« 「阪神・淡路大震災」 15回目の、1月17日午前5時46分を迎えて | トップページ | JALの会社更生法申請、スケジュールに基づき粛々と »

2010/01/18

小澤一郎、民主党幹事長辞任の必要なし!ズット生き恥を晒し続けよ!

小澤一郎は、民主党の幹事長を辞任すべきか?

大方の世論調査は「辞任すべき」である。

「コラコラコラム」の見解は異なる。
小澤一郎は民主党の幹事長を辞任する必要はない!
と言っておこう。
このように記述すれば、いつもの主張と異なるではないか?という指摘、反論、反撃が寄せられるだろう。

「コラコラコラム」が主張する根拠は簡単である。
いまのままなら、小澤一郎が辞任しても「闇の権力者」として振る舞うだけだ。
それなら民主党幹事長として、公人監視の下で、イロイロ様々な「悪事」を継続させる方がよいだろうと考えるからだ。

ハトヤマの政権は、ここまで「羞悪で醜悪なヤカラ」に支えられ支配されている事が、表面で見えるからだ。民主党の本質をよく理解できる。
日本国民は、よく理解した方がよい。
小澤一郎を付け上がらせた「マスゴミと呼ばれる、朝日新聞を軸にした、報道に携わる側」は、この本質にどう立ち向かうのか?
(小澤を付け上がらせたのは、朝日だと、言論界での共通認識だ)

自らをジャーナリストと規定するなら、自己批判はないのか?

カネまみれ、ドロまみれ、真っ黒けで、闇から政治を支配する「小澤一郎」を精緻に検証する事もなく、批判を浴びせる事もせず、ただただ「小澤一郎」に追従し持ち上げ「小澤一郎」は「正義の政治家」だとの虚像を築き上げる事に注力したのは、誰あろう提灯持ちの「マスゴミ」各社ではないか。

昨年夏の衆議院選挙の際に、東京11区への選挙区替えが話題になった。
マスゴミは持て囃していたが、「コラコラコラム」はあり得ない事だと断言した。
この断言を耳にした公明党に関わる側から、その根拠を問われたので、言ってやった。
①「東京11区には、小澤一郎が、今後カネにできそうな案件がない」
②「東京11区は、市民社会がそれなりに熟成し成立している」
③「東京11区での、選挙戦は『小澤一郎』型の選挙は通用しない」
④「東京11区での、民主党は確固たる組織がなく『風頼み』選挙である」
⑤「東京11区は、公明党の組織力が上回っているから、正面戦で負ける可能性を排除できない」*この予測が外れるほどの「風」が民主党の青木に吹いた。

だって、「東京11区」には、岩手のように「独占支配」できる「大型公共事業」が落ちているワケではない。
しかも、「東京11区」は、市民社会が発達しているし、行政組織も小澤一郎ごときに恫喝されて方針を変更するほどヤワではない。
一定程度の「公正さ、透明性、公平さ」は担保されている。
だから、首都圏へ選挙区を移せば、小澤一郎が岩手で築いた「金脈」と同じく手にするワケにはいかない。
第一、岩手の金脈を手放せば、後継者は、最初は小澤一郎に遠慮しても、徐々に改良を加えオリジナルへ変えてしまうだろう。
そうなると、小澤一郎が企む「引退後は、子供へ引き継ぐ」事、つまり選挙区の世襲も困難になる。(小澤一郎は政治の世襲を狙っている)

以上のように、誰にも分かる理由で「小澤一郎の『東京11区』への移動はない」と断言したのだ。

小澤一郎は、師匠である田中角栄に師事した時代、田中角栄の「たいこもち」だった金丸信に見守られた時代、自民党幹事長の時代、自民党から分裂して細川内閣を陰から操った時代、以降も様々な画策を続け25年にわたり日本の政治を裏で操り暗躍し続けた。

