« 辻元姐さん、手下の井筒は公職選挙法(法定外文書頒布)違反で罰金モンになったなぁ~! | トップページ | 広島市と長崎市で2020年オリンピックを! 知恵とコンセプトで実現したい! »

2009/10/11

オバマが「ノーベル平和賞」への違和感と「ノーベル財団」が社会運動団体へ転換変身!?

オバマの得意技は、その名のとおり(口先)「バラマキ」である。
昨年の今頃は、盛んに「夢」だの「カネ(実利)」だのを、全米にバラマキ、合衆国(US)大統領の座を手に入れるための選挙戦を少しでも有利にと考え、ワル足掻きを繰り返していたワケで。
思いどおり、合衆国(US)大統領に就任してみたものの、内政は躓きの連続で、外交に活路を求めて春先の欧州(東欧)歴訪に出た際、チェコはプラハで大風呂敷を広げたワケだ。
その口先バラマキから飛び出したのが「世界の核を廃絶しよう!」だったってワケ。

そんな事、オバマがいまさら言わなくっても、もっともっと昔から、良心ある世界の市民は「核廃絶」を主張し続けてきたワケで、いわば「ナニをいまさら!?」というのが正直な感想だった。

ところが、本邦では、このバラマキ演説というか口先提案に、感動したとギョウサントォのシイィタケ兄さんが飛びつき、ナッナァ~~ンと合衆国(US)大統領のオバマへ手紙を記し送ったところ、返事が届いたと「大はしゃぎ」していたのが実に滑稽コケコッコだった。
なぁ~~んじゃ、ギョウサントォも実は米国のファンだったのかぁ~?
というようなどうでもよいハナシは置いといてだ。

オバマは得意の口先で「核廃絶」を唱えただけだ。
それなら、米国はこの間、世界に先んじて「一発でも『核兵器』を廃棄したか?」。
地球上で初めて「核兵器」を人類の頭上で炸裂させた「非人道行為」について、広島と長崎の被爆者へ謝罪したか(それとも戦争行為だから「許される」との論理展開のままか)。
バカにしちゃぁ、イケナイよ!

レフト・ウィングやら、正真正銘オツムの中まで腐りきっている「ヘタレ・リベラル」のお抱え学者シェンシェ~ドモは、両手を挙げて「万歳三唱!歓迎歓迎!」と、のたうち回っているようだが、"とらえもん" は、「こんなデタラメで嘘っぱちなハナシはないよ」と言い続けている。

「ノーベル財団」と「スェーデン王立アカデミー」は、オバマを青田買いしたに過ぎないのだよ。
そして、この瞬間から「社会運動団体」へ転換しちゃったワケだよ。
巨大な影響力を保つ「超大型NGO」が誕生したとも言える。

冗談じゃぁナイね!
オバマがエラそうな口を叩くのは、まず、自国(米国)が「核廃絶」へ具体的な一歩を踏み出す事じゃぁないかねぇ~?
次に、全ての勢力を傾注して「イスラエルが秘密裏に保有するの「核を廃絶」させる事だろうよ!
そうすりゃぁ、少しは認めてヤッテもイイわ。

世界の論調は、「ハッ,チャァ~!?」「オドロキ,モモノキ,サンショノキ!」「ホォッエッェ~~!?」やらの方が多いと思うのだが、ホントのところはどうだろうか。

「ノーベル財団」関係者や「スェーデン王立アカデミー」の関係者は、オバマの勇気を称え今後の「核廃絶」に向けた活躍に期待する、といかにも「青田買い」した事を認めているし、ナニよりも、「ノーベル賞」の重みを弁知して世界の期待に応える事を求めたいと、偉く勇気のある踏み込み方をしたモノだ。
もし、オバマの在任中の、あと3年9ヶ月(あるいは7年9ヶ月)の内に何らの解決もできなかったとき、「ノーベル平和賞」の権威は地に堕ちる事だろう。

だいたいにして「ノーベル経済学賞」が「デリバティブ取引」やら「サブプライムローン」に至る実に下らない「マネーゲーム」を賞賛し奨励した前科を持っている事への、真正にして謙虚な反省がないのと同じ事になる。
「ノーベル賞」は、もう既に「スェーデン王国」へ年末に世界各国から「ヒト」を集めるためのイベントに過ぎないと、揶揄されている事も勘案しておく必要がある。

オバマの政治は、米国では保たないだろうと考えている。
(同様に、幻想過多のポッポ・トリガラ無知無知内閣が掲げる理想もだが)

「ノーベル財団」は、世界平和を実現する闘争の先頭に立つべきである。
それが求められるのではないか? ヌクヌクとした部屋から「世界」を眺め、アレコレ評論しパトロン気分で「賞」をくれてやる自慰行為なんざぁ、クソクラエである言論の集中砲火で「爆砕」してやれ!

