« ブォトコ・オオタも懲りずに暴言!自民党は、一日も早く、福田を降ろす事ですね!? | トップページ | カタカナ不動産、ゼネコン、カネカシ(ハガシ)、次に潰れるのはドォ~レ? »

2008/08/14

グルジア戦争!侵略国家ロシアとの和平は成立するか?

ヨーロッパでは、西も東もどの地域でも「ロシア」は嫌われているようだ。
偏狭ナショナリズムに毒された「中国」と「朝鮮半島」が「日本」を嫌い「反日」だと騒ぎ立てるのとは、若干、立場が違うけれど。
「ロシア」の嫌われ方は「ハンパ」じゃないねぇ。

「ドイツ」と「ロシア」に何度も踏みつぶされた「ポーランド」は国を挙げて「グルジア」との連帯を表明し政府特使を送り込む。
負けずに「バルト三国(エストニア・ラトビア・リトアニア)」も政府特使を送り込むという熱の入れようで、差詰めロシアに蹂躙された経験を持つ周辺国が結束して対抗しようとの姿勢だ。

極東の島国で「平和ボケ」した日本人には、グルジア共和国・南オセチア自治州なんて言われても、グルジアそのものが、狭い日本の20%ほどの国土面積だし、南オセチアになれば「どうなの?」という感覚だろうけど、注目しなければならない点は、小国グルジアの地図を指で押さえたらはみ出すような狭い南オセチア自治州を、ロシアが占領し、そこに平和維持部隊とかなんとか勝手な小理屈でロシア軍を駐留させ、主権国家(グルジア)の軍隊と前面衝突させ戦争への途を選択した事実である。
「領土」に対するロシアの執念を見せつけられたワケである。
ロシアは、占領した土地を絶対に手放さないし立ち退かないのである。

ロシアの周辺に位置し蹂躙された国々は、この事実を刷り込まれている。

日本人は、周囲を長大な海に囲まれ天然の要塞に守られているため「国境」という概念を理解する力は乏しい。例えば、他国の領土へ出かける時には、船か航空機を準備して、やおら準備万端整えなければ出かけられない。だから「出かける、出向く」という概念が意識の中で形成される。
しかし、大陸に位置する国は、そんな暢気な事を悠長には言ってられない。

「ちょこちょこ」っと、その日喰うモノを求めて彷徨っていたら、そこは他所の国だったって事は日常茶飯事である。
地球上には国境線など引かれていないから、移動する側は分からない。
地球上に「万里の長城」と呼ばれる物理的な国境を2000年の歳月をかけて構築したのは、漢民族だけである。完成させたのは今から400年前の事である。
その末裔ドモは、自ら「長城」を超え、他所の国を蹂躙し簒奪した挙げ句自国領土へ組み入れるべく「大中華民族」などと都合よく主張し恥知らずにも「中華饅頭低国」を構築し自画自賛の大自慢大会を、いま北京で繰り広げている。実にお粗末な事だ!
こんな事に動員され、北京へ貴重な外貨を落としに行く日本人のヤカラドモはどこまでお人好しなのか!日本人は、国を挙げて「中華毒入り饅頭」を喰わされ過ぎアタマまで毒が廻って考える力を奪われちゃったって事だろうなぁ~。

まぁ、「中華饅頭低国」をからかう事は別の機会にして。

大陸に居を構える国では、国境なんてあっても無きが如しの地続きだから、空いている住みやすそうな土地があれば住み着いてしまうのである。
古今東西、近代国家が概念としての「国民国家」を確立し共通認識の下に成立させるまでは、「ヒトは自らのリスクで勝手に移動し、勝手に占領し、勝手に王国を構築した」のである。
これが民族大移動と呼ばれる大規模な現象になる場合もあれば、家族単位あるいは一個人による移動・定住の場合もあり、その方法は様々である。

例えば、ルーマニアはローマ人の移動定住により社会基盤ができたともいわれるし、ハンガリーの主軸マジャール人は大きな意味でのフン族ともいわれる。フィンランドはヨーロッパに位置しながら実はアジアの血を受けた国である。フィンランドもフン族へ辿り着くともいわれている。
中世社会で社会の支配関係が確立され「領地・領民」という概念で定住させる方向へ舵が切られるまで、古来よりヒトは自由に移動し好きな所へ定住したのである。
従って、大陸に位置する国には「一つの概念で括る事のできない」様々な文化や価値観はところ構わず転がっている。
日本人は、「自由に行き交う」概念を根本的に理解できない弱さがあると考える。

こんな条件を一考にもせず、帝政ロシアが推し進めた覇権による周辺諸国への領土拡張である。そもそもロシアはウラル山脈の西側に位置するヨーロッパ社会では、最も遅れた地域に閉じこめられた国であった。それがいつのまにか、東側はシベリアに手を出し領有し、南側はグルジアやアゼルバイジャンへ手を伸ばし足を踏み入れ簒奪したのである。
西側で犠牲になったのはロシア革命以後に組み伏せられたバルト三国である。

