« 大阪もロクに統治できない大阪府恥事ハシゲ 今度は神戸空港は市の失策だと噛みつく! | トップページ | 「有楽町西武」の閉店(閉鎖)は、底浅いミーで泡沫な「セゾン文化」の限界か?! »

2010/01/30

京都・河原町阪急も秋に閉鎖へ

賢明な意志決定だと思う。
経営の要諦は賢明な選択ができるかどうかだ。

京都・河原町阪急百貨店は、売り場面積が狭隘に過ぎる。
そのため、魅力のある商品の集積ができない。
従って、立地がよくても集客力で劣る。

百貨店に何を求めるか?

それは、世界で初めて「百貨店」業態を生み出した、パリの「ボン・マルシェ」を参考にするとよい。
基本的には、「夢」や「憧れ」の持てる商品を集積し陳列する「ショーケース」の役割があり、そこに集められた商品に溢れるばかりの魅力があれば、集まった消費者はそこで提供される商品を買い求め、あわよくばその店の顧客となり、根強い支持を寄せる「上得意客」になるのである。

この構図は、百貨店が提供する「消費材」に魅力を感じない消費者に、いくら説明しても理解して貰えないから時間の無駄である。

百貨店が、ショーケースの役割を終えるのは、バブル経済が弾けた頃からである。
金融バブルが弾け、ITバブルも弾け、鳴かず飛ばずのまま何とか維持してきたが、米国でのサブプライムローンの破綻、続いて生じたリーマンショックによる世界同時金融不況の波で、トドメを刺され幕引きが始まろうとしている。

京都とはいえ、都心の一等地に位置する「河原町阪急」が閉鎖しなければならない事由は、とりもなおさず、顧客層を特定のターゲットへ絞り込んだとしても、必要にして十分な商品を集積できないためである。
店舗面積が狭いと、百貨店と呼ぶに相応しい商品集積ができない。
できなければ、まず総合力を発揮できないし魅力そのものがない。

従って、「物珍しさ」の時期を過ぎると下降線を辿るだけになる。

「河原町阪急」の数値は、消費の変化というより、消費者の変化を画に描いたように顕している。
1991年がピークで171億円(あの面積で、よく売ったと思う)。
2009年度が50億円、最高時の三分の一以下の数値だ。

この20年間に、日本がカネをドンドン失っていく過程と密接にリンクしている。

市民の「余剰」が消えると、都心の一等地・繁華街の最有力立地に位置しても、百貨店としての総合力を示す条件を揃えられないと、市場から敗退せざるを得ないという事である。
百貨店業界ではそれなりの「マーチャンダイジング力」を備えた「阪急百貨店」にして、京都・河原町で敗退するのである。

モノが溢れる先進国市場で、いまや、百貨店のビジネスモデルは限界に達している。
日本の百貨店全体(日本百貨店協会加盟店)の売上高が7兆円を切ったのである。

阪急・阪神百貨店(H2Oリテイリング)が、2012年に、高島屋と経営統合するのであれば、目の前の高島屋京都店(年商1000億円)を強化する方が得策である。
もっと大きな視点でいえば、高島屋京都店のいくつかの土地(面積)は、阪急電鉄の所有地だし、小さな事でパイを奪い合うよりも全体で儲かる事を考える方がよいのである。

そして、効率のよい店舗へ投資を集中させ、圧倒的な優位性を獲得する方が賢明である。
その意味で、小さな面子を捨てた阪急百貨店の「京都・河原町阪急」の閉鎖発表は驚くに値しない。

「有楽町西武」も同様の理由である。土地値を支払う(賄える)営業利益を確保できない店舗や事業者は退場せざるを得ないのである。
前後してしまったが「有楽町西武」については、後日、コメントを顕したいと考えている。

引用開始→ 阪急、若者離れ痛手 四条河原町店、秋に閉店
(日経NET 2010/01/29.)

阪急阪神百貨店は28日、今秋をメドに京都市の四条河原町阪急百貨店を閉鎖すると発表した。同店は阪急線ターミナルに直結する京都最大の繁華街・河原町の一等地にあり、1976年の開業。80年代にかけて若者向けファッションに特化する商品戦略で人気を集めたが、90年代以降は低価格化・カジュアル化など若者層の消費行動の変化に追いつけず、周辺店や専門店などへの顧客流出を許し減収が続いていた。

JR京都駅周辺や烏丸地区で新しい商業施設の集積が進む中、同店撤退で河原町地区の地盤沈下が加速する可能性もある。

「退店は断腸の思いだ」。同日、京都市内で記者会見した阪急阪神百貨店の新田信昭社長は収益改善の道筋を見通せない中、34年間の営業に終止符を打たざるを得ない悔しさをにじませた。

四条河原町阪急の売上高は91年度の171億円がピークで、以降は減少傾向に歯止めがかからず、2009年度は50億円を下回る見通し。←引用終わり
Copyright 2010 Nikkei Inc. / Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.

|

« 大阪もロクに統治できない大阪府恥事ハシゲ 今度は神戸空港は市の失策だと噛みつく! | トップページ | 「有楽町西武」の閉店(閉鎖)は、底浅いミーで泡沫な「セゾン文化」の限界か?! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大阪もロクに統治できない大阪府恥事ハシゲ 今度は神戸空港は市の失策だと噛みつく! | トップページ | 「有楽町西武」の閉店(閉鎖)は、底浅いミーで泡沫な「セゾン文化」の限界か?! »