« ベトナムは日本との経済連携協定(EPA)署名を完了 | トップページ | 「サッカー東南アジア選手権」ベトナムの初優勝で全土で喜び大爆発! »

2008/12/30

タイで新首相の所信表明阻止される!タイの政治再び混乱、友人として憂う!

タイの一連の騒擾と混乱を掲出した際、頂戴したコメントの中に、短い表現ながらとても鋭いコメントがあった。
そのコメントどおりの展開になってきた。

ASEAN地域、とりわけタイとベトナムへの入れ込みが多い側として、何よりも大切な友人を多く持つ側の者として、決して他人事と傍観する事はできない。

政権に反対する勢力は、「国会を解散しろ!民意を問え!」と主張する。
政権を保持する側は、「正当な手続きで政権を担っている!国会を解散する必要はない」。
(これって、どっかの国でも、よく聞きますよねぇ)

タイの場合、どちらも「我こそは『民主主義』と」主張する。
端から冷静に見ると、どっちも、どっちだ!

時と条件を変えると、一方が「国会解散」を求め、一方が正当性を主張し「国会は解散しない」と応じる。
時が経過し条件が変わると、解散しろと主張する側は「国会解散を拒否」し、「国会は解散しない」と主張し続けた側は「国会を解散しろ」と迫る!
そして同じパターンの街頭行動に出る。

黄色いTシャツが、赤いTシャツに変わっただけだ!

タイの政治混乱は、いよいよ深みへ落ち込む一方のようである。

もう、いい加減に、「オイラに権益を寄越せ!オイラに利権を分けよ!」という街頭行動はヤメにして貰いたい。
何よりも、みっともない、見苦しい!
それは民主主義ではない!

日本も同じようなモノだ!
(でも、タイの市民は動員されても街頭行動するだけ、成熟しているのかも知れない)

引用開始→ タイ新首相が所信表明を延期 タクシン派、国会周辺を封鎖
(日経NET 2008/12/29 21:03)

【バンコク=三河正久】タイのアピシット首相は29日、予定していた下院での所信表明演説を延期した。首相に反発し、タクシン元首相を支持する市民団体「反独裁民主同盟」のメンバーら数千人が29日早朝から国会議事堂の入り口などを封鎖したことが原因。首相は30日午前に下院開会を目指す考えだが、民主同盟側が退去する兆しはない。サマック前首相退陣に発展した政治混乱の収拾を急ぐアピシット政権は、出足からつまずく格好となった。

シンボルマークの赤いシャツを着て集結した民主同盟の支持者らは、鉄柵などで国会の入り口周辺を封鎖したが、暴力・破壊行為などは起きていない。同盟側は議員らが徒歩で国会に入ることは認めているが、与党・民主党のステープ幹事長(副首相)は「車以外で国会内に入れば安全が確保できない」として立ち入れずにいる。←引用終わり
Copyright 2008 Nikkei Inc. / Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.

|

« ベトナムは日本との経済連携協定(EPA)署名を完了 | トップページ | 「サッカー東南アジア選手権」ベトナムの初優勝で全土で喜び大爆発! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ベトナムは日本との経済連携協定(EPA)署名を完了 | トップページ | 「サッカー東南アジア選手権」ベトナムの初優勝で全土で喜び大爆発! »