月々80万ドン(約US50$)を年金として受け取っている。二人のお孫さんは現在大学生で、もし新しい法律が18歳未満の扶養家族控除に限界値を定めたら、彼の息子と嫁はどのようにして子供たちの面倒を見てゆくのだろうかと心配している。

ダナン市のグエン・ヴァン・フンさん46歳はベトナムの7割のワーカーたちの平均月収は400万ドン(US250$)未満なのに160万ドン(US100$)の減免は高すぎるという。又、同じダナン市のンゴ・ヴオンさん56歳曰く、家族の収入状況を確定するのはとても難しいとする。が、彼自身、自分の家族で次のような疑問を呈してくれた。「私の両親には9人の子供がいまして、それぞれ結婚し独立し家族を養っています。内3人はハノイで生活し働き、4人がダナンに そして2人がニャチャンにいます。私の両親は現在80歳近くの年齢ですが、我々9名の子供たちは彼らの扶養家族と呼べるのでしょうか?」バリアヴンタウ省在住のグエン・ティ・ズオン・チさんは、課税対象額は500万ドン(US312.50$)からだと主張する。毎月、彼女の家での生活費は食費・学費諸共で約400万ドン(US250$)が必要なのだそうだ。はてさて、どこへ落ち着くやら、、、、。

(辛口寸評)
話はいきなり逸れる。日本で相続税といえば、3代相続したら財産が無くなる言われて久しく、そもそも明治時代まで存在しなかった。日露戦争の戦費調達財源確保に創出されたもので、仮に江戸時代に最高税率70%(現在は50%)この税制度が有ったとしたら、荘厳な江戸城を築いたさしもの徳川将軍家の初代家康の威光も最後15代慶喜を将軍に迎える頃には熊さん、八っさんを隣人に持つ長屋住まいになってしまうだろう。しかも意外や意外、相続税の導入は当時、列強諸国の中で1904年に日本が最も早く採り入れ、ドイツが1906年、アメリカは1916年、イギリスに至っては第二次大戦後の1949年を待たねば制度化されなかったそうだ。

こんなことで驚いていてはいけない。実は相続税制度の無い国々の方が、現在の世界では一般的で有ることを皆さんはご存じだろうか?
身近なところでは東南アジアの国々に相続税は無い。存在しないのである。金融王国のシンガポールや香港を始め、タイにも、勿論、ベトナムにも無い。なぜか、相続税を導入することがそのまま支配者層自ら足枷を課し首を絞めることに繋がるからに他ならない。そこで本日の記事に関連してくるが、ベトナムで税制改革、特に個人所得税の扱いについて議論がなされているようだが、為政者に不利益になるような改正はなされない筈で、来年、法案が可決された時の法律がどれほど骨抜きにされ後退させられたものとなるのかを今からの楽しみとしたい。ちょっとシニカルだけど、、、、これがベトナムである。

*論評:ベトナムでの「橋梁桁崩落事故」を扱わない理由

「コラコラコラム」11月02日付けの掲出と同じ内容です。従って、ここでは割愛します。
                  ↓
   http://febnet.cocolog-nifty.com/column/2007/11/post_f85c.html
                  ↑
   こちらで、ご確認頂く事ができます。

以上

| | コメント (1)

2007/11/09

ドタバタで、損をしたのは、誰が考えても「民主党」でしょ!

泰山鳴動、鼠一匹(も出ず)ってところでしょうかなぁ~!

Dpjlogomarkどう考えても、民主党に人材がいない事を露呈したのだから、これは安倍前首相の辞任騒動以下だよね。だってそうでしょう!
自民党は、安倍前首相が自分から倒れても、次を担う人材が居たじゃないですか!
民主党は、小澤一郎代表がホントに辞任してしまったら、後継がいないのですよ後継者が。
こんなの「政党」じゃないでしょ。「政策ごっこ、政権ごっこ」遊びをして喜んでいる幼稚園児の集まりに過ぎないでしょ!

後継候補みたいなのはゴロゴロいるのが民主党ですよ。しかし、どれもが寄り合い所帯から抜けきれず、野党第一党の党代表、間違えば「日本国の首相」を担う器じゃないよね!
いつも同じ顔ぶれで、テレビ遊びに忙しい空元気のヤローばかりじゃないですか。
「政策ゴッコで、楽しくお遊びしていまちゅか?」って尋ねられたら「ハァ~~イぃ!」と手を挙げる幼稚園児というか「ジャリタレ」のまがい物の議員集団に過ぎないじゃないか。それを今回も露呈したってワケでしょう。
「興ざめだよねぇ~!ッタク!バッカみたいだよ」。

市井の市民は、普通の神経持ってるからね、実際には「冷静」だよ!ホントに。

政界は、「ガラガラポン」した方がよいね。
その時の組み合わせはね、
①「地方政策重視議員連盟」VS「都市政策偏向議員連盟」
②「利権獲得重点議員連盟」VS「利権糾弾徹底議員連盟」
③「安保外交無責任議員連盟」VS「安保外交有保障議員連盟」
④「自由経済破天荒議員連盟」VS「自由経済調和考議員連盟」
⑤「行政官僚全権委任議員連盟」VS「行政官僚政治打破議員連盟」
以上の5項目の組み合わせで、二大政党を編成する。

ホントのところ、イデオロギーを除けば、これ以外に、あまり大きな対立軸はないから。
実際には四政党になり、その都度の組み合わせで、二大政党の枠組みとする。巧くいけば、ズット政権与党に居座り続ける党もあるってことにもなる。
この際、ギョウサントォやらダミントォには手をつけない。ネグレクトする!もし、脱党し新政党に参加したいという議員は、この組み合わせの中で自由に選ばせる。必ず選択させる事が必須条件だ。しかし、この二政党からこぼれ落ちる議員がいても、そのどれかで選択対象がないだろう。

まぁ、民主党の議員は、真剣に考えた方がよい!お仲間たちへ、真剣に考えた方がいいよ!議員の仕事は、政策を実現することですからね!政策を実現しなければ、国会へ行く必要はないのですよ。間違わないようにしてくださいね。

引用開始→ 小沢「続投」民主党の深刻 国民から「もう期待できない」 (J-CASTニュース)

小沢氏を「ドタバタ劇」でダメージを受けた民主党
辞意表明から一転、「続投」を表明した民主党・小沢一郎代表だが、一連の「ドタバタ劇」で党内からも「イメージダウンは深刻」という声が上がっている。テレビのアンケートやネットの調査では、「民主党の今後に期待できない」という声が圧倒的だ。一連の騒動が民主党に「大ダメージ」を与えているのは明々白々といった状況だ。

「しこりが残っていないと言ったらウソになる」
小沢一郎代表は2007年11月8日、両院議員懇談会と記者会見で辞意を撤回し、党代表を続投すると正式に発表した。小沢代表は11月4日に、福田首相との党首会談をめぐり政治的混乱を招いていたとして辞意を表明していたばかり。小沢代表は懇談会で、

「私は今なお、不器用で口下手な東北かたぎのままであり、したがって説明不足になりがち。それが今回の混乱の一因になった」
と「辞意表明」の混乱を自分の「不器用さ」だったと弁明している。
さらに、記者会見では「辞意表明」の際に「けじめをつける」と発言したことについて質問され、「頑張っていた気力が、途切れ途切れというか、"プッツン"したというか、そういう精神状態だった」と答えている。どうやら、精神的な理由から「辞意」が先走ってしまったと言いたいかのようだ。

しかし、そうした釈明は、大混乱で振り回された民主党議員にとっても釈然としないものだったようだ。民主党・渡辺周衆院議員は、日本テレビ系番組「スッキリ!!」に出演し、小沢氏続投については理解を示しながらも、小沢氏の「東北かたぎで不器用」という発言に対し、「ああいう言い方は小沢さんのイメージとしてどうなのか」と批判。さらに「プッツンした精神状態だった」という釈明については、

「安倍さん(安倍前首相)は健康状態を持ち出したが、今度、小沢さんは精神状態をおっしゃられた。私的なことを政治家は理由にしてはいけないと思う」
と指摘した。さらに、渡辺議員は自身のホームページの中でも、

「あの小沢一郎氏が生き恥をさらす思いで発言を翻したのだから、終わったことは蒸し返さないが、辞意会見での発言の意味を重く受け止めながらも、しこりが残っていないと言ったらウソになる」
と党内の「しこり」についても言及。「この間の党のイメージダウンは深刻であり、『ともあれ、よかったよかった』ではすまない」と民主党の現状を不安視している。

「得をしたのは自民党」が55.68%
さらに、フジテレビ系「とくダネ!」は、小沢代表の続投表明後に民主党議員に対して実施したアンケートの中で、「辞意撤回など男の恥」「慰留をした執行部も国民を全く無視している」と小沢氏を猛批判した議員がいたことを紹介している。

民主党内にも小沢代表への不満が噴出している状態で、国民の不信感や不満はなおさらのようだ。
「スッキリ!!」が実施したアンケートでは、「民主党の今後に期待する?」という問いに、「はい」と答えたのは23人。一方、「いいえ」と答えたのは77人だった。さらに、「小沢代表は首相にふさわしい?」という問いには、78人が「いいえ」と答え、「はい」と答えたのは22人に止まった。
ビッグローブが実施したアンケートでは、「小沢代表の辞意撤回、納得できる?」との問いについて、2007年11月8日夕方現在で、「納得できない」とした人が48.5%で、「納得できる」とした人が38.8%(計227票)。小沢代表の辞意撤回について、「納得できない」という人が半数近かった。

ライブドアニュースの「今回の騒動で得をしたのは誰だと思いますか?」というアンケートでは、55.68%が「自民党」と答え、「民主党」と答えたのは、「小沢氏本人」の11.36%を下回る10.22%だった。このアンケートのコメント欄には、「ひどい茶番」「自作自演」といった小沢氏への冷ややかな書き込みもある。

テレビ朝日の番組では、ジャーナリストの伊藤洋一氏から「党をまとめられるのは結局小沢さんしかいなかったというのが出てきてしまった。これは大打撃」と評されているほか、民主党議員からも、否定的意見がよせられ、「(近々の)選挙については厳しい」という声も上がっており、「小沢辞任・続投劇」によるイメージダウンは深刻のようだ。
[J-CASTニュース:2007年11月08日 20時25分]
Copyright (C) 2007J-CASTニュース Copyright(c) NIFTY 2007 All Rights Reserved.  ←引用終わり

| | コメント (0)

2007/11/08

NY原油先物取引、高値更新中!年内に1バレル100ドル超へ!

いよいよ、100$の大台越へ猪突猛進中か!?

これだけは、避けて貰いたいけれど、どなのかねぇ~!微かで淡い願望なのでしょうねぇ!

