« 豚の小倅 金正雲、日本に恋い焦がれ、偽旅券でドロボウネコ入国したと! | トップページ | ダボハゼ鈴木の「高島屋」 ベトナム進出、ナンでも言やぁ、できるとの考えはオツムの程が知れちゃうねぇ?! »

2009/06/07

北朝鮮、いよいよ最期の自爆大暴走へ! 日本も韓国も戦場か?

もう、北朝鮮との戦争は避けられないようだねぇ~!

腐っても金ブタ、腐臭に満ち溢れた金ブタの後継が、ほぼ姿を現し見えてきた。
その過程で、予想された事も徐々に全容を露呈すべく始まるようだ。

北朝鮮というのは、次々に、際どい政策を打ち出す事が「趣味」なのか。
現在のところ、「際どさ」は、殆ど実益には繋がっていない。
その意味で、「趣味」なのだろうなぁ~!

威迫、脅迫、恫喝、ヒステリックな言動、暴言・妄言、火遊び、よくもまぁ次々に飽きもせず打ち出せるモノだ感心する。
一人で遊んでいるには別にどうという事はない。
しかし、一人遊びに飽きてしまったから、周辺の国の袖を引こうと "あざとく、際どい" 注目集めのハナシを繰り出し、繰り広げるのに、いちいち付き合っていられない。

無視されたら、「無視された」で、更に「際どい主張」を繰り出すところなんざぁ、落語の「初天神」に描かれるガキと同じで困ったモノだ。

とりあえず、米・仏の首脳が「北朝鮮政策」で一致する。
米・英は、これまでどおり基本原則で一致している。
これで、日・米・英・仏・(韓)+露が原則的に対処方針で一致した。

まず、中華饅頭低国が主張し続けた、北京の茶番劇「六カ国協議」は完全崩壊だねぇ~!
事態打開は、武力解決だ! これ以外の途はない! いくらか犠牲は出ようが仕方ナイねぇ~!

あとは図体がでかくビッグ・マウスの中国だけである。
ゲタ・タク・ミン(江沢民)の一派が、中国(共産党)人民解放軍の軍事指揮権を握っている限り、北朝鮮の人民軍と同じ構図だから、国家主席(大統領)の胡錦涛も首相の温家宝も、手も足も出ない出せない。勿論、口も出せない「四面楚歌」である。

国際社会へ向かって、「制裁は慎重に」と寝言を繰り返すだけだ。

もう、「中華饅頭低国」が繰り出す、この手の「毒入り饅頭(寝言)」に何度騙された事か。
「制裁は慎重にしてやろう」。だから「戦争は大胆にしてやろう」。「一年以内に片がつく」だろうからなぁ~!
こう考えれば、米国は戦争を始める場所を間違えたねぇ~!
何よりも、先に「北朝鮮」をブッ潰しておくべきだったんだよ!

中華饅頭低国は、オツムに毒が回りきっているから、もう正常に考える事などできないのだ。

今日のテーマ①:
1) 日・米・英・仏・(韓)+露の「北朝鮮包囲網」で体制整備ができたという事。
2) 開戦準備を整えるか?

今日のテーマ②:
1) 米国は、まず「金融制裁」を考えているらしい。
2) 次に、「船舶臨検」(国連安保理決議が必要)を打ち出す方向らしい。
*中国が反対に回るだろうから、国連軍ではなく多国籍軍で。日本はどうするのか?

今日のテーマ③:
1) 北朝鮮は、目前の手柄作りを狙い、「韓国へ侵攻」する方向を模索中。
2) もう一つ、金ブタの長男と次男を支持する勢力を一網打尽の大粛正を展開し、 国内恐怖政治を徹底し「三男を軸に体制固め」へ。
3) 日本へも、中距離「ノドン・ミサイル」を一発発射してくる可能性が高い?!
*北朝鮮は、もう破れかぶれの大暴走ってワケ?!

いよいよ、第三次世界大戦かな?
戦争の足音が近づいてきた!

引用開始→ 米大統領「北朝鮮、極めて挑発的」 仏大統領と連携強化で一致
(日経NET 2009年06月06日 23:04)

【パリ=古谷茂久】訪欧中のオバマ米大統領は6日、フランス北西部カンでサルコジ大統領と会談し、北朝鮮やイランの核問題解決のため両国が連携を強めることで一致した。両首脳は会談後、第2次世界大戦のノルマンディー上陸作戦65周年記念式典にそろって出席し、米仏英など連合軍がともに戦った跡地で友好をアピールした。

オバマ大統領は会談後の記者会見で、北朝鮮の核実験について「最近数カ月の行為は極めて挑発的だ」と非難。さらに「挑発行為の見返りとして利益を与え続けることはしない」と述べ、北朝鮮に対し厳しい態度で臨む姿勢をみせた。

イランの核問題についてオバマ大統領は「非常に危険だ」と述べ、米仏が連携しイランに対話を求めることで一致した。サルコジ大統領は「これらの問題で米仏の足並みはそろっている」と語った。←引用終わり
Copyright 2009 Nikkei Inc. / Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.

