« ベトナム ホアラク・ハイテクパークに「宇宙センター」建設 観測衛星「JV-LOTUSat」開発へ! | トップページ | 皇太子さま、2009年2月 ベトナム公式訪問へ »

2008/12/25

現・官僚管理内閣は、日本のために、一日も早く退陣せよ!

内閣も国会も、官僚が無責任である事に隠れ、自らの責任放棄を決め込み本当に無責任である。呆れてモノが言えない。
アッホォ内閣は一日も早く退陣した方がよい!デタラメなミンチトォのトツベン・オザワの主張を支持するワケではないけれど、内閣も国会も無責任で「不景気なんざぁ、どこ吹く風?!」と決め付けられたんじゃぁ、黙っているワケにゃぁいかないよねぇ。
この寒空に、派遣労働者や期間工で職と食を奪われ、行き場を無くしたヒトに対し、なんの手当てもせず脳天気に国会で遊び呆けていた罰を受けよ!

与野党とも、テレビのバカ番組で、無責任な放言を繰り広げる「バカ議員」を抱え、実際何もしなかった。テレビ番組で無責任なアホー発言を繰り広げて遊び呆ける議員を全員落とせ!落とそうぜ!

アッホォ・タロォは、名前のとおりアホーだとは思っていたけど、ここまでアホーだとは?
いやはや想像を絶する古今未曾有空前絶後(読めるかな?)のアホーだワ。
★[ココンミゾウクウゼンゼツゴ]ってんだよ「ふるいまみぞうゆそらまえぜつご」って読んだりしてねぇ。

オオカミ老年トツベン・オザワのバカさ加減、ポッポ・トリガラのニヤケヅラもいい加減にお引き取り願いたいけれど、モリモリ・オジサンの後押しを受け、開き直ることしかできないアッホォ・タロォに政治任せとくと日本は破滅だワ!ホントに。
アッホォ・タロォは自ら考える力がないから、官僚の言うままじゃないか?
これじゃぁ日本の内閣は「アッホォ・タロォ無責任官僚管理内閣」だよねぇ!

霞ヶ関を占領する無責任官僚ドモは、内閣がアホーのコレクションなモノだから、やりたい放題じゃないか。行政改革なんてどこへ消えちゃったんだろぉ?
省庁再編は、「100年に一度の経済危機突破」を合い言葉に、あっさり再編見送り、厚生労働省なんて「焼け太り」しちゃったんだから世話ないよねぇ~!

でぇ、「100年に一度の経済危機突破」は魔法の呪文で、国債大増発!財政危機は2011年に消費税の大増税で償却って下心丸見えの収奪路線だ!
行財政改革(の公約)は、どこへ行った?どこへ消えた?バカにしやがって!

霞ヶ関埋蔵金なんてぇのは、隠れ借金じゃないか?!
それをあたかも正義の公金だなんて、よく言うよねぇ!

とにかく、行財政改革を手にかけず、縮小方向だった霞ヶ関の行政府をいきなり急拡大方向へ舵を切り、そのツケは全て消費税だって言うのはバカにしているぜぇ!

消費税は社会福祉にしか使わない!
そんな公約をダレが信じると考えてんだ?バカやろぉ~!

道路特定財源を見てみろ!
ナンダ、カンダと言いながら、結局は一般財源にしちまったじゃないか!
税金を取るときは、イロイロ言い訳しながら正義を装うけど、一端、徴税システムを作っちゃうと絶対に放さないのが財務官僚だ!
それが日本の官僚政治だ!

アッホォタロォはカッコばっかり言うけど、官僚のシナリオで踊らされてるだけじゃないか?!
エラそうに、ポケットへ手を突っ込んで周囲の市民を見下ろすような態度はナンダ?!

さて、渡辺善美議員である。
衆議院の解散を求める、野党共同提案の採決に、ジブントォとサヨカトォの意に反して「賛成」に廻ったという事で、ミンチトォの席から歓声と拍手が起きたとか、トツベン・オザワがにやけたとか?!それがどうした?!

別に党議拘束してたワケじゃぁないだろうぉが、自由な個人の意志で賛否を示してどこが悪い?戒告処分にしたとかなんとかジブントォで影の薄い幹事長がコメントしていたけど、そのうち、処分されるのはソッチだろうが?!

