« オバマ大統領! ヨォ!大統領!(月並みですが) | トップページ | 宇宙へ上がれ!宇宙で輝け!町工場の宇宙衛星「まいど1号」ついに宇宙へ旅立つ! »

2009/01/22

外資高級ホテルの価格低下は、彼らが大好きな「市場原理」に過ぎず!

バブル現象のグローバル化に悪乗りして、「日本でも、一儲けしよう」と企み、とりあえずは花の東京へ出張ってきたワケだ。
上から人を見下した姿勢で振る舞うサービスをウリにしながら、ホテル事業らしく、開業した頃には思惑は大きく外れ、グローバル化したバブルはあっさり崩壊。
崩壊するときも、グローバル化した社会らしく、一気に世界を席捲した。

すると、それで喰ってきた野郎ドモを相手にした、「外資のバカホテル」は一転して閑古鳥が鳴くって始末だから、冷静に見守ってきた側としては、「ヘッヘ!ザマー見ろぃ!」って心境だね。

コンラッドじゃの、マンダリンじゃの、ペニンシュラじゃの、リッツ・カールトンじゃの、エラそうにデカイ口叩いても、それじゃ東京に部ブッ建てたホテルを、どこか他の国(都市)へ持ち運び去るワケにもいかずってとこだ。
でも、リッツ・カールトンなんてぇのは、もともとテメーの建物じゃぁないん(建物は三井不動産の所有)だから、契約を途中解約して逃げればオシマイ。遺されるのは言いなりになって造ったホテル(建物)である。
まぁ、不動産屋も、建物をブッ建て、それを外資ホテルに賃貸し、そこへおびき寄せられ舞込むバカ客から、カネをしこたまふんだくらせて、賃料という形で上前を刎ねる都合というか仕組みを企んでたワケだから同罪だね。

これぞまさしく、お代官様とエチゴ屋の関係だワ。
おぉ!三井不動産はエチゴ屋から分家してきたってかぁ~!
そりゃぁ、そうだけど、それは越後屋(三越)の事だろぉが。

ここで言ってるのは、程度の低いテレビの捕物帖でさぁ、お代官様かご家老かが出入りのワル商人と連むって構図の事だよ。

全く関係ない話だけど脱線ついでに、そう言やぁ、銀座線の「三越前」を「サンエチゼン」って読んだ野郎もいたなぁ~!

昔々その昔、日本橋の某社へ行くのに「三越」のライオン前で待ち合わせした時、この野郎、ワケが分からなくなって、行き先の某社へ電話して「自分は、いま、サンエチゼンって駅へ着いたんだけど、ライオンはどこにありますか?」って尋ねた野郎だよ。
突然、サンエチゼンだとかライオンだとか、言われた方はビックリするよね?!

今なら、携帯電話だろうけど、バカな話だよ。

んっんなぁ事たぁ、どうでもよくってだねぇ、一儲けの構図が崩れるってワケだよ。

日本橋のマンダリンへ吸い寄せられてた、自称「東京のセレブマダム」のブタドモよ、ちったぁ、その汚ったねぇオツラ、鉋で磨き直した方がイイんじゃぁネェかい?
上手かったかぃ?あのバカ中華?
上手かったかい?あのバカスィート?
上手かったかい?テメーの生活?
所詮、どう磨いたところで、ズラはヅラに過ぎず、所詮はヅラだからなぁ~!

まぁ、何もせずにカネ儲けしようなんて野郎やヅラメスどもは、ヘタレばイイんだよ!
「ヘッヘィ!ザマー見ろぉい!」。

今日は、このくらいにしておくか。(ちょっと品がないですかねぇ?)
市井の市民の素直な気分だけどねぇ!

引用開始→ 外資系高級ホテル「安売り」始まる 海外法人客の利用減響く
(2009年1月21日(水)18時34分配信 J-CASTニュース)

「ザ・リッツ・カールトン東京」「ザ・ペニンシュラ東京」といった外資系高級ホテルの宿泊料金「安売り」が始まった。米国発金融危機の影響で、利用者の多くを占める海外法人客が減っていることが、背景にありそうだ。このクラス以下のホテルとなると、「たたき売り」状態になっている。

空き状況によって価格が直前にぐっと下がる

都内では、2007年には「ザ・リッツ・カールトン東京」(港区)や「ザ・ペニンシュラ東京」(千代田区)が相次いで開業した。09年3月には東京・丸の内に香港系の「シャングリ・ラホテル東京」がオープンする。

