« ベトナム付録話 「形が大切なベトナム」と「タン・ソン・ニャット空港『白タク』兄ちゃん物語」 | トップページ | 「阪急百貨店」と「阪神百貨店」の合併についての所見を述べる! »

2008/04/05

2008年春のセンバツ高校野球、「沖縄尚学高校」の優勝で終わる!

今年のセンバツ大会は、様々な予定が錯綜したこともあり、足繁く甲子園球場へ観戦に出かける機会がないまま、あっけなく幕を降ろしてしまった。

希望枠やら21世紀枠やら、よく理解できない出場校もあるので、目的は目的として割り切ってみても全体のレベルや雑駁観は否めない。
所詮は、高校生の野球である。と言いながらも、甲子園へ出場するのは「ほぼ高校生プロである。でなければ勝ち進む事ができない」。それを承知でショーアップしておきながら、どうだろう、希望枠やら21世紀枠ってのは合点がいかない。
野球のレベルではなく出場校を眺めて面白かったのは、「早稲田実業」に技量面で遅れる事十数年の「慶應義塾」が押っ取り刀で出場した事だ。
これには正直「笑ってしまった」。「慶應義塾」の関係者には悪いけれど、余りにも漫画チックだった。これからの「慶應義塾」の経営戦略を見せられたような気がした。
少子化を前に、また、元の姿に戻るのだワ!それだけの事じゃないですか。
歴史のある学校ってイイねぇ~、羨ましい限りだねぇ~!

所詮は「慶應義塾」も「沖縄尚学」、「聖望学園」その他、様々な「野球漬け高校」と同じ路線を歩むワケだよ!エラそうな口を叩いてもねぇ!これが笑わずにおられますか?

「沖縄尚学」も選手はもとより監督は必死だったろうねぇ~!
前任の、金城監督でしたか、辞任後にバトンを受けて戦績が下がったのでは、沖縄での笑いモノにされようし、「市中引き回し」の刑罰みたいなものだよね!
ホッとしている事だろうね正直なところ。
「沖縄尚学」も実際のところ「高校野球」だけがウリじゃないですか。

粗削りな野球が見えなかったように思うけど?どうなのかなぁ~?
実にこぢんまりして、優等生の顔していたような印象が強いねぇ~!
この点では、高野連の指導が行き届いたのか、「チクリ合戦」が功を奏したのかよく分からないよねぇ~。その彼らが「大学で学生野球」へ転じると、できの悪い野郎はホントにできが悪いから本性が出てしむねぇ~。
昔のワル「拓大紅陵」みたいな「スキンヘッドに眉の剃り上げ」でバッターボックスへ入る度に「唾を吐く」って悪態野郎は姿を消したのか?
野球の技術やレベルよりも、悪態を衝く姿が有名になり議論になるってのは、どう考えてもオカシイわけだが、実際には、今年のセンバツのように「社会人野球」みたいな「丁寧で礼儀正しく」ってのも気持ちイイもんじゃないよね!

高野連は「野球」を通じ人を育てるって言いながら、決定的に枠に填めているだけじゃないかな?よく分かんないけどねぇ~!

まぁ、四の五の言ってみたところで、幕は下りたワケだし、沖縄へ紫紺の大優勝旗が運ばれるワケだから、「沖縄尚学」高校関係者の皆様、沖縄県民の皆様、元気のエネルギーの素になさって下さい。終わっちゃったね、特別にこれって印象もないまま、終わっちゃいましたよねぇ!

今年の「野球」は、何たって、オリンピックの野球かなぁ~?なんだか寂しいねぇ~!

|

« ベトナム付録話 「形が大切なベトナム」と「タン・ソン・ニャット空港『白タク』兄ちゃん物語」 | トップページ | 「阪急百貨店」と「阪神百貨店」の合併についての所見を述べる! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ベトナム付録話 「形が大切なベトナム」と「タン・ソン・ニャット空港『白タク』兄ちゃん物語」 | トップページ | 「阪急百貨店」と「阪神百貨店」の合併についての所見を述べる! »