渡辺善美議員の主張は「官僚の、官僚による、官僚のための政治」を選ぶか「国民の、国民による、国民のための政治」を選ぶかの選択を示している。
アッホォ・タロォも最初は、「官僚政治の打破」を主張したが、そこは「能無しヤロウ」だから、直ちに「官僚依存」で「官僚のシナリオ」どおりに動くパペット内閣を選んだワケだよ!昔は「アッホ~は死ななきゃ治らない、とか、死んでも治らない」なんて揶揄されたけど、どうなんだろうねぇ~。

で、官僚政治を打倒する闘いの先頭に渡辺善美議員が立つなら、それはそれなりに支持を集めるだろうよ。
以前からの希望だけれど、官僚政治打破の「志」を持ち、それを掲げる政治家は現在の所属党を離党し新党を立て政界再編へ突き進むべきべきである。
ジブントォの利権とも、ミンチトォの利権とも闘うべきである。その気概を持つべきである。
オイラのジイさま自慢を繰り広げて喜んでいるバカどもと一線を画すべきである。

その際、トツベン・オザワや、タテミチだとか、コエダのサツキだとか、イッカンナットォだとか、勿論、トリガラ・ポッポなんぞ旧弊な野郎ドモとは縁を切るべきである。
その決意が、見えないところがヤワな印象を形成してしまうのだよ。
まぁ、オヤジさんも根っからのジブントォどっぷりだったから、「しょうがあんめぇなぁ~」ってとこだねぇ!
でも、24日の孤軍奮闘でも衆議院本会議で示した意思表示「信念」は「大いに評価」する!「効果!1本!」ってとこかなぁ!

次の衆議院総選挙では、いろいろ並べる耳障りのよい政策なんてどうでもイイ!
選挙の争点は、ただ一つ「官僚政治の打破」か、「官僚依存政治(利権誘導政治)」温存か、の二者択一である。つまり「官僚の側に立つ政治家」か、「国民の側に立つ政治家」かの二者択一だ!

ジブントォ(利権の巣窟かも知れない)でもない、
ミンチトォ(官公労・連合互助的利権の巣窟かも知れない)でもない、
勿論、
サヨカトォ(いまや見事な小ゼネコン利権団体と自教権益集団だねぇ)でもなければ、
ダミントォ(時代遅れの市民派装い利権団体の代弁者)でもない、
ダミチントォ(日本は郵政だけが政治ってワケじゃない)でもないよ、
ギョウサントォ(大企業と資本家は悪いかも知れないけど、なくなりゃもっと大変だろうが)なんざぁどうでもよい。
全員無所属だよ。
そう考えて、政策を打ち出せる人材を選ぶしかないねぇ。
100人もいないだろうよ!

そうすると、国会(衆議院)議員は100人で足りちゃったりしてねぇ。
自分の頭と手と足で、利権誘導ではなく「政策」を語れる人材を選び代議士として衆議院へ送り出そう!

官僚の政治をダイベンするヤロウか?
国民の側に立ちダイベンするヤロウか?
それを選ぶ決戦の日は近い方がよい!

とりあえず、渡辺善美議員に拍手を!この続きが知りたい方は、渡辺後援会へお越し下さいって、ヤツの口癖だワ!

引用開始→ 渡辺元行革相、離党は否定 解散要求決議案で「造反」
(asahi.com 2008年12月24日22時3分)

24日の衆院本会議で、野党3党提出の雇用対策4法案が否決されたのに続き、民主党提出の衆院解散要求決議案も与党の反対多数で否決された。この採決で、渡辺喜美・元行革担当相が自民党執行部の方針に反して賛成した。渡辺氏は離党や民主党との連携は否定しているが、来月5日召集の通常国会で「反麻生」の火種となる可能性もある。

これまでも麻生首相に批判的だった渡辺氏は衆院本会議後に記者会見し、決議案に賛成した理由を「(解散は)私の持論。今の閉塞(へいそく)状況を打破するには、解散総選挙しかないとかねて申しあげていた」と説明。党執行部は24日、渡辺氏を戒告処分とした。戒告は党則で8段階ある処分のうち2番目に軽いが、過去の事例に照らしての決定という。

渡辺氏の造反について、民主党の小沢代表は24日の会見で「自分の信念に従っての結論だったのだろう」と評価した。

衆院解散要求決議案は、参院で可決された雇用対策4法案が24日の衆院本会議で否決されたことを受けて提出された。決議案は「直近の民意を受けた参院が可決した法案を葬り去る暴挙」と批判。雇用情勢の悪化を打開するため、早期の衆院解散・総選挙を首相に求めた。

民主党はこの日の参院本会議には「参院の審議権尊重に関する決議」も提出し、過半数をもつ野党の賛成多数で可決した。決議では、雇用対策4法案を否決した政府・与党の姿勢を「参院軽視」と指摘し、参院の判断尊重を求めている。決議に法的拘束力はないが、政府・与党に対するこうした趣旨の決議は、現憲法下では初の可決となった。←引用終わり
(朝日新聞社asahi.com)

|

« ベトナム ホアラク・ハイテクパークに「宇宙センター」建設 観測衛星「JV-LOTUSat」開発へ! | トップページ | 皇太子さま、2009年2月 ベトナム公式訪問へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ベトナム ホアラク・ハイテクパークに「宇宙センター」建設 観測衛星「JV-LOTUSat」開発へ! | トップページ | 皇太子さま、2009年2月 ベトナム公式訪問へ »