« 金融危機を不況理由にした首切りは、人災である!加害者へ不買行動で応じよう! | トップページ | ニュージーランド航空(NZ)もバイオ燃料飛行へ! »

2009/01/06

ヨッシー・渡辺喜美!我が道を行く!連帯を求めて孤立を恐れず!志ある自民党議員よ「檄」に起て!

闘わない者は、消去される!闘って窮地に活路を拓く!
これこそが政治家としての故・渡辺美智雄代議士の心意気だった。
途半ば、志半ばで「病魔により斃れた父の信念を受け継ぎ貫くべきである」。
官僚政治を打破し、官僚政治を打倒すべきである!」。

渡辺喜美議員には「国民の側に立つ政治を行う議員」である事を望む!
次の衆議院総選挙の争点は、ただ一つ「国民の側に立つ政治」をやるのか「官僚に依存した隷属政治」を続けるのかの、二者択一である。この観点に立てば、自民党の古株は全てダメである。若手は多少期待もできるが。民主党の半分以上も同様(官僚隷属で)ダメである。

政策の展開には「官僚」が必要である。しかし、現在の日本の政治は、「官僚の、官僚による、官僚のための政治」に堕している。

官僚機構と政治家が対峙できた最後の内閣は、故・宮澤喜一氏が率いた内閣である。
故・宮澤氏は、官僚以上に官僚だった。それは宮澤氏本人が大蔵省(現・財務省)官僚出身も理由の一つだ。しかし柔和な顔とは裏腹に頑固一徹で芯の強い方だった。
なぜか、政策を語り、自ら政策立案する事ができたからである。「どこを、どうすれば何ができるか?」を知り尽くした人物だった事が大きい。

何よりも、日本の財政を知り尽くしていた。加えて、対外的にどのように振る舞えば他の国が追従するか、あるいは外交面で目立たず優位に立てるかなど、その感覚は磨き抜かれていた。
さしもの大蔵(財務)官僚が時に議論に挑んでも軽くあしらわれてしまうだけで、全く政策論や財政論では歯が立たなかった。
インテリジェンスの高い方だった。
従って、霞ヶ関の官僚は故・宮澤喜一氏には一目置いていた。

このインテリジェンスが、自民党の泥臭い議員には不人気だった。
議論で勝てないとなれば、「冷たい人だ」「面倒見が悪い」「地元のために何もしない」などなど、自らの無能を棚に上げ「不平不満」言い募り、一生懸命に足を引っ張る側へ廻る。
その頂点は、何を隠そう小澤一郎(現・民主党代表)率いるアンチ宮澤一派だった。

何が言いたいかと言えば、「政治家がアホーだったら、官僚を動かすことなどできない」という事だ。小選挙区制度にしてから、日本の政治家は小粒になった。自民党も民主党も衆議院議員はその多くが、それぞれの選挙区というローカル地域の生活を背負った個人事業主の集まりじゃないか。いまの国会は世界に例を見ない「窮極の談合組織」に堕している。
(公正取引員会は強制調査しろ!と言いたいくらいだ)
だから止めどなく「カネのバラマキ」政治にしがみつく。

官僚は、政治家がアホーである事を知り尽くしているから、適当に予算を配分して(アメを与え)やって、官僚がやりたい「政策」を政治家に政策要求させる機械に組み込んでしまったのである。
アホーの政治家は、それを喜々とし破顔一笑という構図だ。
官僚の側もその点をよく心得ており、この政策は○○先生のご尽力で!との一言を忘れない。尻を掻かれて喜んでいるアホー政治家が、本来、政治家が使いこなすべき、官僚に扱き使われて喜んでいる。まさにアホーの構図である。

ミッチーこと故・渡辺美智雄氏は、庶民の生活感覚と官僚政治は噛み合わないとの考えだった。
実にハッキリしていた。

さて、その意志を受け継ぐ渡辺喜美氏は、やはり「血は水よりも濃い」を表徴する発言を繰り広げてきた。
掲げた提案を見ると、「コラコラコラム」には細部で若干の異論もあるが、一応は「真っ当な内容」と評価する。

昨年6月に、閣僚の頃に会ったままである。

現在時点では、「残念ながら、政治は、一人では何もできない!」。
必ず、これまで行動を共にしてきた政治家が行動力を示すことに期待する!
行動を共にしてきた議員が、第二次補正予算の衆議院本会議での再可決に反対する行動を期待する!

