« イージス艦「あたご」の事故は、無責任官僚体制の縮図! | トップページ | 毒入り餃子事件の幕引きをしても、今後を決めるのは市場であり、消費者である! »

2008/02/22

嫌われるヤツ!嫌われる理由!庶民に嫌われる大学、東大・早稲田・慶應だと!

いささか旧聞ですが、日本のOLにどこの大学出身者が嫌われているかを、考えるネタを見出していました。これまで、イロイロなテーマが次々に登場しましたので、ネタ出しが遅くなってしまいましたが、昨日掲出の「日本の官僚」が、なぜ忌み嫌われるのか、奥底では通じた点もあると考えます。
その点で、連合した記述として笑いのネタにして頂ければ、効果はより倍増するものと存じます。

日本の閉塞感はどこから生じているか?
これは、130年近い年月により培われた「官僚主義」によるモノと考えています。
ここでいう「官僚主義」は、いわゆる「行政官僚」だけを指すモノではありません。
本邦の製造業とその周囲を固める金融と商社を含めた民間の事業会社における「上級管理者」も含めての話です。

彼らの人的関係が、政治はもとより、行政と民間事業では明確に位置関係が明らかになっています。実に酷い話です。
本来、国会議員は最高の権力基盤を持っているハズですが、実際には「行政官僚」が握っています。ただ「国会の同意や決議」が建前の上では必要です。
一度、「国会の同意や決議」を得ようものなら、「好き勝手、遣りたい放題」を繰り広げ繰り返します。
現在、明るみに出ている「国土交通省」の主張の陰に隠された「特定道路財源(いわゆるガソリン税)」を道路建設以外に勝手に流用し「ミュージカル」をしてみたり、「天下り組織へ1億円の調査委託事業を出してみたり、その結果、作成された調査報告書はいくつものWEB上のHPからダウンロードしてまとめたもの」である事が国会で暴露され、冬柴大臣は春を前にフユニシバカレ続け、もはやノックアウト寸前だ。
この1億円かけた調査は3ヶ月で受注した団体は、元道路局長が親方だというから、遣りたい放題の典型だろう。
この種の団体へ、すり寄る民間事業者が出る。ゴキブリみたいにすり寄るのである。その際の鉄砲玉が、同じ大学の卒業者の同窓や同僚である。商売ネタを探り出すために発射されるのである。この手の組織構造を持つ事業者の大半が、性懲りもなく行うマンガチックな手立てである。でも下命された人物は大変なプレッシャーを受け、中には精神に異常を来す者も出ると漏れ聞く。まぁ、早い話が、「知り合いの所へ日参しても商売ネタを拾ってこい!」その上で「そのネタをモノにしろ!」ってワケだ。断ると「今日まで、どこの誰が、給料を払ってやったのだ!?この恩知らずがぁ~!」と罵倒され、その後、閑職へ飛ばされ大体において消されてしまうのである。
だから、この種の人物はある瞬間から輩へ変質する。
また、事前に、その種の返信を願望する○○もいるから、コイツらは、出身大学をひけらかすのである。加えて、どこどこの誰だれを知っているとか、知人・友人であることを自慢したがるのである。それ故、周囲は煙たがるのだが、当の本人は「英雄気取り」でさえあるから、その愚かさが際立つのだ。つまり正真正銘の○○丸出しになる。

それでは、この典型人物を紹介しておこう!
何よりも、現法務大臣の鳩山邦夫氏である。この人物は「東京大学」の出身だという?
「へぇ~?東大も、人によれば『裏口入学』もどきもあったのかなぁ~?」と思わず多くの人が疑惑の眼を注ぎたくなるような、政治家として内閣の閣僚として言葉の重みを理解できない天真爛漫の○○ぶりを遺憾なく発揮しているから、呆れてモノが言えない。
極めつきは、「死刑囚はベルトコンベアで運ぶように執行して」に始まり「友人の友人がアルカイダで、日本へも何度も自由に出入りして」が続き「田中角栄元首相の私設秘書官をしていた頃、CIAがやってきて何度も食事をした」へ展開し「鹿児島の選挙違反事件は冤罪ではない。あれは冤罪と呼ぶべきのもではない」などと言論の自由を謳歌し続けて平気なのである。内閣総理大臣はもとより、国会も、報道界もポッポ・クニちゃんの首を未だに斬る事ができない。これってどうなの?
兄も、弟に変わらず天才トリガラ・ポッポぶりを発揮して平気である。
誤解が生じてはイケナイので、仮に、ポッポ・クニちゃんが「東京大学」へ入学するに充分な能力学力を保持していたとして、東大は人物を変える教育研究を与えたのか、あるいは、卒業後に変質するネタを組み込む事に成功したのか、いずれにしてもお見事なばかりに多彩な芸である。

続くチャンプは、何を隠そう、今日も控訴審が開かれているが、イノシシ・ホリエである。紛れ込んでしまったんだろうなぁ~。あんな輩も東京大学である。

でも、○○だから、アカルイわ!何たってアカルイ!