旧い概念では、ウクライナはソビエト社会主義共和国連邦を形成する重要な国であった。しかし、ウクライナの市民は、「自分達は大きな意味でのスラブ民族ではあっても、決してロシア人ではない」と主張し、EUやNATOへの参加を目標に掲げ、これを機にロシアと全面対決する途を選んだのである。
対するロシアは、軍隊を動員するやら、元のKGBを動員するやらで、ウクライナの民選大統領に毒を盛り暗殺抹消を図った事は記憶に新しい。
これを指揮したのは、前大統領プーチン指揮下の組織と認識されている。

一年の半分を雪と氷で閉じこめられるロシア。
基本的にロシアは「領土・領域」への執着が強く、一筋縄でいかないのである。
日本人は、「平和ボケ」が過ぎて、「日本国憲法第9条」さえ守っていれば、「世界は平和で、(打ち出の小槌・日本は)国際社会において名誉ある地位を保つ事ができる」と、何とかの一つ覚えみたいに「はしゃいでいる」が、国際社会や国際政治の関係力学はそこまで単純で甘くないのである。
従って、ロシア相手に寝言で「北方領土」の返還を要求しても、ロシアが何か痛痒でも感じるかといえば何もないのである。この事実をよく見て考える事が大切なのである。
韓国相手に寝言で「竹島」の主権を述べ立ててみても相手にされないのである。
中国や台湾が自国領土だと領有を迫る「尖閣諸島」に対する「国家主権」の主張は実際を以て貫徹しなければならないのである。

日本人は、アンポンタン・ミズホが主張する「憲法9条」さえ守ってれば、自国が生存し続けられるという無責任極まりない幻想を打ち捨てなければやっていけない状況に直面しているのである。
明日15日を待たずして、日本は第二次世界大戦後2度目の「敗戦」を強いられているのである。「国家観」を無くした「亡国の民」として世界に向けた「打ち出の小槌国家」にされ、それを捻出するために汗水流し奴隷のように働き続けて得た資金も、無責任政治と無責任官僚の跋扈により「底を衝く状態」へ追い込まれてしまっているのである。

間もなく、EU議長国フランスのサルコジが示す「停戦6条件」が、南オセチアで実質運用される事になるだろう。
しかし、その「停戦条件」が如何に玉虫色で、解釈が多様になるかは、半年も待たずに明らかになる事だろう。それが国際社会であり国際政治の現実なのだ。
日本と日本人は、遠い「グルジア」で生じた、今回の傍若無人な「ロシア」による侵略行為を自らの教訓として肝に銘じなければならないのである。
そして「国家観と国家主権」について明確な意志を持たなければ、米・露に都合のよいオモチャにされてしまう事の現実に目を開く時だと思っている!

引用開始→ グルジアへの米軍派遣表明、米露の対立激化へ  (讀賣On Line)

【ワシントン=黒瀬悦成】ブッシュ大統領が13日、米軍による対グルジア人道支援を発表したのは、グルジア情勢への関与姿勢を明確にし、「民主化のモデル」と自賛してきた親米のサアカシビリ政権を脅かすロシアを強くけん制する狙いがある。米露間の対立の激化は避けられない。

ブッシュ大統領によると、ライス国務長官はトビリシ入りに先立ちフランスを訪問し、ロシアとグルジアの仲介を進めているサルコジ仏大統領と協議する。

ブッシュ政権としてはあくまで外交的解決を優先させる構えで、現時点ではロシアとの軍事対決を避ける姿勢を堅持している。が、人道支援の形とはいえ米軍を現地に派遣したことは、ロシアに対し、軍事的選択肢を完全排除したわけではないとの「強い警告」を発しているのは明白だ。

大統領は、ロシアは軍事行動を停止すると約束したにもかかわらず、これと矛盾する行動をとっていると批判。米政府が入手した情報を基に、ロシア軍部隊がグルジア中部ゴリの東側に陣を敷き、東西を結ぶ幹線道路を分断してトビリシを脅かしているほか、黒海に面する港湾都市ポチを制圧していることを明らかにした。

◆首都方面へ露軍進軍情報

【モスクワ=瀬口利一】グルジアからの報道によると、ロシア軍部隊は停戦合意後の13日もグルジア領内にとどまり、首都トビリシ方面に移動する動きを見せるなど、緊張状態が続いている。サアカシビリ大統領は、「ロシア軍が停戦合意をほごにして軍を進めている」と非難した。

AP通信などは記者の目撃情報として、露軍部隊が装甲車両を連ねて、グルジア中部の要衝ゴリからトビリシの方向に移動していると伝えた。AFP通信はグルジア政府高官の話として、露軍部隊がゴリで、建物の破壊や住民に対する略奪を行っていると報じた。

ロシア側はこうした情報を「事実無根」と否定した。
(2008年8月14日02時24分  読売新聞)
Copyright © The Yomiuri Shimbun.  ←引用終わり

|

« ブォトコ・オオタも懲りずに暴言!自民党は、一日も早く、福田を降ろす事ですね!? | トップページ | カタカナ不動産、ゼネコン、カネカシ(ハガシ)、次に潰れるのはドォ~レ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ブォトコ・オオタも懲りずに暴言!自民党は、一日も早く、福田を降ろす事ですね!? | トップページ | カタカナ不動産、ゼネコン、カネカシ(ハガシ)、次に潰れるのはドォ~レ? »