原油が1バレル=100$(1US$=120¥で計算)になると、日本のガソリン価格はどれくらいになるか?まず最初に、1バレルは159リットルです。
原油段階で(100×120)÷159=75.47JP¥というところ。これに精製費用に管理費用やら流通配送コスト、そして揮発油税を加えるわけですが、ざっと2.1倍ほどにすれば、計算上は、158.478JP¥ということになるわけですが、実際には2.3倍くらいになる可能性があります。原油を日本まで輸送するタンカーの輸送費が原料(重油)高で、高騰していますから、最低でも3月以降に引き渡しを受けたガソリンの市販価格は173.581JP¥は近いと考えます。まぁ、値上げは4月末~5月上旬のGW明けというところでしょうか。
あるいは、辛抱に辛抱を重ね、8月の上旬というところでしょうか?注目ですねぇ~。
ハラが立ちますが、ナンとも手の打ちようがなく、オロオロするばかりというところですね。いやはや困ったものだ。

米国は、考えようでは、金融による下層の資産収奪ともいうべくサブプライムローンが、想定どおりの焦げ付きを興し、飛ぶ鳥を落とす勢いだった「シティバンク」のCEOも経営責任を問われ追放されるとの事だし。
何よりも、巨額の赤字を抱えたGMが、事業再編に取り組もうとしても、足下の市場が最悪の状況という状態に陥ろうとしている。米国の公定歩合ともいえる連銀レートを0.25%下げ、市場の混乱に対処しようとしているが、債券相場は思ったほど上がらないようだ。

サブプライムローンの相次ぐ破綻で、危機的状況にある米国の消費市場へ、原油価格の上昇が、いよいよ本格的な攻撃材料に加わろうとしている。

米国経済の先行きというか、その雲行きがオカシク(懸念材料急増中に)なり始めている。
米国経済は、舵取りが非常に難しい状況だなぁ、と思っていたら、NYで株価が大幅に下落するというショックが走り、世界の主要株式市場が連鎖反応を示したのが今日(8日)の状況だ。

そもそも、世界全体でサブプライムローン焦げ付きに対処するとの目的で、短期資金とはいえ、全体で42兆円(日本円換算で)ものの巨額の資金が過剰流動性となり、世界中にバラ撒かれている。この資金を効果的に回収しない(できない)まま、これらの資金も「原油への投機ファンド」として傾れ込んでいる。米国経済を始めとする「世界経済」の破綻を防ぐために拠出した資金が、一方では米国経済の首を絞めているワケだ。その煽りは世界各国へ飛び火している。米国は武力で世界を制圧しているワケではないが、様々ないかがわしい金融商品を創りだし、それを世界にバラ撒き、無責任にも破綻させ世界の金融と経済を混乱させている。これは一種の「金融テロ」といえなくもない。サブプライムローン焦げ付きがなければ、原油はここまで急カーブで上昇する事はなかっただろう。なぜなら、「原油の生産量と消費量」は、ほぼ同じで均衡が保たれているからだ。現在の原油価格急上昇は、「投機資金(=悪質ファンド)」による投機が原因であることは明確だからである。世界的危機といわれた、2001年9月11日に、テロリストがNYCやWDCを襲った事件の際でも、原油は1バレル=26US$だった事を冷静に思い返す必要がある。
先行きが、不透明になるのは、ご免被りたい!と願っている。

それよりも、原油価格の高騰に対し、各国は何らかの手を打つべきだと考えるが、日本では、これ幸いにと「価格の一斉値上げへ舵を切る傾向」がハッキリしてきた。まぁ、仕方がないけれど、やがて笑っていられなくなる日が近づいてきている。

原油買い占めに走る、投機筋はファンドも含めて、自らの金銭欲しか頭にないのだから話にならない。いかに美辞麗句を持ってしても庇えない。最大の讃辞を被せてやろう、「テメー達は、恥知らずなジャンクだ!クズ!である」と。

その日に備える「知恵」が必要な気がする。

引用開始→ NY原油が最高値、時間外取引で一時98.03ドル  (日経NET)

20071107at2m07021071120071f6日、原油相場が最高値を更新したニューヨーク・マーカンタイル取引所〔AP Photo〕

【ニューヨーク=財満大介】6日のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で原油先物相場は大幅反発。WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)で期近の12月物は通常取引終了後の時間外取引で一時1バレル98.03ドルをつけ、過去最高値を更新した。

アフガニスタンの自爆テロをうけて中東情勢がさらに悪化するとの観測が浮上。原油供給への懸念から買いが優勢になった。7日の週間石油在庫統計で原油在庫が減少するとの予想も買い材料となった。

6日の通常取引で期近物は一時97.10ドルまで上昇。前日比2.72ドル高の96.70ドルで取引を終え、終値としての最高値も更新した。(13:34)
Copyright 2007 Nikkei Inc. / Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.  ←引用終わり

引用開始→ NY原油反落・12月物は96.37ドル   (日経NET)

【ニューヨーク=財満大介】7日のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で原油先物相場は反落。WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)で期近の12月物は、前日比0.33ドル安の1バレル96.37ドルで終えた。利益確定の売りが優勢だった。
早朝の時間外取引で一時98.62ドルを付け、最高値を更新した。午前発表の週間石油在庫統計で原油在庫の減少幅が市場予想を下回った。在庫減少を見込んで事前に買われていたため売りが出た。

ニューヨーク金先物相場は4日続伸。ニューヨーク商品取引所(COMEX)で取引の中心である12月物は前日比10.1ドル高の1トロイオンス833.5ドルで取引を終えた。外国為替市場でドルが対主要通貨で急落したのを受け、ドルと逆行しやすい金が買われた。(09:51)
Copyright 2007 Nikkei Inc. / Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.  ←引用終わり

引用開始→ ドバイ原油、終値も最高値・88ドル台後半   (日経NET)

東京原油スポット市場で7日、中東産ドバイ原油が終値で過去最高値を更新した。2008年1月渡しは前日比2.40ドル高い1バレル88.70ドル(中心値)。午前につけた88.20ドルを上回った。50ドルを割れていた1月19日からの上昇率は82%に達した。

ニューヨーク原油先物相場の急伸を映した。米エネルギー省が年末までに原油在庫が減るとの見通しを示したほか、北海の石油施設が悪天候で操業を停止したと伝わったことも材料視された。(21:45)
Copyright 2007 Nikkei Inc. / Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.  ←引用終わり

引用開始→ 米ガソリン小売価格、3ドル突破・3カ月半ぶり高値  (日経NET)

【ワシントン=小竹洋之】米エネルギー省が5日発表したレギュラーガソリンの最新の平均小売価格は1ガロン3.013ドル(1リットル約91円)となり、前週に比べ4.9%上昇した。3週連続で値上がりし、7月中旬以来、約3カ月半ぶりの高値となった。原油価格の高騰を反映しており、米国の景気・物価両面に打撃を与えそうだ。

上昇率を地域別にみると、中西部(6.0%)、メキシコ湾岸(5.8%)、東海岸(5.0%)の伸びが高かった。全米で最も値段が高いカリフォルニア州では3.231ドルをつけた。

ディーゼル車向けの軽油価格は1ガロン3.303ドルで、前週比4.6%上昇した。(11:01)
Copyright 2007 Nikkei Inc. / Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.  ←引用終わり

引用開始→ ガソリン150円台も、店頭価格引き上げ  (日経NET)

原油高を受け、ガソリンの店頭価格を引き上げる動きが広がっている。首都圏の販売激戦区では1日、レギュラーガソリンを1リットル10円前後引き上げる店がみられ、関西でも4―7円上がった。一部には150円台の看板も登場、原油高のコスト転嫁が急ピッチで進んでいる。不需要期の大幅な値上がりで需要が一段と減少する可能性もある。

東京都内の中野―目黒区の環状7号沿いはレギュラーの高値が148―149円。国道16号沿いの神奈川県相模原市では150円、埼玉県入間市で147円もみられた。首都圏の幹線道路では前月まで140円前後の看板が主流だった。(16:00)
Copyright 2007 Nikkei Inc. / Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.  ←引用終わり

引用開始→ ガソリン価格、中国が引き上げ  (日経NET)

【北京=宮沢徹】中国国家発展改革委員会は1日、国内のガソリンと軽油の基準価格を約1割引き上げた。原油価格の急騰に伴う措置で、石油製品の値上げは今年になって初めて。代表的な「93ガソリン」が、北京では1リットル当たり4.9元(約75円)から同5.34元へ値上がりした。

原料の原油価格の上昇を受けて、ガソリンなどを生産する石油精製事業の赤字が拡大しており、石油業界から値上げを求める声が強まっていた。中国では政府が国内の石油価格を調整している。(14:02)
Copyright 2007 Nikkei Inc. / Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.  ←引用終わり

引用開始→ (11/7)原油価格、2030年には150ドル突破も・IEA予測  (日経NET)

国際エネルギー機関(IEA)は7日、2007年版「世界エネルギー見通し」を発表した。中国とインドの高成長を主因に世界のエネルギー需要は2030年までに5割超増える一方、原油価格は30年には最高で1バレル150ドルを上回ると予測。この間、産油国のエネルギー投資が不十分となり原油価格が急騰するリスクもあると警告し、中印を巻き込んだエネルギー利用の効率化を訴えた。

IEAが予測したのは加盟26カ国の原油輸入価格。現在、最高値圏で推移する同価格は、15年にかけてはいったん緩やかに下がる見込み。サウジアラビアのクライス油田、アゼルバイジャンのACG油田など日量生産100万バレル強の大型プロジェクトの稼働が見込めるためだ。

しかし15年以降は中印をけん引役とする新興国の需要が膨らみ、価格は30年には標準見通しで1バレル107.59ドル(物価上昇を割り引いた実質では62ドル)、中印の成長が想定より上ぶれする「高成長シナリオ」では150.97ドル(同87ドル)に達すると見込んだ。
Copyright 2007 Nikkei Inc. / Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.  ←引用終わり

| | コメント (0)

2007/11/07

政治家「小澤一郎」、党代表辞任を撤回!面妖にもイスワル途を選択へ!

よく分かりません!?全く分かりませんが、これが「民主党」の論理構造なのでしょうなぁ~!
ホラグチ・ハラグチ、「ヤメさせて、堪るか!」とテレビカメラの前で、珍奇なスーツを身にまとい咆えていたなぁ~!
言葉使いが間違っているのではないか?「ヤメられたら、堪るか!?」じゃなかったのかなぁ?
ホラグチ・ハラグチは日本語学習と論理構成をやり直した方がよい。

昨日は、奇妙な人たち、妖怪のような面構えの懐かしい人たちがここぞと姿を見せていた。
バッカみたいだった。鳩・菅鳥の口説きに応じた、政治家「小澤一郎」はこれまた面妖だ。

奇妙奇天烈、奇怪千万、面妖凡庸、民主党はヌエのごとき政党のようだ。
それより何より、「民主党」って、イロイロご託を並べるけれど、雇われの「小澤一郎」以外にトップリーダーがいないって事を天下に知らしめましたねぇ!?

これって、恥ずかしくないですか?常々、民主党は「ヒハン・オタクとガキの集まり」だとは、思っておりましたが、ここまで酷いとはねぇ~、ホントによく分かりません。

イシイ・ピンさん、衆議院で落ちて参議院で当選して足下も覚束ないままヨロヨロしても、口だけは相も変わらず達者でしたなぁ~。またぞろ副代表ですか!それはまぁ、たいそうご立派なことで!感心、感心、拍手、拍手!

政治家「小澤一郎」、チョッと株下げましたねぇ。それは否めませんよ。
「納得するしない」ではなくってですね、鈍りを見せたって事じゃないですか。その点が残念だね。残念です。切れ味も鈍りますね、間違いなく。ハッタリ・ツトムさんみたいになりますよ。

まぁ、コップの中の嵐や、争いをしている場合じゃないですよ。
しっかり、国政をやって下さい。ワケの分からないご託並べるのが政治じゃないですからね。自民党も民主党も、政治は妥協の産物なのですから、ゴチャゴチャ言わないで。

「外交と安保」は、どちらが政権を執っても、同じでなきゃ「世界から笑われますよ、相手にされませんよ」。この点だけは、絶対に一致して下さい。
それさえ合意できたら、どちらがどちらでも良いのです、実は。

舌っ足らずのフクミズ・アンポンタンでは話になりせんの!だから自らの手では政権とれなかったの!
民主党、正念場ですよぉ~!週末が楽しみですねぇ!

