« 小澤一郎の「幇間(たいこもち)」達増拓也(イワテの恥事)が東京地検を批判したとか! | トップページ | 民主党の議員というのは「幼いねぇ~!」、「小澤一郎」以外は目に入らないらしい?! »

2010/01/20

「日米安全保障条約」署名から50年・半世紀が過ぎて

この環境で、政府は日米安保を深化させとは言うものの、「片腹痛し」というのが世間の見立てではないか。

先日、岡田外相は駐日中国大使と会談し、
「日中共同で開発すると合意した『東シナ海の天然ガス田』を中国が勝手に振る舞う事(開発)を激しく批判し、場合によれば強い態度に出る」と、指摘したらしい。

駐日中国大使はこれに対し、
「中国では(日中共同で開発する条件が)十分な環境にあるとは言えない」と返したそうだが、これへの明確な反論はせずに、そのままだったらしい。

翌日、駐日中国大使は、
「東シナ海の天然ガス田『白樺』は中国固有の領土であり、日本が口出しする必要はない」と、岡田外相との会談で日本政府が、指摘した点を全て覆したってワケだ。

この暴言に対し、外務大臣また外務省が反論したとは聞いていない。

ハッキリ言って、バカにされたのである。
「強い態度に出てみろ」と開き直られたワケである。
挑発されたワケである。試されているワケである。バカにされたワケである。
八百屋の小倅は、本郷の赤門大学を修えたかも知れないが、正面戦で "ちからげんか" できない、する気力もなければ胆も据わらないヤワなヤロウが、口先だけでモノを言うから足下を見抜かれナメられるのだ。

中国は、「民主党ら」の政府であれば「世論の分裂」と「閣内不統一」で「腰抜け」だと、とっくに見抜き、陰で政治を操る小澤一郎などのチンピラは、いつでも捻り潰せると考えている。

日中関係は、中国にナメられた状態にある。
丁度、「日清戦争」の頃、日本が中国をナメていたのが「逆転」したと考えるべきだ。

日本の後ろ盾は、いまも傷つきながらも「米国」である。
その根拠は「日米安全保障条約」である。
極めて片務性(米国の側だけが軍事を負担し日本を守る)の高いこの条約のお陰で、日本の安全を守る「軍事費」はGDPの5%程度で賄えているワケだ。
先進工業国では歪なまでの低額である。
それは、米国が肩代わりしているからである。
日清戦争、日露戦争の頃、日本の軍事費は国家予算の50%程度だったのである。

内閣を構成する社民党は「日米安保」に反対である。
全ての「軍事基地撤去」を主張して止まない、アホ~政党である。

全ての「軍事基地撤去」を叫ぶ政党と連立政権を組んでいるのだから、「民主党ら」の政府は「安全保障」についての見解はバラバラである。

その内閣で、外相を務める八百屋の小倅は、大口を叩きたがるが、二階へ上がった処でいつもハシゴを外される。
ロボコップが目に涙を浮かべるのである。それが関の山ってところだ。

そんなヤロウでも、19日は、テメーらの無責任によりギクシャクし続ける「日米関係」を考慮しリップサービスで「安保深化」を口にしたってワケか?

でも、その口は信用ならない。
全く信用できない。

「(検察と)どうぞ戦って下さい」と口にした、ポッポ・トリガラこと鳩山由紀夫は、国会の本会議で吊し上げに合う前に、さらりと前言を翻し、恥知らずにも「違う解釈(政治改革と戦って下さいという意味だ)」と平気で述べ立てるってヤロウだ。
(皆さんが、お聞きになったのは「ポッポ宇宙語」でと、平気で言いワケる汚ねぇヤロウだ)
だから、全く信用ならねぇ!

日本と米国の関係を考え、
日本と中国の関係を論理的に考える、市井の市民は、いまのところ「日米安全保障条約」は破棄または廃棄すべきでないと考えている。

平和ボケした多くの日本人には、中国の汚さ、ロシアの厚かましさ、乞食ヤロウの北朝鮮が繰り出す危なさを、「ワイド・ショー・ボケ」させられ、冷静に考える力を失っているのだろうが、国を失う事になりかねない事態が真横に存在している事を認識しておく必要がある。

八百屋の小倅の「安保深化」とは異なる観点から、「日米同盟強化」を考えたい。

引用開始→「安保深化へ対話強化」日米が共同声明
(2010年1月19日(火)20時33分配信 読売新聞)

日米両政府の外務・防衛閣僚(2プラス2)は日米安全保障条約の改定署名から50周年を迎えた19日、「幅広い分野における日米安保協力をさらに推進し、深化させるための対話を強化する」などとした共同声明を発表した。

署名50周年にあたり、「さらに揺るぎない日米同盟を築き、21世紀の変化する環境にふさわしいものとする」との決意を表明した。

声明は「日米同盟は過去半世紀にわたり、日米両国の安全と繁栄の基盤として機能してきた」と評価。2国間だけでなく、アジア太平洋地域、さらには地球規模の幅広い課題で協力する、と指摘した。

在日米軍基地については、沖縄を含む地元の基地負担を軽減し、「米軍の適切な駐留を含む抑止力の維持」への努力を支持するとした。

中国については、国際社会での「責任ある建設的な役割」を歓迎し、日米双方が対中協力関係の発展に努力すると強調。また、日米が必要な抑止力を維持しつつ、「核兵器のない世界」を追求する努力を強化し、北朝鮮の核・ミサイル計画への対処などでも協力を強化するとした。

岡田外相は19日の記者会見で、同盟深化の協議を通じて「できれば今年中に一定の成果を出したい」と述べ、新たな共同文書作成への意欲を示した。←引用終わり
Copyright (C) 2010 読売新聞社
Copyright(c) NIFTY 2010 All Rights Reserved.

|

« 小澤一郎の「幇間(たいこもち)」達増拓也(イワテの恥事)が東京地検を批判したとか! | トップページ | 民主党の議員というのは「幼いねぇ~!」、「小澤一郎」以外は目に入らないらしい?! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小澤一郎の「幇間(たいこもち)」達増拓也(イワテの恥事)が東京地検を批判したとか! | トップページ | 民主党の議員というのは「幼いねぇ~!」、「小澤一郎」以外は目に入らないらしい?! »