« JALの国際線継承騒ぎ 全日空の控えめ発言は当然だろうが! | トップページ | 「阪神・淡路大震災」 15回目の、1月17日午前5時46分を迎えて »

2010/01/16

独裁者の小澤一郎に、だれ一人辞任勧告できない民主党って、ホントに民主的な政党か?

あとは「本丸」すなわち、小澤一郎の逮捕を残すだけだ。
早く塀の中へ落ちろ!一日も早く!小澤一郎が塀の中へ、「ヘイ、ヘイ、ヘイ」

鳩山の内閣は吹き飛ぶだろう!

あながち、米国のシンクタンクが予測した「2010年、世界の重大ニュース、第五番目は、日本で鳩山内閣が崩壊する」だった。
鳩山の内閣が崩壊したところで、日本はナンの影響もないと思いがちだろうが、そういう風には運ばない。
*なぜかっていうと、国民の政治不信、政治家不信、政党不信が極まり、これに折りからの官僚不信で、未曾有の混乱に陥り、その後、だれが政権を担当しても政治が機能しなくなり、極度の停滞が生じる事で経済も暗礁に乗り上げるのではないか、この説(*以降)は「コラコラコラム」が想定するシナリオなのだが。(外れて欲しいよね)

民主党はホントに民主的な政党か?
この期に及んでも、ゴリララ・ヤマオカ・ウソハチは意気軒昂である。
小澤の次は山岡だ!嫌疑は何かっていうと「マルチ商法の事業者から得た多額献金だ」。
いくらでもある。
第一名前からして疑惑に満ち溢れている。
三回も名前を変えたとか?
最後は、直系の血縁でもない婿養子のくせに山岡荘八が祖父だと言い放つウソ八ヤロウだ。
一応、家裁で氏名変更の裁決を受けているとはいうものの。
普通は、直系の血縁でなければ山岡荘八の子孫だとは言わないだろう。
鉄面皮のウソ八ヤロウだ!
提灯持ちか草履取りか知らないけれど、一生懸命、小澤一郎を弁護しているところが愛しいねぇって言いたいところだが、嫌らしいねぇと言ってやろう。

おぉ、そうだ「小澤一郎」のハナシだった。

民主党のオーナーは言わずと知れたマザコンの鳩山由紀夫だ。
民主党の実力者っていうか、民主党を乗っ取ったのは小澤一郎だ。
乗っ取られた鳩山は、日本国首相の座を宛がわれ、近頃はツイッターでボソボソ呟いているらしいぞぉ!

その民主党だが、だれ一人面と向かって小澤一郎を相手に、「責任を取れ」とか「辞任したら」などという進言をしようと言うヤロウは一人もいない。
この期に及んで、ダンマリを決め逃げ込もうと必死で藻掻いている。

一番オモシロく珍妙だったのは、
国民珍党である。アッ「国民新党」だったね。
久々に、亀井静香が会見でマイクを前に、どえらく「静か」だったねぇ。
ヤカマシ・カメでなきゃぁ、ハナシになんないよ。
「民主党のことは民主党に聞いてくれ!」
「社民党がナンと言おうと知らないよ、おれは国民珍党だから」って、
15日は、苦し紛れに顔を歪めながら、静かな珍問答だったねぇ~!
「モシ・モシ・カメヨ・カメ・サンヨ」とかナンとか、もう少し小マシな事でも言ってみろぉ~ぃ!

ひととおり、腐したワケだけど、ホントに民主党は独裁者「小澤一郎」にモノ申すヤロウがいないって事が、ハッキリしたなぁ~、ハッキリしたよ。
小澤から往復ビンタで、張り飛ばされるのかなぁ?
それが怖いんだよ。
怖じ気づいちゃってさぁ。
ビビンチョの集まりだわ。

あとは、本丸・小澤一郎の逮捕だな
忙しいから任意聴取には応じられない(でも囲碁を囲む時間は有り余っている)。

「天皇陛下のご予定(日程)が詰まっておられますので、突然、中国の副主席がご引見を要望されましても、日程上のご制約からお受けできない」と、宮内庁長官が説明した際に、小澤が発した言葉を覚えておられるだろうか?

