« 「伊丹廃止?」、ハシゲも「瀬戸際政策発想」連発では、半島北の金豚と変わらんねぇ~! | トップページ | ヒョウタン・フクダは枯れススキ内閣か?枯れちまうワ! »

2008/08/02

夕張の山坑と夏の夜空を彩る花火!

夏の夜空を彩り飾るモノ、それはなんと云っても花火だねぇ~!

Image2smallkobe 花火の前にですね。(写真は、神戸港「みなとこうべ海上花火大会」です)

先週は、札幌と東京で日をやり過ごし汗まみれで「フーフー」言いつつ、7月が去って行くのをただただ眺めておりました。
札幌は、千歳へ降り立った日の気温が 20°で「ホォ~!今日は快適!」でした。夜半の方が気温は高くなっていたかも知れませんが。昼間は実に快適、ほとんど初秋の空気でしたねぇ。
翌日、「夕張の山坑(全て廃坑)」へ案内される頃、北海道もさすがに夏の空気に戻っておりました。とは言っても、そこは「内地の人間(オカシイですか?)」には、大変心地よい快適な気温です。

「夕張の山坑」が元気だった頃、溢れかえらんばかりの人が往き来していた(と言われる)市役所へ至る道路の両側を占める商店街に、いまは人の姿はありません。人が見えないまま店はシャッターを下ろし息を潜めているかのようでした。
幸せの黄色いハンカチ」の幟が延々と道路の両側に飾られていました。その光景が必要以上に「夕張」の悲しさを強調しているみたいで、走り抜けるのに心苦しさがありました。
とらえもんは、夕張といえば「平和坑」のイメージが強いのですが、平和抗の跡は、いまはスポーツ公園になっています。スポーツ公園を囲むように集合住宅(夕張市住?)がありますが、外観からは歯抜けのように見えました。

レースイ・スキー場はシーズン中それなりに人を集めたのでしょうか。リフト乗り場横に位置するホテルはどうだったのでしょうか?レースイは雪質もイイので、ナンとか頑張って維持できればなぁ~と思っています。(いまは、何もできませんが)

「清水沢」まで進み、夕張を支えた「山坑」の検分をさせて貰いました。「三菱」、「住友」、「北炭」。「夕張の山坑」を支えたそれぞれの「山坑」へ可能な範囲で足を運ばせて貰いました。
「夕張の山坑」が元気だった頃、「炭労」も元気だったのでしょうねぇ!?
「夕張の山坑」からは良質の石炭が採れたそうです。しかし、ガスも多く、事故の殆どは「ガス爆発」だったとの説明も受けました。
そういえば、夕張の町のあちこちに、事故の犠牲者を追悼する碑がありました。
宵越しのカネを持たない事」を誇りにしていた、「山坑の男達」の汗と息吹で活気づけられてきた夕張の町、栗山の町、「山坑が刎ねても仕方がないべ!」って、その無茶苦茶な元気がなければ「山坑の町は保たない」んでしょうねぇ~。
いま、夕張は活気を失い「青い空と深い緑」に包まれています。

さて、夏の夜空を彩る花火です。
花火も、「宵越しのカネは持たない」心意気にどこか通じるように思うのですが?
桜よりも、花火の生命は短いよ! どう?
打ち上げて一瞬ですからね、「オォ~!」これだけですからねぇ。
それでも、見物の衆を感動させ感心させるワケですからねぇ!スゴイよねぇ!
一瞬に賭ける、気合いかなぁ~!? 何か、日本に欠けているよねぇ~!?

|

« 「伊丹廃止?」、ハシゲも「瀬戸際政策発想」連発では、半島北の金豚と変わらんねぇ~! | トップページ | ヒョウタン・フクダは枯れススキ内閣か?枯れちまうワ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「伊丹廃止?」、ハシゲも「瀬戸際政策発想」連発では、半島北の金豚と変わらんねぇ~! | トップページ | ヒョウタン・フクダは枯れススキ内閣か?枯れちまうワ! »