« 米国は、遂に「金利・ゼロ」を発表! 国際市場での、資金移動に注意しよう! | トップページ | JALも年明けに、バイオ燃料で飛行実験へ! »

2008/12/18

「ベトナム航空」は国営会社である。盗品輸送悪用への鉄槌を下せ!

ベトナムの恥である!日本の各警察からマークされていた事への警戒もなく、ベトナム国内と同じように考えるところが「バカ」としか言いようがない。

Tran Thi My Hangが逮捕されている事も考えず、シラを切り通せると考えているなら救いようのないバカヤローだ!
Tran Thi My Hangは、
①子供の頃に、北部から難民として来日したのか?
②また、南部から難民として定住した両親の下に日本で生まれたのか?
 ②-1)いや、乳児の時、両親と一緒に南部から逃亡してきたのか?
③あるいは、家族呼び寄せの人道措置で一定の年齢に達してから来日し在留しているのか?

いずれにしても①~③のどれかだろう。

最初から、姫路、神戸、八尾のいずれかに定住していたなら狭い範囲だ。
お里が知れるのは時間の問題だろう。
日本の警察力をバカにしているのか?強制退去させられ「ベトナム」へ追い返されても何もできないだろうが?!何も考えない、バカ女だ!バカな野郎だ!

ベトナムの公安と同じレベルで、日本の警察を見ているのだろうが、バカにするな!

友好交流、友好促進」を一生懸命応援している側としては、許せないバカドモである!
情けないたら、ありゃぁしない!

折りから、日本からのODAは新規供与停止中である。
17日に摘発された事は、政治と関係ないけれど、ベトナム国内の発想で日本を見、その悪習を持ち込んだ点では同質である。バカ野郎!

Logo_top01ベトナム航空」は、基本的にほぼ独占国営航空会社である。(いまは「ジェット・スター」も飛んでいるけれど)
何よりも、ベトナムの国益を代表(表徴)する「フラッグ・キャリア」である。
政府特別機は常に「ベトナム航空」である(それしかないから)。
政府の過保護で、ここまで業態を整備し業容を拡大できた。

何よりも、ベトナム航空の最大の収益路線は、①日本路線である。次いで、②香港線、③ソウル線、④バンコク線、⑤台北線ではないか?
日本航空も、全日空も、「ベトナム航空」を育てようとの「熱い友情」で路線運航でも「ベトナム航空」に華を持たせているだろうが?!
こんな事も分からないバカ機長や副機長が、日本路線で勝手な振る舞いするんじゃ堪らないよ!

つい、先日、「ベトナム航空」は、そのうち取り返しがつかない大事故を起こす可能性を秘めているって、ベトナム・フリークの友人知人達と話していたところだ。

今日は、別の意味で取り返しのつかない不祥事を起こしてしまった。

第一、ベトナム航空は、国内線定時運航率どうなんだ?
殆ど毎日まいにち、国内線を定時運航できないじゃないか?

国際線の定時就航率は比べるまでもなく、全く話にならないじゃないか!
ホーチミン=関西空港線で、14時間遅れなんてのを11月末にやらかしたじゃないか。
タン・ソン・ニャット空港で、チェックインさせた搭乗客に対し、ろくな説明もせずに朝まで知らぬ顔で押し通すなんて事だったじゃないか。
いまの国際線ターミナルだから、以前よりマシかも知れないけれど、それでも話にならないだろう。
旅客は旅客なんだぞ!バカ野郎!荷物じゃないんだよ!

「国内線では、乗せてやっている!」って威張っていてんも、殆どのベトナム人旅客は黙って従ってるけれど、「国際線は、乗って頂いてるんだよ!」忘れるな。
ゴールデン・ロータス・プログラム(マイレージ・サービス)なんて、チェックインの時に確認したにも関わらず、搭乗報告書が届いたときに付いているときと付いていないときと、バラバラじゃぁないか?どんなスタッフ教育してんだよ?バカにスンナ!

