« 北京オリンピック「野球:タイブレーク」導入のお復習い | トップページ | 中国産、毒入りギョーザ事件、真っ赤なウソが間もなくバレるらしい!? »

2008/08/05

東トルキスタン(新彊ウイグル族自治区)と中国の関係を冷静に考えましょう!

200pxgreat_wall_of_chinamutianyu_4「万里の長城」の西も北も東も漢民族の土地ではないと、つい400年前まで考え、2000年の歳月を経て地球上に延々と人工的物理的な国境を石で構築したのは、なんと中国人(いわゆる漢民族)である。
それを無視し、中国共産党が政治権力を握って以降、今日まで様々な手段を講じ、周辺を簒奪占領し、中華人民共和国の領土だなどと「お笑いぐさ」を述べ立てている。
「恥」という言葉を打ち捨てた小汚い野心家ドモは、自分達の拡張意欲や周辺征服欲は「英雄の根源」であり、征服される側が悪いのだと、のべつ幕なく主張している。
米国による巧妙な平和ボケのせいで「国家・領土」という概念をなくしてしまった「日本および日本人」はこの事実をよくよく理解しておく必要がある。

20tbtmainichi「新彊ウイグル族自治区」と呼称している地域が、「中国いわゆる漢民族」の土地であるワケがない。中国人(漢民族)が大好きな言葉、「人類の歴史」を紐解くまでもないハナシである。<図は毎日新聞作成から引用>
併せて指摘すれば「チベット族自治区」なんてモノは存在しない。小汚いブタ(漢民族)が勝手に簒奪し占領した地域である。ちなみに「チベット族」の領土は、「チベット族自治区・青海省・甘粛省(半分:チベット族自治州)四川省(西北一体:チベット族自治州)」は少なくとも完全なチベット王国の領土である。
もう一つ、内蒙古自治区は蒙古族(モンゴル)の土地である。これも漢民族が勝手に簒奪占領しているのである。
あと決定的な事実は、東北三省(遼寧省・吉林省・黒竜江省)と内蒙古自治区(に散在する分割された土地)は満州族の土地である。漢民族は満州族が憎いのである。許せないのである。だから直轄省として組み入れ支配し続けている。
中国こそ、世界最大の侵略国家である。これが始皇帝以来の漢民族の思考であり歴史である。
東トルキスタンが新彊ウイグル族自治区(漢民族が支配するウイグル族の土地)を包括する呼称である。
自治区というのは「省」の別称である。
余りにも、民族および根ざす文化の違いが鮮明なので、直轄支配を意味する「省」ではなく「自治区」と呼び代えている。
「自治州」は直轄支配する「省」の中に位置する小さな集合体として位置づけられている。
いずれも、原民族の側は「漢民族」から支配されるだけである。有り体に言えば先述したように「漢民族が支配する○○族の土地」という意味である。あるいは「漢民族に支配された○○族の土地」と言い換えてもよいのである。

しかし、憎さ余って許せない民族の土地は遠慮なく「漢民族支配地」へ組み込んでいる。
その代表が満州族の東北三省である。
チベット族では、四川省のほぼ半分、青海省、甘粛省の大半部がそれに当たる。
少数民族の弱みにつけ込み、雲南省、貴州省、海南省を直接支配している。少し遠慮しているのが広西チワン族自治区である。

中国は、東トルキスタン(新彊ウィグル族自治区)の占領支配を止めよ!
それが世界平和の基になる。
ところが、地下資源と核実験場を必要とするために、手放さないのである。
ウイグル族とチベット族が従属させられるのは、地下資源の簒奪が理由である。
中国は、そのうち、アフリカ諸国の多くを自国の領土だと言い出す事だろう!
その拠点を「スーダン」に置くだろう!
国際社会は、ここまで厚顔無恥で傍若無人な中国の身勝手を許してはならないのである。中国は北京でオリンピックなど自慢気に開催してはイケナイのである!
徹底的に批判し、中国の勝手な行動を非難し、恥をかかせる事が必要なのである。

まず、新彊ウイグル族自治区カシュガルでの闘いを記憶しておいて貰いたい。

引用開始→ 警察襲撃はテロの疑い 中国・新疆当局  (日経NET)

Im20080804as2m0402p0408200813nikkei中国・新疆ウイグル自治区カシュガルの武装警察部隊襲撃現場=4日夜〔共同〕 

【北京=高橋哲史】中国新疆ウイグル自治区西部のカシュガルで4日起きた武装警察襲撃事件について、地元の警察当局は「テロリストによる攻撃の疑いがある」との見方を示した。中国国営の新華社が同日伝えた。事件では警察官16人が死亡、16人が負傷しており、8日の北京五輪開幕を前に五輪妨害を狙ったテロ攻撃への懸念が高まっている。

新華社によると、地元警察当局はウイグル分離独立勢力の「東トルキスタン・イスラム運動」(ETIM)が北京五輪を目前に控えた今月1日から8日の間にテロ攻撃を計画しているという情報を事前に入手していた。厳戒態勢をかいくぐる形で今回の襲撃が行われたことで、世界各国の首脳が北京に集まる8日の開幕式に向け、中国当局が一段の警備強化を迫られるのは必至だ。(08:38)
Copyright 2008 Nikkei Inc. / Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.  ←引用終わり

