« スウェーデン政府の英断!GM傘下の「サーブ」破綻させ経営権を取り戻しへ! | トップページ | 近鉄・奈良/伊勢志摩=山陽・姫路 2010年3月に近鉄新車両で直通特急運転開始へ! »

2009/02/22

国務長官ヒラリー・クリントンの初「アジア外交」デビューは米国に満点の結果を!

ズバリ狙いどおりの成果を得たと考える!ヒラリーはホントに大した役者だワ。

それ以上に、「中国」は恐ろしいまでの「使い分け」を演じた事を正しく記憶しておこう。
何よりも、「日本」は「政治」が「政局」と「スキャンダル」の連続で情けなない状態だ。
この状態で、国際社会へ押し出そうなんて、考えない方がよいのではないか?

「中国」はオバマが「米国の政治」を握った事で、構想どおり、あらゆる政策展開を一気に国際社会で始めるだろう。
「予定どおり」ってとこでしょうね。

日本は「政治の安定」を失っているのだから、この流れに抗う術がない。

日本の政治とマスゴミは、「米国の国務長官が、就任お披露目で『アジア地域』訪問するなら、まずは同盟国『日本』を重視すべきだ」と主張し、とりあえず、新国務長官のアジア初着地点が「東京」だった事で、溜飲を下げていたが、「それがどうした?!」。
「米国」は「日本」を信頼できる「アジアの同盟国」であると持ち上げたものの、その一連の会談では「カネの分担」を強調するだけで何も取り立てて考えるほどのモノもコトもない。「財布のお役目」に過ぎない。

「中国」で報じられる中身を検討しているが、そのうち、「中国」は「米国の新国務長官に、『人としての礼節』を教えてやった」と言い出すだろう。
そして「世界へ押し出す」事だろう。しかも「地球規模」で押し出してくる事だろう。

まぁ、それは自然の流れだから「押しとどめる術」はない。
当面の間、世界は静かに見守る以外に方法がない。困った事になった。

次の一手を、より真剣に考える事が必要だ。

引用開始→ 中国首相、米国務長官に孫子を解説 「手と手を握り進む」
(日経NET 2009/02/22. 08:34)

中国の温家宝首相は21日のヒラリー・クリントン米国務長官との会談で、中国の成語を解説して米中の協力を訴えた。

発端はクリントン長官がアジア訪問前の講演で「各国は同じ舟に乗って川を渡る」と発言して米中の関係強化を形容したこと。国営の新華社によると、温首相は「世界が深刻な金融危機に直面している中で、あなたの言った言葉をたたえます」と切り出し、クリントン長官が引用した言葉はもともと中国の兵法書、孫子にある言葉だと解説したうえで「さらに、その後に『携手共進』と続きます。右手と左手を握りあって進むことです」と紹介した。(北京=丸谷浩史)←引用終わり
Copyright 2009 Nikkei Inc. / Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.

引用開始→ 米中関係拡大で一致…クリントン長官、中国外相と会談
(2009年2月21日14時01分  読売新聞)

【北京=本間圭一】アジア歴訪中のクリントン米国務長官が21日、北京の釣魚台国賓館で、中国の楊潔チ(ようけつち)外相と会談した。(「チ」は竹かんむりに「褫」のつくり)

長官は会談で、「経済から気候変動、開発の分野まで米中両国の協力は不可欠だ」と述べ、米中関係を「深化・拡大」する方針を示した。楊外相も「両国関係を新たなレベルに引き上げなければならない」と強調した。

長官は、4月にロンドンで開催される第2回金融サミット(G20)で、オバマ大統領と胡錦濤国家主席が初の首脳会談を行うことを明らかにした。

楊外相は、会談後の共同記者会見で、両国が「貿易・投資における保護主義の拒否」で合意したと述べた。

会談では、これまでの閣僚級「戦略経済対話」や、国務副長官・外務次官級「定期高官協議」を統合・格上げした米中対話の新たな枠組みで合意を探った。

地球温暖化問題では、温室効果ガスの排出量が世界1、2位の両国が対策推進で合意したと見られる。北朝鮮の核問題では、オバマ政権下での6か国協議の運営方法などを話し合った。

一方、クリントン長官は会談に先立ち、人権問題について、「世界的な経済危機や気候変動の議論を妨げてはならない」と記者団に語った。今回の会談では米中両国の協力関係の構築を優先させ、人権問題で中国当局に圧力をかけるのを控える意向を示したもので、人権団体からは「衝撃を受け、失望した」(アムネスティ・インターナショナル)などの声が出ている。

オバマ政権発足後、米中両国の外相会談は初めて。クリントン長官は21日午後、胡主席や温家宝首相とも会談する。←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun. 

引用開始→ 米中が対話拡大、「気候変動」で定期協議も…両外相合意
(2009年2月21日23時26分  読売新聞)

【北京=佐伯聡士】アジアを歴訪している米国のクリントン国務長官は21日、北京で楊潔チ(ようけつち)外相との会談後、共同記者会見し、ブッシュ政権下で始まった閣僚級の経済対話の枠組みを、安全保障や政治、地球規模の問題も含む「戦略・経済対話メカニズム」に拡大することで原則合意したことを明らかにした。(「チ」は竹かんむりに「褫」のつくり)

安保分野の対話はクリントン長官が、経済分野はガイトナー財務長官が担当する。

クリントン長官は同日午後、胡錦濤国家主席、温家宝首相、戴秉国(たいへいこく)・国務委員とも相次いで会談した。中国中央テレビによると、胡主席は「21世紀の中米関係は世界で最も重要な2国間関係のひとつ」と強調した。クリントン長官も、「米中関係は積極的協力の新たな時代に入った」と語り、オバマ政権下で協力を強化する意向を表明した。

外相会談では、4月の金融サミットの際に行う初の首脳会談を準備するため、楊外相が3月に訪米することや、気候変動問題で定期協議を行うことも決まった。クリントン長官は会見で、中国が米国債を大量に保有していることに「深い感謝」を表明した。←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun. 

|

« スウェーデン政府の英断!GM傘下の「サーブ」破綻させ経営権を取り戻しへ! | トップページ | 近鉄・奈良/伊勢志摩=山陽・姫路 2010年3月に近鉄新車両で直通特急運転開始へ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スウェーデン政府の英断!GM傘下の「サーブ」破綻させ経営権を取り戻しへ! | トップページ | 近鉄・奈良/伊勢志摩=山陽・姫路 2010年3月に近鉄新車両で直通特急運転開始へ! »