« とりあえず、神戸は、今年も6日から17日まで、ルミナリエを開催! | トップページ | コジマの不正は、氷山の一角だろう! »

2007/12/05

おめでとう!「野球」日本選抜チーム!そして闘将・星野監督!

気分良くの凱旋帰国、よかったですね!?

S5747671一つでも負けていたら、何を言われた事やら!
本当に「重圧」だったろうと思いますねぇ~!
それに加えて、予想どおり「小狡い、小汚い」事しか考えない対戦相手だしねぇ~!
敵も然る者、国を背負って対戦しに来るワケですからねぇ~、まともなルールで戦おうとしない中で、「小技ばかりだった」と辛辣に批判する人もあるようですが、格好よく大技をかけて負ければ、その種の人物も含めて「何を言い出すか、言い出す事やら」寝言は相手にしない事だねぇ~。(写真は@nifty=時事通信より)

何が驚きかって、野球も大したものじゃないですか!?
星野仙一の名前は、長嶋茂雄、王貞治と同じ流れと位置を占めるようになってきたね。
躰全面に闘志を剥き出しにして、一球、一球、一打撃、一走塁、一守備に燃えてましたね、久しぶりに、闘将星野の姿を見たねぇ。
そらぁ、躰は保たないワァ、今回は短期決戦だったから余計かも知れないし、重圧との戦いもあったろうから仕方がないのかも知れないけれど、リーグ戦で毎日、あれを繰り返していたら間違いなく倒れるよ。

しかし、涙もろさも、嬉し顔も、星野仙一の全てが監督としての顔だった。
日本の守備隊長を象徴していたようにも見えた。

良い意味でも、悪い意味でも、野球の面白さとナショナリズムを垣間見せたように思う。

日本も、オリンピックが懸かれば、強烈なナショナリズムで染め上がるのだ!

とにもかくにも、皆さん、「ご苦労様、おめでとう!夢をありがとう!」。

引用開始→ アジア野球選手権2007 特集   (讀賣On Line)
「本戦では必ず金メダルを」と上原、星野ジャパン帰国会見

記者会見で笑顔を見せる星野監督 北京五輪予選を兼ねた「アサヒスーパードライチャレンジ アジア野球選手権2007」(読売新聞社協賛)で優勝し、五輪出場権を獲得して4日に凱旋帰国、記者会見に臨んだ日本代表の星野監督は、成瀬以下4投手で競り勝った韓国戦については、「日本の誇る投手力を見せつけることが出来た」と選手をたたえ、胸を張った。

成田空港では約400人のファンの出迎えた。最初の関門を突破した星野監督は、「うれしいと言うより、ほっとしたと言うのが正直なところ」と、安堵(あんど)感を語り、五輪本番へ気持ちを引き締めた。一時は逆転を許しながらも、大量点のきっかけとなった台湾戦の同点スクイズについては、「無死満塁からのスクイズは、セオリーからして、どうかとは思うが、サブローがうまくスクイズし、サードランナーもいいスタートを切ってくれた」と振り返った。

走塁や守備コーチの役割も果たした宮本主将(ヤクルト)は「勝って当たり前というプレッシャーを何とか切り抜け、五輪切符を取ることが出来た」と振り返った。韓国、台湾戦を締めくくった投手主将の上原(巨人)は「14人(の候補)がいた投手陣は、5人が外れ、複雑な気持ちだったが全員で戦う意識だった」と総力戦の勝利を強調。「本戦では必ず金メダルを取りたい」と決意を示した。

13打数10安打で大会MVPに輝いた阿部(巨人)は開口一番、「しんどかった」と一言。MVP選出には「僕を選んでくれた監督と、合宿から特打につきあってくれた裏方さんのおかげ」と感謝した。4番の新井(広島)も、「口ではどう表現していいか分からなかった」と重圧を表しながらも、「目の前の試合に勝ちたいという気持ちが好結果につながった」と、最後まで集中力を切らさなかったことを誇った。

台湾戦に先発して勝利投手になったダルビッシュ(日本ハム)は「予選突破くらいで(五輪の)実感はないが、これだけ迎えてくれたので、頑張って良かったと思う」と振り返った。今年はパ・リーグのMVPも獲得する充実したシーズンで、「今は1分1秒でも早く奥さんに会いたい」と新妻の元へ向かった。
(2007年12月4日22時9分  読売新聞)
Copyright © The Yomiuri Shimbun.  ←引用終わり

|

« とりあえず、神戸は、今年も6日から17日まで、ルミナリエを開催! | トップページ | コジマの不正は、氷山の一角だろう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« とりあえず、神戸は、今年も6日から17日まで、ルミナリエを開催! | トップページ | コジマの不正は、氷山の一角だろう! »