「そんな事は、天皇のご予定を組み替えれば済むことだ。宮内庁長官が一々内閣の方針(命令)に異を唱えるべきではない。(天皇陛下の予定を)少し組み替えれば済むことだ」と、概ねこの種の発言をしたワケだ。

東京地検特捜部は、よもや、この小澤発言を忘れてはいまいと思うが、強い口調でトツベン・オザワの日本語力でも理解できるよう大声で喚いてやれ、
「オメーの忙しいという予定なんざぁ、チョッと組み替えれば済むことだ、疑惑があるから『お話し』をお聞かせ願いたいと言ってるワケだ。分からネェのか、このトツベンヤロウ、つべこべ言い逃れしやがると『おふだ』を降らせてブチ込む事もできんだゾォ」って言ってやれ。

「コラコラコラム」は東京地検特捜部の手により、小澤一郎の政治資金ロンダリングが解明される事を熱く期待しています。
そして、民主党の議員諸氏が一日も早く、小澤一郎の呪縛から自身を解放し、栄えある日本のために自律される事を期待して止みません。

そして、一日も早く「政界再編」を断行し、民主党のゼニの亡者を切り捨て断罪し、返す刀で同様に自民党に巣喰う小澤一郎の繋累をブッタ切り、輝かしい明日の日本を共に築き上げる事ができる「政治的同志」により、未来の評価に堪える政策を担う集団を形成した上で新しく再編された政党を樹立して貰いたい。

渡辺喜美「みんなの党」代表、出番ですよ!
桝添要一・前厚生労働大臣(自民党)も出番ですよ!
民主党は、前原・仙石・野田のトリオには期待がかかってますよ!

占領者「小澤一郎」の独裁をどこまで許すのですか?
民主主義の手法を全否定し、共産党でも遠慮している「民主集中性」で最後は一人が決める「人治主義」が正しいとでも言うのですか。
その旗幟をハッキリさせて下さい。
その応え次第で、シニカルな攻撃を休戦・中断するか否か決めなきゃなりませんからね。

引用開始→ 石川知裕議員を逮捕 4億円不記載 東京地検特捜部 
(産経MSN 2010.1.15 22:07)

民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」が平成16年に購入した土地をめぐり、政治資金収支報告書に4億円を記載しなかったなどとして、東京地検特捜部は15日夜、政治資金規正法違反(不記載)容疑で、小沢氏の元私設秘書で陸山会の会計事務担当だった民主党衆院議員、石川知裕容疑者(36)と、後任の会計事務担当だった小沢氏の元私設秘書、池田光智容疑者(32)を逮捕した。特捜部は今後、不透明な資金の流れの解明を進めるとともに、小沢氏本人の関与も調べる。

また、特捜部は昨年3月の西松建設の違法献金事件で逮捕、起訴された元会計責任者の公設第1秘書、大久保隆規被告(48)=公判中=の逮捕状も取った。政界の最高実力者、小沢氏の現・元秘書3人への強制捜査で、鳩山政権や18日招集の通常国会への影響は必至となった。

特捜部の調べなどによると、石川容疑者は16年10月、東京都世田谷区の土地を約3億4千万円で購入した際、簿外で調達した土地代金4億円を収支報告書に記載しなかった疑いが持たれている。

石川容疑者はこれまでの事情聴取に対し、「小沢先生に相談し、小沢先生の個人資金4億円を土地代金にあてた」と説明。しかし、特捜部は資金の原資に、国発注の胆沢(いさわ)ダム(岩手県奥州市)工事をめぐり、石川容疑者が水谷建設から受けたとされる5千万円など、工事を受注したゼネコンからの裏献金が含まれている疑いが強いとみて、石川容疑者らを追及する。

特捜部は5日、小沢氏に参考人聴取に応じるよう要請したが、小沢氏は多忙を理由に拒否。こうしたことから、特捜部は13日に小沢氏側への強制捜査に着手。石川氏の議員会館事務所や小沢氏の個人事務所、大手ゼネコン「鹿島」本社などを家宅捜索していた。

石川容疑者は8~17年に小沢氏の私設秘書を務め、12~16年に陸山会の会計事務を担当。17年9月の衆院選に初出馬して落選したが、別の民主党議員の辞職に伴い、19年3月に比例北海道ブロックで繰り上げ当選した。21年8月の衆院選で当選し、現在2期目。

現職国会議員の逮捕は、17年11月に弁護士法違反容疑で逮捕された民主党の西村真悟前衆院議員以来。政治資金規正法違反では、15年3月に後援企業から受けたヤミ献金を収支報告書に記載しなかったとして逮捕された坂井隆憲元衆院議員以来。
Copyright 2010 The Sankei Shimbun & Sankei Digital

引用開始→ 池田光智元私設秘書も逮捕 東京地検特捜部
(産経MSN 2010.1.15 22:48)

民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」が平成16年に購入した土地をめぐり、政治資金収支報告書に4億円を記載していなかったとして東京地検特捜部は15日夜、政治資金規正法違反(不記載)の疑いで、小沢幹事長の元私設秘書、池田光智容疑者(32)を逮捕した。←引用終わり
Copyright 2010 The Sankei Shimbun & Sankei Digital

引用開始→ 陸山会土地購入、強制捜査 世論読めず、戦々恐々
(毎日新聞 2010年1月15日 東京朝刊)

民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件が強制捜査に発展したことで、政府・民主党は18日に召集される通常国会への火の粉を振り払うのに必死だ。東京地検は土地購入に充てられた小沢氏の手持ち資金4億円の出所解明に乗り出す構えだが、同党は捜査の狙いや世論の動向を読み切れておらず、今後の展開に戦々恐々としている。

波乱含みの通常国会に新たな不確定要素が加わった。14日の参院与野党国対委員長会談。自民、共産両党は小沢氏や元秘書の石川知裕衆院議員の事務所などの家宅捜索を受け、「政治とカネの問題を議論すべきではないか」と、国会での徹底審議を求めた。

民主党の平田健二参院国対委員長は「いつかやらないとならないこともあるだろう」とかわしたが、鳩山由紀夫首相の偽装献金事件も抱える政府・与党にとり、「政治とカネ」は、直後に参院選を控える通常国会最大の懸案になりつつある。

政府・与党は、通常国会に09年度2次補正と10年度の予算案を抱える。小沢氏の政治資金問題について、与党内では「国会開会前の決着」との見方が強かっただけに、想定外の強制捜査には戸惑いを隠せない。事件の行方次第では今月下旬からの予算審議を直撃しかねず、「もう終わりだと思っていたのに心配だ」(国民新党幹部)とのため息も漏れる。

民主党は野党側が小沢氏の証人喚問などを求めてきても拒否する構えだ。同党系の勢力は衆院で300を超える。参院でも与党3党で過半数を確保しており、民主党の山岡賢次国対委員長は「国会を『ワイドショー化』したくない」と野党の出方をけん制している。

それでも、民意の動向には民主党も神経をとがらせている。昨年12月の毎日新聞世論調査で内閣支持率は55%と、前月比で9ポイント減った。強引な国会運営に踏み切れば、下落に拍車がかかりかねない。小沢氏は守れても、政権自体が地盤沈下するジレンマを抱える。

小沢氏側への強制捜査について、首相官邸では「当時は職務権限がなく、小沢さんまで捜査は及ばない」(首相周辺)との楽観論もある。しかし、小沢氏の問題は鳩山首相の偽装献金と「相乗効果」を生みかねず、世論がどう受け止めるかを測りかねている。【高山祐】

◇小沢氏頼み、沈黙民主
党幹事長側への強制捜査という異例の事態にもかかわらず、政府・民主党内では表立った反応はない。鳩山首相(党代表)は14日、小沢幹事長を交代させる可能性を否定した。捜査の行方に気をもみながらも「沈黙」が広がる党内の様相は、党運営が小沢氏頼みに陥っていることを物語っている。

「オレが言わねえんだったら、誰も言わねえだろう」

民主党の渡部恒三元衆院副議長は14日、講演先の金沢市で、記者団から「党内で小沢氏の責任を問う声はないのか」と問われ、思わず苦笑した。小沢氏の説明には「あれで分かったって思っている人はいねえ」と漏らしたが、追随する声はほとんど聞こえてこない。

07年参院選の勝利や09年衆院選で、党内では「選挙に強い小沢」の評価が確立した。新人議員は「親に向かって『おかしい』なんて言えるわけがない」。また元検事の小川敏夫参院議員は14日夜、BS11のインサイドアウトに出演し「検察が強制捜査に入るときはガチガチに固めるものだが、そういう雰囲気が感じられず、ちょっと異例かなという気はする」と後輩らの捜査に異を唱えた。

こうした民主党の空気を、自民党の谷垣禎一総裁は14日の記者会見で「『物言えば唇寒し』という心境ではないか」と皮肉った。共産党の志位和夫委員長も「誰一人ものを言わないというのは異常に思える」と批判した。

しかし、「小沢頼み」は連立を組む社民党にも広がっている。14日の地方代表を交えた会合では、「政治とカネの問題を追及すべきだ」との意見が出たものの、重野安正幹事長は「小沢氏を中心とする民主党の安定が必要な現実もある」と歯切れが悪かった。

鳩山首相は14日夜、記者団から小沢氏の評価を問われ「二度と出てこないような個性、大変強い信念をお持ちの政治家だ」と称した。その上で「これからも(力を)発揮してもらいたい」と語った。【近藤大介、白戸圭一】

◇聴取拒否、捜索の引き金に
「石川氏の説明は合理的でない。小沢氏は説明しようとしない」。一斉捜索に踏み切った理由について法務・検察幹部はそう語る。

特捜部は政治的影響に配慮し、12月の臨時国会閉会を待って捜査を本格化させ、通常国会が今月18日開会と決まると、週内の刑事処分を目指した。「捜査は任意が原則。協力してくれれば強制捜査は不要だ」。別の幹部はそう繰り返してきた。

石川氏は事情聴取に「04年10月小沢氏から4億円を受け取り東京都世田谷区の土地を約3億4000万円で買った」と答え、4億円を政治資金収支報告書に記載しなかったと認めたが、「ミスだった」と強調した。

しかし、4億円を陸山会に集約した後、土地代金を支払うなどの複雑な資金移動について特捜部は「(小沢氏からの)最初の4億円を隠す意図がある。4億円の素性を隠し不動産として表に出す資金洗浄(マネーロンダリング)ではないか」とみている模様だ。石川氏はこれを否定しているとみられる。

5日に行った聴取要請に小沢氏が応じないことも大きく影響した。石川氏が「小沢氏から4億円を受け取った」と説明する以上、小沢氏に確かめざるを得ない。だが、比較的時間に余裕のあった連休(9~11日)中も応じず事実上拒否と受け取ったという。【小林直、三木幸治】←引用終わり
Copyright 2010 THE MAINICHI NEWSPAPERS. All rights reserved.

引用開始→ 「小沢も危ない」民主党に衝撃走る
(産経MSN 2010.1.15 22:57)

「信じられない」「小沢さんは厳しくなった」。民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体をめぐる土地取引疑惑で15日夜、小沢氏の秘書を務めた石川知裕衆院議員らが政治資金規正法違反容疑で東京地検特捜部に逮捕されたとの情報が永田町を駆けめぐると、政府・民主党内には衝撃が走った。

「くやしい…」

小沢氏の側近議員の一人は、同僚議員でもある石川衆院議員が逮捕されたことを聞き、唇をかんだ。

閣僚の一人は「ええ!?国会議員を(政治資金収支報告書への)不実記載くらいで逮捕できるのか?」と絶句。別の閣僚は「こんなタイミングで…」とだけ話し、情報収集に追われた。

民主党幹部は「(石川議員は)議員辞職することになるだろう。その段取りになっている」と語った。

一方、小沢氏と距離を置く衆院議員は「小沢さんは、やっぱり厳しいねえ」との観測を示し、「特捜部もきちんと(小沢氏の疑惑を)解明したいんだろう」と指摘。逆に、小沢氏に近いベテラン議員は「石川議員だけということで(特捜部と)話がついたのでは。(小沢氏にまで捜査が及ぶような)そんなエネルギーは検察にはないよ。困りに困って石川議員の身柄をとったんだろう」と話し、事態を沈静化させようと躍起になったが、それでも「しかし小沢氏の側にいると、みんな傷がつくねえ」とつぶやいた。

折しも、民主党は16日のに定期党大会で予定していた参院選の第1次公認候補名簿発表の見送りを決めたばかり。事件が沈静化してからという段取りだったが、石川議員の逮捕でそれすら壊れてしまった。

一方、野党側は18日召集の通常国会直前の“敵失”に俄(が)然(ぜん)、勢いづいている。

自民、公明両党の国対委員長は15日、質問内容を相互に調整し、連携して疑惑の追及にあたることを確認。野党転落後、溝が深まりつつあった両党だが、思わぬ形で共闘構築にこぎつけた形だ。

安倍晋三元首相は「小沢氏には従来、巨額な違法献金の疑惑がつきまとっていた。それが(石川氏の逮捕で)大きく解明に向けて一歩進んだのだと思う」と述べた。←引用終わり
Copyright 2010 The Sankei Shimbun & Sankei Digital

|

« JALの国際線継承騒ぎ 全日空の控えめ発言は当然だろうが! | トップページ | 「阪神・淡路大震災」 15回目の、1月17日午前5時46分を迎えて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« JALの国際線継承騒ぎ 全日空の控えめ発言は当然だろうが! | トップページ | 「阪神・淡路大震災」 15回目の、1月17日午前5時46分を迎えて »