ヨッシーこと渡辺喜美議員の「檄」に応えよ! 同志達よ!
渡辺喜美議員を「関ヶ原の合戦での石田三成」にしてはいけない!
自民党の中で「毛利元就」を決め込んではいけない!
ましてや、「小早川隆景」を演じようなどと軽はずみな事を考えてはならない!

まさに、いまや「関ヶ原の合戦」である。
この際、自民党とか民主党などという小さな殻に閉じこもり物見をしている時ではない。

渡辺喜美議員は、島津義弘の立場へ追い込まれても死地に活路を拓くであろう!
で、なければ日本は救われない!
渡辺喜美議員も、自民党員であるとの批判は謙虚に受け止めよう!
福田内閣の一員であった事も認めよう!
麻生太郎を選出したとき、どうしたのか?その責任はどう負うのだ?との批判も受け止めよう!
それでも、腰抜け集団の自民党の中で、一人でも決起した事実を認めよう。
(おそらく)「連帯を求めて、孤立を恐れず」の心境に拍手を贈る。

自民党が政府へ送り出した中に、アホーとしか言いようのない「坂本哲志総務政務官」などというチンピラもいる。こんなアホーがいるから日本は崩壊の危機に直面している。
発言確認のために産経MSNにリンクしておく
  http://www.sankei.jp.msn.com/politics/policy/090105/plc0901052135010-n1.htm
こんなアホーは選挙で叩き落とせ!国会から蹴り出してしまえ!
人でなしとは、坂本政務官のようなアホーを指す見事な言葉である!

引用開始→ 渡辺氏、首相に文書で要求も「離党」同調の動き見あたらず
(産経MSN 2009.1.5 21:27)

Stt0901052134007n1自民・渡辺元行革相は麻生総裁あて提言書の提出を明らかにし、提言が速やか、かつ真摯に検討審議されない場合は離党することを明言した=5日午後4時25分、衆議院第二議員会館(矢島康弘撮影)

自民党の渡辺喜美元行政改革担当相は5日、国会内で石原伸晃幹事長代理に会い、麻生太郎首相(党総裁)にあてた(1)早期の衆院解散による危機管理内閣の立ち上げ(2)定額給付金の撤回-など7項目の提言を含む要求書を提出した。渡辺氏は記者会見で「提言が速やかかつ真摯(しんし)に検討されなければ政治家としての義命により離党する」と述べた。義命とは大義よりも重い道徳の至上命令を意味する。

これに対し、細田博之幹事長は会見で「要求書に回答しない。予算案は政府と党が民主的に決めたものだし、『解散しろ』といわれても困る」と述べ、渡辺氏の離党は確実になった。ただ党内に同調して離党する動きは出ていない。

渡辺氏は要求書で「定額給付金は雇用情勢の急激な悪化で生活防衛としてのメリハリは失われた。『同じ2兆円ならもっとましな使い方がある』との声に耳を傾けるべきだ。解散総選挙の先送りに国民の閉塞(へいそく)感の根本原因がある」と首相を批判した。渡辺氏は親しい議員らに電子メールで要求書を送った。

麻生首相は5日夜、「解散より政策の実行が大事だ。定額給付金をやめる話をする気はない。離党されるかは個人の話で答えようがない」と突き放した。首相官邸で記者団に語った。

自民党の青木幹雄前参院議員会長は同日、河村建夫官房長官に対し「(渡辺氏の離党に)付いていく人はいない。結束してやっていこう」と語った。

武部勤元幹事長は「「気持ちの上では理解者はいっぱいいる」としながらも、離党には「飛躍してはいけない」と自重を促した。中堅・若手の一部にも渡辺氏の提言に理解を示す向きはあるが、「離党を口にするのは短絡的だ」(町村派若手)との声が大勢だ。

■自民党の渡辺喜美元行政改革担当相が麻生太郎首相(自民党総裁)あてに提出した文書は以下の通り。

自由民主党総裁
麻生太郎殿

世界の金融経済危機は車に加速度をつけながら進行している。日本経済の牽引車であった自動車産業等が急速に生産縮小・雇用削減に追い込まれているのはその象徴である。巷には失業者があふれ、人心は倦(う)んでいる。

しかるに、党にあっては「安政の大獄」と称される自由な言論を封殺する状況が仄聞(そくぶん)される。麻生内閣にあっては、各省企画立案の「三段ロケット」と称する対応策を作ったものの、ねじれ国会の中でスピード感を持って建設的妥協を図ろうという姿勢は全く見られない。

