« JR東日本、やりますねぇ~!「蓄電池電車」実用化まで、あと僅か! | トップページ | 大阪府知事と威張ってみても、孤独な独裁者ハシゲは所詮は橋の下にも届かない! »

2009/10/08

自然災害との取り組みを考えながら、強い台風18号は通過する!

2009年は、台風がこれまで日本へ上陸しませんでした。
そんな年もあるのかな?そんな事もあるのかな?そんな事はありえない!
と、考えていたら、やはり大型の台風が襲ってきました。

秋の台風を象徴する大型で強い台風18号に日本は直撃を受けたワケです。
大東島~種子島~紀伊半島へ8日未明に上陸し本州を縦断するとの予測は少し外れ、950hPaのままの勢力を保ち、知多半島へ早朝5時頃に上陸したようです。
真っ直ぐ北東へ進路をとり、諏訪~前橋方向へ進んでいると報じられています。

とにかく強い風、ものすごい雨、久々に「自然の猛威」を思い知らされました。

昨日(7日)の午後、"まるでのうそまろバカセ "は、数年をかけた研究「長周期地震波動」による「実動大実証実験」で得たデータと映像を軸に、「長周期地震波動」による現実に起こり得るとされる巨大地震から如何に身を守るか、自らと周囲の安全を如何に守るか、この啓発を進めるために「映像資料」の編集と「ブックレット」の整理編集を、どのように進めるか「NPO安心安全のまちづくり機構」の主要メンバーと神戸大学工学部大西研究室が、知恵と技術を集め検討してみました。
年内に、「DVD映像資料とブックレット」にまとめ、まず第一段階として「阪神淡路大震災・被災地」での確認啓発を皮切りに、第二段階は「日本全国各地」へ、第三段階は「本邦在住外国人の皆様」へ、第四段階は「海外の各国」へ、それぞれの皆様の「安心と安全」あるいは、「安心と安全」な生活環境への改善また創出を、ささやかに助言できるよう希望しています。

この検討の過程で、「台風は『事前に進路を想定できる』が『地震は難しい』との意見が、改めて提起」されました。
その事前予測が難しい地震ですが、地震を避ける事はできません。
しかし、地震で生命を落とす、いくつかの要素は「人災」ともいえる、「人」による不注意や不知が原因と考えられます。
それらを克服するための「実動大実証実験」を繰り返し、様々な検証を加えた「検証映像資料」を編纂し、「地震から身を守る『知恵』の素材」を構成したいと願っています。

今日2009年10月8日は、「コラコラコラム」を創出から、丁度4年目の最終日(1461日)、明日から5年目という節目です。

思えば、最初の掲出は「メイド・イン・ジャパンは誰の手で作られているか」であり、もう一本が「パキスタン(カシミール)で起きた巨大地震」でした。

日本を取り巻く経済社会環境や自然環境を軸として、また相手に「コラコラコラム」は取り組みを始めました。この間、今日のこのスレッドで1461本(ほぼ毎日更新)になりました。その総べては「バックナンバー」にアーカイブスとして収納しています。

これからも、着実に、愚者愚者珍民の「居酒屋での愚痴」みたいなハナシから、市井の市民の「少し鋭い切り込み」など硬軟とりまぜながら、ゆっくりオモシロい取り組みができればと願っています。
よろしくお願い申し上げます。

|

« JR東日本、やりますねぇ~!「蓄電池電車」実用化まで、あと僅か! | トップページ | 大阪府知事と威張ってみても、孤独な独裁者ハシゲは所詮は橋の下にも届かない! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« JR東日本、やりますねぇ~!「蓄電池電車」実用化まで、あと僅か! | トップページ | 大阪府知事と威張ってみても、孤独な独裁者ハシゲは所詮は橋の下にも届かない! »