« MS「ウインドウズ7」の性能評価 ホントに、ホントかなぁ~?! | トップページ | 検閲大好き中国! 併せて設計とソフトのパクリを国が主導! »

2009/06/28

霞ヶ関の悪徳官僚から反撃され、右往左往の麻生政権、海部政権と同じ断末魔へ!

弱小派閥のボスが「政権トップ」の椅子に就く。
これは、多少の艱難辛苦や、恥さえ忍べば、ナンとか辿り着く事はできるのだ。

しかしながら、政権トップの椅子を得ても、そこで自前の「政策」を展開する事は、ほぼ不可能だと断言できる。
民主主義の原則は「多数決」である。
「多数決」の原点は「意思表明」できる「数」である。
それを無視して「決定」する事は不可能である。

麻生太郎氏は、自民党総裁への選出過程で既に多の大派閥からの借り(支援票)がある。その票のチカラで「自民党総裁」に選出されている事を忘れてはいけない。
これは、誰が見ても、嘘偽りのない厳然たる事実である。
多数を持たない麻生太郎は、操られ人形を演じる以外に途はないのである。

つまり「スポンサー」に丸抱えされているだ。
麻生太郎氏の政治信条を実現する前に「スポンサー」の意向を反映させる事が求められているのだ。
しかも、その「スポンサー」は内部でグループ内のボス争いに忙しく、日々、叩き合いやら殴り合いに忙しい。
後ろには、「狂気の沙汰は票次第」と、アホ~踊りに忙しい御仁も控えている。

この間隙を利用し、麻生太郎氏は、「スポンサー」の「意向というか束縛」から抜け出そうと小心ながらも挑む姿勢を見せている。

箍が緩んだとはいえ、このテメー勝手な動きを「スポンサー」が見逃すはずもなく、見せ始めるや否や、得意の「包囲網」やら「恫喝」やらを加え、「意気消沈」させる。
その動きは、「電光石火」。見事なまでの早技だ。

そして「真綿で首を絞める」事を忘れない。

なんだか、この光景以前にも見た事があるなぁ~!?

あぁ!そうだ!
「海部俊樹」が内閣を率いたとき、後ろに控えし「金丸 信」とその一の子分で自民党幹事長だった「小澤一郎」に、アゴで使われ最後はボロ雑巾のように打ち捨てられたなぁ。
「あれから、18年か?」。
当時、海部俊樹は、その師匠「三木武夫」から引き継いだ「政治研究会(派閥)」の長で、泥まみれの「自民党」を救うため「清潔なリーダーシップ」を期待され、「政権トップ」の座に就いた。
その「スポンサー」は、最も「政治とカネ」で泥まみれの「小澤一郎」を擁する、最大の黒幕「金丸 信」だった。
これは、「恥辱としては最大最悪の連携だった」。
表に出る側が「自民党内で最高のクリーンさを誇り」、裏から操る側が、「自民党内で最大最高の『カネまみれ泥まみれ』を自負」するワケだから。

市井の市民を、正しく物事が判断できない状況へ追い込んだワケだ。

これと、麻生太郎の内閣は似通っている。
違っているのは、麻生太郎の下に集まったのが、一人を除き「カネ持ちのボンクラ」ドモであり、「スポンサー」の側が新しいヒラメキによる「新型利権の開発者」ドモである事くらいかなぁ~?

この「スポンサー」では、スネオとヒデが、壮絶なボス争いを展開中だ。
中々のキャスティングともいえる。

麻生太郎は、散髪に行っても落ち着かない事だろう!