引用開始→ 民主党の小沢代表、辞意撤回…「納得していただけるか」 (読売新聞)

民主党の小沢代表は6日夜、辞意を撤回し、代表にとどまる意向を明らかにした。

同党の衆参当選回数別懇談会で小沢氏の慰留を求める意見が多数となったことから、党執行部の続投要請に応えたものだ。小沢氏は同日、鳩山幹事長らに対し「皆さんに納得していただけるかなあ。大変ご苦労をかけたと感謝している。本当に恥をさらすようだが、皆さんの意向を受けて、もう一度頑張りたい」と述べた。鳩山氏は、小沢氏に辞職願を返した。7日午後に党本部で開かれる両院議員懇談会で、小沢氏は、代表続投に当たっての自らの決意を示す意向だ。この後、小沢氏は党本部で記者会見を行う。

民主党は6日午後、党所属国会議員の衆参当選回数別懇談会を党本部などで開いた。一部議員からは「『民主党に政権担当能力がない』とまで言った小沢氏を慰留することには反対だ」との意見も出たが、最終的には小沢氏の慰留に努めるとの党執行部の方針が了承された。
[読売新聞社:2007年11月07日 09時26分]
Copyright (C) 2007読売新聞社 Copyright(c) NIFTY 2007 All Rights Reserved.    ←引用終わり

| | コメント (0)

2007/11/06

Google基本ソフト(OS)無償提供!モバイルでの競争激化へ!

Googleの携帯電話への市場参入、何よりも基本ソフトの無償提供決断を大いに歓迎する!

コンピューター技術の発達、インターネット技術の発達に伴い、市場でのニーズはますます多様化が進み、それに呼応するよう提供されるサービスも多様化と高度化を重ねている。

世界の通信市場で提供されるサービスが強化され、利便性が高かめられることにより様々な分野で経済効果を生むだろう。
人が出会い、人が交流することで、新たな市場が生み出される。

通話から始まった携帯電話が様々な情報伝達手段となり、携帯端末がコンピューター機能の役割を果たそうとしている。
それを支える基本ソフト(OS)の供給を競い合う事で、より利便性の高い大きな携帯端末市場がハード面でもソフト面でも生み出される。
ユビキタス社会の基本「いつでも、どこでも、だれでも」が日常生活の基本になる日が近づいてきた。

Googleが無償提供する基本ソフト(OS)が、できれば、MSのWindows Vistaのように、欲張り複雑で使いにくいモノでないことを祈る。
「誰もが、何時でも、何処でも、気軽に、容易に」使えるプログラムでないと、決して普及しないと思うからだ。
携帯電話が、先進諸国は勿論のこと発展途上国でも、今日、なぜここまで普及したか、冷静に考えてみるとよい。

引用開始→ 携帯基本ソフト、グーグルが無償提供   (日経NET)

【シリコンバレー=田中暁人】インターネット検索最大手の米グーグルは携帯電話市場に本格参入する。米インテルやモトローラ、韓国サムスン電子、NTTドコモ、KDDIなど世界のハイテク・通信企業33社と提携し、基本ソフト(OS)など携帯電話に必要なソフトをすべて無償提供する。これらのソフトが普及すれば、パソコンに代わって将来、IT(情報技術)機器の中心になるとみられる携帯向けネットサービスの拡大にはずみがつきそうだ。

無償提供するソフト群の名称は「アンドロイド」で、最も基本的な役割を果たすOSやネット閲覧、電子メール、電話帳など携帯に必要なすべてのソフトを備える。グーグルが中心となり、提携各社と協力して開発・普及を進める。(07:00)
Copyright 2007 Nikkei Inc. / Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.  ←引用終わり

| | コメント (0)

2007/11/05

真に、政治家「小澤一郎」らしい決断だ!自民党への復党を!

最初、耳にしたとき『ほぉ~!』と思った。
次に、理由を耳にしたとき『なるほど!』と思った。
暫くして、それなりに考え『あり得る話だ!』と考えた。
画面で報じられる記者会見の様子見て『小澤さんらしいなぁ!』との印象だった。

「政治家は、政策を実現することが『目標であり仕事』である」。テレビに出て、ホラグチを戦わすことが仕事ではない。政治家の仕事は、テレビの画面にあるのではなく『政策』を考え創り出し実現することが基本だ。

「コラコラコラム」は、政治家「小澤一郎」をよくからかった。これからもからかうと思う。
その理由は、小澤一郎という政治家が固有に持つ「政治姿勢や理念あるいは哲学」というか、彼が醸し出す空気を高く評価してのことである。

小澤一郎代議士は「気迫の政治家」でもある。この人から「気迫」が消えたら、普通のオジサンである。

政治家「小澤一郎」は民主党代表として、自民党総裁の「福田康夫」と対峙し、「大連立」を打診(申し入れ)され、「政権を分担する上で」、おそらく様々な条件を繰り広げたことだろう。現実の問題、次善の策を考え、様々な条件についての検証を自ら巡らせた事だろう。いくつもの組み合わせを短い時間の中で考えたことだろう。
そして「民主主義」を建前に開かれた「党(運営)」を標榜する立場から、「党」へ持ち帰り事情を説明し判断を求めたら、「議論以前に、総反発を受けた」ものと思われる。

気迫の政治家「小澤一郎」としては、現在の立場や政治状況について逡巡したことだろう。

そして「(党の代表として)不信任を受けた」。「しかも、自らが選んだ執行部(役員)から」、というのが大きかったのではないか。
政治家「小澤一郎」は、「原理原則」を大切にする人である。最も嫌うことは「無定見、無原則」である。

いま、従来から主張し続けた「自衛隊の海外派遣について、その理念と原則を成就」させることができる。まさに第二次世界大戦後の日本を縛り続けた「海外派遣のトラウマ」を解消できる最大の機会を得たわけである。
日本の政治家として、この点を踏み越え解決できるなら、これこそ最高の機会を得たと考えたものと想像する。この点において政治家「小澤一郎」は、その理念や主張で勝利したのである。
それは、自民党だとか民主党だとか、というような「政党の枠組み」など、どうでもよい話で「日本」の戦後レジュームに幕を降ろす事ができる最高の機会になった。
政治家の仕事は「政策を実現する事」だ。日本の政治の最大のテーマは「自衛隊の海外行動」を規定することである。

小澤一郎は、この点について「原理原則」主張し続け、その点で「原則一致」を得たのである。従って、「党」へ持ち帰り「協議」し「合意」を得ようとしたのではないかと想像する。

しかし「党」へ持ち帰った瞬間、「政治の理念や、国としての原理原則」を議論する以前の、「選挙で戦った相手、次の総選挙で逆転し、『政権』を握る」と掲げた事に叛すると、議論以前の総批判を受けたようだ。
政治家としてより大きな理想と志を持ち「原理原則」を大切にする、政治家「小澤一郎」としては、子供の駄々(小児病)の議論には耐えられない、と一気に嫌気に覆われたのだろう。
「民主党」の議論は、真に「小児」のレベルである。情けない人たちの集まりだ。
鳩山幹事長は、自らこそ「党」のスポンサーだという姿勢を崩さないし。菅代表代行は、潰れたスピーカーの役割しか果たせないし、凡そ政治の理想や志など無縁の矮小な自己目的の達成と自己満足を求める人たちの集まりに過ぎない事をまたも露呈した。

この状態、この現実を前に、
政治家「小澤一郎」としては、「もう、やってられない!」と考えたのだろう。

その気持ちは、この状況を考えると、よく理解できる。

政治は、「理念と妥協」の産物でしかない。日本の野党は、この事実を正しく理解できない限り、いつまでもいつまでも永遠に「政治的小児病」を克服し脱却する事はできない。
その間、国の政治は停滞し混迷を続け、世界の中を彷徨する以外の途がない。

やがて、
その昔「日本」という不思議な国があった。
その国は、アジアの東に位置しながら、ヨーロッパやアメリカを目指したようだ。
教育も技術の水準も高く、多くの道具で世界を凌駕しようとした国である。
創り出した道具を世界中に売り渡し、多額の金銭を手に入れ、贅沢な暮らしを重ねていた。
21世紀の初め、世界人口の2%程度のくせに、世界の富の13%を支配した。
それだけの富を持ちながら、世界へは「有り余る資金を『恵』として撒き散らす」だけだ。
隣近所の付き合いは一切することなく、つまり「汗」を流さず「汗」もかかずだ。
涼しいところに身を置いて、高見からアレコレ、物言うだけの不思議な国だった。
喰うことには殊のほか熱心で、残滓を捨てることにも熱心だった。
周辺の国と、様々な問題をうまく解決できず、いつも誰かに頼る事を得意技とした。
しかし、絶対に自ら「汗」をかかない事が際だつ特徴を持った。
「小児」の国か「大人」の国か、世界は遂に理解できなかった。
やがて、様々な歴史が示すように自然に国力が衰え、そして世界から忘れられた。

政治家「小澤一郎」は、このような屈辱を受け入れることはできない。
政治家「小澤一郎」の周囲に集まる人たちは、同じように考える人たちだ。

民主党は、小児病から立ち直れないまま、ある時、政治家「小澤一郎」が率いる集団と合同した。その後、政治家「小澤一郎」は静謐を守り通した。
しかし、ある日ある時、「前原誠司」率いる執行体制がガセネタを掴まされ頓挫した事で、鳩・菅二人が雁首を並べ、政治家「小澤一郎」に民主党の代表を受けるよう主張した。
政治家「小澤一郎」は逡巡を重ね、結局、代表を受け入れた。

その際、鳩・菅は、「選挙に勝つ!選挙で勝つ!(そのための代表だ)」と考えたに過ぎない。「純粋無垢で原理原則」の政治家「小澤一郎」は、例え雇われでもよいと考えたのかどうか知らないけれど、持ち前の「政治信念」を示し、それに基づく「基本政策」を掲げ了解を得た上で全権を託され「党」の代表に就いたワケである。
それでも当初は、「前原誠司」執行体制を継続し、自らの手による執行体制を敷いたのは、つい先日のことである。

そして、その人達から「無原則」だと、この度の提案を批判されたのである。
「これでは、やっていけない」と考えるのが自然である。

民主党の最大の欠陥は、鳩・菅が政策能力も統治能力も持たない点にある。
別には、「テレビの画面が政治の場」と大きな勘違いを重ねる議員を適切に措置できないことである。しかも、そこで展開される主張は、聞くに堪えない「現実離れした小児の議論」に過ぎない点である。
何よりも、「国家としての国防と外交について、一致した基本戦略を持たない」点に全ての欠陥が集約されている。これでは本来、国政を任せられる「政党」と呼べないのである
地方政治、市民運動の領域を担当する程度のレベルに過ぎず、国政を任せる事は無理があるのだ。この点を、政治家「小澤一郎」は衝いたワケである。
衆議院総選挙についての意味深長な主張をさりげなく行ったのは、そのためである。