引用開始→「全面戦争は時間の問題」 北朝鮮紙、韓国に警告
(産経MSN 2009.6.6 23:06)

北朝鮮の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は6日、韓国が米国主導の大量破壊兵器拡散防止構想(PSI)への全面参加を決めたことについて「われわれの自主権への挑戦で売国行為」と非難、「PSI参加が武力衝突と全面戦争へとつながるのは時間の問題だ」と警告する論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

北朝鮮は今年2月にも、同通信の論評で「物理的衝突だけが時間の問題として残っている」と韓国をけん制したことがあるが、今回は「全面戦争」まで言及し韓国のPSI参加に強い反発を示した。

この日の論評はまた、「無分別な挑戦には強力な報復で立ち向かうのが、われわれの革命的気質であり、想像もできない報復打撃で残るのは灰だけだ」と強調した。(共同)←引用終わり
Copyright 2009 The Sankei Shimbun & Sankei Digital

引用開始→ 金正男氏 マカオで亡命の公算 側近らが相次ぎ粛清 金正雲の後継体制作り急ピッチ (産経MSN 2009.06.05. 07:30)

北朝鮮の金正日総書記の後継に三男の金正雲(ジョンウン)氏(26)が決まったとの見方が強まる中、長男の金正男(ジョンナム)氏(38)が滞在先の中国特別行政区マカオに留まり、中国に亡命する公算が強まっていることが4日、分かった。すでに正男氏周辺で粛清が始まっているとされ、北朝鮮国内では、正雲氏をトップとする新体制づくりが急ピッチで進んでいるとみられている。

韓国などの情報当局筋によると、北朝鮮の秘密警察である国家安全保衛部は4月3日午後8時ごろ、平壌市内で正男氏の複数の側近を拘束した。

マカオでこの情報を知った正男氏は北朝鮮国内の側近らに何が起こっているか調査するように指示。7日には別の側近が拘束されたことが分かり、体制移行に伴う粛清である可能性が高いと判断、マカオに留まる意向を固めたという。

正男氏は4月4日に北京在住の第1夫人、崔恵里氏に「昨夜、同級生が連行された」と電話で連絡。7日には別の国にいる側近に電話で「最近、私の周辺の人間が国家安全保衛部に連行されるなど、尋常でない出来事が連続して起こっている。しばらく平壌には戻らない」と語ったという。

別の関係筋によると、金正日氏の側近、張成沢国防委員が3月初旬に正男、次男の金正哲(ジヨンチヨル)(27)、正雲の3氏を面接調査したところ、正男、正哲両氏は後継を断ったという。

これを受け、朝鮮人民軍を中心に金正雲後継に向けた体制づくりがスタート。この過程で正男氏の側近が拘束されたとみられている。

北朝鮮の朝鮮労働党は中国共産党に金正雲氏の後継を伝えたとされるが、中国は北朝鮮に対し、(1)世襲反対 (2)改革開放 (3)核放棄-の3つを求め、金正雲氏の後継を認めていないという。

一方、別の韓国情報筋は、金正男氏の亡命情報について、「情報は入手していないが、理由は金正日総書記が存命でいる限り帰国できないことはない。中国は北朝鮮の友好国なので亡命するにしても米国か韓国ではないか」と語った。

金正男氏は、金正日氏の2番目の妻、成恵琳氏の子。平成13年5月、偽造パスポートを使って日本に不法入国しようとし、成田空港で拘束、強制送還された。←引用終わり
Copyright 2009 The Sankei Shimbun & Sankei Digital

|

« 豚の小倅 金正雲、日本に恋い焦がれ、偽旅券でドロボウネコ入国したと! | トップページ | ダボハゼ鈴木の「高島屋」 ベトナム進出、ナンでも言やぁ、できるとの考えはオツムの程が知れちゃうねぇ?! »

コメント

ソウルが砲撃壊滅させられる韓国、そして東京がミサイル攻撃される日本が反対する以上は、
アメリカは北爆もましてや北進もしないだろ。

日韓への善意でやっても、被害が出る日韓が確実にブーイングを出すんだから。
そんな貧乏くじをアメリカが引き受けるわけが無い。

投稿: ume | 2009/06/09 12:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 豚の小倅 金正雲、日本に恋い焦がれ、偽旅券でドロボウネコ入国したと! | トップページ | ダボハゼ鈴木の「高島屋」 ベトナム進出、ナンでも言やぁ、できるとの考えはオツムの程が知れちゃうねぇ?! »