« 「すかいらーく(ファミレス外食産業)」、幕引きへの攻防が始まる! | トップページ | グルジア戦争!侵略国家ロシアとの和平は成立するか? »

2008/08/13

ブォトコ・オオタも懲りずに暴言!自民党は、一日も早く、福田を降ろす事ですね!?

皆さん、覚えてますでしょうね?
2月は大騒動でしたよねぇ~!「毒入り餃子」報道で。
あの頃、大騒ぎしたマスゴミとワイドショーで、大騒ぎしていたヒトたちは、いま何をしているのでしょうねぇ~!?
((勿論、他のネタで大騒ぎしている事は分かってますよ!))
何より、いまは「北京オリンピック」っていう、電通が企画する「中国の国威発揚一大イベント」真っ最中だから、電通の意志に逆らってまで「毒入り餃子」を報じて遊ぶって事はできないよねぇ。
とりわけTBSなんて、電通直営放送局みたいなモンだからフジテレビに負けず劣らず気合い入れバカタレを最大動員してでもやらなきゃ潰れちゃうからねぇ~!
暑い中、大変ですねぇ~!

自民党も、改造内閣だなんてバカな事言ってないで、福田を早く降ろす事を始めた方がイイよねぇ~!一日も早いほうがイイですよ!その方が躰のためにイイと思いますねぇ!
何より、市井の市民には「精神衛生上喜ばしい事」で歓迎されますよ!
秋まで待てないですよ!
だって、コンセプトがないものねぇ!

どこの国の、誰のための政権か?
どこの国の、誰のための内閣なんだろぉなぁ~?
困っちゃうねぇ!?困っちゃったねぇ!?

ヒョウタン・フクダは、早く引退して、胡錦涛と一緒に北京で「囲碁倶楽部」か「卓球愛好会」でも造って遊んでりゃイイじゃないか。ときどき、トツベン・オザワなんかも交えてねぇ。
倶楽部入り口に掲げる扁額には「温故創新」なんて掲げちゃってねぇ!

引用開始→ 中国のギョーザ中毒情報を「隠ぺい」…民主、首相に説明要求 (@ nifty NEWS)
2008年8月13日(水)1時23分配信 読売新聞

中国製冷凍ギョーザ中毒事件で、中国国内での被害発生情報が7月7日に日本政府に伝えられていたことが外務省の説明で判明したことを受け、民主党の直嶋政調会長らは12日、首相官邸で岩城光英官房副長官に対し、国会の閉会中審査を開き、福田首相に被害を公表しなかった理由について説明するよう文書で申し入れた。

文書では、首相や政府の対応について、「(中国国内での中毒被害に関する)情報は、日本国民はもとより、食の安全を所管する内閣府、厚生労働省、農水省にも一切伝えられなかった」と指摘。その上で、「首相や日本政府は、国民に対し事実を隠ぺいし、必要な対策を何も取らなかった。福田内閣は『安心実現内閣』を標榜(ひょうぼう)しているが、中国政府の安心を実現する内閣と言わざるを得ない」と厳しく批判した。
Copyright (C) 2008 読売新聞社 記事の無断転用を禁じます
Copyright(c) NIFTY 2008 All Rights Reserved.  ←引用終わり

引用開始→ 中国国内の被害者は4人…ギョーザ中毒事件で外務省   (夕刊フジ)

外務省は12日、中国製ギョーザ中毒事件で、中国国内の被害者が4人だったことを明らかにした。中国外務省はこれまで6月中旬の中毒事件発生は認めていたが、被害者数は不明だった。民主党の会合で説明した。

外務省によると、7月7日に中国外務省から北京の日本大使館に対し、ギョーザを食べた中国人4人が中毒となる事件が発生し、公安部門が全力で調査しているとの連絡があった。

翌日、福田康夫首相と外務省に伝えられたが、情報の共有は首相官邸と警察庁、外務省に限定されたという。いずれも天洋食品(中国河北省)の冷凍ギョーザが原因とみられる。
ZAKZAK 2008/08/12  ←引用終わり