それでも、民主党は、鳩・菅ともに「深刻に受け止めていない」ように見受ける。
そもそも、この二人の思考が当初から政治的には破綻しているワケだから、「民主党」という幻想看板だけを掲げ歩いているに過ぎないのだ。

無能な野党には、何でも言わせておけ!所詮は、小児の議論か寝言の類に過ぎない。国政を担当するに値する「基本政策も掲げられない政党(みたいなモノ)が、何を寝言で言おうが世界は誰も聞く耳を持たない。寝言はいつまでも寝言に過ぎない!戯れ言はいつまでも戯れ言に過ぎない。小児の議論は小児の議論で子供にさせればよいのだ。

政治家「小澤一郎」と自民党に告ぐ。
もう一度、合流せよ!表目には見えないが、この間に自民党も大きく変化した!
「日本」という国を「大人」の立場で議論するために、政治家「小澤一郎」は「自民党」へ復党せよ!そして「自民党」は、政治家「小澤一郎」の復党を最高の栄誉を持って温かく迎えよ!これこそが、いま「日本」がおかれた国際的危機を救う数少ない途である。

引用開始→ 小沢代表が辞意表明、執行部の連立拒否は「不信任」  (日経NET)

20071105at3s0400v041120071f 記者会見で辞意を表明する小沢民主党代表=4日、民主党本部

民主党の小沢一郎代表は4日午後、党本部で記者会見し、党首を辞任する意向を明らかにした。理由として党役員会に提起した自民党との連立協議入りの了承を得られなかったことを挙げ、「私が不信任を受けたに等しい」と説明した。鳩山由紀夫幹事長らは慰留に努めているが、党内では後継探しの動きも始まった。参院で第一党である民主党の党首が交代すれば、与野党の力関係にも重大な影響を与えるのは確実。政局が流動化し、給油新法案の行方にとどまらず、衆院解散時期なども一段と不透明になる。

小沢氏は2日の福田康夫首相との会談で連立政権樹立を打診され、党に持ち帰った。しかし、「選挙での政権交代が筋」などの批判を受け、撤回に追い込まれた。

小沢氏は会見で「連立政権の樹立を巡り、政治的混乱が生じたことを受け、民主党内外へのけじめとして代表を辞する決意をした」と表明した。(21:42)
Copyright 2007 Nikkei Inc. / Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.  ←引用終わり

引用開始→ 小沢氏辞意表明、野党各党は一斉反発  (日経NET)

民主党の小沢一郎代表の辞意表明に対し、他の野党からは「密室談合で連立協議という国民を裏切る行為をしたわけだから党首失格だ」(志位和夫共産党委員長)などと批判が噴出した。

志位氏は鳥取市で記者団に「国民は民主党に『自公政治ノー』という民意を託していた。国民の前で堂々と議論を重ねていれば、こんな結果にならなかったのではないか。党全体の責任も問われる」と指摘した。

社民党の福島瑞穂党首は党本部で記者会見し、「野党が自民党を倒すぞという時にこういう形になってがっかりしている。残念だ。夏の参院選で民主に投票した人に対する裏切りだ」と厳しく批判。自民との連立協議についても「全く理解できない」と切り捨てた。(22:04)
Copyright 2007 Nikkei Inc. / Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.   ←引用終わり

| | コメント (0)

2007/11/04

パキスタンを「戒厳令」へ追い込んだのは誰か!?

パキスタンのムシャラフ大統領をここまで追い込んだのは誰か?
Pknationalflagイスラム社会(イスラム法が支配する地域)の事情を無視し、一方的に「欧米の価値観(キリスト教価値観)による "民主主義" を押しつけながら、(欧米的価値観による方法で)イスラム原理主義勢力との戦いを強要」している。

パキスタンの資産家は、欧米とのビジネスを抱え太っている。大いに太っている。
だから、欧米との関係を悪化させ市場を失いたくない。それは、パキスタン全土に広がる貧困層と比べたとき、本当に一握りの層でしかない。この点でも、イスラム過激派へ攻撃材料を与えている。
従って、いずれの側からも、「貧富と格差」に起因する事実が、ムシャラフ大統領への間接的な政策圧力になっている。

「イスラム社会のパキスタンで、欧米的価値観で政治を進める事は、パキスタンで支持されているのか?」と、かつて尋ねたことがある。話を聞いた側は困惑した表情を隠さず、「難しい面、難しい要素もあるが、我々は努力している」と言葉を返してきた。

いま、パキスタンは、この点で苦悩している。とても苦しんでいる。

元首相のブット女史が、パキスタンを追われた理由の一つは、「欧米的価値観による民主主義で政権を手に入れてはみたものの、インド亜大陸特有の価値観に加えイスラム的価値観が混在したパキスタン独特の政治風土が原因」ではないかと「コラコラコラム」は常々考えている。
ブット元首相は、基礎教育を始め必要な教育は英国で受け、人としての知性を磨いてきた俊英な人である。そのブット元首相が政権を追われる羽目になるのは、「汚職」が原因である。

記録が正しければ、それは真実だろう。記録が間違いであれば、それは虚偽である。
しかし「真実は分からないし、多分いつの政権でも闇の中」だ。なぜなら、「自転と公転を繰り返すから」だ、と答えておこう。
社会風土が生み出す政治風土、その根底にあるのは「パキスタンのイスラム的価値観」である。その社会や風土に根を張らない側の人には、全く理解不可能な事である。

その側に身を置く者が、その社会での戦いを求めるのに、戦いを要求する側の価値観を押しつけてみても始まらない事くらい分かりそうなものだが、「米国」は独善主義の国ゆえに理解しようなどという殊勝な考えは持ち合わせていない。

「米国」が、パキスタンのムシャラフ大統領に求めるのは、「テロとの戦い、テロ撲滅への戦い(イスラム原理主義との戦争)」を「米国的価値観に依存しろ!」と強く求めながら、「(欧米的)民主主義を守れ!」と、一方で首を絞め足を踏みつけているワケだ。こんなバカげた政策を推し進める限り、パキスタンの政権は崩壊への歩みを強めるだけである。

とうとう、ムシャラフ大統領は「パキスタン全土へ戒厳令を布告」した。
「戒厳令」の布告は「コラコラコラム」が予想した日時より遅かった。

パキスタンは、いよいよ内戦の瀬戸際に立たされた。内戦の瀬戸際へ、パキスタンを追いやり立たせたのは、「米国」そのものである。

ガンバレ、ムシャラフ大統領! (元首相)ブット女史は合流支援せよ!

引用開始→ 非常事態宣言「統合保つため」 パキスタン大統領  (産経MSN)
2007.11.4 10:38

パキスタン全土に非常事態を宣言、現行憲法を停止し事実上の戒厳令を敷いたムシャラフ大統領は3日深夜(日本時間4日未明)からテレビ演説し「パキスタンはテロや過激派の脅威にさらされ、行動を起こさなければ統合が保たれなくなる」と述べ、国民の理解を求めた。反政権色を強めていた最高裁については、政府の政策に反対し続け政府機能をまひさせたと非難した。

また「テロとの戦い」に協力するムシャラフ政権の国際的な後ろ盾である米国や、欧州連合(EU)に対し「(パキスタンは)欧米の民主主義とはレベルが違う。時間を与えてほしい」と要請。政府、国会や州議会の機能は停止せず、維持するとした。

下院と州議会は今月15日で任期を満了。ムシャラフ氏は「民主化は完遂する」と強調したが、来年1月までに実施予定だった総選挙をいつ行うかや、兼任する事実上の軍トップ、陸軍参謀長を辞任するかどうかについては言及を避けた。憲法によると、非常事態下では議員任期を最大一年延長できる。

野党第二党パキスタン人民党(PPP)を率いるブット元首相は3日夜、滞在先のアラブ首長国連邦から南部カラチに空路で帰国。ブット氏はムシャラフ氏と今後の連携で大筋合意していたが、カラチでの記者会見で「これは非常事態でなく戒厳令だ」と厳しく批判。英スカイニューズ・テレビによると「憲法停止を撤回させるため他の政党指導者と協議するつもりだ」と語った。

ほかの野党指導者は拘束されたり、自宅軟禁下に置かれたりした。政府は裁判所の判事に対し、暫定憲法命令の下であらためて就任宣誓するよう命じたが、地元テレビによると、最高裁では17人中、4人しか従わなかった。

ムシャラフ氏は10月6日の大統領選で最多票を獲得。だが、陸軍参謀長を兼務したまま出馬したため、憲法に違反するとして対立候補が提訴、最高裁が立候補資格を審理していた。(共同)
Copyright 2007 The Sankei Shimbun & Sankei Digital  ←引用終わり

引用開始→ パキスタン戒厳令、米政府内に困惑 (産経MSN)
2007.11.4 17:45

【ワシントン=山本秀也】「テロとの戦い」で米国を支えてきたパキスタンのムシャラフ大統領が3日、事実上の戒厳令を布告したことで、米政府内に困惑が広がっている。ライス国務長官は「早急に民政に立ち戻るべきだ」として、非常事態宣言への不支持を繰り返すが、一方で米側が軍事援助の停止や制裁に踏み込む気配はない。こうした歯切れの悪さは、米国がムシャラフ政権との協調維持による「実利」と民主化外交の貫徹という「理念」の板ばさみにあることを示している。

米国家安全保障会議(NSC)のジョンドロー報道官は3日、ムシャラフ大統領の非常事態宣言を「きわめて失望した」と非難。トルコを訪れていたライス長官も「憲法を逸脱する手段を米国が支持することはあり得ない。これは民主化や民政統治からパキスタンを遠ざけるものだ」との立場を重ねて示した。

米政府の要求は (1)非常措置の撤回による早急な民政への復帰 (2)ムシャラフ大統領の陸軍参謀長兼務の停止 (3)来年1月の公正な選挙実施-など。

陸軍参謀長の兼職問題では、ムシャラフ大統領自身が兼職をやめると公言していながら今回、制服組トップの立場で強権発動に踏み切ったことに、米側はいらだちを隠さない。国務省のマコーマック報道官は「大統領がすみやかに約束を実施することを望む」と述べ、来年1月15日までの参謀長辞任を迫った。

ただ、国際テロ組織アルカーイダの掃討などパキスタンと米国の対テロ協調が、軍・治安機関も統帥するムシャラフ大統領によって支えられていることは、米側が最もよく承知している。パキスタンで民主的に選出された指導者が軍を掌握しきれないといった事態を米側は本音では望んではいない。国防総省のモレル報道官が「パキスタンはテロとの戦いできわめて重要な同盟国」「(非常事態宣言は)パキスタンへの軍事援助に影響しない」と述べたことは、まさにその本音の部分だ。

米政府は2002年、パキスタンの対テロ協調の見返りとして、5年間で総額30億ドルの軍事、経済援助を表明した。米側はこの枠内で、テロ組織の「聖域」とされる部族地域の監視や戦闘に必要なヘリコプター30機をパキスタンに供与したばかりだった。
Copyright 2007 The Sankei Shimbun & Sankei Digital  ←引用終わり

| | コメント (0)

2007/11/03

ナマのベトナムが分かる、週刊ベトナムニュース第139号

ウィークリー・ベトナム・ニュース  
■ 平成19年11月03日 土曜日 第139号
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■ こんにちは!!

