« ベトナムでの「市民への外貨交換一時停止」続報! | トップページ | キエット元ベトナム首相の死を悼む »

2008/06/11

ベトナムへ進出した「日系企業」で「山猫スト」続発中!

最近、「コラコラコラム」へのアクセス検索ワードで、「ベトナム 日系企業 スト」がヤケに目立つようになっていた。
4~5年前の一時騒然とした記憶が蘇ってきた。

今回は、その時以上に「労働に関わる基本条件が特に酷い」ようである。
ハッキリ言って、無茶苦茶なようだ!
日本の悪質な労働慣行を、そのままベトナムへ持ち出し、弱い立場のベトナム人労働者を、あの手この手で徹底的に搾取しているとしか思えない。

その手の情報も、時折もたらされるようになっていた。
しかしながら、ディープなネットも抱える側としては、もう少し様子を見守ろうと情報収集を重ねてきたが、前述のように、最近のアクセス検索キーワードで、余りにも目立つので、仕方なく真実を伝えてくれる友人に正面から(実態取材をお願いするような)質問したワケである。

この一連のメールのやり取りは、
ベトナムが市民向けの街中での「外貨交換停止」を伝えたメールに対するいくつかの情報送受信で行った。

必要な点を改めて掲出する!

送信メールの引用開始→
ブログへ掲出させて頂きました。中国は、長期金利を上げるそうです。

ベトナムも経済政策の展開で「薄氷を踏む思い」の連続となりましょうか?
仕方がないです。通過儀礼みたいなものです。
シンドイですが、ガンバルしかないです。

ところで、ハノイの日系企業で「山猫スト」が起きているのでしょうか?
非組織でも、ストが頻発するようになると、進出企業もそうでしょうが、ベトナムの政治も難しい局面に立たされるものと思います。
2008/06/08.  <さすらいのコラムニスト> ←送信メールの引用終わり

返信受信メールの引用開始→ 「山猫ストって何ですか?」 ←返信受信メールの引用終わり

次の送信メールの引用開始→
「山猫スト」1960年代後半から1980年代前半まで、約15年、イタリアで続発した「ストライキ」の方法です。
組織された「労働組合」がある会社でも、「労働組合」がストはしないと決定しても、その決定とは別に、さみだれ的に、非組織ながら労働者が集団で怠業する行為です。
「山猫」は自分勝手に生きますから、組織からはみ出した「集団怠業(実質的なストライキ)」を、「山猫スト」と呼びます。
2008/06/09.  <さすらいのコラムニスト> ←引用終わり

別の受信メールの引用開始→ 山猫スト、今晩探ってみます。 ←別の受信メールの引用終わり

基本情報の連絡メールからの引用開始→
山猫スト、起きているようです!
ハイフォンの野村工業団地でも起きているとの事です。その筋の日本人から聞きました(奥さんはベトナム人)報道規制、日系企業は箝口令が敷かれているそうで、マスゴミ関係者は入れないとの事です。

御存知だと思いますが、大手の会社の工員は殆どベトナム人口入屋からの派遣社員です。口入屋に最低賃金以上の金額を払っているんだからなんら問題な無い?と言っているよう思います。ベンジョ・ミズの会社もそんな感じ。これではベトナム人は浮かばれません!
ストおおいに歓迎!今はそう感じています。
ハノイの素浪人 Hanoi,VietNam  ←基本情報の連絡メールからの引用終わり

日系企業は、ベトナムでいつから「搾取集団」に成り下がってしまったのか!?
こんなバカげた搾取構造を創り出し、弱い立場の労働者を足蹴にし頭を踏み付け奴隷労働させて、そこまでしてでもゼニ儲けをしたいのか?
いつから、日本を代表する企業がタコ部屋労働や奴隷労働を強いるようになったのか?

これまで、散々、尊敬され敬愛される日本を提供してきた側として、現在の劣悪で過酷な労働環境や労働市場を創出したヤカラは許せない!許さない!
その種のヤカラが大手町に君臨するケイハクレンゴォカイを率いている事で、日本の恥が世界へ一挙に流出したも同様だ!

恥を知れ!人としての恥を知れ!経営者なら経営者としてのハジを知れ!
それで業績がよい!ですむと考えているのか!
ベンジョ・ミズの会社の製品は不買運動の対象にしなければならない!

もっと、事実がハッキリしたら、世界の中で市場を失う事になるだろう!
ベンジョ・ミズ!オオイタァカッタの件では逃げおおせても、必ずひっくり返してやるワイ!

少しは、人としての良心を持ち、経営者として尊敬を受けられる経営をしたらどうか!?

|

« ベトナムでの「市民への外貨交換一時停止」続報! | トップページ | キエット元ベトナム首相の死を悼む »

コメント

はじめまして。
私はこう思うのですが。
ベトナムでは日本企業のみが搾取行為をすることは難しく、常にベトナム側との共同作業であるはずです。口入屋を使っているということは、ベトナム人(個人にだけではなく、管轄する省庁や関連する国営企業がらみで)にお金をかなり落としていると思います。
そういう口入システムも含めた抗議なのかな?
または、労働組合が組織的に山猫ストをさせている可能性もありだと思います。(労働組合=地方の共産党の下部組織ですよね。)
ガス抜きなのか、中央への抗議なのかはわかりませんが劣悪な労働環境に抗議するといった単純な山猫ストではないと思いますが。

また、日本企業に勤める労働者はコネがあるか、口入屋にはらう金があるか、ベトナムでは中流以上の人々が多いようです

投稿: LE | 2008/06/11 08:07

LEさん!
とりあえず、お寄せ頂いたコメントは掲出させて頂きます。もう少し、ベトナムについてお勉強して下さい。ご指摘の点は、半分正しく、半分は事情把握と究明が弱体です。
「コラコラコラム」はベトナムに対しては最大の応援者(40年を越える)である事などを考慮し、加えてネットワーク上でも様々な事情を抱えていますから、ベトナムで生じる事の全てを明らかにはできませんが、それでも若干なりとも制約を乗り越え抑制的に掲出しています。
様々な「ベトナムの労働組合」と「ベトナム共産党」の関係性を研究される事をお勧めします。
お分かりのようで、実際は的外れになっています。
既に、「口入れ屋」が介在する方法での労働者供給では、韓国系の企業、台湾系の企業でも「山猫スト」は頻繁に起きています。
「コラコラコラム」が主張しているのは、日本の製造業を代表する日系企業までもが、「口入れ屋」などに依拠し、そこで搾取構造を形成する事に手を貸してはいけない。と主張しているのです。よくご理解頂ければありがたく存じます。

投稿: さすらうコラムニスト | 2008/06/11 23:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ベトナムでの「市民への外貨交換一時停止」続報! | トップページ | キエット元ベトナム首相の死を悼む »