« すまんのぉ、カーネルサンダース人形! よかったなぁ、タイガース! | トップページ | 残留フィリピン人一家について、「政治の知恵」が必要だ »

2009/03/12

小澤と民主党は「見苦しい検察批判」で責任逃れへ茶を濁す!

仮にも、政権交代を掲げ、自らの政策を誇示する「民主党とその代表・小澤一郎」。
「形式犯なのだから、別に逮捕までしなくてもよいではないか?」
「それを、逮捕へ踏み切ったのは、『選挙妨害』だ」
「毎日まいにち、関係筋への取材では、○○であると、情報の垂れ流しを繰り広げるのは、悪質な『選挙妨害』以外の何ものでもない」
と、まぁ、自らの組織が為した事を棚上げし、よく言うワ!

何よりも、仮に政権交代を本格的に考えているなら、先ず以て、姑息なことを繰り広げずに、身支度を調えるべきではないか、身辺を綺麗にするべきだろうが。
「政治資金の汚さ」では頂上を占めるのが、小澤一郎だと永田町で流布されこの界隈では公然の秘密とまで指摘されてたじゃないか。

「政党助成金」というオカシナ制度を創設したのは、何を隠そう「小澤一郎」である。
その際の発言は、「政治には、思わぬカネがかかる、いやしくも『国政を担うために甲論乙駁の議論を行う公党』が、資金に行き詰まるのではハナシにならない。だから『企業・団体献金』に頼るのである。これを是正するためにも、国が一定の費用を助成すべきである」とかなんとか主張し、「政党助成金制度」を設けたのである。

そして、ヌクヌクと小金を保持し小澤一郎が率いる今回の主役「陸山会」名義で「投資用マンション」を手に入れていた事も暴露された。
「陸山会」名義の「投資マンション」疑惑も、十分で合理的な説明は為されなかった。
小澤一郎は、自分に不都合なことは、すべて「相手が悪い」と、責任転嫁し開き直るのが常である。
そんな人物が率いるというか、そんな人物に率いられた「民主党」が、「政権交代」を主張するのだから、「お笑いぐさ」としか言えないのである。
まず、民主党が目指そうとする「政権交代」に異議を唱えているのではない。
「政権交代」を唱え、「政策の議論で正々堂々」の勝利を得るなら、何らの問題はない。

ところが、民主党というか小澤一郎は、選挙が趣味だから「地方行脚」だと称して、ローカル組織を訪ね歩き「恫喝と呑み喰い」で組織固め(票固め)を繰り広げているに過ぎない。

ウソだと思うなら、民主党の地方組織へヒヤリングしてみろ?!
幹部職員でも、まともに(国政の)政策を議論できる人材など出逢えた経験がないワ。
つまり、日本の国政選挙も「人脈と情」に縋る思いの繰り返しなのである。
だから「風」が頼りで、「政策」はないのである。

以前も指摘したが、「政策の理想=利権拡大」であり「政策の実現=利権(私権)獲得」に過ぎないのである。
その頂点に立つのが「小澤一郎」の体質に表徴される一派である。
これは、「田中角栄」が構築して以来の「伝統的モノ獲り体質」である。
<<田中角栄→竹下登→金丸信→小澤一郎→次世代○○>>

小澤一郎は、「日本の政治をナンとかしよう」なんて、腹の底にも持ち合わせていない。
第一、「政策なんて持ち合わせがない」のである。
この点では、北朝鮮のブタ野郎・金正日と変わらない。
その時、そのときの思いや閃きを、さも「政策」のように喋るだけである。
だから、お付きの「草履取り」やら「お小姓組」が増え十重二十重に取り巻くのである。
従って、小金が必要なのである。
要するにバカだから、バカがばれないように、バカをカネで釣るのである。
釣り上げられたバカが、カネをテメー達の足下へバラ撒くのである。
従って、年中カネが必要なのである。
この手法を発明したのが「田中角栄」であり、発展させたのが「竹下登」であり、システム化させたのが「金丸信」だし、完成させたのが「小澤一郎」である。

