« オバマが「ノーベル平和賞」への違和感と「ノーベル財団」が社会運動団体へ転換変身!? | トップページ | 就職戦線、本当にヤキモキしています!正直なところ、手の打ちようがナイ! »

2009/10/11

広島市と長崎市で2020年オリンピックを! 知恵とコンセプトで実現したい!

オバマが「核廃絶」で「ノーベル平和賞」を受賞するから、その流れに乗ってというか時流を利用してという考え方なら、少々頂けない点もある。
しかし、オリンピックの精神が「平和と博愛」を基盤にしたものである事を考え、なおかつ、ロサンゼルス大会以降「カネ儲け主義」というか「商業主義」に走った事への反省を踏まえ、なお「IOC」に巣喰う「五輪貴族」ドモの心の片隅に少しでもクーベルタン男爵が掲げた「オリンピック精神」が息づいているなら、広島市と長崎市が手を携え2020年にオリンピック開催を誘致しようという提案を真剣に捉えるべきである。
二都市にまたがるオリンピック開催は過去に類例がない。
それを理由に否定するのは、過去に囚われた「ご都合主義」に過ぎない。

二都市共同開催があってもよいではないか!
決定を「Hiroshima & Nagasaki」とすればよい。これで何の問題もない、生じない。
開催する種目を分担すれば良いではないか?!
それは、ヒトとしての知恵を出せばよいだけの事だ。

コンセプトは、近代オリンピック精神を再生させる「平和の祭典」である。
まさに、広島市と長崎市が協働して候補になる事を期待し支援したい。

東京の関係者は、先日の招致決定で破れ落胆しているだろうけれど、近代オリンピックが掲げる精神「コンセプト」を真剣に検証する知力をスポーツ関係者が保持されるのであれば、まさに広島市と長崎市の協働立候補は正しい選択と考え支持が集まると思量するが。

2016年の開催都市がリオデジャネイロに決定された。
この過程を精緻に検証すれば、新しい地平を切り拓こうとする「IOC」のコンセプトも見え隠れする。
石原慎太郎・東京都知事の「愚痴とも嫌味とも」峻別困難な「お説」は分からないでもないが、大きなウェーブに対し、「東京2016」はコンセプトの面でひ弱に過ぎただけの事であった。
ナンでも「東京」が独占する時代や環境ではない事を、東京都の都民も行政も弁知すべきである。
東京は、他の地域の犠牲の上に構築され、他の地域の犠牲の上で繁栄している事を、東京都および都民の皆さんへ、よくよく理解される事を求めたい。

大本営発表で、「希望的観測」を流し続けた「東京オリンピック招致委員会」とそれを支えた「商業主義(150億円利権)」狙いの特定事業者が「夢(虚構)」をテメー等の「生業維持のために、というか餬口を凌ぐため」に飾り立てただけに過ぎない。
だから、東京都民の支持を根源で得る事ができなかった。
これは、既に、名古屋が、大阪が失敗した事と同じパターンなのである。
でも、当事者の行政も学んでいない。

何よりも、
「商業主義(150億円利権)」狙いの特定事業者が「夢(虚構)」をテメー等の「生業維持のために、というか餬口を凌ぐため」に飾り立てる作為的に事を弄する姿勢は反省もなく何ら変わる事もない。

このような愚挙愚行を繰り返すより、手作り稚拙でもよいから、地道なコンセプトを広島市と長崎市は追究し訴求する事だ!

「IOC」は、時に様々な非難を受けるが、オリンピック開催を決定した都市は、それなりに理に適っているように見える。
何よりも「コンセプト」が明快である。分かりやすい!