今日は、1ヶ月ほど前に「PCI」疑惑についての掲出を先行させた。また2週間ほど前には、「PCIの他も、汚い事山の如し」とした掲出をしているが、これへのアクセスがいきなり上昇中のようである。
「PCIとベトナム」「ベトナムへの日本のODAおよび(土木)ゼネコン」の関係を掲出しようか考えたが、今日のところは「PCIとODA」については、他のブログが自慢気な後追いをするだろうから取り扱わない事にして、侵略国家中国叩きへ舵を切る。

日本人ベトナム在住者で、「ベトナムの遣り口が汚い」などと、事実も確認せずに結構「大口を叩いておられた」皆様方、お暑い毎日でございますねぇ~!
いかがお過ごしで、ごぜぇましょうかねぇ・・・・・?
他人の事は、よく見えるモノでござんすがねぇ・・・・・?
皆さんの関係者は、立派な方々でゴザンスからねぇ・・・・・!
いかがでゴザンしょうねぇ・・・・・?

他国の国籍者が、仮寓の国の内政に、知ったかぶりして、いちいち「エラそうな口を利くモンじゃありませんぜぇ~!」。多少は「恥」って言葉を大切にされた方がイイんじゃネェでしょうかぁ~ねぇ!「オイラ、とらえもん」はそう思いますけどねぇ。

尤も、日本は検察機能が効果を発揮したから、エチゴヤ役の「PCI」の関係者は捕まりましたけど、後ろに控えし「悪代官」様は、まだまだ、左団扇じゃないのかなぁ~!
水戸のご隠居は、まだ当分現れそうにないからねぇ~!
ここへ手が入れば、日本も多少は鼻を高くしても善いかも知れないねぇ・・・・・!
ベトナム在住者の皆様へ
「日本が1960年代~70年代に奇蹟の経済成長と発展をしたのは、『ベトナム戦争』のお零れだったって事、真剣に考えた方がイイですよ!今日の日本の繁栄の基本部分は『ベトナムの犠牲』の上にあるって事、真剣に考えた方がイイですよ!エラそうにベトナムを見下してデカイ口を利く前にねぇ!」。

**文句を言われる前に
戦争大好き国家で消費はしても生産するのが大嫌いな「米国」による「ベトナム特需」の結果、日本は工業力を飛躍的に伸ばしたワケですからねぇ~!
だから、1967年10月8日に、時の内閣総理大臣・佐藤栄作は「米国」に尻を叩かれ「南ベトナム(当時のベトナム共和国)」訪問をしたってワケでしょう。その成果を以て11月12日に「米国」へ報告に行ったワケじゃないですか。
第二次世界大戦後、日本は一貫して「米国」の好きなように使われてきたって事だよ。
そして、それも「米国」の勝手な都合で、切り捨てられ打ち捨てられようとしているんだよ。今度は、自らの意志で「傍若無人」の「中華饅頭低国」と対峙しなければならない環境へ追い込まれてるんだよ。
東トルキスタン(新彊ウイグル族自治区)の希望や、チベット族の希望を無視しちゃイケナイんだよ。ヒョウタン・フクダやブルドック・ニカイもトツベン・オザワもエチゴのオオカミ・ババァもね、日本を中国へ売国する事では一緒の同志だからねぇ。油断しちゃぁイケナイんだよ!
勿論、米国の次期大統領有力候補のバラマキ・オバマなんてブラウンは、身も心も「中華饅頭低国」贔屓だからね。これはヒラヒラ・ヒラリンが予備選で勝っていても同じ事なんだよ。
日本人は「国家」について真剣に考えた方がイイねぇ!
「国家」って、「領土」+「領民」+「統治機構」が揃ってなきゃダメなんだけどね!?

|

« 北京オリンピック「野球:タイブレーク」導入のお復習い | トップページ | 中国産、毒入りギョーザ事件、真っ赤なウソが間もなくバレるらしい!? »

コメント


コメント、ありがとうございます!採用し掲出させて頂きます。中国を理解する上で、報じられるネタに依拠した表面で判断されない事が大切とだけ、ここでは申し上げておきます。
北京オリンピック後10年で崩壊するかどうか、それは分かりかねます。10年は長いようにも見えますし短いのかも知れません。断定は難しいですね。その時、日本はどのような影響を受けるでしょうか?東アジアの周辺国はどのような影響を受けるでしょうか、仮に崩壊するとしたら、よく考え十分に備えておく事が重要ですね。どうでしょうねぇ!?

投稿: コラコラコラム・とらえもん | 2008/08/08 02:55

■ウイグル国境警備隊施設襲撃 五輪妨害テロか-とうとう起こった過激テロ!!

こんにちは。私もこの内容ブログに掲載しました。中国中央政府、弾圧ばかりするので、このようなテロも誘発してしまうのだと思います。そろそろ、懐柔策を考えるべきだと思います。それだけではなく、民主化、政治と経済の分離、法治国家化のこの三点セットをいますぐには、完全導入できないまでも、10年後の完全導入を目指して、今から手を打つなどのことをするべきです。そうでなければ、私が予測するように北京オリンピック閉会後10年以内に中国は分裂すると思います。ここでは、詳しくコメントすることはできません。詳細は是非私のブログをご覧になってください。

投稿: yutakarlson | 2008/08/05 14:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北京オリンピック「野球:タイブレーク」導入のお復習い | トップページ | 中国産、毒入りギョーザ事件、真っ赤なウソが間もなくバレるらしい!? »