« 北京オリンピック「聖火リレー」、中国は政治宣伝の茶番劇! | トップページ | 自民党、山口の衆議院補選、敢えなく敗退!痛い事ですねぇ! »

2008/04/26

神戸はGWを前に今年も「インフィオラータこうべ」です。

例年のように、今年もこの時期、美しい「インフィオラータ」が神戸の街を飾ります。
今や、冬の「ルミナリエ」と並び、春のイベントになりました。
なんと言っても、この種のイベントは神戸の街にピッタリ似合っています。

まだ、ご覧になっておられない方は、ぜひ「神戸」まで足をお運び下さい。
ご覧になると、おそらく感動されるものと思います。

「インフィオラータ」は、毎年、会場が代わります。今年は「元町(もとまち)」などが会場です。
元町会場へは、JR神戸駅とJR三ノ宮駅に挟まれた「元町駅」をご利用になると便利です。

長野は、「北京オリンピックの『聖火リレー』の茶番劇」のドタバタに巻き込まれ、果たしてあの騒ぎは、一体全体、何だったのかと冷静に考える機会を得ると、その無意味さに腹立たしい事でしょう。

それに比べ、今日から、神戸で開催の「インフィオラータ」は、平和で花を愛でる人には、花びらで描かれる芸術性に高さに感動されること請け合いです。

ぜひ、神戸へ足をお運び下さい。「インフィオラータ神戸」の開催を、ご紹介申し上げたいと思います。今年のGWは、ぜひ、「インフィオラータ」を楽しみに神戸へお越し下さい!

引用開始→ 笑顔咲く花の芸術 インフィオラータ神戸開幕  (神戸新聞NEWS)

00981344knp花びらなどで南京町のあずまやを描く参加者ら=26日午前、神戸市中央区元町通1(撮影・斎藤雅志)

チューリップの花びらを道路などに敷き詰め、花絵を描く「インフィオラータこうべ2008」が二十六日、神戸市内で開幕した。JR三ノ宮駅南東の三宮あじさい通りなど四会場で、参加者らが巨大な花のじゅうたんを作る作業をした。

阪神・淡路大震災からの復興を願って一九九七年に始まった。今年はポートアイランドの医療産業都市地区も会場に加わり、計八カ所で五月十日まで順次開かれる。

三宮あじさい通りは「人・つなぐ」がテーマ。午前十時から住民ら約五百人が、約二十五万本分の花びらを使って十一作品の制作に取りかかった。同市兵庫区の湊中二年、嶋田紗里さん(13)は友達や保護者に呼びかけ、二年前から参加。今年は王子動物園のインドゾウ「オウジ」を題材に。約四十人で花びらを敷き、嶋田さんは「みんなでできるのが、うれしい」と話していた。

この日は、灘中央筋、元町六丁目、元町穴門の各商店街でも開幕。展示は、元町穴門商店街は二十七日、ほかは二十八日まで。(高田康夫)
(4/26 14:52)
Copyright(C) 2008 The Kobe Shimbun All Rights Reserved.  ←引用終わり

|

« 北京オリンピック「聖火リレー」、中国は政治宣伝の茶番劇! | トップページ | 自民党、山口の衆議院補選、敢えなく敗退!痛い事ですねぇ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北京オリンピック「聖火リレー」、中国は政治宣伝の茶番劇! | トップページ | 自民党、山口の衆議院補選、敢えなく敗退!痛い事ですねぇ! »