« 笠戸丸での「ブラジルへ日本人移民」開始から100年で思うこと | トップページ | 資生堂「ザ・ギンザ」閉鎖発表で想う事 »

2008/06/19

東シナ海、波高し!日中・中間線ムニャムニャ 「天然ガス田」何で浮かれていられる?

日本人は「お人好し」だ!
政治が、「お人好し」だからなのかなぁ?
いや、そうじゃなくって、日本の民が「お人好し」だから、政治も腑抜けて「お人好し」なんだろうなぁ~!

いや、そうじゃなくって、政治と官僚が「お人好し」だから、そうなっちゃうんじゃないの?

政治は「公平・公正な配分」だよね。
別の見方では「利権」とも言うよね!

じゃぁ、官僚はナンなの?
それは「難しいねぇ~!」。
政治の番犬」でもあるしねぇ~!
一部は「利権の画策者」でもあるしねぇ~!
なんたって、「自作自演・自画自賛の権化」だよ!

じゃぁ、「マスゴミ」ってナンなの?
まずは「政治の提灯持ち!」だよね!これはハッキリしているよ!
「マスゴミ」が、政治に噛みつくのは、「提灯持ちが、提灯持ちではないって」吼えて見せているだけで、実際は「提灯持ちそのもの」だよ。
だから、どうでもよい「ゴミネタ」を拾っては、後生大事に大袈裟に騒ぎ立てんだよ!

もちろん「利権配分の自作自演と自画自賛」を限りなく讃辞しながらだよ!
これで間違った方向へドンドン進んで行くってワケだよ!

東シナ海の日中・中間線!
天然ガス田開発は日中共同で!
オカシナ話だよ!

中国は、国内でいくつかの事が、チョッと困った事になりつつあるし、隣の日本がワァワァ言うし、諦めないから、まぁ、毒饅頭を喰わせてみるか!?
ってとこだよね。

中華饅頭低国
お得意の最終兵器「毒入り餃子」やら「毒入り饅頭」攻撃だよ!

いずれの側も、
国内向けには、「苦しい言い訳とバラ色の夢!」を撒き散らすってワケだよ!
同時に、巧妙な言い訳を伏線に潜ませながらさ!

日本の側は、アマリにもアマイが交渉責任者って事だから、ここは「毒入り饅頭」で甘さを一気に倍増させるか、それとも「毒入り餃子」で甘さを一気に中和させるかって寸法だなぁ。

クズ官僚とアマアマ政治家のデキレースだよ!
これからは、天然ガスだけ吸い取られるんじゃなくって、技術と資金も吸い取られるってワケさ!
日本人は、いつから「物分かりのよい、お人好し」になっちゃったんだろうね?

芋島・台湾尖閣列島の領有目指して、様々な、行動を開始している。
海上保安庁の巡視船が、領海侵犯した漁船への踏み込み調査接舷時に接触して相手が沈没したって事で、芋島・台湾は大騒ぎ、大陸・国民党芋島のボスを奪い取った後だから、ここは一気に大きく出てきた。バッキャロォ!
抗議行動を日本の領海内で行うと宣言して、警備隊の船を11隻並べ立てデモンストレーションしに来たって事、忘れちゃぁイケマセンよ!
それを海保は許したって事もねぇ!

「マスゴミ」は、温和しく引き上げたんだからイイじゃない!って、詳細には報道しなかった。
明らかな意図を持ち「国家主権を構成する領海侵犯は断固として阻止すべき」である!

その横で、これだからねぇ~・・・・・・・!

ヒョウタン・フクダトツベン・オザワポッポ・トリガラ
日本の政治は、国家主権と国益防衛を忘れ、ガキとオタクの勢力狂騒(競争)でチッポケなケンカに過ぎないワ!

片方で、国家主権を売り渡すに等しい「乞食外交」繰り広げてさぁ!

引用開始→ 日中、ガス田開発で合意 中間線またぐ海域を共同で  (日経NET)
(2008/06/18)

日中両政府は18日、懸案になっていた東シナ海のガス田開発問題で合意した。日中の中間線をまたぐ北部の海域に「共同開発区域」を設定、採掘場所を共同探査で絞り込む。収益配分の方法などは今後の交渉で決める。中国企業が単独で開発してきた白樺(中国名・春暁)ガス田については日本法人が出資、日本が一定の権益を確保する。日本が2004年6月に中国側のガス田開発に抗議してから4年を経て、問題は一応の決着を迎えることになった。

日中双方で見解が異なる東シナ海の排他的経済水域(EEZ)の境界画定を巡る問題は棚上げし、双方がめざす「戦略的互恵関係」の強化を優先した形だ。(18日 21:10)
Copyright 2008 Nikkei Inc. / Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.  ←引用終わり

引用開始→ 日中、東シナ海ガス田の共同開発で最終合意  (日経NET)
(2008/06/18)


日中両政府は18日、懸案になっていた東シナ海ガス田の共同開発で最終合意をした。日中の中間線をまたぐ海域に「共同開発区域」を設定、出資比率に基づいて収益などを配分する方向で調整する。中国単独で開発を進めてきた白樺(中国名・春暁)には日本も出資、一定の権益を確保する。詳細は今後の日中間の条約締結交渉で決める。日本が2004年6月に中国側のガス田開発に抗議してから4年を経て、問題は一応の決着を迎えることになった。

高村正彦外相と甘利明経済産業相が18日に記者会見し、発表した。合意文書は「東シナ海における日中間の協力について―日中共同プレス発表」「日中間の東シナ海における共同開発についての了解」「白樺ガス油田開発についての了解」の3種類で構成している。(20:09)
Copyright 2008 Nikkei Inc. / Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.  ←引用終わり

引用開始→ 中国外務省、白樺ガス田は「中国に主権」  (日経NET)
(2008/06/18)

【北京=佐藤賢】中国外務省の姜瑜副報道局長は17日の記者会見で、東シナ海ガス田開発問題について「双方は協議が合意した後に発表する」と語った。そのうえで「春暁(日本名・白樺)ガス田は中国の主権の範囲内で、共同開発とは関係がない」と説明した。

同氏は「中国の東シナ海問題の主張と立場に変化はない。(日本が排他的経済水域の境界線と主張する)『中間線』を認めない立場も変わらない」とも指摘した。(07:03)
Copyright 2008 Nikkei Inc. / Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.  ←引用終わり

|

« 笠戸丸での「ブラジルへ日本人移民」開始から100年で思うこと | トップページ | 資生堂「ザ・ギンザ」閉鎖発表で想う事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 笠戸丸での「ブラジルへ日本人移民」開始から100年で思うこと | トップページ | 資生堂「ザ・ギンザ」閉鎖発表で想う事 »