東京は、1964年にその恩恵を受けた。
ローマは、その前1960年に恩恵を受けた。
アジアでは、ソウルが、北京が同様の恩恵を受けた。
従って、リオデジャネイロが2016年開催決定を受けるのは同じ論理構成だろう。

それなら、地球上の全人類へ向け「広島と長崎」は、これまでに経験しなかった「コンセプト」を掲げ、堂々と開催招致に立候補すべきである。
日本は、この開催に全力を傾注すべきである。

引用開始→「非核」アピール、戸惑う東京…五輪共同招致
(2009年10月11日10時28分  読売新聞)

被爆地の広島、長崎両市が手を携え、2020年の夏季オリンピックの招致に乗り出すことが10日明らかになった。

「核なき世界」を提唱したオバマ米大統領のノーベル平和賞受賞が決まった翌日。両市に聖火がともれば、五輪憲章が掲げる「平和」の理念とともに、「非核」を世界にアピールする格好の舞台になる。「ヒロシマ・ナガサキの『心』を伝えたい」。

被爆者やスポーツ関係者は実現を期待する一方、五輪招致に失敗したばかりの東京都の担当者は、突然の招致案に戸惑いを隠さなかった。

「核兵器廃絶に向け、長崎、広島市が足並みをそろえた活動の一つ」

長崎市の田上富久市長は10日夜、両市の五輪招致の意義をそう強調した。

◆東京落選後に本格化◆

広島市関係者によると、「招致検討」の動きが本格化したのは、2016年夏季オリンピックの開催地決定で東京の落選が決まった今月2日以降。両市が招致検討委員会を設置することについては、同市の秋葉忠利市長と、長崎市の田上市長が直接、電話などでやりとりして決めたとみられる。

広島市の幹部によると、オバマ大統領のノーベル平和賞受賞を受けて、秋葉市長は「被爆地であるヒロシマ、ナガサキで『平和とスポーツの祭典』を開く機運が一気に高まった。20年の五輪を核兵器廃絶の記念大会にしたい」などと話しているという。

地元・広島のスポーツ関係者からは歓迎の声が上がり、広島県サッカー協会会長の小城(おぎ)得達(ありたつ)さん(66)は「施設整備など大変な面もあるが、全力を挙げて協力したい」と話した。

小城さんは1964年の東京五輪と、68年のメキシコ五輪にサッカー日本代表として出場し、メキシコで銅メダルを獲得した経験もある。「東京五輪が日本のサッカー文化の基盤作りにつながった。五輪開催は平和都市・広島を世界にアピールできる絶好の機会になるのではないか」

◆財政面など議論も必要◆

76年モントリオール五輪で走り高跳び日本代表だった広島市立大准教授の曽根幹子さんは、「五輪が実現すれば、平和を実現するという五輪本来の理念に近づき、意義深い」と強調したが、「財政面をクリアするなど現実的に議論する必要がある」と指摘することも忘れなかった。

「広島、長崎の世界的な知名度を生かし、我々が掲げる2020年までの核兵器廃絶という目標達成につながってほしい」と話したのは、広島県原爆被害者団体協議会理事長の坪井直さん(84)。

今回の五輪招致案には賛意を示し、「五輪は国境を超えて技を磨き、競い合う平和の祭り。外国から大勢の人が来て被爆者の声や実態に接してもらえる機会だ。核のない世界を作るために一緒に頑張りたい」と期待を寄せた。

一方、今月2日の国際オリンピック委員会総会で、16年の夏季五輪招致に失敗した東京都の担当幹部は、20年の五輪招致レースに参戦するかどうか決まっていないこともあって困惑した様子。

「広島・長崎からは何の連絡もない。事実確認を急ぎたい」と語りながら、「2都市での開催となれば選手の移動に時間がかかり、大会運営が難しくなるのでは」と疑問を示した。←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun.

|

« オバマが「ノーベル平和賞」への違和感と「ノーベル財団」が社会運動団体へ転換変身!? | トップページ | 就職戦線、本当にヤキモキしています!正直なところ、手の打ちようがナイ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オバマが「ノーベル平和賞」への違和感と「ノーベル財団」が社会運動団体へ転換変身!? | トップページ | 就職戦線、本当にヤキモキしています!正直なところ、手の打ちようがナイ! »