しかし、岩手の産業再編や工業誘致などの政策に積極的に取り組んだとはいえない。
小澤一郎が、積極的に推進したのは「大型公共事業=大型土木事業」である。
なぜか、積極的に「産業再編」「工業誘致」などの「政策課題」に取り組んだところで、小澤一郎のカネすなわち「金脈」には大きく寄与しないし、継続的に「金脈」を構築できないためである。
小澤一郎の思考方法は、岩手を支配するには「市民社会」の形成を阻止する事である。
産業の再編やそれに基づく工場誘致をしようものなら、「産業労働者」を産むし、景気変動による雇用の調整が生じる度に、地域社会が直面する雇用問題と向き合う必要に迫られる。それは政治家に対処を求められてもどうにもならない事を、小澤一郎は熟知しているから、そのような危険な事に手を貸さないし避ける途を選ぶ。

岩手は元来「農業(土木)」のウエイトが他地域に比べると高い。
一般論として、土地はある、家もある。
そらなら、「民」を土地に縛り付けておく方が得策だと考えている(はず)。
その民を喰わせるには、「大型公共事業=大型土木事業」を獲得し、効果的(小澤の選挙への忠節度・忠勤度に合わせ)に配分する事である。
それを通じて「金脈」を形成する方が、自分自身のためにも安定していると考える。

岩手の民は、小澤一郎の呪縛から自らを解放すべきだ。
かつて、新潟の民が、田中角栄の呪縛で苦しみ、山梨の民は、金丸信の呪縛で藻掻いたのと同じ構図だ。
消してしまっても、生活そのものが劇的に落ちただろうか?
落ちるも何もないだろう。大型公共事業が執行されても、オイシイところは、田中角栄、金丸信の懐へ入るだけなのだから、変わるワケがない(もとより地元に仕事のカネは落ちても利益は落ちないのだから)。
小澤が消えても、同じ事なのだが、純朴な岩手の民は「そんな事できるか」と言うだろう。
それこそ、小澤の呪縛である。奴隷にされているのと同じだ。

これが、小澤の目指す「イワテ小澤一郎王国」の物語だ。
イワテは、「井上ひさし」の小説「吉里吉里国」の故里だ。
ここは一つ、小澤の王国を「ギリギリ王国 国王小澤一郎陸奥守悪埜丞」と命名してやろう。

今度は、民主党を利用し、日本の政治を私物化する事で、日本全体をイワテと同じく「小澤一郎王国 ギリギリ王国」へ改造しようとの企みを持っている(はず)。

だから、現時点における権力の源泉でもある「民主党の幹事長」を辞任しないのである。
手放せば、「東京地検特捜部」と直接向き合う事を余儀なくされ、風向きが変わった際に、もう復帰の芽が残されていないだろうし遠のくと考えるためである。

小澤一郎は、テメーのために「選挙の票」が欲しいから、国論を二分するテーマ、すなわち、①普天間基地の移転、②外国人参政権、でも「公益性」を表看板に無原則で無責任な主張を平気で口にするのである。
テメーの思想信条と合わなくても、(心にもなく)耳当たりの良い主張を公然と口にし、また平気で行い、物分かりのよい民主的な政治家を装うのである。
多忙を理由に、合理的かつ論理的思考力を欠く側は、刷り込まれた虚像も影響し、ついつい欺されてしまうのである。
(もう一人、同じ構造の虚像を築き上げた人物が大阪にいる、それは言わずと知れた大阪府恥事ハシゲである)

従って、小澤一郎を「民主党幹事長」辞任へ追い込まず、このまま居座らせる事で「民主党」の無能ぶり、権力独占をするヤカラの本質を叩き続ける方が、今後の日本のためになると「コラコラコラム」は考えている。

従って、
小澤一郎が、民主党幹事長を辞任する必要はないと考えている。

居座る小澤一郎を反面教師として、心ある市井の市民は目覚めて貰いたい。
市井の市民の目覚めを期待する。

|

« 「阪神・淡路大震災」 15回目の、1月17日午前5時46分を迎えて | トップページ | JALの会社更生法申請、スケジュールに基づき粛々と »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「阪神・淡路大震災」 15回目の、1月17日午前5時46分を迎えて | トップページ | JALの会社更生法申請、スケジュールに基づき粛々と »