« JALも年明けに、バイオ燃料で飛行実験へ! | トップページ | ESTA発動! 米国へ入国する他国の市民を信用しない! »

2008/12/20

中国とベトナムの密貿易? これではベトナムの信用を落とすだけ!

先日の「ベトナム航空」批判に続き、今日は「中越国境」で繰り広げられる「中国」と「ベトナム」の密貿易の疑いを発する記事から!

ベトナムへ、中国で作られた「コピー商品」が流されている。

12月初旬に、ハノイで「i Phone」のそっくりそのままコピー製品を入手した。
入手した理由は、①コピー商品(知財侵害の証拠)として。②中国からの密貿易品?として。証拠確保のためである。
販売店での「領収書」と「保証書」を販売した証拠として確保している。

WTOでの議論に有効な証拠とするためである。

今度は、日本からベトナムへ「和牛」を輸出し、それをベトナムから中国へ輸出している疑いが持たれている。なぜ疑いかといえば、それは引用記事をよくお読み頂ければお分かり頂けると思う。
ベトナムの事情をよく知る者には、「なるほど!」と理解できる話である。
これは、ベトナムと中国との密貿易で生じているのである。

勿論、両国の政府が行うわけはない。

両国の国境で監視する「税関」も裏面で諒解した上での話だろうと考えるのが相当である。

ベトナムも、こんな事を放置していたら、世界の中で笑い者にされるだろう。
何よりも、中国にナメられるだけである。
国家としての威信を示す必要があると考えるが?!

引用開始→ 禁輸和牛をベトナム経由で“堪能” 中国富裕層
(産経MSN 2008.12.20 19:18)

【バンコク=菅沢崇】ベトナムの冷凍和牛の輸入量が過去3年で20倍増を記録した。同国では伝統的に牛肉の消費はほとんどなく、食肉加工業者によると、和牛は直接輸入を禁じられている中国に闇ルートで搬出され、富裕層の元に届いているという。上海などで空路での和牛の密輸摘発が相次ぐ中、ベトナムを隠れみのにした「おいしい和牛」の密輸ルートが定着しつつある。

ベトナムの食肉は、豚と鶏の消費だけで全体の約9割を占める。しかし、日本の農水省によると、2005年に13・5トン(9400万円)だった和牛の輸入が07年には80トン(4億9300万円)に増え、今年は10月末までに267トン(17億3100万円)と激増。日本料理店などで需要が急増している様子もなく、関係者によると「業者が中国に搬出している」という。

中国当局は牛海綿状脳症(BSE)の発生で和牛の輸入を01年に禁止した。しかし、富裕層の間で人気は衰えず、今年5月にはズワイガニと偽って和牛を持ち込もうとした日本の業者が摘発されるなど、密輸が相次いでいる。ベトナムは正規輸入が認可されているが、同国と中国間では陸路、海路とも密輸の摘発が行き届かず、関税を支払わずに和牛が中国側にわたっているとみられる。←引用終わり
Copyright 2008 The Sankei Shimbun & Sankei Digital

|

« JALも年明けに、バイオ燃料で飛行実験へ! | トップページ | ESTA発動! 米国へ入国する他国の市民を信用しない! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« JALも年明けに、バイオ燃料で飛行実験へ! | トップページ | ESTA発動! 米国へ入国する他国の市民を信用しない! »