関西空港発着だった最初の日本路線を開設するのに、どれだけ苦労したと思ってるんだ?
最初の日本への赴任者は○だった!次の赴任者(Dungさん)はもっと◎だった!その次もだいたい○だった!そこから後は△だ!もう後は▲の連続じゃないか!最近は東京に拠点を構えてから全部×じゃないか!ハッキリしているぞぉ!
甘い甘い甘ちゃんの日本人を、安い価格で運んでるから「乗せてやっている」って考え方になるんだよ!

その昔、日本人のデキの悪い客室乗務員を採用し搭乗させていた事があった。
その日本人客室乗務員から機内で受けた悪質な被害行為を絶対に忘れないし、許さない!
いまも、絶対に許さない!
フォローをしに来た、チーフパーサーも日本人客室乗務員の言い分を聞く事に忙しく、被害を受け困難に直面している(被害者の)乗客の立場を無視した事は許される行為ではない。
しかも、ベトナム航空への有力支援者でもある人物にである。
もっと、言えば、その時 ”とらえもん”は「ベトナム航空」の旅客ではなく共同運航便の「日本航空」の旅客であった。しかも、日本航空のチケットの中でも高価な正規運賃の最優先グレードの航空券を保持する旅客だった。しかもJGCの重要顧客だって事は分かっているだろう。
それでも、いま以て、ベトナム航空から正式な謝罪を受けていない。
バカにしてはイケナイ!

そのようなテメーに都合のよい事ばかり考えているから、今回のようなバカがでるのだ!
日本支社長(駐在)は、深く反省せよ!

この際、ベトナム航空は深く反省せよ!
     真摯に反省せよ!
     猛省せよ!

ベトナムへの熱烈応援者である ”とらえもん”と「コラコラコラム」は、今回の犯罪を決して見逃す事はできない。面子丸潰れである!

ベトナム政府は、「ベトナム航空」へ鉄槌を下す事が必要と考える!

引用開始→ ベトナム航空副機長を逮捕 窃盗団の品、本国に運搬容疑
(asahi.com 2008年12月17日12時24分)

Seb200812170014asahi勾留(こうりゅう)先の山口県警下松署に車で連行されるホップ容疑者=17日午後4時45分、山口県下松市、斎藤靖史撮影

ベトナム人窃盗団の盗品を自ら乗務する航空機で本国に運んでいたなどとして、山口、大阪、愛知など14府県警の合同捜査本部は17日、ベトナム航空の副機長の男を盗品等運搬の疑いで逮捕し、成田、中部、関西各空港の同航空事務所など6カ所を税関と合同で家宅捜索した。捜査本部は、ほかの乗務員が盗品輸送に関与した疑いもあるとみて、組織の実態や盗品の流通ルートを調べている。

逮捕された副機長はダン・スアン・ホップ容疑者(33)。成田空港近くの宿泊先のホテルで身柄を確保されたという。「盗品とは知らなかった」と容疑を否認していると山口県警は説明している。

同県警によると、ダン容疑者は化粧品など27点を盗品と知りながら、航空機でベトナムに運ぶ目的で7月11日、宿泊していた大阪府内のホテルから関西空港まで運んだ疑いが持たれている。化粧品などはベトナム人の女から宅配便でホテルに送られたらしい。

捜査本部は、一般乗客よりは手荷物検査が厳しくない乗務員らを窃盗団が取り込んで運搬役に仕立てていたとみている。

化粧品などをダン容疑者に送ったとされる女は、兵庫県姫路市のトラン・ティ・ミー・ハン被告(32)=盗品等有償譲り受けの罪で公判中=で、山口県警が7月に逮捕した。押収した伝票や供述からダン容疑者が浮上したという。捜査本部は、トラン被告は盗品を買い受ける「故買屋」だったとみている。

捜査本部によると、窃盗団は06年ごろから全国のドラッグストアやホームセンターなどで医薬品や化粧品、健康食品の万引きを繰り返していた。盗品は故買屋を経由して、日本の化粧品などが高値で取引されるベトナムに送られていたという。捜査本部はこれまでに、盗みの実行犯として71人、故買屋として14人のベトナム人らを逮捕。3万6千点、総額1億4千万円相当の被害を確認したという。

