« 自然災害との取り組みを考えながら、強い台風18号は通過する! | トップページ | 「ヨウジヤマモト」民事再生法を申請!デザイナーズ・ブランドもビジネス・モデルの闘いなのだが!? »

2009/10/09

大阪府知事と威張ってみても、孤独な独裁者ハシゲは所詮は橋の下にも届かない!

台風18号の影響もあって、今週は関西にという事になりました。
少し、時間のゆとりもできましたので、久々に「大阪府知事ハシゲ」を足蹴にという気持ちを込めたスレッドを立てておきます。

今日から「コラコラコラム」は5年目(1462本目~)に入りました。
皆様のご支持に心から深謝を致しております。
記念すべきスレッド(1462本目)が「大阪のアッホーマンス知事ハシゲ」のカラカイになりました。

大阪府民(市民)は、本当に目覚めた方がイイですよ。
「岸 昌」という官僚下がりの知事がおりました。
「黒田了一」というギョウサントォの知事もおりました。
それへの反発もあって、庶民の代表と選ばれたのが「横山ノック」でした。
ところがコヤツは、コトもあろうか選挙運動中の車中で自分のウグイス嬢の胯間へ手を入れ撫で廻すというセクハラでチジ(ハジ)辞任へ。
次に送り込まれたのが、またもや官僚下がりの「太田房江」でしたが、毎日まいにちがオッタオッタフサェ~とタカリを趣味としてシコタマ私腹を肥やし続けた結果、あそこまで太りきる事ができました。最後は空気が読めずに選挙支援されないと知る事になり強制終了(引退)に。

で、颯爽と現れたのが「橋下 徹」であります。通称ハシゲですな。
コヤツは、ヒットラーかシットラー(陰湿で妬み深い)か、毛沢東(モウタクサン)かスターリン(スカーリン)かで、多少なりとも「物事を考える知力」を持つ市民や府民は「もうウンザリ」状態で、日々、辟易させられ続けています。
窮極のパフォーマンス(アッホーマンス)が唯一の趣味で、「ホンマに敵わんヤッチャでぇ!」と市井の市民の間では専らウワサされています。

それでもコヤツは気にも留めない、耳に入らないようで気にしない気にしない。
そう思っていたら、ナンとコヤツの実に下らない受信メールに反論した職員を処分するという暴挙に出たらしいですよ。
理由は、ヒットラーかシットラー(陰湿で妬み深い)が原因のようです。
実にというかいかにも稚拙で幼稚です。ハッキリ言うて「アッホーマンス」でおます!

ところがところが、大阪府民(市民)は、このハシゲのアッホーマンスに拍手喝采の毎日で、ここまで来ると「何をか況や」ですよね。

その種の府民(市民)が選んだワケですから、4年後また8年後のツケは、選んだ府民(市民)にも選ばなかった府民(市民)にも、ツケは確実に廻されます。それを決済する能力はありませんよ、自ら選んで不都合が生じてその責任を問われる決済から逃げ出すのは余りにも無責任ですよ。
「アッホーマンスでおます!?」のチジを選んだハジを背負って生きていって下さいね。

多少なりとも「事実を中心に」普通に考える知力を持つ側は、毛沢東(モウタクサン)ですワ!ホンマでっせ!
専制君主をやりたいなら、もうネロ言うときまっさ、寝言は寝てから言うてぇなぁ。

こんな噺は大阪の巷でウヨウヨしています。満ち溢れています。
勿論「居酒屋での愚痴」ですが。

大阪は、1960年代に高度成長経済政策が施行された頃から、ロクなチジを選びませんでした。そのツケをいま逃げたいと考え、ハシゲみたいな中途半端で言いっ放しの無責任毒舌独断野郎を選んだワケです。
それそのものが、大きな誤謬です!大間違いです!
オンナの涙、オトコの嫉妬、いずれも手に負えませんなぁ~!敵わんハナシやなぁ~!

