« ボンバルディア機は航空機ではない!空を飛ぶ資格のないヒコーキだ | トップページ | 大阪府知事選挙、影武者・橋下と腹話術・熊谷の陣容が揃う! »

2007/12/26

リニア新幹線実現へ!JR東海は国(政府)へのブローか?現実の話か?

高速鉄道リニア新技術、いよいよ実現へ向かうのか!?
それとも、国(政府)の尻を叩くブローが狙いか!?

JR東海は、現在、自社単独でリニア新幹線の建設を発表した。アドバルーンに終わらない事に期待する。本音はどうなのだ?

先頃発表された、国(政府)の予算を眺めると、相も変わらずだし、国債依存率が根本的に変わる構造ではないから、同じ借金をするならJR東海が打ち出した、リニア新幹線自社建設の方が現実的だし実現できそうに見える。

そのうち、国民は、あらゆる事を自分が手当てし自らの責任で生き抜く事を要求されるだろう(もう、既になっているか?)。
それなら、国(政府)の行政機構って、ナンのために存在するのだろう?
民間の知恵に、イチャモンをつけ、グチャグチャ言って妨害し、結果を掠り取る。
それだけの官僚組織って事になる。クズ官僚ドモを喰わすために、汗水流す事を要求される国民は堪ったものではない。

例えば、厚生労働省は、薬害C型肝炎被害者救済で、自らの責任を巧妙に言い逃れ知らない顔をする。組織的に破綻しているにも拘わらず知らない顔を貫いている。
この問題は「人の生命」が懸かっているにも拘わらずだ。

食品偽装で、
例えば「白い恋人」の石屋製菓を徹底処分した。
誰も命を失った人はいない、命を失う可能性は基本的にゼロの案件である。
以後、次々に暴露された「食品偽装(単に賞味期限切れ)」に対し、徹底した行政処分を科した。そして過失を犯した側へ行政が握る情報を垂れ流し過失企業を社会的に断罪した。

しかし、厚生労働省は「薬害C型肝炎被害」を始め、先の「薬害エイズ被害」についても一切の責任をとっていない。連帯責任を問われ責任をとった組織は存在しない。
ちなみに、地域の食品行政を預かる保健所も基本的には厚生労働省の指揮下である。

とまぁ、脱線してしまったから、話を元へ戻すけれど。
JR東海は、政府に頼らない姿勢を明確に打ち出した。それでよいのだ。
発表された試みが、成功する事を大いに期待する。

しかし、その方法が成功したから、全ては「自主財源で自助努力」を国(政府)が求めてきたら、それはお門違いな話で、それなら国(政府)を解体する以外に途はない、という事になる。

引用開始→ JR東海、リニア新幹線を自己負担で建設・総事業費5兆円 (日経NET)

東海旅客鉄道(JR東海)は25日、2025年開業をめざす首都―中京圏間の中央リニア新幹線の建設を自己負担で進める方針を取締役会で決めた。路線を290キロメートルと想定し総事業費を5兆1000億円と試算。「安定配当を維持しながら自社で投資費用をまかなえる」計画としている。今後、国の調査指示などを得ながら実際の建設計画策定に向けたルート選定などに入る。

同社は今年4月、25年に首都圏と中京圏を40―50分程度で結ぶリニアモーターカーの営業運転をめざすとの方針を発表し、調査や試算を続けてきた。

建設費を自己負担する場合、JR東海の長期債務は現在の3兆5000億円から開業時のピークには4兆9000億円にまで膨らむものの、東海道新幹線などから入る年4000億円前後の現金収入を返済にあてれば開業8年目に現在の水準にまで負債を減らせるとしている。(25日 23:04)
Copyright 2007 Nikkei Inc. / Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved. ←引用終わり

|

« ボンバルディア機は航空機ではない!空を飛ぶ資格のないヒコーキだ | トップページ | 大阪府知事選挙、影武者・橋下と腹話術・熊谷の陣容が揃う! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ボンバルディア機は航空機ではない!空を飛ぶ資格のないヒコーキだ | トップページ | 大阪府知事選挙、影武者・橋下と腹話術・熊谷の陣容が揃う! »