Vnnationalflagいつもお世話になっておりますベトナムから、ニャットアインです。

今日もここ一週間のベトナムの主なニュースをご笑覧下さい。

翻訳は直訳とせず、日本語に馴染む意訳としておりますので、ご注意下さい(笑)また、訳者の独断と偏見を交えた辛口寸評を入れてみました。内容が片寄り、言葉が多少過ぎる箇所も多々あろうかと存じますが、これもベトナムを愛するゆえの諫言とお許し下さい。

誤字・脱字はご愛敬ってことでお願いします<(_ _)>

尚、記事の転送は営利目的以外なら原則自由ですが、自己責任において行い、その中で被った被害・損害に対し筆者は責任を負えませんのでご了解下さい。

ベトナム・ニュース その139 今週のヘッドライン

*10月29日(月) 早くて便利で経済的なATMの光と影
*10月30日(火) 不動産累進課税への抵抗圧力
*10月31日(水) 天下のご意見番ベトナム祖国戦線
*11月01日(木) 人身売買から5年ぶりの生還
*11月02日 (金)   若い夫婦のあの話し、、、、。
*11月03日 (土)  謙譲の心に褒章を!

10月29日(月) 早くて便利で経済的なATMの光と影
*会社の経理担当者から給与の手渡しを受ける代わりに、若い秘書のグエン・ミン・グエットさんはいつでもどこでもお金が必要な時にお金を引き出せるようになった。というのも、彼女の勤め先が去る7月から給料振込を開始したからに他ならない。グエットさんは、このサービスの利便性を否定しないものの、2ヶ月前にグエン・タン・ズン首相が社会における新たな支払い方法を適応させる運動を開始した際、彼女やその他のベトナム人労働者たちの多くは、それが大きな懸念材料になると心配したという。ベトナム人労働者に給与振込システムが導入されると、瞬く間に若い世代の労働者にATMは熱狂的に受け入れられ歓迎されたのである。

この新システムは給料受給者の目を引いたばかりでなく、支払う側にとっても利益をもたらしたのだ。「うちの会社では早い段階でこのシステムの導入に踏み切りました。そうですね、4年も前になります。ですから、それ以後、給料支払いの為にいちいち銀行へ現金の引き下ろしに行かなくて済むようになりました。それに多額の現金を持ち歩いて盗まれる心配もなく、手渡しで従業員に給料を手渡す必要もありません。私がすることと言えば、事前に必要な金額を口座に振り込んでおき、支払いはカードで銀行が行ってくれるので重宝しています。」とFソフト社経理課長のレ・タン・ヴァンさんはいう。

若い従業員が新システム導入の一番の受益者で、ATM使用はつまり人々に貯蓄の動機付けをもたらすからとグエン・トウ・チャンさんは説明する。「手許にいつも必要な現金があると限らないし、だいたい私は買い物の際 現金は持ちません。カードが対応してくれるからです。」とチャンさん。ATM給料支払いシステムの利点を使用者により理解して貰うために、各銀行ではそのサービスを更に魅力的なものにしてゆく努力を怠らない。ベトナム中央銀行は新たに20の銀行に対し、現金出し入れ可能なATM取引の認可したと発表し、現在、国内において約620万枚のATMカードが3800カ所のキャッシュディスペンサーを通じて利用なされている。ベトコムバンクの様な銀行では、ほんの僅かな利息ではあるが、カード所有者の口座に毎月利息をプレゼントしているほどだ。

疑いの余地もないことだが、ATMに拠る給料支払いはこれまでの支払い方法に比べ格段に優れているといえる。より便利で、安全、しかも経済的でもある。しかし、ATMユーザーが増加するに伴い、その一方で新たな問題の発生やクレームなどが急速に増えつつあるのだ。その最大のものは“信頼性”に尽きる。人々はPINコード(暗証番号)の保護に慣れておらず、それが証拠にATMでの取引が終わるとその明細は、中に如何に重要な情報が網羅されていたとしても、その場で捨て去ってしまう。この様な悪い習慣が、銀行口座を狙うハッカーたちの格好の標的となり食い物にされる事になるわけだ。

多くの労働者たちが、自分たちの手許にお金が入る前に口座のお金が消えた 或いは盗まれたと不満の声を挙げている。
「ATMで給料を受け取り始めるようになってから、スムーズにお金を下ろせたことは稀で、ある時なんかは20万ドン(US12.5$)が口座から消えており、銀行に掛け合いましたが補償を受けられませんでした。」と今年23歳の工員グエン・トウ・フエンさんは話してくれた。実際、彼女は、この事を何度か銀行に問い合わせて見たものの、銀行側は親身になって採り上げなかったという。それどころか銀行側は、忙しいからまた後で連絡しろなどという始末とフエンさんは肩を落とす。

ATMの技術的問題点や不足が、サービス利用者から多くの非難が寄せられる結果に繋がっている。現在、このサービスは何も大都市に限った事ではなく、ラオカイ省などの僻地山間部でも受けられる様になっている。ベトナムにおける四大首相ATMサービス提供銀行であるBIDV銀行・アグリ銀行・テクコム銀行・インコム銀行は、地方でも活発なカード利用者獲得キャンペーンを張っているものの、ラオカイ省のような地域ではサービスのインフラ整備が追いつかずこれ以上に発展は厳しいところにきているという。
同省で稼働するATMは10台で、主に郊外に設置されているだけで、未だこの地域の何千という労働者にはサービスが行き渡っていない。ATM給与支払いシステムは確かに社会進歩の起爆剤となった。しかし、この起爆剤も誤った使い方をすれば手痛いしっぺ返しとなる可能性を秘めているのでもある。

(辛口寸評)
話は大きく逸れるが、日本で給料が手渡しから振込に切り替わったのは既にふたむかしになるだろうか。女性読者にははなはだ不遜な物言いになるが、日本の女性が男尊女卑の価値観から完全に解き放たれたのは、雇用機会均等法の導入だけでなく、根本原因としてこの“給与自動振込”が大きく作用してきたと筆者は常々考えてきた。その昔、一家の大黒柱と崇め奉られた“お父さん”。給料日、いつもより早めに帰宅したお父さん。お母さんは「お帰りなさい!」ニコニコと亭主の帰宅を迎え、夕食のおかずはいつもより一品か二品多く、ついでにお銚子までついてきた。お父さんは、会社で貰ってきた給料袋を重々しく奥さんに渡す。奥さんはそれをうやうやしく受け取り、ひとまず仏壇に供えるという風景が我が家にもあったし、多くのニッポンの家庭で見られた一コマでもあった筈だ。

そこへ便利さと安全性を売り物に突如現れた、給料振込!お父さんはいてもいなくても、給料日になれば黙っていても銀行口座にお金が振り込まれている。お父さんの威厳は失墜!それどころか、家庭内で口やかましいだけの存在になってしまったのである。
残業で疲れ果てて午前様過ぎに自宅に戻って見たところで、奥さんは既に布団の中で高鼾。さだまさしじゃあるまいが、昨夜の残りのカレーをチンして独り孤独な夕食をとるしかない。何とも罪なのが、この給与振込なのである。ベトナムにこのシステムが導入されて4年になるが、うちの会社では何を言われようが未だ手渡しを通している。便利とかは関係ない。ベトナムのお父さんの地位をこれ以上落とさないためにも、、、。嗚呼!父よ、あなたは強かった。。。

10月30日(火) 不動産累進課税ヘの抵抗圧力
*今日、世界中で最も高額の部類に入るベトナムの地価を抑制するにはこれまで15年間据え置かれた土地課税法を見直し、特に土地転がしで巨額の富を得る投機家に対する高額課税を導入するしかなかろうと、元政府職員は語った。地価は政府の不完全な路線価の設定と課税政策の結果、土地が投機対象となり高額化に繋がって行ったのだと、元天然資源環境省副大臣で現在、ハノイ大学土地調査課で学部長を務めるザン・フン・ヴォ教授は語る。この様なおかしな政策は一部の公務員たちが地価を国家の管理下に掌握し続けたいという意向が強く働くため、今も生き続けていると教授。天然資源環境副大臣在任期間中 公共からの人気を勝ち取り、今年初めに副大臣の職を退任したヴォ教授曰く、即効性があり効果的な地価引き下げの方法は進歩的な累進課税を余剰で遊休地などに掛ける制度をスキームに盛り込むことだとする。仮に政府がこの法案作りを急げば地価の下落は急速に進むだろうという。

地価、特に大都市圏のそれは今年急騰した。ホーチミン市の下町にある1400平米の地価は約3920億ドン(US2450万米ドル)に達した一方、ベトナムの一人辺りの平均年間収入は僅かUS835$に過ぎない。ある経済学者たちは、この傾向をベトナムの若者人口や急速な都市化、収入の増加、強く安定した経済成長、それに増加する外国人直接投資に起因するものと見ている。これに加え、昨今の株式市場の成長も不動産に資金が流れる原因だとしている。しかし、ヴォ教授はふたつの問題があると主張する。ひとつは政府の路線価は実勢価格を遙かに下回っていること そしてふたつめが後退する土地課税政策にあるというのだ。路線価は通常、土地使用料や登記料、或いは売買課税、それに補償費などの算定に使われるものだが、これは常に市場の実勢価格を下回っており、一部の国家公務員や裕福層の中にはこの開きの違いが大きければ大きいほど喜ばしいと考える不心得ものが混じっている。何故ならベトナムにおいて土地は国家の所有物として規定されているため、個人や企業法人などは当局と共謀し、広大な土地資源を手に入れようとする。中央政府が自治体政府に路線価を見直すよう指示しても、彼らが見直しに応じようとしないのだ。

ふたつめの土地課税政策の後退についていえば、元々経済的効果を軸に土地管理を行うべき取り組みが、人々の欲望により麻痺してしまったことにあるとヴォ教授は続ける。1992年に発動された土地住居税法では、一平米あたりの土地或いは家に課せられる最も高い年間課税額は2キログラムの稲に等しく、6000ドン(US0.37$)以下でしかない。いくつの土地を所有しようが、亦は土地を所有しようが、全ての所有面積に2倍掛けた数字を割り出し、それを稲に換算したものを払うだけで済まされているのが実情なのだ。これは投機家にとっては好都合な環境で、ベトナム政府は早急に土地や住居に累進課税をするように仕向けなければならないとヴォ教授は訴える。有効利用されていなかったり、過剰所有されている大きな土地には、その所有者に対し累進課税を適用し、法人が所有者の場合でも彼らがそれを遊ばせているようであれば累進課税を導入しなければならないだろう。進歩的な土地課税は投機を抑制される上において発展途上国ではとても効果的なことが証明されている。ホーチミン市やハノイ市下町の300平米の地価は凡そ、370万米ドル(邦貨4億2550万円!)で、これがオーストラリア・ビクトリア州であれば課税額はUS74000$、台湾であればUS40000$となる。

余剰地や遊休地に対する累進課税法導入について2003年以前に議論なされたことがある。共産党はあの時点では、土地の生産的な利用を容易にし、国土の広範囲に渡る土地所有者の収入を調節する為の税制を決定。国会下院は2007年中旬に改正土地課税法を通過させる予定だった。しかし、ヴォ教授に拠れば財務省は今もいくつかの理由を上げ、土地課税における別の法案作成に難色を示しており、この試みは時間を掛けなければならないとする。
「私自身、財務省がこの問題について前向きに対処する姿勢を見せる必要があると考えており、財務省がこの3年の間 国民が必要とする税制を導入出来ないでいる方が寧ろ不思議にさえ思っています。亦、遅れが出ても誰も処罰されないことも含めて、、、。」とヴォ教授は結んだ。

