« ヨタヨタ太郎に、ヘロヘロ昭一では、シャレにもならないワイ!世界へ向けて恥の上塗り | トップページ | 「北方領土交渉」で「三島返還」がゴール、「択捉島」の主権(帰属)をロシアへ放棄か? »

2009/02/18

ヘベレケ昭一は、潔く「政治家」を辞めよ!

ここのところ、毎日まいにち「無政府状態」ではないか。

2世3世議員の「友好クラブ」に堕して平気なジブントォ。
一方のミンチトォも負けず劣らず2世3世議員の集合体だ。
この際、国会議員は「ヘベレケ昭一」が引き起こした事件を「真摯に反省し」、併せて「2世3世4世の公職禁止(立候補制限)法を制定」せよ。

封建社会じゃないんだから、政治の世襲、議員の世襲しかも特権的世襲を許す事はできない。
「北朝鮮」の「金豚世襲」を嘲笑うなら、日本も「議員の世襲」を禁止せよ!
同じじゃないか?!

「政治家」という職業が、一家、一族の「生業」っていうのは、いかにもだろう。
そんなに、「政治家」ってのはオ・イ・シ・イ仕事なのか?

某市のバカ市長は、テメーも長らく務めていた「基礎自治体の上位に位置する地方議会の議員」選挙に、テメーのデキの悪い長男を立候補させていた。
デキの悪い長男が「ア・イ・サ・ツ」に来たので、「政策を聞かせて貰おうか?」と聞く姿勢に徹し、
①基礎自治体が抱える最大のテーマと、上位に位置する地方行政府の政策の連関性を問い、解消に向けた政策と関連する国の政策(法)の関係性についての知見を求めた。
→これから勉強します。
これから?いつまでに?どのように?と畳みかけると、もう答えられない。
当該地域における最大の政策懸案を、ろくに勉強もせず、バカオヤジの後釜を狙い「地方議員」になろうというのである。バカも休み休み言って貰いたい。
丁重に、お引き取り頂き、清めの塩を丁寧に撒かせてもらった!

中川昭一、麻生太郎、安倍晋三、小泉純一郎、福田康夫、小澤一郎、鳩山由紀夫、鳩山邦夫、野田聖子、順不同、まぁ、この辺りで止めときますが。

麻生太郎は、安倍晋三と同じで、小粒な側近のオ・ト・モ・ダ・チで組織する「お友達内閣」である。みんな「甘い汁」を求めて蝟集した「血筋と毛並み」のよいヒ・ト・タ・チと言われている。
バカバカしいたらありゃぁしない。
見てられない。

選んだのは、全て「日本国民」である。
日本の政治家の行状を笑うのは、自らを笑う事でもある。

日本は、象徴天皇制を遺しながらも、一応「民主主義」を掲げ、「選挙」により「議員」を選び「政治を代議」させる方法を採る、原則的には「共和国(しかも国民国家)」である。

「共和国」の原則は、主権が及ぶとされる領域に住む「市民(=国民)」が一人ひとり「自立(=自律)」している事が求められる。

国民国家である共和国としての日本の「市民」は、「自立(=自律)」する部分もあるが、それは「少数」であり、多くは「毎日、異議申し立て」をしているように見えるけれど、それは「マスゴミ」報道に左右されているに過ぎない。
「マスゴミ」報道に都合良く動員され組織された「世論」に過ぎない。

「政治」と「マスゴミ」は、「基本的に談合し、握り合っている」事を理解し前提にすべきである。

毎日垂れ流される「ニュース」は、その報道の狙いを、よくよく「情報」を吟味する事が必要だ。

「麻生内閣」の命運は尽きた。
倒すのは、小泉純一郎であり、中川昭一であった。手を貸すのは、本人の意図とは別に森喜朗である。哀れなハ・ナ・シよのぉ~!

テメーらの不況打破(克服手段)を「衆議院解散・総選挙」に求める、「マスゴミ」各社は、こぞって「ほくそ笑んでいる」事だろうヨ。

ヘベレケ昭一、潔く、衆議院議員も辞めよ、寺へ入って「修行僧」となれ!

引用開始→ ヤマ場になると飲まずにいられない…中川氏、失態いろいろ
激震・麻生政権
(2009年2月18日03時10分  読売新聞)

17日夕に辞任した中川氏にはこれまでも飲酒や体調不良が理由で、政治活動に支障をきたす場面があった。

経済産業相時代の中川氏を知るキャリア官僚は「見かけによらずプレッシャーに弱いのか、大きな交渉の前に酒を飲まずにはいられないようだった」と振り返る。2004~05年にかけて行われたアジア各国との経済連携協定(EPA)交渉では、「締結前のヤマ場を迎えると、ホテルの客室の冷蔵庫から酒が全部なくなることもあった」と明かす。

昨年11月には、スペイン国王夫妻を歓迎する宮中晩さん会でワインなどを飲み、懇親会で「宮内庁のばかやろう」などとどなって途中退席。先月28日の衆院本会議で行った財政演説で、「歳入」を「歳出」とするなど、計26か所を読み間違えたことについては、「体調不良が原因」と周囲に説明していたという。

中川氏は、もうろうとなった理由を風邪薬の飲み過ぎとしている。製薬会社でつくる日本OTC医薬品協会(東京都)によると、少量のアルコールでも、風邪薬を併用すると副作用が強まる恐れがあるというが、同協会は「個人差もあるが、薬だけであれ程もうろうとした状態になるとは考えにくい。体調が相当悪かったのだろうか」としている。←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun.

|

« ヨタヨタ太郎に、ヘロヘロ昭一では、シャレにもならないワイ!世界へ向けて恥の上塗り | トップページ | 「北方領土交渉」で「三島返還」がゴール、「択捉島」の主権(帰属)をロシアへ放棄か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヨタヨタ太郎に、ヘロヘロ昭一では、シャレにもならないワイ!世界へ向けて恥の上塗り | トップページ | 「北方領土交渉」で「三島返還」がゴール、「択捉島」の主権(帰属)をロシアへ放棄か? »