捜査本部によると、盗みの実行犯には盗品の国内販売価格の30%、故買屋には5%の報酬が入る仕組みになっていたらしい。←引用終わり
(朝日新聞社asahi.com)

引用開始→ ベトナム航空副機長を逮捕 盗品運搬の疑い 県警など 
(神戸新聞NEWS 2008/12/17 14:22)

01618060knpベトナム人の万引グループが国内で盗んだ商品を本国へ運ぶのにかかわったとして、兵庫、大阪など十四府県警の合同・共同捜査本部は十七日、盗品等運搬容疑で、ベトナム航空副機長ダン・スアン・ホップ容疑者(33)を逮捕し、成田、中部国際、関西各空港の同航空事務所などを捜索した。

荷物検査が一般乗客より甘い乗務員を「運び屋」に仕立てていたとみられる。捜査本部は十四府県で化粧品や家電製品など約三万六千点、一億四千万円相当の被害を確認しており、背後に大がかりな窃盗密輸グループがあるとみて調べを進める。

調べでは、同容疑者は今年七月、化粧品など二十七点が盗品と知りながら、宿泊していたホテルから関西空港まで持ち運んだ疑い。容疑を否認しているという。

空港には乗務員専用の税関窓口があり、航空会社の関係者は「荷物を開けて検査をしないことも多い」としている。

捜査本部はこれまで、姫路市内のベトナム人の男(27)ら万引の実行役や買い付け業者計八十五人を逮捕。実行役が化粧品などを万引し、買い付け業者から同容疑者が滞在していたホテルに宅配便で配送されたという。航空便で国外に持ち出した後、ベトナムで転売していたとみられる。ベトナム航空は、関西空港など国内四空港に就航している。

盗品等運搬罪 刑法の盗品関与罪に規定され、窃盗や強盗などで不法に入手した盗品などを運搬した場合、罰則は10年以下の懲役および50万円以下の罰金となる。←引用終わり
Copyright(C) 2008 The Kobe Shimbun All Rights Reserved.

追加掲出:(2008/12/21 21:50)

引用開始→ 日本人も複数が関与か ベトナム盗品空輸
(神戸新聞ニュース 2008/12/18 14:30)

ベトナム人の万引グループが盗んだ商品をベトナム航空の副機長が本国に運び込もうとした事件で、盗品の保管役などとして複数の日本人が関与していた疑いのあることが、兵庫、大阪など十四府県警の合同・共同捜査本部の調べで十八日、分かった。万引実行役らの依頼を受け、トランクルームを提供するなどしていたという。捜査本部は、グループが周囲に怪しまれないよう日本人を間に入れ、保管場所の確保を図ったのではないかとみている。

捜査本部はこれまでに、十四府県で万引の実行役や、盗品を買い付けていた仲介者ら事件にかかわったとされる計八十五人を逮捕。このうち数人は日本人だった。

調べによると、住所不定無職の日本人の男(37)は、万引の実行役だった姫路市内に住むベトナム人の男(27)から依頼され、同市内のトランクルーム二カ所を自分の名義で契約。盗品であることを知りながら、炊飯器一台をトランクルームに保管していたとして今年六月、盗品等保管の疑いで逮捕された。

保管期間は短くても三-四カ月に及んだといい、盗品はその後、日本に滞在中の同航空の乗務員に送られ、国外に運ばれたとみられる。←引用終わり
Copyright(C) 2008 The Kobe Shimbun All Rights Reserved.

|

« 米国は、遂に「金利・ゼロ」を発表! 国際市場での、資金移動に注意しよう! | トップページ | JALも年明けに、バイオ燃料で飛行実験へ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 米国は、遂に「金利・ゼロ」を発表! 国際市場での、資金移動に注意しよう! | トップページ | JALも年明けに、バイオ燃料で飛行実験へ! »