(辛口寸評)
ベトナム人はとてもクレバーな人たちである。どうすれば自分たちの利益になるかしっかり理解している。ところが、根源的に公共の利益より家族(身内)の利益を優先させる為、結果、公共心は常に後回しにされてしまうのだ。税制度がその良い例で、今回の不動産所有の累進課税にしろ、国の利益を考えた場合、当然、財務省を主体として導入すべきと頭では判っちゃいるのだけど、それが遅々と進まないのは、つまり家族単位を主軸とする彼らベトナム人にとって“損”でしかないからだ。因みに、日本人資産家にとっては羨ましい話だけれど、この国には相続税がない。

これからもご理解頂けるよう、とどのつまりベトナムで既得権益を手放す為には、それ以上の既得権益が今後得られなければ、良くも悪くも変化は進まないのが実情なのだ。他に変化が起きるとすれば、それは日本同様、外圧(WTOクラスのコミットメント)ぐらいだろう。ヴォ教授の意見は核心を突いたものだった。故に、ポピュラリズムを庶民から得られたのだ。だが、哀しいかな天然資源環境副大臣を退官した今、如何に持論を述べたところで遅きに失した感は否めないし、亦、ここにこそベトナムの現実が垣間見えるとも云えるわけなのだ。

10月31日(水) 天下のご意見番ベトナム祖国戦線
*昨日の祖国戦線会合で、昨今、ホーチミン市内の交通環境悪化はひとえに当局の近視眼的な施策に帰依するものだと非難した。抗仏戦線戦い抜いたベトミンから成長した社会政策グループ組織参加団体の祖国戦線曰く、市の交通当局者は今日に至る交通環境を知っていたにも拘わらず有効な施策を打ち出し戦略的交通問題の打開する計画を持って来なかったとの立場に立ち、市人民委員会により打ち出されたいくつかの解決策はどれも実行不可能なものばかりと切り捨てた。そして交通違反者に対する厳しい取締の強化だけが短期的に交通問題を減少させる唯一の方法であると彼らは指摘する。祖国戦線はホーチミン市にラッシュアワー時の交通量緩和を促すため学校や企業などにフレックスタイム導入を検討するよう提案した。

ホーチミン市人民委員会は、先週、市内の交通事故と渋滞は日増しに悪化の一途を辿っていると報告した。今年9ヶ月間で1044件の交通事故が起き、内841名が死亡。事故件数割合は前年同期で既に15%上昇している。加えて、9月に各学校が始業すると渋滞は更に酷くなった。市人民委員会は増え続ける自動車・人口・道路工事の遅延・市民の交通モラルの欠如などが相まって都市の交通環境を阻害しているのだと指摘した上で、市当局は関連下部組織や公安に渋滞解消に向けた別ルート作り・インフラ整備のスピードアップ・交通整理の員数の増加など指示したという。

祖国戦線のあるメンバーは会合の席上、市当局の不注意な管理と近視眼的政策導入、それに伴う交通環境悪化を非難した。
技術者のチャン・ティエン・トウ氏は本来交通当局は将来を見越していくつものステップを踏んで政策作りに取り組まなければならないが、彼らはこれまで何もしてこなかったと語る。ジャーナリストのディン・フォン氏は、地元立法人民介護は既に10年も前から今日の問題点を憂慮指摘してきたが、それに誰も注意を傾けて来なかったと憤る。祖国戦線会合参加者の中からは、仮に道交法が厳格に適用されれば交通ルールが市民に浸透する唯一の手だてとの意見も出された。罰金は重く、再犯者にはより重くすることが大切だと衆目は一致した反面、市内に出入りするバイクに制限を加えたいとする市当局の提案には強く反意を示した。ベトナムではバイクが主な移動交通手段である。日々多くの地方出身者がホーチミン市に移住してくるのに、一体どのようにしてバイク数に制限を加えられるのか?とグエン・レ・ニンさんは訊ねた。祖国戦線は市が導入を進めているバイク市内利用税にバイク所有者の殆どが低所得者のため、導入に承伏しかねるとこれも反対し、その一方でホーチミン市当局に対し円滑な交通を妨げているインフラ整備プロジェクト工事の加速化を図るよう要請した。

(辛口寸評)
記事の中でも多少触れられている様に、ベトナム祖国戦線はフランス植民地からの独立を目指し、1941年5月19日に結成された独立運動組織で、ホーチミン大統領に率いられたベトナム独立同盟会 所謂“ベトミン”がその発生の起源で、ジュネーブ和平協定後、ベトミン軍は1954年10月10日にハノイを解放し、フランス軍がベトナムから撤退すると翌1955年、植民地からの解放が完了したとしてベトミンは自ら解散を宣言。同年9月10日、これを継承する“ベトナム祖国戦線”が樹立された。こんな歴史を持つ祖国戦線は“ベトナム解放を指導したのは我々である”というプライドが高く、アメリカに於ける全米退役軍人会の如く、ベトナムの政治・政策に隠然たる力を持ち続けているのだ。中央政府レベルであれ、自治対政府レベルであれ、必ず祖国戦線はオブザーバーとして発言権が与えられており、法的拘束力は無いまでも“天の声”として蔑ろには出来ない。

その祖国戦線が、ホーチミン市の交通問題で市当局のやり方を完膚なまでに非難したという事態を招いたということは、彼らの逆鱗に触れるほど市内の交通環境問題が逼迫している証と云えるだろう。恐らく今回の非難で市当局や市公安当局の責任者は更迭、そして関係窓口の担当者は半分ぐらい入れ替わることになるかと思われる。政治家や役人にとって、ややもすると目の上のこぶとも取れる祖国戦線だが、ある意味、この様な団体が存在することに拠り、ベトナムの政治・政策の自浄作用を促しているとも言えるので、今後、市当局者は早急に対策を立て、一刻の猶予無く眼前の交通問題をひとつひとつ的確に捌いて行くよう努力して貰いたいものだ。亦、祖国戦線には今後とも、市当局者が仕事に邁進するようお尻を叩き続けてやって欲しい。

11月01日(木) 人身売買から5年ぶりに生還
*5年前に中国へ拉致され、そして中国人男性に身柄を売り飛ばされたベトナム人女性が、そこから逃げ出し、フエに住む家族の元へ戻ってきた。このレ・ティ・ハイ・ヴァンさんの哀しい物語は、多くの人身売買被害者と共通するものであった。フエの貧しい家庭の末っ子として生を受けたヴァンさんは中学2年で貧しさがゆえ学校をドロップアウトし、仕立ての見習いとして両親にホーチミン市の知人の元へ送られたという。2003年、春、19歳となった彼女に見知らぬ女性が声を掛けてきた。その女性は北部訛りで、ハノイ在住のビジネスウーマンで彼女の経営する衣料品店で働く店員を探しているのだとヴァンさんに語りかけたのだった。「もし貴女がハノイのお店で働いてくれるのなら、貴女の経費と月給120万ドン(約US80$)を支払うわ」という女性の誘いに魅せられたヴァンさんは、彼女の近所に住む友人で当時同じ19歳だったチャン・ティ・ヴイさんに一緒に行こうと誘ったという。

両親にハノイで働くことを話せばきっと反対されるだろうと、ヴァンさんは何も告げずにハノイ行きを決行した。それに後で両親に仕送りをすれば理解が得られるだろうと軽い気持ちもあったという。ヴァンさんとヴイさんは、あるカフェで“雇用主”と落ち合いハノイ行きのバスに飛び乗った。バス乗車二日目になって、ヴァンさんはバスの行き先がハノイとは違うような気がしていたものの、何も言わず旅を続けたのだという。乗車5日目になり、一行はバスを降り、小さな家に宿を取った。ここでは誰もが中国語を話していた。ヴァンさんとヴイさんはこの時になって漸く、国境を越えてしまったことに気がついた。それから3日後、ヴァンさんは5000元(約58000円)で、ひとりの中国人男性に売り飛ばされ、ヴイさんは別の中国人男性に連れて行かれたという。

その頃、ヴァンさんの両親は警察に必死の思いで行方不明になった娘の捜索を要請する手紙を書いたものの、誰も採り上げてくれなかった。やがてヴァンさんは、30歳前後の男性に転売されると、彼の故郷広東省の寒村に連れて行かれ、無理矢理、妻にさせられてしまったのである。ここでの暮らしはヴァンさんにとって悲惨なもので、場所も判らず逃げることさえ出来なかったという。ベトナムの両親や兄弟姉妹を想い泪に暮れる毎日ではあったが、一年も経過すると当地の言葉を覚え、やがて男の赤ん坊を産み落とした。2006年、子供が3歳になると旦那の中国人はヴァンさんと共に中山市の工業団地へ就職活動に出掛けた。旦那は彼女に偽のIDカードを渡し、二人とも同じ電線工場に仕事を得たのだった。お互いの作業部署は離れていたものの、旦那はヴァンさんを厳しい監視下に置いたという。

新しい職場でご主人が教員をしている友達が出来たヴァンさんに、この中国人夫妻が救いの手を差し伸べてくれた。約二年間、この職場で勤めたヴァンさんにチャンスが訪れた。先月、旦那が風邪に倒れ自宅へ早退したのを見計らい、ヴァンさんはこれまでの蓄えを掻き集め、友達の携帯電話でベトナムの家族に電話を入れたのだった。そして家族と常に連絡が取り合えるよう自分の携帯電話を手に入れ、ベトナムの家族と落ち合う場所を調整したという。ヴァンさんから電話を受けた彼女の両親は喜びで泣き濡れた。が、しかし彼らには中国へ娘を迎えに行ってやれるお金が無かったので、長女とその亭主の二人が3000万ドン(約US1800$)を借り、中国へヴァンさんを迎えに行くことになったのである。

中越国境のあるモンカイに到着した、姉夫婦はそこで中国の観光ビザを取得し、通訳を雇い広東へ直行した。彼らは電話でヴァンさんと交信を重ねながら、やっとの思いで中山市バス停で再会を果たしたのだった。ベトナム国境の手前で、一旦、ベトナム入境のために姉夫婦と別れたヴァンさんは、姉夫婦が正規の出入国を果たす一方で、深い森を抜けてベトナムへ入国し、10月14日の日曜日、遂に家族の元へ戻ったのであった。自宅へ戻ったヴァンさんだが、彼女は今も悪夢とトラウマに悩まされているという。彼女は今も友達のヴイさんが気がかりだが消息は今も杳として掴め無い。しかもヴィさんの家族も亦、貧しくて病気がちなのでとてもヴァンさんの家族のように3000万ドン借りて娘を捜しに行く余裕すらない。

(辛口寸評)
たびたび、ここでも採り上げる深刻な人身売買事件ではあるが、今回の記事もそのうちのひとつである。国を跨いだ人身売買が如何に日常的に発生しているかを示唆している一方、一向に有効な対策が講じられていないことが窺い知れるというものだ。兎に角、日本は四方を海に囲まれているので、海を渡った拐かしといえば、北朝鮮の国を挙げた拉致事件以外思い浮かばないが、人工的な国境線で隔てられた大陸の国々においては、人も物も一緒くたで盗まれる対象になる。