本当のところは「妄言」が正しいのだけれど、夕刊フジが「暴言」って表現し報じているので、それに従いますが。
ブォトコ・オオタの暴言癖は、いまに始まった事じゃない。
こんな、人物を抱えている自民党もどうかしているけど、それは福岡の選挙民が選んだ事だから仕方がないという事で。
しかし、これを内閣の一角へ組み入れたのは、何を隠そうヒョウタン・フクダである。
空気が読めない点で、この二人は人後に落ちない共通点がある。

早く消えろぉ~ィ!
でも、失礼、無礼を承知で申し上げますが、福岡の自民党、スゴイコレクションじゃないですか?
①エロタフ・エロタク・ジャマタクでしょう!
②ハナマガリ・コガァ~でしょう!
③アッソォ・タロォでしょう!
それに前回トレードで獲得した
④ホウゲン・ポッポヤでしょう!
これは、ア~タ、「空前絶後・人跡未踏・歴史遺産」かも知れないねぇ~!

ブォトコ・オオタは、ダミントォのアンポンタン・ミズホでも相手に罵り合いでもヤッテロォ~!

アァ~タ、なぁ~んば言ょっとねぇ~、こん4人が揃ぅでん、フクオカたい!
なぁ~んも、分からんでん、でかいクチば言ぃんさんな! って言われそうですがねぇ。

引用開始→ 太田誠一また暴言「消費者やかましい」食の安全問われ (夕刊フジ)

太田誠一農水相が10日、中国製冷凍ギョーザ中毒事件を踏まえた食の安全の取り組みについて、「国民がやかましいから徹底していく」と発言し、野党が猛反発している。太田氏といえば03年、早大生サークル「スーパーフリー」集団暴行事件について、「レイプする人はまだ元気があるからいい」と放言した“前科”があるが、福田改造内閣の舌禍第1号となった。

太田氏はNHKの番組で食の安全への対応を問われ、「社会主義の国である中国のように、まずいことがあっても隠しておいてよい国、消費者のことを考えないでもよい国とは違う」と強調。

その上で、「日本は安心なんだが、消費者や国民がやかましいから、さらにそれを徹底してやっていく」との仰天発言を行った。

さすがにまずいと感じたのか、太田氏の事務所は番組終了後、「『やかましい』という発言は『日本は消費者が正当な権利を主張できる民主主義の国』という趣旨だった」とのコメントを発表して慌てて取り繕った。

これに対し、民主党の輿石東代表代行は同日、「許せない。消費者庁は選挙用だ。(福田康夫首相が強調する)国民目線の改革など、むなしくなる」と批判。国会閉会中も質疑を行える「閉会中審査」を求め、政府の姿勢を追及する考えを示した。

「農水相ポストは、資金管理団体の不明朗経費が指摘された松岡利勝氏が、07年5月に自殺。続く赤城徳彦氏も同年6月、事務所費問題が判明して参院選の敗北後、引責辞任した。さらに遠藤武彦氏も内閣改造後わずか1週間で、農業共済組合の不正受給問題で辞任に追い込まれている。党内では『のろわれたポスト』と言われていたが、今回は舌禍が起こってしまった…」(自民党ベテラン議員)

福田首相は改造内閣を「安心実現内閣」と銘打ち、消費者庁創設を打ち出して食の安全確保をアピールしている。ただ、中国で発生したギョーザ中毒事件を隠蔽したうえ、太田氏の舌禍も発生。これでは口先だけのキャッチフレーズと言われても仕方がない。
ZAKZAK 2008/08/11  ←引用終わり

|

« 「すかいらーく(ファミレス外食産業)」、幕引きへの攻防が始まる! | トップページ | グルジア戦争!侵略国家ロシアとの和平は成立するか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「すかいらーく(ファミレス外食産業)」、幕引きへの攻防が始まる! | トップページ | グルジア戦争!侵略国家ロシアとの和平は成立するか? »