昨年10月に立案された定額給付金は、その後の派遣切り・パート切りなど雇用情勢の急激な悪化の中で「生活防衛」としてのメリハリは更に失われてしまった。「同じ2兆円を使うならもっとましな使い方があるだろう」「具体的な金の使い方は地方にまかせるべきだ」という巷の声に麻生総理は耳を傾けるべきである。

政府が作った予算は一度国会に提出したら1円たりとも修正はさせないという発想は、我が国特有の官僚内閣制に由来する。現下のような

非常事態であればなおのこと、国会は国民の為に「よりましな」妥協案を作る必要がある。政権政党の指導者はそのような度量を持たなければならない。

本来、解散総選挙を先送りしているところに国民の閉塞感の根本原因がある。総選挙用の作りかけのマニフェストは封印され、各省の権益確保むき出しの議論を横行させた。非常時対応に名を借りた予算ふくらまし作戦で当面糊塗されているものの、国民の信認なき政治態勢は、真の政治主導(官邸主導)とはほど遠く、各省割拠主義を跋扈(ばっこ)させるのみである。

官僚内閣制のもとでは、総理大臣は誰でもよく、使い捨てを常とする。年末のどさくさに紛れて作った天下り関連政令は、麻生内閣が霞が関守旧派の代弁者であることを露呈させた。すなわち、再就職等監視委員会の委員が任命されなければ不可能になる今後3年間の各省天下り斡旋を、総理の承認において行えるようにしたこと、今まで密かにやってきた渡り斡旋を是認したこと、などは党行革本部の平場の議論などまったくなされず決定された言語道断の暴挙である。「天下りを根絶すべし」という国民の声は完全に無視された。

内閣人事局にかかる人事制度改革も中身が見えない。年功序列の固定身分制で降格・減給もクビもない制度の延長上に天下りがある。民間が大不況の中で苦しんでいる時、公務員の世界は労働基本権の制度や身分保障にアグラをかいた仕組みの給与法に守られて、ボーナスのカットすらできない。公正中立の名のもとに、総理や大臣の言うことを聞かず、国民の利益より省益の死守に走る。消費税を上げる前に公務員給与のカットを行うべきである。内閣人事局の設置は、任用制度や給与制度の改革とセットでなければならないのに、その政治意思も伝わってこない。

また、無駄遣いのシンボルである雇用能力開発機構は福田内閣当時、廃止・解体・整理が決められた。しかし、麻生内閣において恒例・障害者雇用支援機構との統合という手段によってカンバンの架け替えすらなっていない温存がはかられた。消費税増税の前に徹底した行政改革を行う方針ではなかったのか。

100年に一度の大津波に際しては100年に一度の危機管理プランを作り、100年に一度の政治体制をもって実行せねばならない。風雲急を告げる国際情勢を考えても、早急に総選挙を経て第1党と第2党が組んだ危機管理内閣を作るべきである。官僚内閣制から真の議院内閣制への転換をはかり、政治主導と地域主権を先取りした非常時対応策を実行しなければならない。危機に臨んでこそ政治家の真価は問われる。今こそ為政者は党利党略を排し、至醇な熱烈な情緒と精神をもって、国家と国民のために命を燃やす時である。日本はひとつ。

為政者が確乎(かっこ)たる主義・信念に基づいた政策によって政治を動かさぬ限り国家国民は崩壊の危機を免れない。私は政治生命を賭して麻生総理に提言する。

 1、衆議院を早期に解散すべきである。総選挙後すみやかに危機管理内閣を立ち上げるべきである。

 2、定額給付金を撤回し、2兆円を地方による緊急弱者対策に振り向けるなど、2次補正予算案の修正を国会において行うべきである。

 3、今国会における内閣人事局関連法案の中に、任用・給与制度改革法を入れること。給与法改正を行い、国家公務員人件費を来年度よりカット(目標2割)すべきである。

 4、各省による天下り斡旋の総理による承認と、渡り斡旋を容認した政令等を撤回すべきである。雇用能力開発機構を統合する閣議決定を撤回し、福田内閣当時の廃止・解体・整理の方針にそって決定し直すべきである。

 5、国家戦略スタッフを官邸に配し、経済危機対応特別予算勘定を創設し、その企画立案にあたらせる。政府紙幣を発行し財源とする。

6、平成復興銀行を創設し倒産隔離と産業再生を行なう。同行において上場株式の市場買取を行い、塩漬け金庫株とする。財源は政府紙幣とする。

7、社会保障個人口座を創設し、国民本位の仕組みを作る。年金・医療・介護のお好みメニュー方式を導入し、納税者番号とセットで低所得者層への給付付き税額控除制度を作る。