仮に、反論した職員が、いわゆる「プロ市民」だったとしても、その反論を理由に処分するっていうのは、根本的に度量が狭いし、もっとオカシイのは、職員の反論メールを公開回覧した事だ。
ここまでヒマな事ができるっていうのは、ハシゲの政務は本当に「ヒマ」なのだろうと思うワ。
孤独な独裁者ハシゲこそ「非常識なモノ言いしかできない」じゃないか。
コヤツは自分が「非常識なモノ言いしかできない」から、その線でコヤツに向かって「多少厳しい反論」を受けると許せなくなるのだワ。
当選当初は、知事へのメールは大歓迎と言い放っていた事を忘れちゃぁいけないねぇ。

何か言えば、「自分は『府民』に選ばれた」が口癖らしい。
所詮、まともに税金も払わない(払えない)、物事を秩序立てて論理的に考えない府民に選ばれた程度で「エラそうにさらすな!」。

コヤツの「政治・行政執行」は威迫に始まり脅迫へ転移し、最後は面前「恫喝」の連続ではないか。
反論すれば「処分」が待ち受ける。
これが「弁護士」出身のハシゲの実態だと言われている。
大阪府民(市民)は、金正日とさして変わらない恐怖の独裁者を選んだ責任が間もなく問われる事だろう。
でも、大阪府民(市民)は根本的に考えないから、「まぁ、イイかな」。
別に、"とらえもん" も "まるでのうそまろバカセ" も大阪府民(市民)じゃないからね。口先 東京都民だしね。
所詮は、周辺の話題(ワライ)に過ぎないからねぇ~、「まぁ、どうでもイイやね」。

引用開始→ 反論メールの職員を処分 橋下知事「物言い非常識」
(asahi.com 2009年10月8日20時26分)

大阪府の橋下徹知事が全職員にあてて税金に対する意識の低さを嘆くメールを出したところ、ある職員が反論する返信をした。知事は「物言いが非常識だ」と激怒して8日、この職員と直属の上司を府の内規に基づく「厳重注意」にした。府庁内からは「知事の態度は度量が狭い」との声も聞かれる。

発端は1日夜に知事が送信したメール。利水からの撤退によって府の損失が386億円に上った紀の川大堰(和歌山県)をめぐり、議会で原因を淡々と説明するだけだった府幹部について「何事もなかったかのよう。給料が保障される組織は恐ろしい」などと書いて全職員に送った。

2日昼、職員の一人が「責任は(投資を)決断した人にある。こんな感覚の人が知事である方が恐ろしい」と返信。「愚痴はご自身のブログ等で行ってください。メールを読む時間×全職員の時間を無駄にしていることを自覚してください」とたしなめた。

これに怒った知事は同夜、この職員に「上司に対する物言いを考えること。トップとして厳重に注意します。言い分があるなら知事室に来るように」と送信。職員も返信で「公務をどけてでもお邪魔します」と応酬した。

知事は一連のやりとりを府幹部らに転送。8日、報道陣に「社長に『メール読むのは時間の無駄です』と言えますか。一般常識を逸脱している」と語った。一方、職員の間からは「知事自身が『メールを送って』と言っていたのに、気に入らなければ処分なんて」とおびえる声も出ている。←引用終わり
(朝日新聞社asahi.com)

|

« 自然災害との取り組みを考えながら、強い台風18号は通過する! | トップページ | 「ヨウジヤマモト」民事再生法を申請!デザイナーズ・ブランドもビジネス・モデルの闘いなのだが!? »

コメント

5年目突入おめでとうございます(* ̄ー ̄*)

投稿: 河内的姐 | 2009/10/09 14:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自然災害との取り組みを考えながら、強い台風18号は通過する! | トップページ | 「ヨウジヤマモト」民事再生法を申請!デザイナーズ・ブランドもビジネス・モデルの闘いなのだが!? »