この愚者愚者珍民的愚痴批判の最後に、かつて「ノーベル財団」は「ノーベル平和賞」をパレスチナ自治政府のアラファト(故人)とイスラエルのラビン(元首相)に「パレスチナ自治」に貢献したと、嘘八百の理屈を並べ「ノーベル平和賞」を授与したが、果たしてパレスチナの占領継続に加え、止めどなく侵攻し続けるイスラエルとの間で「パレスチナの平和」は構築されたか?
イスラエルに対する憎しみが増強され、「恒久平和」はイスラエルにより踏みにじられたままではないか。

虚構で虚飾の「ノーベル平和賞」は、この事実を覆い隠す事ができないのである。

パレスチナとイスラエルの根深い憎悪は:
誰が始めたのか?
誰が終わらせるのか?

「ノーベル平和賞」を授与するなら、この問題を正面から捉え真摯に立ち向かうべきではないのか?
年末のパトロン遊びは止めて貰いたい!

オバマよ、下らない幻想のバラマキを止めよ!
本当に、自らの一命を賭して「イスラエル」を鎮圧してみよ!
すれば、アフガニスタンへの兵力増派も対イラン強攻策も無用の長物となるであろう!
それこそ、「核廃絶」への貴重な道標となるであろう!

般若心経の一節に

色不異空
空不異色
色即是空
空即是色
受想行識
亦復如是

不生不滅
不垢不浄
不増不滅

という下りがある。
よく考えてみる事をお勧め申し上げておく。
ヒトとして、正直なら、正邪を問わず、多くの人はこの度の「ノーベル平和賞」に途惑い躊躇する事だろう!
オバマが、普通の神経を保つなら「辞退」するのが「人の途」である。しかし、それを思い致す思考能力を根本的に欠く、バラマキ・オバマは、年末にスェーデンでの受賞式典に自ら出席するという厚顔無恥である。
またぞろ、役にも立たない「幻想」を口先でバラマキするのだろうが!
「世界は、真に『不幸』である」と思い致すところです。

引用開始→ オバマ政権の負担に?…平和賞で広がる戸惑い
(2009年10月10日(土)21時30分配信 読売新聞)

【ワシントン=黒瀬悦成】オバマ米大統領へのノーベル平和賞の授与が決まった9日、米国内では「オバマ政権は全世界の人々の希望を体現している」(カーター元大統領)などと歓迎の声が上がる一方、保守勢力を中心に「何も実績がなく、受賞は不適当だ」と批判や戸惑いも広がっている。

ホワイトハウスでは同日、ギブス大統領報道官に対して、記者団が「冷戦終結に道を開いたレーガン大統領は受賞していない」「ウィルソン大統領以降の受賞者はカーター元大統領、ゴア元副大統領と民主党員ばかり。選考に党派性が高い」と選考結果を疑問視する質問を次々に浴びせた。

報道官は「私はノーベル賞委員会の一員ではない」とかわしたが、保守派の論客からは「大統領は受賞を辞退しろ」(グレン・ベック氏)、「ノーベル賞委員会は自らの権威を失墜させた」(ラッシュ・リンボー氏)などと激しい批判が相次いだ。

大統領の平和賞決定に保守勢力が一斉に反発したことで、従来は医療保険制度改革など内政面で目立っていた民主・共和両党間の亀裂が、今後は外交分野でも一層鮮明となるのは確実と見られる。

ただ、オバマ政権にとって、アフガニスタンへの米軍増派の是非など、安全保障の根幹にかかわる懸案では国論を分断させないためにも、共和党を含む超党派の合意が不可欠だ。核不拡散などで実績を上げられなければ、世論の失望感が一層高まるのも確実で、大統領は受賞が負担となり、かえって苦しい立場に追い込まれかねない。←引用終わり
Copyright (C) 2009 読売新聞社
Copyright(c) NIFTY 2009 All Rights Reserved.

|

« 辻元姐さん、手下の井筒は公職選挙法(法定外文書頒布)違反で罰金モンになったなぁ~! | トップページ | 広島市と長崎市で2020年オリンピックを! 知恵とコンセプトで実現したい! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 辻元姐さん、手下の井筒は公職選挙法(法定外文書頒布)違反で罰金モンになったなぁ~! | トップページ | 広島市と長崎市で2020年オリンピックを! 知恵とコンセプトで実現したい! »