以上の提言が速やかかつ真摯に検討及び審議されない場合、私は政治家として義命により自由民主党を離党する。←引用終わり
Copyright 2009 The Sankei Shimbun & Sankei Digital

引用開始→ 渡辺“離党”覚悟…父・ミッチーの無念晴らす!?
(夕刊フジ)

「反麻生」の言動を過熱させている自民党の渡辺喜美元行革担当相=写真=が止まらない。新年早々の4日、麻生太郎首相が早期の衆院解散や定額給付金の撤回などを受け入れない場合、自民党を離党する意向を示したのだ。背景に、総理直前に病で倒れた父、美智雄元副総裁の無念がありそうだ。

「私の怒りは国民の怒りだ」。渡辺氏は地元・栃木での講演でこう語り、週内にも首相に最後通告を突き付ける意向を示した。

渡辺氏の父、美智雄氏といえば、「ミッチー」の愛称で知られ、副総裁や蔵相、通産相などを歴任した自民党の大物政治家。非自民連立の細川護煕内閣が退陣した1994年4月、新生党の小沢一郎代表幹事から「自民党離党」を条件に首相就任を打診されたが、慰留されて離党を断念した。

美智雄氏が膵臓癌で亡くなったのは翌95年9月。この無念を近くで見ていたのは、長男で秘書だった渡辺氏だった。←引用終わり
ZAKZAK 2009/01/05

久々に「連帯を求めて孤立を恐れず」が蘇ってきた。「孤立などしてねぇゾォー!」と答えが返ってきそうな気もするなぁ!

この話の続きは、「渡辺喜美後援会」でお聞かせ願いたいと考えている!
いまは、ただただ奮闘努力を祈念申し上げている!

|

« 金融危機を不況理由にした首切りは、人災である!加害者へ不買行動で応じよう! | トップページ | ニュージーランド航空(NZ)もバイオ燃料飛行へ! »

コメント

木谷様、貴重なコメントを頂戴しありがとうございます。
お送り頂きました「ご意見」は、仰せのとおりに存じます。
3月1日夕刻に、某県某市で、渡辺喜美代議士と政治スタンスを始め志を基本的に同じくする中堅議員と、求めに応じ久々にたっぷり時間をかけて会談する事になっています。
渡辺喜美代議士との友情をどうするかなど、今後の重要課題を議論する予定です。しっかり行います。
「この続きが、お知りになりたい方は、・・・・・・・」と、渡辺喜美代議士の口癖を引用させて頂きながら・・・。 "とらえもん"

投稿: とらえもん | 2009/02/21 05:04

自分は党員では有りませんが、若い時から自民党を支持しております。しかしながら、最近の自民党を見るにまるで以前のような堂々とした党風も党員も感じず、騒いでいるが継承者もいないように思わざるをえません。渡辺代議士のように個性を持った議員のいないこと、このような政治家ばかりで国益、国民が守れるのかと、先行き不安でなりません。最近で一番気持ちよかったことは、不甲斐無い自民党を脱党されたこと。一番腹が立つことは海賊行為に出て行く自衛隊、自衛官の扱いです。相手はバズーカー砲、機関銃等で襲い掛かってくるのに、自衛隊は警察行為の延長で武器使用に制限。いったい政治家は何を考えているのでしょうか、我が子なら相手に負けるような兵器で現地へ出せますか、どこの親も相手に負ける兵器で我が子を送り出せないと考えます。政治家は自衛官が公務員だからですか、我が子でないから平気で馬鹿な事ができるのですか。我々にはとても理解出来ない理論です。だから多額の国家予算を費やし、世界でも上位の軍隊を持ちながら何時までもなめられる。軍事力を使えとは言わないが、領海侵犯に大砲も、ミサイルも撃てない自衛隊なら、膨大な予算を費やす必要はない。もう少し国家も政治家も威厳をもって、万事に当たっていただきたい。国の先行きを憂う一人の国民より。

投稿: 木谷 恒博 | 2009/02/20 20:01

麻生内閣は腐っている。
渡辺さんがんばって! 国民はみんなあなたを応援しています。
国民のための政治が、一日も早く実現することを願っています。 今の政治はうんざりです・・・

投稿: 田中妙子 | 2009/01/13 12:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 金融危機を不況理由にした首切りは、人災である!加害者へ不買行動で応じよう! | トップページ | ニュージーランド航空(NZ)もバイオ燃料飛行へ! »