« 「箱根駅伝」柏原選手、驚異的な山登り走行で他を圧倒! | トップページ | ベトナムの「枯れ葉剤被害者」の生活支援を元米軍兵士が模索する。 »

2010/01/03

第86回「箱根駅伝」、今年も多くの感動を与えてくれました。ありがとう!

総合優勝した「東洋大学」の選手諸君を讃えたい。箱根駅伝二連覇おめでとう!

復路は、下位から驚異の粘りを見せ2位を手にした「駒澤大学」の選手諸君を讃えたい。

昨年は無念のリタイアを喫した「城西大学」のガンバリとシード権確保を讃えたい。

ハラハラさせながらも、最後まで力強い走りをみせた「青山学院大学」のシード権確保も讃えたい。

伝統の「中央大学」、「明治大学」、「早稲田大学」の地力も素晴らしかった。
「日本体育大学」も「体大」の粘りを見せてくれた。
「東京農大」も久々に力強い走りを見せた。
「山梨学院大学」は、2位を獲得すると思ったが、「駒大」チームの追い上げに残念な思いをした事だろう。

その他、シード権を目指し下位の争いも激烈だった。
若いアスリートが自分と母校の栄誉を背負い熾烈に闘う姿は神々しい素晴らしさに包まれていた。

最下位に沈んだ「亜細亜大学」、次年度はシード権争いからとなった、「帝京大学」、「大東文化大学」、「東海大学」、「日本大学」、「中央学院大学」、「専修大学」、「法政大学」、「上武大学」。
来年は違った顔ぶれになると思うが、また、予選会から挑戦して欲しい。

銀座中央通りから日本橋へ向けて、万雷の拍手と多くの声援に押されて走る爽快感は最終10区を任されたアンカー・ランナーの特権だ。

ゴールの大手町へ駆けつけたが、ゴール付近は関係者が山のように溢れていた。
少し手前で観戦させてもらったが、やはり人が「走り」でリレーしながら箱根の山を目指し、折り返し、大手町へ戻ってくる「箱根駅伝」は素朴なルールで素朴な方法を競うのだが、そこに登場するのは「人」である。

健康管理から心理的駆け引き、選ぶ道具、選ぶウェア、当日の体調、天候、何よりも「作戦のありよう」、「チームの底力」など、一概に捉えきれない律しきれない要素や要因が複雑に作用し合い「ドラマ」を作り見せてくれる。
だから感動するのか、感動させられるのか?

|

« 「箱根駅伝」柏原選手、驚異的な山登り走行で他を圧倒! | トップページ | ベトナムの「枯れ葉剤被害者」の生活支援を元米軍兵士が模索する。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「箱根駅伝」柏原選手、驚異的な山登り走行で他を圧倒! | トップページ | ベトナムの「枯れ葉剤被害者」の生活支援を元米軍兵士が模索する。 »