尤も人の場合、そのターゲットになるのはいつも貧しい人々で、あの手この手で誘き寄せられ、主に中国に売り飛ばされてしまう。今回のヴァンさんの様に帰国できるのは稀で殆どは、誘拐後、絞れるだけ搾り取り、その死に至るまで過酷な労働を強いられるという。ある意味、ヴァンさんの場合、誘拐されたのは不幸だが、嫌々の中国人亭主との結婚生活だったかも知れないが、置屋で客を取らされ続ける最悪のケースに至らなかっただけ幸いだったと云えるだろう。本人にしてみれば、冗談では無いだろうが、、、。

11月02日(金) 若い夫婦のあの話し、、、。
*3年前、ヴァン・カンとトウー・ヴァンの二人はハノイに住む幸せ一杯の若いカップルだった。しかし、現在、若い妻は彼女の怠惰が元で離婚調停裁判所で離婚の危機に面している。「私には妻が、息子には母親が必要なのに彼女はそのどちらの務めも果たそうとしません。彼女は仕事を優先し家庭を試みないのです。」と旦那は訴える。
多くの若いカップルがそうであるように、彼らのトラブルが生じたのは新しい仕事に因るものだった。妻のヴァンさんの就職が決まると、彼女は殆どの時間を仕事に費やし、夜になると英語クラスへ入りビジネス英語を受けるようになったという。旦那のカンさんに全ての家事が託され、2歳になる息子の世話までしなければならなくなり、日々の夕食は独りで寂しいものとなり、最終的に離婚を決意したのである。

この話はとてもユニークなものとは言い難い。が、しかし忙しい仕事のスケジュールは個人からも、家族からも多くの時間を奪うようになり、夫たちも妻たちも仕事の重荷を背負わされるようになった。
「他の家族が食卓を囲んで話しながら食事を摂ったり、自分独りで映画を観ていたりすると、自分自身が寂しくて情けなくなるんです。妻の帰宅は毎晩遅く、息子は既に寝入った頃なのですが、疲れた彼女の顔を見ると私自身彼女と話すことを躊躇ってしまうのです。」とカンさん。彼らは夫婦であっても心は完全に離れており、どことなく同じ家に住む同居人みたいなもので、お互いに意志の疎通がなく、孤独で、侘びしさを感じているのです。

もちろん、彼ら若いカップルは家政婦を雇うことも可能で、家事や育児は託せても働く若い二人の間に立って仲を取り持つことまでは叶わない。ハノイで、若いカップルに雇われて長く務めているアンさんという家政婦は、雇い主のカップルが揃って食事を摂るところなど滅多に見られないと語る。「私の仕事は毎日午後7時に終わるのですが、奥さんが仕事で忙しい時などは、しばしばその時間を超え、彼女の息子の世話をしなければなりません。」とアンさん。この様な状況は殆ど人生経験未熟な若い世帯に多く見られ、他者に対する思いやりに欠け、仕事とプライベートのバランスをうまく調整出来ないのである。

「私は遊びで仕事に出掛けているわけではありません。そこのところを夫は理解せず、私の大変さを共有しないばかりか責めるのです。」とヴァンさん。ヴァンさんとカンさんだけが家族の為に時間が取れない人々ではない。二人ともベトコンバンクで働く別のカップルは、彼ら自身の幸せを維持する為に戦い続けているのだ。夫は現在、ハイジュン省支店に席をおき遠距離通勤を強いられる立場だが、それでも彼ら夫婦は幸せだという。夫は週に二回は出来るだけ早く自宅に帰宅し家族と共に過ごす時間を大切にする。「私の夫は、殆ど自宅にいませんが、子供たちはそれでも幸せです。何故なら夫はちょくちょく子供たちに電話を寄越し、お互い助け合い励まし合って難しい問題を乗り越えて来たからです。お互いが相手の立場に立って物事を考えれば何事もうまく行くものです。」と妻のヴァン・チンさん。

ベトナムで有名な歌手のミー・リンさんも若い妻であり母親である。仕事の合間を縫って、見つけた自由時間は全て夫や子供たちと過ごすことに充てるのだという。亦、時間が許せば子供たちを学校に送り届けることもあるそうだ。あるレポーターが最近、彼女に「なぜ貴女は日本で大きな計画があるのに日本語でなくフランス語の勉強をしているのですか?」と訊ねたという。ミー・リンさんは応えて曰く、「日本で音楽の仕事はこれから多くなるのは事実です。実際、日本語を習うことも検討し悩みました。しかし、私の子供たちは現在、ハノイにあるフレンチスクールに通っています。母親としてフランス語が必要なのです。子供たちは私の希望の星なのです。」

ここにもうひとつ素敵な母親の見解がある。彼女自身、ビジネスで大きな成功を収めているようだ。尤も彼女の見解は多くのベトナムの母親のそれを代弁するものでもある。しかし、リンさんの場合、彼女の人生を優先し、何が最も重要なのかを判断し、それに従って生きることに成功したと云えよう。結婚生活において、ときめきを求め続けるのは難しく、亦、家族に対し終わりのない団欒と情熱を提供してゆくことも簡単では無い。しかし、相手に同情し、適度な仕事のスケジュール調整を行うことが双方に大切なのだ。あなたひとりだけが忙しいのではありません。多分、枕を共にし隣で眠っている人だってそうなのですから。。。

(辛口寸評)
今回のお話しに登場したカップルはそれぞれ、夫婦互いが仕事を持っている人たちで仕事が違えば当然、職場も違い相手のことを理解しようにもなかなか容易には行かない立場にある。余所の家庭のことは判らないので、今日は我が家のことを書いてみたい。
ご存知のように筆者と家内は共働きであり会社の共同経営者でもある。ましてや、自宅スペースと仕事場(会社)が同じ場所にあるため、夫婦の会話は常に仕事優先となる。四六時中一緒に過ごしいるために、ある意味、意志の疎通は捗りやすいものの、反面、プライベートと仕事の境が無くなり、仕事での意見の対立がそのままプライベートでの感情の対立に繋がってしまうことが多いのも事実である。

ただ、結婚して今年で12年、創業11年は伊達じゃない。記事の中にも出てきたように人間、時を経る事に生きる上での知恵が備わるもので、仕事中はお互い“仲の良い同居人”として相手を見るようになってきた。これにより、仕事の延長線上でプライベートにそのことを持ち込むことは少なくなったし、仕事モードとプライベートモードの切り替えがうまく行くようになったのである。とは言え、プライベートでの夫婦喧嘩がこれにより減ったわけでは無いのだけど、まあこれはこれでお愛嬌と言ったところだろう。これがある種の夫婦の“第二の絆”なのかも知れないな~~。

11月03日(土) 謙譲の心に褒章を!
*南部各省の多くの農民たちが自分たちの所有する土地を地元当局に提供し、学校や病院建設、或いは慈善事業活動拠点設営に一役買っているのは良く知られた話ではあるが、驚く無かれ、この様な行為は、地価や住宅価格が最も高額な都市のひとつであるホーチミン市でも行われており、多くの世帯が公共事業の為に彼らの不動産を当局に寄贈しているのである。ハノイのある地域では、国家事業建設プロジェクトに必要な土地造成が、地権者たちが高額な補償を要求し立ち退きを拒否され遅々として進まないでいる。
その一方で、ホーチミン市の過密地帯では、道路拡張に伴い多くの住民たちが自ら所有する住宅の一部や不動産の一部を提供することに拠って、多くの道路が綺麗に整備されていったのだった。

16メートルの幅で500メートルの区間を持つタンフー区タンクイ坊テータイソン通りの拡張工事は最近、85世帯の近隣住民の不動産寄贈のお陰で完成に至った。ゴーヴァップ区12坊の住民は彼ら居住区内の19の道の拡張・改修工事資金20億ドン(約1440万円)を寄付した。その中のある世帯などは自己の土地40~50平米を道路拡張や新道建設のために無償提供を行ったという。チュオン・ヴァン・ハイさんは、自宅の半分の土地を無償提供した住民のひとりだ。
「都市では、“1平方センチの土地は1立法センチの黄金に匹敵する”というベトナムの諺にもあるように、土地を失うことはとても残念です。しかし、我々が住む共同体のことを考えた時、我らは僅かな犠牲を厭うてはいけないのです。」とハイさん。

郊外に住む多くの居住者たちも彼らの土地を自ら公共のために手放し、学校建設などに充てているという。ビンチャン区ヴィンロック村のサウ・ルンさんは、小学校を建てるために彼の所有する庭のうち300平米を寄付した。それどころか小学校の建設が終わると、彼は学校の道路用地として更に2000平米を寄贈したという。これらのエピソードは、公共のために個を犠牲にした数千の人々のほんの一部である。タンフー区人民委員会フイン・ヴァン・ハン委員長は、過去数年 タンフー区の1万人以上の住人が数千ヘクタールに及ぶ土地を当局に寄贈したという。前ホーチミン市人民委員会委員長レ・タン・ハイ氏は、これら市民の厚意に感謝しており、都市の発展に捧げる自発的犠牲を市内各区当局者に検証し、このモデルが再生産されるようにするための施策を検討するよう要請したと語る。

現在、土地や住宅は緊急の課題となっており、多くの住民の間から不平や不満がもたらされている。多くの地域で計画されている国家建設プロジェクトの土地造成は、地権者の立ち退き拒否に遭い交渉が進まず、立ち退きの見返りとして高額な補償を要請する一方である。ある居住地帯では住民たちに拠る違法な道路占有が罷り通っている。これらの状況から、土地や不動産を公共のために放棄した人々に名誉を与え、後に続く人々を生み出すべくホーチミン市は基準を設ける動きに乗り出し始めた。名誉式典が、この様なモデルに対し組織されることにより、多くの人々が名誉を勝ち得るためのサンプルが視覚的に認知可能となるわけだ。

(辛口寸評)
この様な記事が掲載されるところから見ると、昨今、行政と住民との立ち退き交渉が捗っていない事が汲み取れる。実際問題として、行政が立ち退きの目安として地権者に呈示する補償は路線価を基準に算定しており、ここ数年来に渡る急速な地価の高騰による実勢価格との乖離は甚だしく地権者の立場に立てば到底受け入れられるものではない。その上、行政に携わる多くの人々は、その立場から得られる情報を最大限利用し、個人資産を殖やすのに邁進する一方で、常にその後塵を拝し不利益を被るものは、一般庶民という構図がある意味出来上がっているために、庶民から公正な理解が得られなくなってきているのだ。中国ほどでは無いにせよ、たまにベトナム人地権者のデモ行進を街中で見かけることがある。手に手にプラカードや横断幕を掲げ、シュプレヒコールを挙げることを除けば、皆静かなものだが どの顔にも深い憂慮の念が皺に刻まれ、瞳には憤りが宿っている。どこかの国で“痛みの伴う構造改革”を押し進めたが、結局、ベトナムでも痛みはいつも庶民の側が受けるだけで、支配者層や役人にはそれを求めないようである。

以上

| | コメント (0)

2007/11/02

ベトナムでの「橋梁桁崩落事故」を扱わない理由

「ベトナム南部メコン川流域・ビンロン省で発生した『橋桁崩落事故』について、最近、特に問い合わせというか、コメントを求める件数が増加の一途」だ。この件で「コラコラコラム」が沈黙している理由を尋ねる中身も増えてきた。

