« ベトナムでの「外貨交換」と「山猫ストライキ」の最新情報! | トップページ | バンコクでセミナー開催!準備中にタイの政治は曲がり角? »

2008/06/23

グリーンピース・ジャパン(GP)のコソドロ逮捕は当然!窃盗は犯罪以外の何ものでもない!

他人の荷物(財産)を窃盗で手に入れ、それを掲げ「規定量を超える鯨肉の所持証拠」だと、大見得を切った弁護士が、何とあのダミントォ投首アンポンタン・ミズホの旦那だと言うから、これまた何をか言わんやって、「口をアングリ、気持ちはアングリー!」だった。
まぁ、世間では「似たもの夫婦」とも揶揄しているらしい。
相も変わらず、独善的なヤカラだワイ!

他人の荷物をパクれば罪だ!罰を受けるのは当然だ!
これは、市民の側であろうと、権力の側であろうと同じ事!
でなきゃぁ、やってられないよね!?

自分達は正しい事をしている!
自分達は正しい!
だから、何をやっても許される!
これは大変な論理のドグマだよ!

その昔、アホを売り物にコメディー・ナンバーワンが人気を博したころ、
アホの坂田を相方の前田がカラカイ「アホか?オマエは!」と言う、
空かさずアホ(役)の坂田は「ワシはアホや!そのアホにアホ言うオマエはもっとアホや!」と混ぜ返す芸で笑いを掠っていた。

独善的なGPJの主張は、
「捕鯨は、人としての倫理観を欠如させた行為で、犯罪だ!乗組員が規定された『鯨肉』量を超え持ち帰るのは罪である、だからその行為を告発するために、乗組員の『荷物』を盗み出す事は許される」と展開したのである。

コメワンの坂田なら、
「捕鯨は、(反捕鯨の者には)反社会的行為かも知れへんけど、そやから言うて、他人の荷物盗んでエエとは言うてぇへんでぇ~!」となるのかなぁ~?

GPJは、洞爺湖サミットに参加させるNGOだというのだから、恐れ入りやの・・・・・だ!

日新丸へ劇物薬品を投げつけ傷害罪を構成する「シー・シェパード」もそうだが、「ヤルならヤルぞぉ!」という姿勢が大切なのではないか?
攻撃されたら、正当防衛権を明確に発動し徹底反撃を加える!
これを宣言することだね!
従って、この観点からも、GPJメンバーの窃盗犯は逮捕が当然である!

ついでに、もう少し綺麗になるよう掃除しておいたらどうか?

引用開始→ 鯨肉窃盗でグリーンピースのメンバー2人を逮捕 青森県警  (産経MSN)
2008.6.20 08:13

環境保護団体の「グリーンピース・ジャパン(GP)」メンバーが、日本の調査捕鯨船「日新丸」の乗組員の荷物を盗んだとされる事件で、青森県警は20日、窃盗容疑などで、GPジャパン幹部の佐藤潤一容疑者(31)ら2人を逮捕した。反捕鯨活動の一環で横領を告発した行為は、逆に国際的な団体をめぐる刑事事件に発展した。

他に逮捕されたのは、メンバーの鈴木徹容疑者(41)。

調べでは、2人は4月16日、「西濃運輸」青森支店の配送所に無断で侵入。鯨肉が入った段ボール1箱を盗んだ疑い。

関係者によると、盗まれたのは日本鯨類研究所から委託を受け、調査捕鯨船「日新丸」に乗船していた「共同船舶」社員の荷物。寄港後の4月15日に東京から北海道の自宅に向けて発送されたが、翌16日に経由地の青森支店に到着した直後になくなったという。

西濃運輸は、配送ミスの可能性もあるとみて調べていたが、GPが5月15日の記者会見で送り主の了承を得ずに入手したと発表し、日新丸の乗組員12人に対する業務上横領罪の告発状を東京地検に提出したことを受けて、青森県警に被害届を出していた。

日新丸をめぐっては、米環境保護団体「シー・シェパード」の抗議船から3月上旬に南極海で調査捕鯨中、薬品入りの瓶などを投げつけられ乗組員ら3人が負傷している。昨年のドイツ・ハイリゲンダムサミットでは、経済のグローバル化が環境破壊を助長しているとする反グローバリズム運動の一部が暴徒化。政府が洞爺湖サミットを前にこうした環境保護団体の動向を注視する中、GPは18日、サミットNGOフォーラムの一員として首相官邸を訪れていた。

青森県警は20日午前8時40分すぎから、東京都新宿区西新宿にあるグリーンピース・ジャパン事務所など6カ所を捜索した。
Copyright 2008 The Sankei Shimbun & Sankei Digital  ←引用終わり

引用開始→ 英国人男性も関与か グリーンピース鯨肉窃盗  (産経MSN)
2008.6.22 02:00

環境保護団体「グリーンピース・ジャパン(GP)」メンバーによる鯨肉窃盗事件で、青森県警と警視庁に逮捕されたGPの海洋生態系問題担当部長、佐藤潤一容疑者(31)らが青森市の宅配便配送所から鯨肉が入った荷物を盗み出した際、関係者とみられる英国人男性が同行していたことが21日、分かった。

GP側はすでに、捜査当局に対し、英国人男性を来日させて青森に同行した-などとする上申書を提出している。捜査当局は鯨肉の持ち出しが組織的に行われた可能性があるとみて、パソコンなど家宅捜索の押収物の分析を進め、同行の目的やGPとの関連などを調べている。

上申書は佐藤容疑者らの逮捕以前に、青森県警などに提出されていた。

同県警は21日、窃盗容疑などで佐藤容疑者ら2人を青森地検に送検。調べに対し2人は「調査捕鯨船乗組員による鯨肉横領の証拠を確保するため持ち出した」と供述しているという。
Copyright 2008 The Sankei Shimbun & Sankei Digital  ←引用終わり

|

« ベトナムでの「外貨交換」と「山猫ストライキ」の最新情報! | トップページ | バンコクでセミナー開催!準備中にタイの政治は曲がり角? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ベトナムでの「外貨交換」と「山猫ストライキ」の最新情報! | トップページ | バンコクでセミナー開催!準備中にタイの政治は曲がり角? »