それに比べて、霞ヶ関を跋扈する官僚ドモは、陰湿だからイヤらしさが倍加する!
ゆえに人から嫌われる!すり寄る野郎はもっと嫌われ軽蔑される!

これが、民営大学では、早稲田になり、慶應になるらしい。
ちょっぴり、興味深いネタでした。

昨日の、クズ官僚ネタと両睨みでご覧頂き、ご哄笑下さいませ!?
ヘッヘ!

引用開始→ やっぱり東大、早稲田、慶応 「学歴ひけらかし」OLに嫌われる (J-CASTニュース)

東大は「嫌われるランキング」と「出世するランキング」両方で1位だった
受験シーズンにちなんで大学関連の話題でメディアの誌面がにぎわう中、週刊文春が「私の嫌いな大学ランキング」を掲載した。そこには、いわゆる「有名大学」がズラリ。OL1000人に聞いた結果だが、専門家は「嫌われるのは、卒業生が学歴をひけらかす大学」と指摘、「ブランドへのこだわりが鼻につく」様子が浮き彫りになっている。

「何か言っても『でもさ』って必ず反論」は東大

週刊文春の2008年2月14日号(首都圏では2月6日発売)に掲載された記事によると、「出身大学原理主義者に悩まされる全国1000人のOL」に「私の嫌いな大学(またはその出身者)」を聞いたのだという。誌面では、ワースト18位までの21校が紹介されている。

それによると、ダントツの1位に輝いたのが東京大学(176票)。これに早稲田大学(138票)、慶応義塾大学(89票)と続く。4位以下は京都大学(29票)、明治大学(25票)、国士舘大学・青山学院大学(それぞれ20票)といった具合で、「ワースト3」が「大量得票」していることがわかる。

「大量得票組」の嫌われる理由は

「何か言っても『でもさ』って必ず反論してくる」(東大)
「空気を読まずに応援歌とかを歌い出す奴が多い」(早稲田)
「うちの役員会は3人が慶応。小賢しい奴が多い。リーダーシップは取れないが、ボスの後ろにぴったりくっついて、威張っている。ドラえもんの『スネ夫』みたい」(慶応)
なとど、「いかにもありそう」なもの。

その一方で、「地味」そうに見えるのにランクインしている大学もある。経営者がわいせつ事件を起こして逮捕された東京福祉大学(14位、10票)と福岡経済大学(18位、8票)、ラグビー部員が大麻所持で逮捕された関東学院大学(15位、9票)だ。不祥事という思わぬ形で脚光を浴びてしまっている。

民間企業では大学名にとらわれず、学閥も消えつつある
「大学ランキング」(朝日新聞社刊)の編集長を12年務めた清水建宇(しみず・たてお)さんは、この結果を見て

「調査方法がくわしく書かれていないので、信憑性はわからないが、この結果にうなずく人は多いのではないか。ワースト5には、いわゆる名門ブランド大学が名を連ねているが、『卒業生が学歴をひけらかす大学』と考えれば、理解できる」
と話す。さらに、「ブランドにこだわるのは『地頭(じあたま)』が悪い人」と、このように「ブランド信仰」を批判している。

「大学の名前が通用するのは、せいぜい同窓会だけだ。世界と真剣勝負をしている企業ほど、採用に当たってはホンモノの知力である『地頭』を重視し、大学名にはとらわれない。学閥も消えつつある。大学のブランドにこだわるのは、ほかに自慢するものを持たない地頭の悪い人がやることだと思う」
では、嫌われている大学出身者の「地頭」はどうなのか。これを評価する基準のひとつとなりそうなのが、「いかに出世したか」。これをランキング化した雑誌がある。週刊ダイヤモンドの06年9月23日号では、「出世できる大学」という特集記事を掲載。記事では、出身大学別に上場企業の代表取締役数をカウントし、その数字を調査対象者が在籍していた当時の学部学生数で割って「出世指数」を算出している。これによって、「マンモス大学は卒業生も多いので社長の数も多い→『社長の人数ランキング』でも上位にランクインする」という現象を避けている。

その調査結果によると、1位は、やはり東京大学。2位以下は一橋大学、慶応義塾大学、京都大学、小樽商科大学が続いている。前出の結果からすると、東大、慶応、京大は「嫌われつつも、結局は出世する」ということなのか。なお、「嫌われるランキング」2位だった早稲田大学は、「出世ランキング」では10位だった。
[J-CASTニュース:2008年02月07日 01時55分]
Copyright(c) NIFTY 2007 All Rights Reserved.  ←引用終わり

|

« イージス艦「あたご」の事故は、無責任官僚体制の縮図! | トップページ | 毒入り餃子事件の幕引きをしても、今後を決めるのは市場であり、消費者である! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« イージス艦「あたご」の事故は、無責任官僚体制の縮図! | トップページ | 毒入り餃子事件の幕引きをしても、今後を決めるのは市場であり、消費者である! »