さて、その麻生太郎のアトを狙う、「国会・永田町場所」だけど、その前に「巨大バリア」を築き立ち塞がる「霞ヶ関・悪徳官僚」ドモ。

麻生太郎とスポンサーの割れが表面化し、その間隙を縫うように、民主党が漁夫の利を占めようとの動きを見せる過程で、「霞ヶ関の解体」を視野に入れたモノ言いを連発している。仕掛けているのは、永田町の不動産屋こと「小澤一郎」で、地域一番の「泥まみれ・汚いカネの亡者」である。
自分のやっている事は、棚上げしちゃって、世間に向かっては綺麗事を並べ立て耳目を集め、ナンという事だ。
タケヤリ程度しか持たないくせに、「霞ヶ関解体」を叫んで、無謀にも包囲し闘いを挑んでくる。その精神は「ヨシ!」とするが、泥まみれ・汚いカネ亡者の小澤一郎に、解体されちゃ適わない。
一発強引に牽制球を投げたにも関わらず、驚きもしない。困った事だ!
ナンたって国民なんて、チョロいモノで、風が吹く方向へしか靡かない。

ここは、一番、「霞ヶ関の悪徳官僚」がどのくらい秘密兵器を持っているかを、見せてみるとするか?
おそらく、そのように考えての事だろうと思うけど、

いきなり「与謝野馨」、「渡辺喜美」の「政治資金」を掲げ警告攻撃に出てきた。
鳩山の後継「佐藤 勉」も政治資金スキャンダルを浴びせられ、
次の看板「桝添要一」のスキャンダルも準備しているらしい。

これは、「霞ヶ関の悪徳官僚」ドモが、弱り目に祟り目の「自民党」へ、対立したら、いつでも「自民党」を解体できると警告しているのであり、「民主党」へは、いつでも闘う用意がある事を恣意的に見せているのである。

虎の尾を踏むのは誰か? と脅しをかけてきたワケだ。

市井の市民は、本当に「霞ヶ関の悪徳官僚」ドモを叩き潰さなければ、日本を変える事ができないと目覚めるか、「イヤァ~、長いものには巻かれる」方がよいと、考えるか、それが間もなく試されようとしている。

小泉純一郎が率いた、いわゆる「構造改革」路線は、「新しい利権創出」に向けた「構造改悪」路線に過ぎなかった事は、多くの理解を得ているワケである。
しかも「霞ヶ関の悪徳官僚」ドモの解体はできなかったのである。
ハッキリと破綻しているのである。

「霞ヶ関の悪徳官僚」ドモの解体を唱えるのは、「渡辺喜美」である。
それを無視させるように仕掛けるのが、他ならぬ「霞ヶ関の悪徳官僚」ドモである。
動員される巨大談合メディアである。ジャーナリズムの良心を忘れた、いわゆるマスゴミである。
その垂れ流しネタで、踊らされるのはワイドショー好きの、哀れな国民である。
「市井の市民」は自立し、「霞ヶ関の悪徳官僚」ドモの恫喝を恐れず、少なくとも「一歩前進」を確保する必要があると考える。

哀れなのは、麻生太郎である。
側近と信じる菅義偉に、イイように操られオモチャにされても登用している。集団就職で東京へ彷徨い出てきた出身階層などことごとく異なる者を、愛でる事は自由だが、全く以て、菅義偉の情報分析は的を射る事ができない。動けば動くほど墓穴を掘っている。

一説では、菅義偉は、麻生太郎に代表される「日本のエスタブリッシュメント」への復讐を、麻生太郎の側近を演じる事で実現しているんじゃないかと、真淑やかな噂も流布されている。歴然とした「階級復讐観」を備えた「佞奸(ねいかん/口が上手く邪な)」なんじゃぁないかと?
「コラコラコラム」も、その噂をあながち切り捨てる事はできないと考えている。

まぁ、麻生太郎は、織田信長 気取りで、サルの秀吉のように菅義偉を「草履取り」として使っているように思い込んでいるようだ。
しかし、その実際は、「佞奸・菅義偉」に操られ裏切られ、断末魔へ追い込まれ満身創痍で政治家人生を終えるのだろう。
結果は、小泉純一郎を信奉するタコヤキボール・スカスカスガーが、麻生太郎の寝首を掻いて、勝ち名乗りって事になるんじゃないかな。

|

« MS「ウインドウズ7」の性能評価 ホントに、ホントかなぁ~?! | トップページ | 検閲大好き中国! 併せて設計とソフトのパクリを国が主導! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« MS「ウインドウズ7」の性能評価 ホントに、ホントかなぁ~?! | トップページ | 検閲大好き中国! 併せて設計とソフトのパクリを国が主導! »