この度の、『メコン川流域での橋桁崩落事故』は、悲しみに堪えない」その一言である。当該地域は、タイのバンコクからタイ国内とカンボジアを通過し、ベトナム領内で数多くのメコン川を橋で越え、ホーチミン市からブンタウ港(バリア・ブンタウ省)を結ぶ、「ASEAN南部回廊」と呼ばれる高規格道路計画の一端である。当該橋の建設費用は、本邦政府のODA(政府開発援助:有償)が充てられている。これに本邦のゼネコン「大成」+「鹿島」+「新日鐵エンジニアリング」が企業連合を組み受注したわけである。他には「日本工営」が従来から行ってきたベトナムでの長い工事実績を評価され参加とされている。

事故の発生とその後の流れは、既報のとおりである。NHKは特番を流したとも聞いた。

事故発生時、直ちに、(現場の)状況把握をしようと「コラコラコラム」は、ベトナム南部のネットワークへ電話とメールを入れた。当然ながら、ハノイでの反応を探る必要があり、両国の関係機関へ接触を試みてもらった。大切なベトナムの友人達、在住日本人で当該案件の周辺にいる知人友人からも、様々な情報がもたらされた。中には真贋を疑うモノもあるけれど、概ね、パズルのように組み合わせると一定のストーリー(推論)を描き出す事ができる。そこで、今度は、描いたストーリーを3本の仮説に置き換え、ホーチミン市とハノイを中心に幅広いネタを保持する、ベトナム内の週刊誌編集部門の辣腕有力編集者へ裏付けを得たいとのコメントを加え送信した。

東京でも、同じ内容の仮説を、必要な組織や機関の枢要な人へ、何とはなく立ち話程度に流し反応を探ってみた。

両国で、当該工事について(現場ではなく)必要な知見を持つ人達からは、素早い反応が戻された。そこに示された反応を見たとき、「コラコラコラム」は扱うべきかどうか、判断を逡巡させられた。

ひとつは、当時、事故に巻き込まれた作業者の何人かがまだ発見されていなかった事もある。しかし何より、この度の事故が、日本とベトナムの友好協力関係に与える深刻な影響を考え、マスコミ報道に暫く委ねる事を結論とした。そして、現在まで数週が経過した。

すると、徐々に「質問、叱声が届くようになり、検索キーワードから判断しても、どうすべきか、いまも考えている」。

日本が、ODAで支援した「海の大橋」が、北部クァンナム省の「バイチャウ」にある。基本的には「清水」が能力を発揮したが、表向きは「三井住友建設」になっている。正直なところ、「三住」の方には申し訳ないが、あれだけの橋を受注しても建設施工し完工できる技術力も能力もない。それでも、公式発表ではそのようになってしまうのである。「鹿島」は南部で現空港の改修工事はもとより新空港の受注に必死だ。元請け狙いで盛んに蠢動している。

トンネル工事や穴掘りでは、物凄い技術力と能力を持つ「間組」は、中部のハイバントンネルを完工させたが、本邦内では行き詰まり傾向を依然打開できないままだ。従って、ベトナムでの工事は、土木と建設で中堅的な技術と能力を持つ「奥村組」を誘い込み、次に備えようとしている。次とは何か、それは①「ホーチミン市」での地下鉄工事。②南北間の鉄道高速化事業に懸かる工事。③南北間の高規格道路工事。以上の三本柱が美味しさを誘うのである。今年度の対ベトナムODA供与は総額で1000億円を越えている。

世界の各国から、喧しく批判され続ける本邦のODAは、初期の頃は当事国の事情を考慮した部分が多いけれど、そのうち、どの国でも当事国の事情よりも本邦内の事情が優先する傾向にあることは今も否定できない。ベトナムで生じた「橋桁崩落事故」は、その種のモノが輸出されたといえなくもない。原則的には「ASEAN南部回廊」という「アジア開発銀行(ADB)」が提唱する正当な地域開発案件の一環事業である。

ここでは主に、本邦における推論を示したに過ぎないが、「コラコラコラム」は、このような背景や事情を考え、発生当初に収拾した情報を整理しているものの、それに基づく推論を公表せず推移を見守り続けている。

主として毎週ベトナム在住の友人から届けられる「週刊ベトナムニュース」で、配信者の目線で捉えられた「事故に懸かるニュース」を、そのまま転載する事だけに止めている。これに対し、多くの方から、「ハッキリしろ!ハッキリ言え!」との要望が日増しに強まっているように感じている。

「コラコラコラム」の立場は、ハッキリ言ってベトナム寄りである。いつもそうだ。これは大体において変わる事はないが、別に代弁者でもない。しかしながら、この度、生じた「橋桁崩落事故」はベトナムの側にも原因の一部と責任がある事は否定できない。しかし、何よりも、本邦内の河川での架橋工事と同じ思考力、管理方法しか想像しなかった、頭は良くても現地事情を知らない、逃げ腰の日本側の管理責任が免れることもない。

この事故が原因で、ハノイ在住日本人会は、恒例の「秋祭り」で、派手な催し(別に大した内容でもない)を自粛したと聞いた。(真に日本の大企業駐在者や外交関係者、それに括られる日本人らしい発想だ)

大半のベトナム(人)は、中国人とは異なり、在住日本人が自粛しようがしまいが、そんな事は、なんとも思っていない。事故が生じた事を誠心誠意詫びる姿勢があればそれでよいのだ。仮に日本の技術力が世界最高峰だとしても、建設工事で事故をゼロにする事は到底不可能だ。日本も過去に大事故を繰り返しながら学んだ事が多いのだから。事故は残念だが仕方がないともいえる。

建設に関わる事業会社や関連業界、同業者が、日本人商工会の「秋祭り」参加を自粛するのは分かるが、大使館を始めとする行政官僚が、ことさら自粛を暗に指示する事も無かろう。その一方で、日本人商工会の秋祭りの集いとは別に、服部則夫大使がゴルフに出かけたことがハノイの日本人社会で、その是非について喧しくなり論じられていると聞こえてくる。

このゴルフ是非論を、ベトナムの有力者に問うと、「ナンで、そんな事が問題になるのか?日本人は、少しオカシイのではないか!、服部大使のゴルフと、橋桁崩落事故とどんな関係があるというのだ。バカみたいな話に付き合うヒマはない」と実にハッキリしている。だから、日本人商工会が「秋祭り」を自粛する必要なんてサラサラないのだ。取り間違えてはいけない。情けない話だ!

従って、「橋桁崩落事故」について、推論3本を公開してもと考えるが、そこは毎日毎日、逡巡を繰り広げるばかりである。

面白い事を最後に注釈すると、本邦内のゼネコン各社から、メールが届くわけではないが、ゼネコン各社、とりわけ「T」や「K」のホストコンピューターを発信源とする、検索キーワードとアクセスが最近とみに急増している。当該事故の件が、気にかかるのだろう。そのため、報じられる事は、マスメディアからブログに至るまでチェックしているようだ。そんなヒマな事を繰り返している時間と人材があるなら、現場の工事責任者の日頃の業務管理と日常生活について厳しくチェックする方が事態の解明には役立つだろうが、生活習慣や思考回路が理解できないと、空振りに終わる事は必定と先に言っておいてやろうかなぁ!?

「コラコラコラム」は、事態の成り行き次第では、ほぼ間違いない推論3本を公表してもよいと考えている。一方で、これまでの友好協力関係を潰したくないとも考えている。

当月末に予定される、グェン・ミン・チェット国家主席(大統領)の国賓訪日を控えた、この時期に、敢えて議論を喚起するほどの事もない。今日、早朝にハノイから国家主席国賓訪日を準備するベトナム側の先遣隊が到着した。この時期に取り上げる事の是非について思う。また、本邦政府がどのように表明するかについても、静かに見守りたいと考えている。

| | コメント (0)

2007/11/01

もう11月か?外交日程は超多忙に!?

とうとう、11月になってしまいました。後世に特筆され記録される年になるだろう!

もう年末です。早い1年でした。アッと言う間に過ぎ去った、走り去った1年でした。といってもまだ10ヶ月しか経っていないワケですが、気分は、年末のそれですね。

本邦の首相は、16日から訪米「日米首脳会談」との事、戻れば21日からシンガポールで「(ASEAN主催の)東アジア首脳会議」。シンガポールから帰国すれば時を移さず、ベトナムから「グェン・ミン・チェット国家主席(大統領)国賓訪日」と息つく暇なく続き、息切れは許されません。

11月の政治は、このような後半日程を抱えています。ここで国会を延長しても綱渡りが続くわけで、実際は「どうにもなりません、お手上げ状態」という事になるわけです。様々な案件を抱えながら、厳しい外交日程を起案したにも拘わらず、想像以上の不手際が続発した事、加えて楽観的な選挙観で参議院の通常選挙を迎え、敢えなく(予想どおり)敗退した事も大きな要素となり、日本の国際関係を一変させるかも知れない(多分に難しい)状況(環境)に至りました。空元気というか、世間知らずというか、「外交政策・対外政策」で指針のない状況を招き寄せようとしています。

インド洋上での海自自衛艦による、海上給油活動についても、昨日は東京で、11ヵ国の駐日大使が二度目の鳩首会談を、国会議員を招いて開催し、終了後に「給油活動の継続を期待するメッセージを国会へ投げかけた」。これも一種の通過儀礼ではあるけれど、日本の「国際センスに関わる政治能力」が途上国を含めた駐日大使から注目されている。この事態そのものが、既に国辱である。「別に、これを集団強訴」と考えてもよいが、ここまでの事態に至った点について、よくよく考えなければならない。

その意味で、ここまでの混迷を招き寄せる第一原因者は、正しく身を律するべきであり、総懺悔すべきです。政治の要諦にあった者から、その混乱を招き寄せた全ての、責任者、議員、官僚、直接間接に関与した全ての関係者は、その責めを全うしなければなりません。(入院している場合か?自分の手は汚れていないと他人を非難している場合か?)

エネルギーは100%、食糧も60%を輸入する「通商国家」である本邦が、対外関係を誤ると、国民国家「日本」をどう維持するのか、「官僚の不正、官僚の不作為」を徹底追究すること、その不正を糺す事と、良好良質な対外関係の道筋を保持する事は分けて考えるべきであるにも拘わらず、まるで赤児のダダみたいに、自らの論理的矛盾を認めようともせず「原理原則」だとしか主張できない、政治的幼児性をさらけ出し知らぬ顔で平気な「趣味の政局遊び」に興じる無責任極まりない恫喝男に、国全体が引きづられ「世界から笑われようとしている」。

政局遊びは「碁盤の上」だけに留め置き願いたい!恫喝男は「政治力学の小児病」だ!

与野党第一党同士の党首会談は、「明日、第二ラウンド」との事だが、様々な意味における「通過儀礼」であって貰いたい。国家主権を手放す事を平気で主張し、それが「原理原則」だ、などとほざいて平気な恫喝男に国政が握られ、「政治が強請られている」。これこそ事実上のクーデターではないか。確かに選挙で合法的に議席を獲得したのだから、クーデターという表現は正しくないが、しかしながら、そこで繰り広げていることはクーデターそのものである。

内政と外交を混同した国は、間違いなく滅びる」。多くの歴史が残した教訓である。

まぁ、ここは内閣の冷静な対応を見守り、「世論操作」に忙しい、本邦報道陣の知的レベルに僅かながら一縷の望みを託し期待してみたい。

| | コメント (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »