« 強気の大丸(J・フロント)、「心斎橋そごう」買収で、どこまで保つか?! | トップページ | 麻生内閣は、末期的だな!直ちに辞任せよ! »

2009/02/06

ホンダもハイブリッド車「インサイト」の販売開始へ!

満を持して、ホンダがハイブリッド車の販売戦線へ本格参入!
待ってましたと、ホンダ車のファンが拍手喝采。

トヨタが先行させた「プリウス」は、ハイブリッド車市場の扉を開いた車。
ホンダの追跡車「インサイト」は、ハイブリッド車市場を拡大する車である。

今日以降、日本でのハイブリッド車市場は活性化する事だろう。
だって、今まで「ハイブリッド車」を買おうとすれば「トヨタ」以外の供給はなかったのだから、競争も何もあったものじゃない。

販売価格の決め方が、何ともホンダらしい。
少し気にかかる遣り口だ。とても、ビ・ミ・ョ・ォ・ーだな!

まぁ、世界の市場が待っていた車だから、今の経済環境でも目標はクリアーして貰いたい。
とにかく、期待している。

*この際、ついでに「讀賣巨人」を目指す長野(ちょうの)には期待しない、期待したくない事を!
何をエラそうにモノ申すか? 長野(ちょうの)には期待していない事を、併せて述べておく。

次は、三菱自動車と富士重工の「電気自動車」に興味が移る。
ともかく、今後は「バッテリー」メーカーが、自動車生産と販売の生死を握る事になる。

やがて、原子力で動く車も現れるかな?

引用開始→ 189万円のハイブリッド車…ホンダ「インサイト」
(ZAKZAK 2009/02/05)

ホンダは5日、環境対応のハイブリッド車「インサイト」を、189万―221万円で、6日から発売すると発表した。250万円前後が中心のトヨタ自動車の「プリウス」より安く抑えることで「買いやすさ」をアピール、ハイブリッド車市場で先行するトヨタを追撃する。

低公害車を優遇する「グリーン税制」の拡充で、4月以降の購入者の税負担が約11万円軽くなる見通し。このため、税制優遇を先取りし、3月末までの購入者には、ホンダと販売店が協力して、関連法案が成立する以前でも、差額の一部還元を実施する。還元額や具体策は明らかにしていないが、キャッシュバックや値引きなどが考えられる。

先行して日本国内で発売し、4月ごろに欧米市場にも投入、世界で年20万台の販売を目指す。福井威夫社長は発表会で「ハイブリッド車の常識を破る価格にした。普及を通じて地球環境に貢献したい」と述べた。

燃費向上を支援するため、ドライバーの「エコ運転度」を評価したり、エンジン出力やアイドリング時間、エアコンを自動調整したりする「エコアシスト機能」を採用した。

ガソリン1リットル当たりの走行距離は30キロで、35・5キロのプリウスより短い。ホンダの販売担当者は「エコアシスト機能を活用することで、実用面で燃費を向上できる」としている。←引用終わり

|

« 強気の大丸(J・フロント)、「心斎橋そごう」買収で、どこまで保つか?! | トップページ | 麻生内閣は、末期的だな!直ちに辞任せよ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 強気の大丸(J・フロント)、「心斎橋そごう」買収で、どこまで保つか?! | トップページ | 麻生内閣は、末期的だな!直ちに辞任せよ! »