「田中角栄」以前の政治資金は、国家の産業を育成強化する上での資金獲得を狙う目的を先行させる側が「賄賂」を流す方法だった。
「田中角栄」の後は、日本が経済的にも自立できる状況(貧困から脱出できた)に立ち至った事もあり、産業競争力強化よりも「自らの選挙区で目に見える作品」を並べ立てる「土木土建政治」へ姿を変えたのである。
ここから、一気にゼネコンが大手を振って世の中を睥睨する政治になった。
よくよく、思い起こして貰いたい。
奥深い山の中に、突然ダム計画が持ち上がり、そのダムは「砂防ダム」、そのダムは「農業用水ダム」、「河川改修事業・堤防の嵩上げ/スーパー堤防」などと目白押しである。
それでゼネコンは喰ったのである。
そのゼネコンを喰ったのが、田中角栄、竹下登、金丸信、小澤一郎である。

東北では、誰がなんと言っても「小澤一郎」である。
だから、「西松建設」は、小澤一郎の求めに応じカネを貢いだのである。
でも、漏れ聞こえる供述では「対価を得る事は不可能」だったそうである。
市民社会の通常取引なら「詐欺」に該当するかも知れない。
「西松建設」は「小澤一郎」にナメられカネを巻き上げられた「ATM」だったのである。
これまでの経緯もあろうから、「西松建設」は、「小澤一郎」への不満を「東京地検」で述べ立てているのかも知れない。

いずれにしても、「ゼネコン喰わせ政治と言われる『土建土木』行政からの脱却」への転機にして貰いたい。
普通の国民は、そのように考えているのではないか。
小澤一郎みたいな「生業政治屋」野郎に政治を委ねようとする事を、日本国民は恥と考えなければならないのである。

従って、「小澤一郎」が自らの口を開いて「真実」を語る事はない。
その種のバカげた事を求めるマスコミは自身の調査能力不足を恥じるべきである。

引用開始→ 小沢氏、打つ手なし? 代表退けば浮上できぬ…
(産経MSN 2009.3.12 00:23)

政治資金規正法違反事件で公設秘書が逮捕された民主党の小沢一郎代表は、党内でくすぶり続ける「小沢降ろし」や世論の反発を受けても、代表に当面はとどまる意思を変えていない。小沢氏が代表にこだわるのはなぜなのか。生き残りをかける小沢氏の執念が透けて見える。

小沢氏は11日、党本部で、自身に近い同党中堅・若手議員らと会談し、代表続投を求められ、「何としても次期衆院選で勝つ。オレは悪いことはしていない。いずれ真実が分かれば国民も理解してくれる」と述べた。事件についても、潔白を訴えながら「検察批判」を展開し、代表続投への意欲をにじませた。

また、東京地検特捜部による石川知裕衆院議員の事情聴取報道に関しては、「参考人聴取は内々にやるものだ。半年以内に衆院選があるのに、こんなことが報じられたら、選挙妨害以外の何ものでもない」と憤りを隠さなかった。

小沢氏の胸中をめぐっては、さまざまな憶測が党内で飛んでいる。「事件が秘書の政治資金規正法違反にとどまれば、世論の風向きが反転すると読んでいる」(中堅)との見方がある一方、周辺からは「次期衆院選で勝つためには、代表を退く腹を決めているのだろう」との声もある。

小沢氏が代表にとどまるのは、退いた場合、政治的に後がなくなることを危惧(きぐ)しているためだ。小沢氏はこれまで、節目の際には必ずその後の政局を見越して「返り咲き」を果たしてきている。自民党幹事長辞任後は、旧竹下派の会長代行に就任。同党を離党してからは、細川連立政権誕生の立役者になった。旧新進党が解体し、旧自由党党首に就いたときも、小渕政権で連立を組んだ。