こうした超高級ホテルは1泊料金が最低6万円台で、値下げされることはめったにないが、ネットではこうした高級ホテルの「安売り」が盛んになっている。

予約サイト「一休.com」をみると、「マンダリンオリエンタルホテル東京」の場合、デラックスツインの正規料金2人で8万850円が、同サイトでは「初夢おみくじプラン」として5万円に値下げしている(09年1月末まで)。「フォーシーズンズホテル椿山荘」(東京都文京区)では、「スーペリアルーム ツイン シティビュー」(45平米)に泊まれて、スパの入場券込みで2人3万5000円(2月27日まで)。通常は宿泊代だけでも7万1925円する。

価格比較サイトを運営するカカクコムは、高級ホテル・旅館予約サイト「yoyaQ.com」を運営している。横浜みなとみらい地区で一際目立つ帆型をした「ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル」は最大割引86%オフで、1室あたりの最安料金は1万2000円(1~2月)、「ホテルニューオータニ」(東京都千代田区)は最大割引61%オフで、最安料金1万6000円(同月)となっている。

JTBもウェブサイト「JTBプレミアム」で、高級ホテルの宿泊プランを割安に販売している。広報担当者によると、働く女性の間で自分へのご褒美として、高級ホテルに泊まってエステが受けられる2万円台~3万円台のプランが人気だ。「空き状況によってはホテルが提示する価格が直前にぐっと下がることもある」そうだ。

外資系高級ホテルは海外法人の社員が出張時に利用することが多いが、米国発金融危機の影響で、大きく減っているという。

日本政府観光局(JNTO)によると08年11月の訪日外国人数は前年同月比19.3%減の55万4000人で、8月以降4か月連続でのマイナスとなった。中国や香港からの訪日数は増えているが、シンガポール、フランス、韓国、台湾、タイ、オーストラリア、アメリカ、イギリス、ドイツは軒並み減った。金融危機による景気後退に加え、韓国ウォンや豪ドルなどの通貨に対する円高が進んだことも要因とみている。

「コンラッド東京」(東京都港区)マーケティングコミュニケーション部の担当者は、こう明かす。

「海外法人の獲得が厳しくなっています。企業側も契約決定を先送りにするケースが増えており、先が見えない状況です。また業界で価格競争が起こっており、単価を下げて契約せざるを得ないこともあります。そうなれば稼働率は保てても、売上げでみると前年を下回ってしまいます」

日本人マーケットをどう取り込むかが課題

「前年に比べて稼働率が良くない」というのは、東京・丸の内のオフィス街に構える「フォーシーズンズホテル丸の内」。

「金融危機や世界的な景気悪化により、海外からのお客様が減っているように感じています」(広報担当者)
「ファクタ」2009年2月号の「憧れのセレブホテルが『死屍累々』」と題する記事には、東京都内主要ホテルの収益力ランキングが載っており、どこも苦戦している様子が報じられている。同誌は独自に1室あたりの収益力(客室単価×客室稼働率、08年11月時点)を算出。前年同月に比べて収益力の落ち込みがもっとも激しいのは、マンダリン・オリエンタル東京(中央区)。続いて、パークハイアット東京(新宿区)、グランドハイアット東京(港区)となっている。

前出の「フォーシーズンズホテル丸の内」広報担当者は、

「稼働率がよかった2007年に比べれば、若干安くなっています。しかし過度な値下げはブランドイメージに影響しますので、当社グループで決められている一定価格より下げることは考えていません。また、業界でもマーケットはいずれ回復するとみられており、今下げすぎてしまえば(回復した時に)値上げできなくなります」
と話している。

また、「コンラッド東京」広報担当者は、「あくまで安売りはせずに、食事やスパといったオプションをつけたお得なパッケージを増やしています」とし、いずれも正規価格の値下げには慎重の構えだ。←引用終わり
Copyright(c) NIFTY 2009 All Rights Reserved.

|

« オバマ大統領! ヨォ!大統領!(月並みですが) | トップページ | 宇宙へ上がれ!宇宙で輝け!町工場の宇宙衛星「まいど1号」ついに宇宙へ旅立つ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オバマ大統領! ヨォ!大統領!(月並みですが) | トップページ | 宇宙へ上がれ!宇宙で輝け!町工場の宇宙衛星「まいど1号」ついに宇宙へ旅立つ! »