民主党幹部は「小沢氏は、代表を降りたら『次の一手』がないと思っている。今までなら、すぐに代表を辞めていたはずだ」と語る。二大政党下での政権交代が現実味を増す中、政界再編の機運は盛り上がっていない。代表職をほうり投げては、二度と政界で浮上できなくなる-。事件のあおりで小沢氏はギリギリの状況に追い込まれている。

自民党を離党後、政権交代を自らの手で実現したい悲願に加え、選挙対策や国会運営などで指導力を発揮し、麻生太郎政権を追い込んだという強烈な自負もある。次期衆院選の候補者擁立を取り仕切り、新人候補者を発掘してきた小沢氏にすれば、選挙後には多くの「小沢チルドレン」が当選し、党内で影響力を保持できる。

もっとも、小沢氏周辺では、公設秘書が勾(こう)留(りゆう)期限の切れる24日にも起訴されれば、早期辞任に追い込まれるとの見方が多い。土俵際に追い込まれた小沢氏に劣勢挽回(ばんかい)の策はあるのか。旧知のベテラン議員は「小沢氏はもともと本音では首相になりたくないはずだ。代表を辞めて、幹事長や選挙対策責任者に就けばいい」と話している。←引用終わり
Copyright 2009 The Sankei Shimbun & Sankei Digital

引用開始→ 【主張】小沢代表 疑念晴らさぬのは不可解
(産経MSN 2009.3.12 03:07)

民主党の小沢一郎代表は西松建設をめぐる違法献金疑惑の数多くの問題点をみずから説明しようという意思を持っているのだろうか。

小沢氏は元秘書で資金管理団体「陸山会」の事務担当だった石川知裕(ともひろ)衆院議員が東京地検特捜部から参考人として事情聴取を求められたことに、「選挙妨害以外の何ものでもない」と反発したという。

同会の会計責任者で公設第1秘書の大久保隆規(たかのり)容疑者が政治資金規正法違反容疑で逮捕されたのに続く、政治とカネをめぐる疑惑での側近への聴取だ。このことへの小沢氏自身の政治的かつ道義的責任は免れないのではないか。

10日の小沢氏の記者会見は、政権交代という大義の前では、事件は小さなことだと言わんばかりの内容だった。執行部もそれを支持するだけなら、自浄能力を期待できない政党とみなされよう。

石川氏は平成19年、衆院比例代表北海道ブロックで繰り上げ当選した。陸山会で大久保容疑者を補佐した時期もあった。小沢氏は「権力を乱用する者に権力を持たせてはいけない」と検察の聴取要請を批判したが、石川氏の経歴を考えれば、特捜部が任意で説明を求めるのを不当だという根拠にはならない。

世論調査の結果などで国民の強い疑念が示されたことを受けた会見で、小沢氏は当初必要ないとしていた国民への謝罪を行った。そのうえで「政権交代は私の政治家としての夢であり、使命だ」と言い切った。政権交代に向けて衆院選を勝利に導くことで、今回の事件に関する政治責任を帳消しにしようということなのか。

資金管理団体の代表としての監督責任は認めたが「個別のことは秘書を信頼し任せている」と、事件への関与はないことを強調した。公設秘書の容疑については「収支報告書の処理の認識の違いだ」との見解を示した。

巨額献金の経緯を本当に知らなかったのか、なぜ金額の多さに問題を感じないのかといった、基本的な疑問は深まるばかりだ。

小沢氏らの検察批判に加え、同党所属の西岡武夫参院議院運営委員長が検事総長の証人喚問を行うべきだと主張している。意図的な情報操作がないか、検察にただすとの理由を挙げているが、検察捜査への国会の干渉につながりかねない。与党が拒否する方針を確認したのは当然だ。←引用終わり
Copyright 2009 The Sankei Shimbun & Sankei Digital

|

« すまんのぉ、カーネルサンダース人形! よかったなぁ、タイガース! | トップページ | 残留フィリピン人一家について、「政治の知恵」が必要だ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« すまんのぉ、カーネルサンダース人形! よかったなぁ、タイガース! | トップページ | 残留フィリピン人一家について、「政治の知恵」が必要だ »